今さら聞けない!エンジンブレーキ!

長い下り坂を走行するときに、エンジンブレーキを使ってくださいの看板を目にします。意外と知っているようで知らないのが、エンジンブレーキなのです。エンジンブレーキを使うことによって、安全運転につながります。エンジンブレーキは、安全運転の一つの技術ともいえると思います。

すでに使っていた!エンジンブレーキ!

エンジンブレーキってなに?

エンジンブレーキは、アクセルペダルを離すことによってスピードを下げることです。アクセルを離すと、エンジンの回転数が下がってブレーキと同じような効果を得られるのです。アクセルペダルを離すことによるエンジンブレーキの効果は、非常に小さいので注意が必要です。
アクセルペダルを離すこと以外にも、エンジンブレーキを使うことができます。変速ギアを一段下げることで、エンジンブレーキを使うことができます。一段変速ギアを下げると、エンジンの回転数が上がりますが、ギアが低いのでエンジンの回転数が下がるのも早いです。急激に変速ギアを操作することは、事故や故障の原因になりますのでゆっくりと確実な操作が必要になります。
エンジンブレーキは、ブレーキをサポートする役割を持っています。エンジンブレーキだけで、停車することはできないと思うので注意してください。

長い下り坂で使うのはどうして?

ブレーキだけで長い下り坂を走行すると、ブレーキが利かなくなってしまう場合があります。乗用車などのブレーキは、ホイールと一緒に回転しているブレーキディスクをブレーキパッドで抑えることでスピードが落ちます。長い時間使っていると、ブレーキパッドに必要以上の熱が発生するのです。ブレーキパッドが本来の性能を発揮できなくなるので、結果的にブレーキが利かなくなるのです。
ブレーキを長時間使用していると、ブレーキオイルも高温になります。ブレーキオイルが高温になると、ブレーキオイルの中に気泡が発生します。この気泡が発生してしまうと、ブレーキペダルからの力が上手く伝わらないのです。そのために、ブレーキ本来の性能を発揮させることができないのです。
長い下り坂などを走行するときは、エンジンブレーキと併用するのが安全運転につながります。

こんなところでも使える!エンジンブレーキ!

エンジンブレーキは、高速道路などの減速区間でも使えます。高速走行から安全にスピードを落とすのには、非常に有効です。高速走行からブレーキだけでスピードを落としてしまうと、スリップなどを起こしやすくなります。高速道路出口の減速区間などでは、エンジンブレーキと併用しながら数回に分けてブレーキを踏むと安全に通過することができます。
また、圧雪路面や凍結路面でもエンジンブレーキは有効です。滑りやすい路面状況でブレーキを踏むのには、慎重になります。ブレーキを乾燥している路面と同じように踏むと、スリップなどを起こしてしまう可能性が非常に高くなります。
高速走行からの減速や長い下り坂だけでなく圧雪路面や凍結路面でもエンジンブレーキを併用することは、スリップ事故などから自分の身を守ることにつながるのです。

曙ブレーキ公式ウェブサイト。1929年創業以来、ブレーキおよびブレーキ用摩擦材の開発・生産・販売を行っています。現在は、自動車用から二輪車用、鉄道車両用、産業機械用などのブレーキ事業の他、自動車用を中心としたセンサー事業を展開しています。

ビギナードライバーから「エンジンブレーキってどこにあるの…」 と聞かれたという冗談? は相変わらず見聞きします。もちろんエンジンブレーキという装置があるわけではありません。でも、「じゃあエンジンブレーキって何?」 と聞かれると困る場合があるのではないでしょうか? ここではそんなときに役立つ知識を紹介します。

エンジンブレーキを使うとエンジンが壊れる?

どうしてエンジンが壊れる?

エンジンブレーキを使うと、エンジンを壊してしまうので使わないなどの話があります。アクセルを離すだけのエンジンブレーキや高速道路の減速区間んどでのエンジンブレーキ使用では、エンジンが壊れる可能性は少ないと思います。
サーキット走行などをしていると、エンジンを壊す可能性が非常に大きいのです。一般道や高速道路に比べて、スピードが違います。一般道や高速道路は法定速度などでスピードの上限が決まっていますが、サーキットなどではピットレーンなどでスピードの規制があるくらいなのです。速さを競う走行会ならば、それだけエンジンブレーキとブレーキを多く使うのでエンジンを壊すことにつながるのです。
一般道や高速道路でのエンジンブレーキを多用したからといって、エンジンが壊れる可能性は非常に小さいです。

AT車でもエンジンは壊れるの?

エンジンブレーキの使い方で、エンジンを壊す可能性が大きく変わります。AT車も同じなのです。エンジンブレーキは一般道や高速道路での使用では、エンジンを壊す可能性は非常に少ないと思います。
AT車でもエンジンブレーキを使うことによって、エンジンが壊れるというのは使い方しだいなのです。高いスピードで走行しているときは、ギアはオーバードライブになっています。この状態からいきなりセカンドへギアを落とすと、エンジンが回転数の上限を超えてしまうのです。その結果がエンジンを壊すことにつながります。
エンジンブレーキは、いきなり使わなければ問題はないのです。高速走行中に急激に使ったりするとエンジンを壊したり、大きな事故の原因につながります。エンジンブレーキを使うときは、慎重に行うとエンジンを壊す可能性を非常に小さくできるのです。

エンジンブレーキはエンジンの寿命を縮めるの?

エンジンブレーキを使っていると、エンジンの寿命が縮むなどいわれます。エンジンブレーキでアクセルを離すだけなら、問題がないと思います。急激なエンジンブレーキを使っていると、エンジンを酷使することになるので大きな負担をエンジンにかけてしまい、そのためにエンジンの寿命を縮めることにつながります。
急激なエンジンブレーキを多用しなければ、エンジンの寿命を縮めることにはつながらないと思います。エンジンの寿命はいろいろな要因で決まっていくので、エンジンブレーキを使ったからといってエンジンの寿命を縮める最大の要因にはならないのです。

エンジンブレーキで燃費が向上するの?

エンジンブレーキを使うと燃費が良くなる?

エンジンブレーキを使うと燃費がよくなるのは、大型トラックなどです。車体の大きい大型トラックなどでは、エンジンブレーキを早めに使うことによって燃費が改善されます。
乗用車などでは、大幅な改善は期待できないと思います。エンジンブレーキは、停車時に安全に停車するために役に立ちます。そのために、燃費を大幅に改善させることはできないと思います。
また、エンジンブレーキを使用したからといって、燃費が大きく悪くなることもないと思います。燃費が大きく変わるのであれば、違う要因が考えられると思います。愛車の燃費が急激に悪くなったら、工場などでの点検が必要だと思います。
エンジンブレーキはブレーキのサポートしてくれますので、燃費などに大きく影響はしないと思います。

エンジンブレーキと燃費ってどんな関係?

エンジンブレーキで、燃費が変わることはあると思います。エンジンブレーキを多用したからといって、大幅な改善は期待できないと思います。場合によっては、エンジンや変速ギアなどを痛める原因になってしまうのです。大型トラックなどでは燃費が良くなりますが、乗用車などでは燃費を向上させることは難しいと思います。
エンジンブレーキを乗用車などで多用しても、燃費を向上させることは難しいと思います。エンジンブレーキは停車や減速を安全に行うための技術だと思うので、燃費改善にはエンジンブレーキよりスピードを出し過ぎないことが重要だと思います。
エンジンブレーキと燃費は関係はあると思われます。乗用車でのエンジンブレーキの多用をしたからといって、燃費が大幅に改善されることはないと思います。乗用車などでは、燃費が向上したとしても実感するのは難しいと思います。

いすゞ自動車のホームページ。

エンジンブレーキを上手に使おう!

車間距離が少ないと使えない!エンジンブレーキ!

エンジンブレーキを使うのには、車間距離が長くないと難しいです。ブレーキのサポートで使うので、十分な車間距離をとっておかないと危険が多くなります。車間距離を長めに取ることが、エンジンブレーキをサポートとして安全に停車することができるのです。
長い下り坂でカーブなどの見通しが悪い場所を通過するのにも、エンジンブレーキは有効です。見通しが悪い場所では、前方の状況が分からないので減速が必要になります。下り坂などでは、十分に速度を落としていてもアクセルを踏まないで加速します。事故を回避するためにも、変速ギアを一つ下げるのがいいと思います。効果的にエンジンブレーキを使うことで、事故を回避することができるのです。
エンジンブレーキを有効に使うと、事故防止につながります。普段から車間距離を長く取るように心がけるだけで、事故防止につながります。

油断大敵!エンジンブレーキ!

市街地や交通量が多い道路などでは、追突される危険が増えます。楽しいはずのドライブを、悲しいドライブにしないためにも注意が必要です。エンジンブレーキではブレーキランプが点灯しないので、後方から追突される危険が増えるのです。市街地や交通量が多い道路では、バックミラーを活用して後方の車間距離を確認してから、エンジンブレーキを使うのがいいと思います。
後方から追突されるのを防ぐ手段として、ブレーキを踏んでる状態で一緒に使うのがいいと思います。後方からの追突事故を回避するためにも、有効な手段と思います。
エンジンブレーキとブレーキを併用することで、多くの事故回避につながると思います。エンジンブレーキは長い下り坂を走行するときだけでなく、安全運転のサポートにつながります。

高速道路では早めが大事!

高速道路などのスピードを出せる区間では、早め早めの運転操作が必要になります。出口で慌てることがないように、早めに準備をしておくのがいいと思います。出口になってから、いきなりブレーキだけでスピードを落とすのは非常に危険です。危険や事故を回避するためにも、早めに準備をしていると、余裕を持って安全に通過することができると思います。
高速道路の出口が近いからといって、高速道路の本線上での減速は事故などの要因になります。そのために、減速のための区間が設置されているのです。減速区間で十分に減速ができると、出口の渋滞発生時でも安全に停車が可能になると思います。
楽しいドライブにするためにも高速道路などでは、早め早めの休憩と運転操作が必要にななります。

日産自動車株式会社 オフィシャルWEBサイト「羅針盤」

快適ドライブをエンジンブレーキでもっと快適にしよう!

エンジンブレーキを併用して静かに停車しよう!

エンジンブレーキとブレーキを併用することで、静かに停車することができると思います。ブレーキだけで停車しようとすると、停車したときに衝撃などを感じてしまいます。この衝撃が少ないと、安心感が増えると思います。
エンジンブレーキをゆっくり併用することで、安全運転につながります。エンジンブレーキを使うのであれば、車間距離を多く取ることになるので安全運転につながります。また、車間距離を長めに取ると割り込みされる危険が増えます。快適で楽しいドライブにするのであれば、割り込まれてもグッと我慢することもときには必要なのです。

長い下り坂もエンジンブレーキで安全に通行できる!

長い下り坂を走行するときは、エンジンブレーキを併用することが事故やトラブルなどを未然に防ぐことになります。下り坂では、車は勝手にスピードが上がってしまいます。ブレーキだけの減速では、十分に減速できないと思います。エンジンブレーキを併用することで、十分に減速させてカーブなどを安全に通過することができると思います。
エンジンブレーキを併用することで、ブレーキへの負担を軽減させることにもつながります。ブレーキの負担を軽減させることができると、愛車のトラブルや故障などを減らすことにつながっていくと思います。愛車を長持ちさせることにもつながるのです。

エンジンブレーキを使って快適なドライブに!

快適なドライブにするためにも、エンジンブレーキの必要性は高いと思います。事故やトラブルを未然に防ぐことも、快適なドライブには必要だと思います。事故やトラブルはいつ起きるのか、予測ができないのです。少しでも事故やトラブルを回避するためにも、エンジンブレーキを併用するのがいいと思います。
また、快適なドライブにするためにも愛車の点検が必要だと思います。エンジントラブルやタイヤのパンクなどを防ぐ意味でも、出発前には車を一回りすると安心できると思います。長距離ドライブなどにお出かけするときは、エンジンオイルなども点検しておくと安心につながると思います。
エンジンブレーキは、ブレーキのサポートの役割を持っていると思います。エンジンブレーキを安全に使うためにも、車間距離を長めに取ることがいいと思います。楽しいドライブを楽しむためにも、車間距離を長めにとってエンジンブレーキを活用しましょう。