【ビギナーも簡単!】バイクオイルの交換方法

バイク初心者にとって、バイクのオイル交換はなかなかとっつきにくい印象があるかと思います。しかし、せっかくの愛車の命であるエンジンを長持ちさせるには必須のメンテナンスです。快適なツーリングを実現するためにも、定期的なオイル交換でエンジンをリフレッシュさせてあげましょう!

オイル交換に最適な時期っていつ?

オイル交換の時期を見極めよう

バイクオイルを交換する際に最初に悩むのがオイルの適切な交換時期ではないでしょうか?

一般的にバイクオイルの交換時期は走行距離から交換時期を見出していて、2,000km~5,000kmの間に3回~4回程度行います。しかしこれは走行距離からみたものであって、各メーカーのバイクの車種などによって変化することもあるため、購入時に添付される取り扱い説明書に従うか、直接目視でオイルの確認を行うのが1番かと思います。

またオイルの汚れは乗り手の運転の仕方によっても変化してくるので、荒い運転を普段からしているという自覚がある場合には定期的に目視によるオイルの確認をしておくことをおすすめします。

夏と冬のオイル交換の時期

オイル交換に必要なサイクルは夏場と冬場で変化があるように思われるオイルの交換時期ですが、実はオイル交換の頻度に違いはほとんどありません。(乗り手の運転にもよりますが)

例えば、アメリカンのようにバイクのエンジンがむき出しになっているMTタイプのバイクは、冬場や梅雨時はエンジン回りが錆びる可能性が高いため走らせる機会がめっきり減ってしまう方がほとんどでしょう。では、そのバイクのエンジンをかけていない状態ならオイル交換は不要かというとそうでもありません。

「夏場のほうが走らせてるし、冬場に交換する必要はないんじゃない?」と思っている方は要注意!
夏場走行中であってもシリンダ内で生じたガスが液化し、オイルの中に微量ではあるものの混入します。冬場の短距離走行の場合もエンジンが十分に温められていないことにより、燃料にオイルが混入し劣化してしまうのです。
そのため冬場にも定期的なオイルの目視確認が必要です。

また、バイクに乗る機会が全くなくなり1年以上バイクオイルの交換をしていない方も注意が必要です。
オイルは空気に触れることで自然に劣化してしまうものなので、最低1年に1回のオイル交換が必要となってきます。

夏場にせよ冬場にせよ、バイクオイルの交換は夏前に1回、冬前に1回程度しておくと良いでしょう。

オイル交換に必要な道具を集めよう

基本的な道具はバイク購入時に揃えるのがベスト

では、オイル交換を始める前に交換に必要な道具をそろえてみましょう。バイク購入時にホームセンターやバイク専門の販売店などでも購入できるので、自分にあった道具を探してみるのも楽しみの1つになります。

◆バイクオイル交換に必要な道具◆

・バイクの下に敷く大き目の段ボール
・メガネレンチ
・ジョッキ(オイルを注ぐときの容器のこと)
・オイルフィルター
・パッキン
・廃油処理用タンクかパック
・ドレンボルトのワッシャー(オイル交換の度に交換が必要なのでついでに)
・ウエス(雑巾でも可)
・手によくフィットするゴム手袋(サイズが大きいと作業しにくい!)
・オイル

オイル交換で持っておきたい道具を買おう

オーソドックスなものを持っておくのが望ましい

(STRAIGHT/ストレート) ドレンパッキン バイク用 M12×20mm×2.0T 19-81912

¥190

販売サイトへ

◆詳細◆

□サイズ□
M12

□外径□
20mm

□厚さ□
2mm

□入り数□
5

□対応車種□
【ホンダ】
4STミニ系全車種(FI車含む)、NSR50/80、NS-1、VTR250、CB400SF、RVF400、CBR600F、CBR600RR、CBR1000RR、CBR900RR、CBR954RR、VTR1000F、ホーネット900等

【ヤマハ】
YB-1FOUR、TT-R50E、TZR50等

【カワサキ】
KSR110、バリオス/-Ⅱ、ZEPHYR400/-X、エリミネーター250V、ZRX400/-Ⅱ、W650、Z750/S、ゼファー1100、ZRX1200R/S、ZZR1100、ZZR1200、ZX-12R等

SK11 メガネレンチセット ガンメタリック仕上げ 6本組 SMW-06GMS

¥2,928

販売サイトへ

◆詳細◆

□サイズ□
6mmX7mm・8mmX9mm・10mmX12mm・11mmX13mm・14mmX17mm・19mmX21mm

□セット内容□
レンチX6本・ホルダーX1

AZ(エーゼット) オイルジョッキ4L [ポリジョッキ/ポリジョッキー/オイルジョッキ] フタ&こし網付き PJ014

¥756

販売サイトへ

◆詳細◆

□材質・素材□
HDPE

□容量□
4L

□付属品□
こし網、フタ、ジャバラノズル

エーモン 1603 ポイパック 2.5L

¥190

販売サイトへ

オイルの保管場所には注意する

あまりにも高温であったり、寒すぎる環境にオイルを置いておくことは望ましくありません。また直射日光のあたる場所も避けましょう。温度変化の激しい場所はオイルが変質する可能性があります。そのため、できるだけ温度変化の少ない冷暗所への保管が望ましいといえます。

次に残ってしまったオイルですが、そのまま大きな容器に入れて保管すると空気に触れることによってオイルが劣化する可能性があるため、小さめのオイルタンクなどに移し替えて保管するようにしましょう。

実際にオイル交換をしてみよう!

ゆっくりでも正しい手順でオイル交換しましょう

それでは実際にオイル交換に入りましょう! オイル交換の手順は以下の通りですので、最初はゆっくりと手順を確かめながら行ってください。


【バイクオイル交換の流れ】
1.バイクの下に段ボールを敷く。*オイル染み防止のためガレージなどで作業をする際は特に大切です!

2.バイクのエンジンをかけ暖気をし、冷えたオイルを十分に温めましょう。冷えたままのオイルは硬くなっている可能性があり、オイルを抜きにくくなる可能性があります。

3.ドレンボルトをメガネレンチを使って緩めましょう。メガネレンチは必ずボルトの口径にあったものを使いましょう。口径があっていない場合、ボルトがなめてしまう可能性があります。

4.完全にドレンボルトを取り外す前に、廃油処理パックまたはタンクをオイルの排出口にセットし、オイルが出る際にこぼれないようにしましょう。

5.オイルを出し切ったらドレンボルトの古いワッシャーを新しいワッシャーに取り換えておきましょう。

6.ついでにオイルフィルターも新しいものに変えておきましょう。フィルターにはエンジンを燃焼する際に発生した金属カスなどが溜まっているため、できるなら定期的な交換が望ましいです。

7.ドレンボルトを元の状態に締め、購入時に添付されていた取り扱い説明書通りのオイル量を注ぎ、オイル交換の完了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 愛車のためにも長く乗り続けられるよう、オイル交換はもとよりワッシャーの交換やフィルターの交換についても触れてきました。

今後の楽しいツーリング生活を愛車と過ごし、快適な走行性を持続させてどんどんバイクを楽しんでいきましょう! そのためにも自身でできるメンテナンス方法を進んで覚え、メンテナンスについても楽しみを持っていただければと思っています。

オイル交換はいつもお店でやってます! と言う方も多いと思われます。今回はそんなオイル交換を自分でやってしまいましょうというお話です。まずはエンジンオイル交換をマスターしましょう!