自転車と自動車の交通ルールと安全に走るためのポイント

自転車は車では入れない狭い道や近場への移動に最適な乗り物です。以前からすると購入しやすくなり、外出すれば見ない日はないほどに普及しています。また最近では街中だけでなく山道などでロードタイプの自転車に乗る人が増えてきました。しかし利用者が増える一方で自転車と車の事故は減少傾向にあるのですが、まだヒヤッとすることがあります。今後も事故を減らしていくためにも基本的な交通ルールから振り返ってみましょう。

法律上の交通ルール

普段、何気なく通っている道路には道路交通法に基づいて交通方法が定められています。そしてそれを示しているのが道路標示です。あまり意識はしていないかもしれませんが、双方のドライバーはこの表示に従い運転しなければなりません。道路には一般的にその外側に白い実線があり、これを「車道外側線」といいます。さてこの車道外側線というものはどういった役割を持つのでしょうか?

車は路側帯を走ってはいけない?

よく見かける道路の構成は端から観たとき順に歩道→路側帯→車道外側線→車道となっています。車は車道を走ることはもちろんのことで原則的に歩道通行は禁止となっていますが、このとき路側帯は車道の一部とみなされますので通行ができます。ただし、路側帯の外側に歩道がない場合に(路側帯が道路標示とみなされるため)路側帯の通行が禁止とされています。また、車道外側線が二重になって表示されている場合は、これは歩行者専用路側帯となり通行も駐停車も禁止となっています。さらに車道外側線のすぐ隣(端側)に白い点線が書かれていることがあります。これは駐停車禁止路側帯となり同様に通行も駐停車も禁止です。

しかし通常の路側帯では場合によっては駐停車が可能です。車道外側線が1本で路側帯の幅が75cm以上あるとき、車の左端と路側帯の端までの距離を75cm空けて駐停車が可能となります。

自転車も原則的に車道を走る

一方、自転車は軽車両に含まれ、人力車・リヤカー・馬車・牛車などをさします。簡単に区別すると動力が人力や動物の力であれば軽車両、エンジンすなわち機械的な動力を有するものは自動車扱いになります。そして自転車(軽車両)は原則として車道の左側を通行することになり、歩道がある道路において路側帯は車道の一部とみなされますのでその左側を通行となります。つまり歩道が設けられている道路では車道を走る。これが原則なのです。また交差点での一時停止、並走の禁止、二人乗りの禁止、飲酒運転の禁止など自転車も車(車両)のひとつです。

実は歩道も走れちゃう?

しかし、歩道を通行できる場合いくつかあります。

・「自転車通行可」、「普通自転車通行指定部分」の道路標示が歩道にある
・運転者が13歳未満もしくは70歳以上または身体に障害を負っている
・安全上やむを得ない場合

3つ目の場合、車道が狭いうえに交通量も多いから…と歩道を走るというわけにはいきません。この判断の根拠には主観ではなく客観的に見てそうなのかどうかということが重要です。つまり一個人の理由だけでは歩道は走ってはならず、誰が見てもこの車道を自転車で通るのは危険だという状況でないと歩道は走れないのです。

知っていた方も知らなかった方もひとまずは原則的なところは理解できたのではないかと思います。このように道路の構成によって路側帯が車道となったりそうでなかったりとややこしいかもしれません。しかしひとつのポイントとして車道外側線は「この線から端には歩行者や軽車両が通っているかもしれないから気を付けてくださいね」というサインであり、自転車からしてもその逆もまた然りということでしょう。

悩める交通事情

頭の中では理解できていても実際に路上に出て、100%守れているのか考えると首を傾げる人がほとんどだと思います。交通ルールは交通事故を起こさないように双方で守られるべきものです。起きる事故は必ずと言っていいほど当事者が個人的な判断、すなわち交通違反のうえで発生することがほとんどです。

事故件数報告

しかし、車と自転車の交通事故は年々減少傾向にあります。警察庁が平成27年における交通事故の発生状況をまとめた報告書の「自転車関連交通事故の状況」によると平成27年は合計で94,310件発生しており前年と比較して10,192件減っています。平成17年の175,436件から10年をかけて徐々に減少してきています。

そして合計件数のうち、出会い頭衝突が51,394件で最も多く、次いで右折時衝突が13,247件、左折時衝突が13,166件となっています。この報告書では自転車を第1当事者もしくは第2当事者としており、第1当事者とは最も過失の重い者としています。この数字はあくまでも警察に届けがあったものの集計であってヒヤリハットや当事者同士での和解の事案は含まれていません。件数自体は減少していても、どこにでもそのリスクは隠れているのではないかと思います。

法令違反件数報告

さらに自転車の法令違反の件数は平成27年は98,700件で、平成17年の183,993件から10年かけて事故件数と同じように減少しています。そのうちの22,575件は安全不確認、12,110件で動静不注視、10,955件が交差点安全進行のという順に多い法令違反となっています。

動静不注視とは相手をあらかじめ視認をしており事故は起きないだろうと判断して、相手の動き(動静)を見ることを怠った結果、事故にいたったような場合をいいます。また車(原付以上の車両)の法令違反の件数は平成27年は510,050件でこちらも減少傾向にあります。内訳としては安全不確認が155,446件、脇見運転が85,601件、そして動静不注視が59,044件となっています。

警察庁による交通事故の件数報告等のページ。随時更新されています。 平成27年の報告書はページ中段ぐらいにあります。

さて、読んでいただいてわかる通り、事故や違反の件数は減少傾向にあります。しかし法令違反でその双方の内訳に注目したとき、その違反のほとんどが運転者の安全運転義務の項目における法令違反だということにお気づきでしょうか。

安全運転義務とはさまざまな道路や交通の状況において、すべての車両の運転者は包括的に安全に関する注意義務がありますよという法令です。極端な言い方になりますが、あまり周りを気にせずに運転している、ということかもしれません。ともなれば交通事故が起きるのむしろ必然的と言わざるを得ないのかもしれないです。それは何も事故を起こした、また起こしそうになった当事者だけに限った話ではないと思います。ドライバーの立場になる人すべてに言えることなのです。

安全に運転のために

すべての事故に言えることですが、どんなに注意していても起きるときは起きてしまうものです。そんな事故を未然に防ぐことはできないものでしょうか。車は死角できてしまうことがあり、対策を講じたとしても安全確認の徹底や余裕をもって運転したりとドライバーに委ねられるところが大きいとお思います。そのため今回は双方が安全運転を心掛けたうえで、交通の安全性を高められるようなものを紹介していきましょう。

光で存在感をアピール!

車のドライバーは運転席から道路を全体的に見渡すことができますが、ときとして自転車がその風景の一部分となっていることが多いのでないでしょうか。視界に入っていたとしてもドライバーが認識しなければ意味がありません。そんなときは点滅式のライトや反射板などホイールなどに多めにつけて主張しましょう。日中はあまり効果はないかもしれませんが、夕方から夜にかけて非常に有効です。標準装備だけでは夜間でも自転車の存在に気付かないこともあるほどです。

自転車にもミラーを

車のようにサイドミラーなどがない分、後方の状況は視認しなければわかりません。走行しながら振り向くのは非常に危険ですので、そのようなときは補助ミラーを使用しましょう。ハンドルの端に取り付けるものから最近はハンドタイプのミラーなどいろいろあるようです。

購入検討はこちら

ハンドサインはなんだか恥ずかしい…

そもそも恥ずかしい、などと言ってはいられないと思うのですが、どうしても抵抗のある方には自転車用の方向指示器があります。サドルに付けるタイプからハンドルの端に付けるものまでもあります。近頃はさらに開発が進んでグローブにランプが仕込まれているものあるみたいです。

購入検討はこちら

このように事故を起こさないように、また事故に遭わないように努力できる準備や心構えは双方のドライバーにとって必要不可欠です。今回は自転車のアイテムを紹介しましたが、どちらも日々開発が進みより良いアイテムや装備が備わってきています。しかし、それらばかりに頼るのではなくそれぞれの意識が最も大切なのではないでしょうか。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?法律上のことはあくまでも机上の話であって、現場ではそれぞれのドライバーに判断が委ねられるために絶対に事故が起きないという保証はどこにもありません。万が一にも事故に遭遇してしまったときは原則的な交通ルールを思い出し、それを有効に使っていただきたいです。

そしてすべからくは事故に遭わない起こさないことが大事です。そのためにも安全性を高める装備品を揃えたり、ひとりひとりの意識が事故を減らし車と自転車の良い関係を作り出すのではないかと思います。