スタッドレスタイヤを極めよう!

スタッドレスタイヤは年々進化していますが、雪道での事故はあとを絶たないのが現状です。今回はスタッドレスタイヤの基礎から見直してみましょう!

スタッドレスタイヤについて一から見直そう!

年々スタッドレスタイヤは進化しておりますが、それでも雪道での事故はあとを絶ちません。タイヤの選び方から交換のサイクル、サイズの選び方やスタッドレスタイヤの長所と短所を知っておきましょう!

スタッドレスタイヤとは?

スパイクタイヤの後継として登場したのが始まり...

スタッドレスタイヤの登場までは雪道ではスパイクタイヤが主流でした。タイヤの表面に無数の鋲が付いたタイヤで、積雪はもちろん凍結した道路にも有効でした。しかし、雪のない道をスパイクタイヤで走行すると、アスファルトを削り、目、鼻、のどの疾病や気管支喘息の原因となり、社会問題となりました。そこで登場したのがスタッドレスタイヤです。その後、スパイクタイヤでの公道走行は禁止されており、現在では一般販売はされておりません。一部ラリーカー用として、競技目的での販売のみとなっています。

スタッドレスタイヤの特徴を知っておこう!

深い溝が特徴的ですが…

スタッドレスタイヤの特徴はその深い溝です。通常のサマータイヤでは表面の摩擦を利用してグリップ力を得るのに対して、スタッドレスタイヤはその深い溝が雪に刺さることによりグリップ力を発揮します。わかりやすく表現すると、スタッドレスタイヤは爪を立てながら、引っ掻きながら走る曲がる停まるをしています。ですので溝が浅くなるとこの爪が立てにくくなる訳ですので、性能が落ちていく訳です。

スタッドレスタイヤは積雪が得意!

というわけで、積雪にはとっても強い特性を持っています。雪にザクザク刺さりながら走行する場合はどんなタイヤよりも得意です。逆に夏タイヤだと、表面積が大きいので刺さりきらずに雪の上に乗っている状態ですのでツルツル滑るのです。これではブレーキもハンドルも効くわけがありません。

スタッドレスタイヤの弱点を知っておこう!

スパイクタイヤからスタッドレスタイヤに変わった当時と比べれば今のタイヤはとても高性能になりました。しかしそんなスタッドレスタイヤにも弱点があります。その弱点を知っておいて事故から身を守りましょう!

スタッドレスタイヤの苦手なシチュエーション:ミラーバーン

ストップアンドゴーが繰り返される交通量の多い交差点で良くある現象ですが、雪が踏み固められて氷の塊のようになったことをミラーバーンと言います。この状態ではスタッドレスタイヤの性能は発揮できません。

スタッドレスタイヤの苦手なシチュエーション:アイスバーン

これもミラーバーンに似たシチュエーションですが、例えば雪が昼間のうちに太陽光で融けて水になり、また夜間寒さで凍ったときにはスケートリンクのように氷の状態になります。カチコチな路面ではスタッドレスタイヤが地面に刺さりませんのでツルツル滑ってしまいます。これもスタッドレスタイヤが苦手としているので、雪道では常に低速で走行する必要があります。。最近ではミラーバーンやアイスバーンに効果的なスタッドレスタイヤも続々商品化されておりますが、基本的には弱いといったことを覚えておきましょう。

スタッドレスタイヤの苦手なシチュエーション:雨

スタッドレスタイヤは雨にはとても弱いです。なぜなら地面との接地面が少ないからです。雨に強いのは夏タイヤで、夏タイヤは表面積が多いので地面に良く喰いつきます。それでいて排水用の溝もタイヤに刻まれているので雨に都合が良いのです。スタッドレスタイヤはどうしても雪の特性に特化しているのでこういったマルチな対応ができません。雨の日はゆっくり走りましょう。夏タイヤの倍ほど滑りやすくなっています。

スタッドレスタイヤの特徴を活かそう!

スタッドレスタイヤの特徴を活かしてさらにその性能を発揮する裏技をご紹介します!

間違いだらけのスタッドレス選び!:これはダメなパターン

少し車に詳しい方ならやってしまいがちな間違いです。まず一つは『インチアップ』です。冬の姿もカッコよくキメておきたいのはヤマヤマなのですが、インチアップしてしまうとスタッドレスタイヤの特性を生かすことができません。スタッドレスタイヤは『しなり』も重要なポイントです。インチアップしてしまうとタイヤの剛性が上がりこの『しなり』を持たしすことができません。ですのでおのずとスタッドレスタイヤの性能を100%発揮しにくくなりますのでご注意ください。理想はインチダウンし偏平(タイヤの厚み)も上げることです。
こうすることによりタイヤはしなり、雪に刺さり粘ってくれます。これともう一つありがちな失敗ですが『タイヤ幅を広げること』もスタッドレスタイヤの性能を低下させる要因になります。これは1本の針を刺す方と100本の針を束にして刺す方はどちらの方が刺しやすいか、といった条件に例えられます。スタッドレスタイヤはなるべく狭い範囲に車重を乗せて雪に刺さりながら走りたいので、タイヤ幅を広くする(太くする)と重量が分散され深くまで刺さってくれません。
こういったデメリットが発生しますのでご注意ください。

スタッドレスタイヤの性能を上げる裏技!

上記でもチラホラ出てきましたが、改めて性能を上げる裏技を紹介します。まずはインチダウンです。標準タイヤよりも小さい径のホイールを装着しましょう。これにより自然とタイヤの偏平(厚み)が増えることにも繋がります。ここで注意点ですが、車種によっては標準よりも小さい径のホイールが装着できない場合がありますので良く確認しましょう。
そしてもう一つは、タイヤを細くすることです。ワンサイズほど細いもので十分だと思います。具体的に言うと、標準が205の幅のタイヤでしたら195ほどで良いと思います。どこまで細くしていいかは実際に試してみないとわかりません。タイヤやホイールのサイズの見分けたかは後述で説明していきますのでお付き合いください。
そして最後にもう一つ、それは空気圧を減らすことです。減らしすぎるとタイヤが外れるといったリスクが生じますので、少しだけで十分でしょう。普段2.2入れている車両でしたら2.0ほどで良いと思います。これをするだけでタイヤの食いつき力がアップしますが、晴れの日の走行能力は落ちてしまいますのでゆっくり走りましょう。

タイヤ、ホイールのサイズの見方!

タイヤが205や195、偏平といった話が出てきましたが、それがいったいどう言った意味なのかを知っておきましょう!

タイヤサイズの見方!

ここではよりかんたんに説明させていただきます。例えば以下のような表記がタイヤの側面に書いてあったとします。その意味を説明します。

195/60 17

このような表記はどのタイヤにもあります。まず195ですが、これは横幅です。195mmという意味です。この数字が大きくなるほど太くなるといった具合です。ですのでこのタイヤに対して、185/60 17という表記のタイヤは細い、といったことになります。次に195/のあとの60と言う数字ですが、これは偏平率と言ってタイヤの幅に対してのタイヤの厚みのことを言います。ですので195/60 17に対して195/70 17のほうが厚みのあるタイヤ(偏平を上げる)となります。
そして最後に17と言う数字がありますが、これは対応ホイールのインチのことです。ホイールを大きいものに替える(インチアップ)のであれば17より大きい数字の18や19のものを選ぶことになると思います。逆にホイールを小さいものに替える(インチダウン)のであれば16や15のものになると思います。

ホイールサイズの見方!

ホイールもよりかんたんに説明させていただきます。ホイールサイズはホイールの裏側に刻印されていたりホイール裏にサイズの表記されたステッカーが貼ってあると思います。ではホイールサイズの一例を挙げてみましょう。

17X7J+40

と書いてあるとしましょう。最初の『17』はホイールのインチのことで17インチホイールと言うわけです。先ほどのタイヤサイズの最後の文字と同じです。17インチホイールには17インチタイヤを使用することになります。タイヤとホイールを選ぶときは、まずここのインチが合っていないと話になりません。では次の7Jですが、『7』は横幅をインチで表したものです。1インチはおよそ2.5cmですので7インチ幅はおよそ175mmになります。ですのでこのホイールは175幅のタイヤが着くと言うことになります。このタイヤ幅は多少前後しても使用可能です。7インチ幅に対して165~185程度の幅は装着可能範囲です。
次に『J』という表記ですが、これは特に知らなくても良いのですが、ホイールのリムの形です。リムとはホイールの部位のことですが、現存のホイールはほぼ同じ形で統一されているのでどのタイヤでもホイールでも合うようになっています。
最後の『+40』とは、インセットといってホイールの中心から外側に40ミリ出ていますといった意味です。逆に-40となっていれば中心から内側に40ミリ出ている、といった意味になります。もし+40のホイールを装着していて、もう少しホイールを車体の外側にホイールをもって行きたければインセットの数字を下げていけば良いのです。あと5ミリホイールを車体側に出したいときは+35にホイールを選べば良いといったことになります。
しかしホイールの横幅とタイヤハウス内の余裕との兼ね合いがありますので店員さんと良く話合ってホイールのサイズやタイヤサイズは選びましょう!

ホイールの取付け穴の見方!

ホイールは外から見ると、大きなボルトのようなもので取り付けられていることがわかると思います。ホイールも外した状態で見ると中心に4か5個の穴が開いているかと思います。大きな4WDであれば6個穴のホイールもあります。これをホールと言って、ホイールに4Hや5H、6Hといった具合に表記されていると思います。そのほか4Hや5Hどちらにも対応しているホイールは『4H5Hマルチ』といったような表記があると思います。まずご自身のお車のホール数を確認しておきましょう。確認したら次のステップへ進みます。
次はPCDと言われるホールの間隔の数値を表す数値です。どんどん難しくなってきましたが、このPCDは日本車であれば、PCD100、110、114.3、120の4種類が主流です。このあたりも難しいので店員さんに聞いてみましょう! 失敗した場合、大変な金額を損することになりますので...。

スタッドレスにも種類があります!

日本でスタッドレスと一括りにして販売されている傾向がありますが、、スタッドレスタイヤのほかにも似たような雪用タイヤがあることはご存知でしょうか? 一つずつご紹介しますので、違いを知ってご自身に合ったタイヤを選びましょう! 

スタッドレスタイヤ

改めてスタッドレスタイヤの説明をします。スタッドレスタイヤは、低温時でもゴムの柔らかさを保つことと、トレッド面に配置されるブロックが雪を掴むことで過酷な冬道でも滑りを抑えることが可能です。アイス路面はツルツルで平らに見えます。しかし表面は微細な凹凸があり、柔軟に密着し接地面積を増やすことで効きを高めます。
積雪路面では、雪を踏み固め掴み一回転する間に排雪します。ゴムの柔らかさと特殊なブロックによって効率的に実現されます。雪路とアイス路での効きを向上させたのがスタッドレスタイヤです。

スノータイヤ

タイヤの横に『SNOW』と記載されている物は基本的にスノータイヤです。これは、タイヤのブロックをボコボコと高くしたもので、そのブロックが雪に食い込み走りやすくするといった狙いがあります。しかしタイヤの素材は夏タイヤのように硬い物が採用されていることが多く、スタッドレスタイヤに比べると雪道での走行性能は衰えます。
あまり雪の降らない地域などにおすすめです。アイスバーンなどには夏タイヤ同様、抵抗力がありません。これはタイヤの素材が硬いことから踏ん張ってくれないからです。

オールシーズンタイヤ

タイヤ横にM+SやM/S、M&Sといったように記載されていることが特徴です。本格的なスタッドレスタイヤにもこの表記が見られますが、そういったタイヤの場合は『STUDLESS』とも書いてあり差別化を図っているようです。一般的なオールシーズンタイヤは夏の走行も、雪の走行もできますよ、といったものですが、あくまでも本格的な雪道には対応しておらず、高速道路などの冬タイヤ規制時にはこのタイヤでは通行できません。普段雪の降らない地域にお住まいの方が、年に何度か降る雪の対策程度だと考えましょう。
そのほかこのタイヤの特徴は多少のオフロードにも対応していますといった意味もあります。

スタッドレスタイヤの寿命は?

溝の深さでチェックしましょう!

どんなタイヤにもタイヤの使用期限を目測できる『スリップサイン』と言われるものがあります。下の画像にもありますが、溝の隙間にある盛り上がりが目印です。これがスリップサインにあたる訳ですが、このスリップサインとタイヤ表面のブロックの高さが同じになるとそのタイヤの使用期限は切れたことになります。もちろんスタッドレスタイヤにとっては溝は高ければ高い方が効果があるので、近くなった時点で交換しておいても損はありません。
事故のリスクを考えれば、多少もったいなくても新品に交換しておきましょう!

タイヤの硬さでチェックしましょう!

スタッドレスタイヤにとって、非常に重要なことはブロックの高さと、ゴムの柔らかさです。実際にタイヤに爪を立ててみて柔らかければまだ使えますが、硬くなっていれば寿命です。硬いスタッドレスタイヤは雪がタイヤのブロックを覆い尽くしてしまいます。まさに雪だるま方式で、ブロックが地面に食い込まなくなります。スタッドレスタイヤはそうそう表面が削れる(減る)ものではないので硬化が原因で買い替えられるパターンの方が多いかと思われます。
硬さの判定が難しい場合はディーラーやカー用品店、タイヤ屋やガソリンスタンドでチェックしてもらいましょう!

スタッドレスタイヤの保管の仕方!

保管の仕方を変えるだけで硬化を遅らせることができます! 保管の仕方にも注意しておきましょう!

ダメな保管の仕方

青空ガレージにそのまま置いておくことはスタッドレスタイヤはもとより夏タイヤでも寿命を早めてしまいます。これは太陽光の紫外線によりゴムの硬化を劇的に早めてしまうからです。何度も言いますが、スタッドレスタイヤはゴムの柔らかさが命です。保管していてもゴムを硬化させてしまっては意味がありません。

スタッドレスタイヤの保管方法

やはりテーマは『紫外線からタイヤを守る』ことです。できれば倉庫の中などが理想ですが、そうはいかない環境の方も多いハズです。どうしても青空保管されるのであれば紫外線対策としてシートかなにかで覆い被せておきましょう。
最近ではカバー付のタイヤラックもホームセンターなどで販売されております。そういったタイヤ専用グッズ積極的に利用しましょう!

アイリスオーヤマ タイヤラック カバー付 KTL-590C ブラック

¥3,945

金額もお手頃なのでたいへんおすすめです!

販売サイトへ

究極のスタッドレスタイヤ保管方法!

とにかく保管時期にタイヤを硬化させないための方法をご紹介します。これは夏タイヤにも有効なのでぜひお試しください。少し手間はかかりますが、タイヤの硬化を遅らせ、寿命を延ばせれば買い替えるペースも減ります。タイヤ代を考えればお得かと思います! 

まずスタッドレスタイヤを洗いましょう!:これはタイヤに付いた汚れと、凍結防止剤を洗い流すのが狙いです。特にこだわった洗剤も必要ありません。水を使用しブラシでコシコシ洗いましょう。溝の間を意識してブラッシングしましょう! そして水気を取り乾燥させましょう!

スタッドレスタイヤにワックスを染み込まそう!:ワックス塗布は表面だけで良いです。タイヤの裏側には必要ありません。これもブラシを使い溝にも入念に染み込ましましょう。なぜワックスを塗布するかというと、油分が切れるとゴムが硬化してしまうからです。これを防ぐためにタイヤに油分を吸収させておきます。このとき注意したいのが、水性のタイヤワックスを使用しましょう。それ以外のワックスでは逆にタイヤを劣化させてしまう可能性があります。ワックスを選ぶ時はタイヤにダメージを与えないものを使用しましょう。
十分に塗布したら、無駄な油分と拭い次へ進みましょう!

スタッドレスタイヤにラップを巻こう!:これは台所で使用するラップで結構です。もしくは梱包用のラップでも同じです。これは先ほど塗布した油分を逃がさない狙いです。隙間のないようにラッピングすることがコツです。

スタッドレスタイヤを暗室に保管しよう!:ラッピングすればあとは保管するだけですが、やはり紫外線は避けたいところです。そのほか風通しが良い場所が理想です。これで保管はバッチリです。この方法をうまく利用すればスタッドレスタイヤの硬化は大幅に遅らせることが可能です!

オカモト産業(CARALL) タイヤワックス タイヤのつや出しワックス 2066

¥612

こちらがおすすめのワックスです。水性なのでタイヤを傷めません。

販売サイトへ

スタッドレスタイヤの性能を活かす走り方!

いくらタイヤの性能が良くても間違ったハンドリング一つでそれを台なしになってしまいます。そこでスタッドレスタイヤの性能を100%引き出すドライビングテクニックをご紹介します!

基本動作はゆっくりと!

なにがなんでもこの一言に尽きます。ハンドリングもブレーキングもアクセルワークも全て『ゆっくり』が基本です。焦って素早い動作をすると、見通しの良い直線道路でもかんたんに事故を起こしてしまいます。それでは順に紹介していきます。

発進編

タイヤを滑らさないようにゆっくりスピードを乗せていきましょう。発進時はまずクリープ現象を利用しましょう。これはオートマチックはもちろんのことマニュアルミッション車も同様です。マニュアルの場合はクラッチワークもゆっくりが基本です。
クリープ現象の最高速まで達したらここでやっとじわっとアクセルを踏んで加速させていきます。雪道なので多少のホイールスピン(空回り)は仕方ありません。最小限にホイールスピンを抑えながら目標の速度まで上げていきましょう。このとき非常に重要なのがホイールスピンを感じることです。タイヤがどんな状況なのかを感じてください。ホイールスピンしていなければもちろん理想ですが、滑っているなりにそれを『認識』していることが重要です。

発進編:滑ったときは?

ラフなアクセルワークや路面状況で派手にホイールスピンしてしまったら、エンジン回転数が落ちるのを待ちましょう。ホイールスピンしているときにさらにアクセルを入れると余計に滑ってしまいます。滑らせないコツは、一度しっかりタイヤに雪を『食わす』ことでホイールスピンを最小限に抑えるコツです。

発進編:登り坂で止まった!

ちょうど信号の停車位置が登り坂の場合、発進に非常に不利な条件です。雪道での登り坂は車にとってホイールスピンが多発し加速しずらいことに加え、停車からの発進では悪条件のダブルパンチです。このときどうしても発進できない場合は、後方に注意してバックし坂の麓まで戻りましょう。そして発信できそうな場所まできたら青信号が見計らってスピードを乗せて坂を駆け上がりましょう。
このときホイールスピンが頻発する場合はアクセルを抜いたり入れたりしながらスピードを維持しましょう。コツとしては滑った→アクセルオフ、そしてゆっくりアクセルオン、を繰り返すようにしましょう。惰性だけで登り切るのが理想ですが、都合の良い道路ばかりとは行きません。
なるべく登り坂を避けたルートに変更するのも一つの手です。

停止編:ブレーキもゆっくり

現在ではABS装着車が一般的だと思いますので、ABS装着車と仮定して話をしていきます。雪道でブレーキを踏むと、ABSランプが点滅し、ブレーキペダルやABS装置がズコズコズコと作動すると思います。これはABSと言う装置が運転手に変わってブレーキの掛け具合をコントロールし、車をより短い距離で止まれるように機能しているのです。ある程度ラフにブレーキ操作しても良いのですが、ブレーキの踏み初めにゆっくり踏みこむことにより停止距離を短くすることができます。
ABSが作動していてもなるべくゆっくり踏み込んでいき、ある程度速度が落ちれば、ブレーキの力を抜きながらもスピードを落としましょう。そうすれば無駄なスリップを抑えられます。高性能なスポーツカーや高級車などではこのワザは不要で、そのまま踏み込んでいっても結構です。
ご自身の車が一番安心して止まれる方法はどちらなのか試してみるのも良いしょう。焦って急なブレーキングをしてもいくらABSが装着されていたとしてもそれが最善とは言えません。

コーナリング編:ハンドルも焦らず

カーブや右左折、車線変更の全てのハンドリングはかならずゆっくり操作です。ゆっくり操作しながら車が向きを変えていくにつれて必要量まで回していきましょう。素早くハンドル操作をすると、余計に曲がらない状態になります。これはやはりタイヤが雪を掴めてないのです。ゆっくりタイヤをしならせながら雪を掴む感覚を意識しながら曲がりましょう。
実はカーレースなどでもハンドル操作は必要最低限の速度と角度でハンドルを回しているのです。これが一番タイヤの性能を引き出す方法です。先ほども触れましたが、必要最低限の角度も重要です。必要以上にハンドル操作した場合に、その方向に車が回り込んでしまうリスクが上がってしまいます。いわゆるドリフト状態になる訳です。
こうなってしまうとコントロールができない状態です。ブレーキを踏んでもさほど効果を発揮しません。物理の法則に従って、車は無情にも回転していきます。これは雪が降ると必ず起こる事故です。ネット上のドライビングレコーダー映像で多く確認できます。こうならないようにゆっくりハンドルを回し、車が向きを変えなければそれ以上ハンドル操作はせず、場合によっては一度ハンドルをゆっくり戻し、向きを変える位置まできたら、再度ハンドルをゆっくり切り込んでいきましょう。
このとき絶対条件は、スピードを出し過ぎていては話になりません。タイヤは真っ直ぐ走ることだけに性能を使ってしまっているので車を曲げる余力がありません。必ず余裕のあるスピードで走りましょう。

兎にも角にも!

操作は『ゆっくり』としつこく記しておりますが、一番大切なことは『スピード』を出さないことです。そして『車間距離』をとにかく多く取ることです。雪道では車の走破性の違いがハッキリ出ます。ほかの車がビュンビュン飛ばしていてもご自身の車の性能の範囲内で、技術の範囲内でゆとりを持って走りましょう。雪のシーズンでは、アイスバーンなら仕方ありませんが、どの車も飛ばし過ぎにより多重衝突事故を起こす事例が相変わらず多発しております。
最近の4WDはとても性能が良く、雪道では信じられないくらいの安定感があります。しかしそれは走る、曲がるであって『止まる』については相変わらずです。恐らく高性能化が止まれないこと忘れさせてしまうのだと思いますが、止まる性能は低いままであることを肝に命じておきましょう。

おすすめスタッドレスタイヤ!

日本の雪道におすすめのスタッドレスタイヤをご紹介します!

DUNLOP(ダンロップ)WINTER MAXX SJ8(ウインターマックスSJ8) 215/65R16スタッドレスタイヤ

¥9,900

普通乗用車におすすめのタイヤです! 凍結した路面でも安心のハイスペック!

販売サイトへ

BRIDGESTONE BLIZZAK VRX (ブリヂストン ブリザック) 国産 プレミアム スタッドレス 175/65R14 タイヤのみ 4本セット 2015年製

¥48,040

アクティブ発砲ゴムで安心のブレーキング! 軽自動車におすすめです!

販売サイトへ

【17インチ】 スタッドレス 225/55R17 ヨコハマ アイスガード5プラス IG50plus ウェッズ ジョーカーショット タイヤホイール4本セット 国産車

¥134,000

低燃費化も実現! 信頼のアイスガードシリーズの新作です!

販売サイトへ

MAXTREK TREK M7 155/65R14 75T スタッドレス【セール品】

¥1,890

年に一度のくらいの雪に備えたい、でも安く済ませたい! そんなあなたにおすすめ!

販売サイトへ

まとめ

いかがでしたか? スタッドレスタイヤについての指南書となったでしょうか? 雪道はなんといっても事故が怖いです。気を許さずに集中して余裕をもって運転することが安全運転への近道のようです。積雪に備えたタイヤに、ゆっくり操作をマスターしておけば少しは余裕が持てると思います。事故には気を付けてカーライフを送りましょう! 最後までありがとうございました。