ハワイをレンタカーで楽しもう!ハワイでレンタカーするのに必要なものと注意点

海外旅行先の定番ともいえるハワイを思う存分に満喫するためには、行動範囲が格段に広がるレンタカーの活用を強くおすすめします。「レンタカーはどうやって借りるの?」「国際免許が必要じゃないの?」「交通ルール・マナーはどうなっているの?」など、ハワイでレンタカーを借りる際の疑問や不安を解決していきます。

初めてでも大丈夫!レンタカーでハワイを思いっきり楽しもう!

レンタカーなら行動範囲が広がる!楽しみが広がる!

ホノルル空港があるハワイの玄関口とも言えるオアフ島は、トロリーバスやザ・バスなどの交通手段を利用することができます。しかし、時間や行動範囲に制約をかけられてしまいます。そこでおすすめするのがレンタカーの活用です。
レンタカーなら、バスやタクシーなどの交通手段に乏しいハワイ島やマウイ島にも足を運んで楽しむことが可能となります。
「初めてのハワイ」という方は、ハードルが高いと感じるかもしれませんが、2度目ともなると是非ともレンタカーの活用を検討してみてはいかがでしょうか?

ハワイのドライバーは、マナーが良いので初心者にも優しい

ハワイは、右側通行で左ハンドルでの運転となるので、ちょっとだけ戸惑うのは仕方ありませんが、落ち着いて運転すればすぐに慣れることでしょう。
またハワイでは、幹線道路やハイウェイも整っていて、市街地でも路上駐車もなく、ハワイのドライバーのマナーも良いので都内を走るよりも楽に感じるかもしれません。

右ハンドルで気をつけたいウィンカーとワイパーの操作

海外で車を運転する際に、誰しも戸惑ってしまうのが、ウィンカーとワイパーの操作でしょう。
ウィンカーレバーの位置が、日本の車とは逆の位置になりますので初めてハワイで運転するときは、スイッチ類の操作を一通り確認したうえで運転しましょう。

分かってはいても、慣れている方で手が動いてしまうのが人間と言うもの。私がいつも意識しているのは『ウインカーは窓側!!』と言うものです。

窓側、窓側と絶えず頭で考えていると、自然と手が動くようになっていきます。ワイパーは頻繁に使うものではないですから、ウインカーの事だけ考えていれば間違えません。

出典:www.sekaidrive.com

ハワイでの運転に国際免許証は必要なの?

基本的に日本の運転免許証があればハワイで運転できる

基本的にハワイでは、日本の普通自動車運転免許を持っていれば車を運転することができます。ただし、事故や違反の取り締まりを受けた場合に、現場の警察官の理解不足などによりトラブルになるケースもあるようです。ホノルルの総領事館では、万一のために国際運転免許証の携行を強くすすめています。

ハワイ州では,入国後1年以内に限り,有効な日本の自動車運転免許証で自動車を運転することができます。入国後1年以内であることを証明する必要がありますから,パスポートも忘れずに携行してください。  

出典:www.honolulu.us.emb-japan.go.jp

依然として,当地の警察官が日本の運転免許証を認識できない可能性もありますので,念のため,翻訳代わりとして国際運転免許証も携行することを強くお勧めいたします。

出典:www.honolulu.us.emb-japan.go.jp

国際運転免許証の入手方法

国際運転免許証(国外運転免許証)は、最寄りの運転免許試験場や運転免許センター、指定の警察署で手続きをすれば入手することができます。手続きには、運転免許証と写真、パスポートと手数料が必要となります。

ハワイでレンタカーを借りてみよう!

ハワイでレンタカーを借りるのに必要なもの

アメリカでは20歳以下の人へのレンタカーを禁止されています。そのためハワイでレンタカーを借りる場合は、21歳以上で日本の普通自動車免許をもっていることが条件となります。また25歳未満の人が借りるときは、追加料金(1日あたり$10~$35程度)が発生する場合がほとんどで、借りられる車種が限定される場合もあります。
レンタカーを借りる際には、運転者本人のクレジットカードが必要で、国際運転免許証を求められる場合もあるので事前にレンタカー会社に確認しておきましょう。

レンタカー料金はどのくらい?

レンタカー料金は、レンタルした時間から24時間を1日として計算します。1時間でもオーバーすると1日分の延長料金が発生するので注意が必要です。
レンタカー料金安は、基本プラン小型車で1日55ドルから。日本で事前予約できる保険や税金・ガソリン代などを含んだセットプランで1日85ドルからが、一応の目安となります。

事前に日本で予約をしておくことでスムーズに

現地で予約なしでもレンタカーを借りられますが、繁忙期は希望する車種がなかったり、英語による手続きが煩わしかったりと、思わぬ時間のロスになることもあります。
日本に窓口のある大手のレンタカー会社なら、出発前に電話や各社のWEBサイトから日本語で予約することができるので便利です。さらに前述した保険や税金、ガソリン代などが含まれるお得なセットプランや割引サービスを利用しない手はありません。

ハワイに到着したら予約確認書と免許証、クレジットカードを提示してサインをするだけレンタカーが借りられます。
事前に予約する場合は、スーツケースが収納できないなどの思わぬトラブルもあるので、目的や人数をしっかりと把握したうえで車種を選択して予約を入れましょう。

日本で予約できるレンタカー会社

オンライン予約、割引レンタカーキャンペーン実施中。 GPSナビ、自分で車を選べるアラモセレクト。 ハワイ、アメリカなど海外レンタカーはアラモレンタカーにおまかせ。

アラモレンタカーハワイは、1974年創業の老舗大手レンタカー会社です。格安コンパクトカーから大型バンまで幅広い車種を扱っています。
全世界30ヶ国以上でレンタカーサービスを展開し、多くの航空会社やカード会社などと提携を結び、様々なお得なキャンペーンを実施しています。

お問い合わせ
アラモレンタカー日本事務所
E-メイル: Alamo@ehij.co.jp
フリーダイアル: 0120-088980
直通電話: 03-5962-0345
FAX: 03-5962-0346
受付時間:月ー金曜/9:30 - 18:00 (土日祝日除く)

出典:www.alamo.jp

海外でのドライブ・レンタカーの予約はエイビスレンタカー(AVIS)にお任せください。

エイビスレンタカー(AVIS)は、世界172ヵ国に営業所を持つ、世界トップクラスのレンタカー会社です。日本総代理店は、株式会社オーバーシーズ・トラベル。
エコノミーからラグジュアリーまで幅広い車種を扱っています。保険や各種サービス手数料が含まれている安心プランが用意されているほか、クレジットカード割引をはじめお得なキャンペーンや得点も実施しています。

お問い合わせ
日本総代理店
株式会社オーバーシーズ・トラベル
フリーダイヤル:0120-31-1911

出典:www.avis-japan.com

ハワイ アメリカ カナダ グアムの海外レンタカー

ダラーレンタカーは、24時間対応の日本語緊急ロードサービスをはじめ、保険保証制度なども充実しています。ダイムラークライスラー社の最新モデルを中心に、エコノミーカーやジープなど幅広い車種を扱っています。

お問い合わせ
ダラーレンタカー日本総代理店
株式会社アクセス
フリーダイヤル:0120-117-801
月曜から金曜まで:9:30~17:30
(土日祝祭日を除く)

出典:www.dollar.co.jp

ニッポンレンタカーハワイのホームページ。日本から予約OK。日本人スタッフがお待ちしています。

ニッポンレンタカーは、ワイキキと空港に営業所を設けているほか、アメリカ大手のナショナル社と提携して、オアフ島以外のハワイ全土でレンタカーサービスを展開しています。
日本企業ゆえに日本人スタッフが常駐している、安心して日本語によるサポートサービスを受けることができます。 GWや夏季、年末年始の繁忙期も同じ料金でレンタカーが借りられます。 

お問い合わせ
ニッポンレンタカー海外予約センター
フリーダイヤル:0120-107186
 (注)携帯・PHS・一部電話回線からは、下記電話番号をご利用ください。
TEL(03)3485-7131
営業時間 平日9:00~17:15(土・日・祝祭日・年末年始 休業)
電話応対品質向上のため、通話内容を録音させていただきます。
E-mail intlres@nipponrentacar.co.jp

※ニッポンレンタカーハワイのサイトで申し込まれたご予約につきましては
直接ニッポンレンタカーハワイの問い合わせ窓口
(nrhi888@highspeedhawaii.com)にてお願いいたします。

出典:www.nipponrentacar.co.jp

バジェットレンタカーでは、ハワイ・アメリカ・グアム・サイパン・オーストラリア・ニュージーランド・カナダ・タイ・ドイツ・イギリス各地に多くの営業所があります!お得なキャンペーン情報も満載!海外レンタカーサービスならバジェットレンタカーにお任せ!

バジェットレンタカーは、日本でも同一ブランド名で営業している世界各地にネットワークがある世界トップクラスのレンタカー会社です。ハワイにも多数支店があります。

お問い合わせ
株式会社イデックスオート・ジャパン
(IDEX Auto Japan Corp.)

【バジェットレンタカー海外予約センター】
0120-150-801(年中無休9:00~19:00)

出典:www.budgetrentacar.jp

海外レンタカー≪ハーツ≫の公式HP/簡単インターネット予約、お得なキャンペーン情報、便利なハーツNo.1クラブ、ハーツといっしょなら誰も知らない旅がきっと見つかる。

ハーツレンタカーは、全世界に8100ヶ所に営業所を展開しているレンタカー会社です。ハワイでは、全域をカバー。日本語カーナビ、格安プランなど充実したサービスを提供しています。

電話でのお問い合わせ
予約に関するお問い合わせ
( ハーツレンタカー予約センター )
電話番号 (※海外からはご利用いただけません):0120-489882
ファックス番号:03-3533-4060
営業時間:09:00-18:00
休業日:土・日・祝・年末年始

出典:japan.hertz.com

また、上記のレンタカー会社を一括検索・比較できるサイトもありますので、こちらで調べるのも良いかもしれません。ハワイを含む海外のレンタカーを調べるのに便利です。

世界中46,000ヵ所以上から最安値保証のエコノミーカー、ラグジュアリーカー、ファミリーカーレンタル すぐに予約!

ハワイのドライブで気をつけたいルールやマナー

シートベルトは全席着用!チャイルドシートも忘れずに

ハワイは、右側通行で左ハンドルでの運転になります。運転していれば次第に感覚がつかめて慣れてきますが、右折や左折する時に、うっかり左車線に入ってしまう人が多いので要注意です。
また、シートベルトは後部席も全座席が着用が義務づけられていますので、同乗者にもシートベルトの着用を徹底させましょう。チャイルドシートも年齢や体格によって細かく規定されているので、レンタカー会社で事前に確認しましょう。

歩行者が最優先!交差点の交通ルール

ハワイでは、何事も歩行者優先となります。交差点では、横断中の歩行者が横断歩道の中央を過ぎるまで停止していなければなりません。違反すると150ドルから1,000ドルと高額な罰金が科せられます。

またアメリカでは赤信号でも、一番右側の車線で一旦停止したあと、歩行者の安全確認をしたうえで右折することができます。ただし「NO TURN ON RED」の標識があるところでは、赤信号時の右折はできません。

黄色いスクールバスに気をつけよう

黄色い車体のスクールバスを見かけたら通行は、注意が必要です。
前方にスクールバスが停車している場合は、追い越しすることはできません。また、対向車線にスクールバスが止まっている場合も、一時停止してバスの発進を待たなければなりません。

駐車場では、子どもの置き去りと車上荒らしに注意

アメリカでは、12歳以下の子どもを車内に置き去りにすることがタブーとなっていて、必ず13歳以上の付添人をつけることがマナーとなっています。また、9歳以下の子どもを車内に5分以上置き去りにしたり、5歳以下の子どもを12歳以下の子どもと一緒に置き去りにしたりした場合は、罰金が科せられます。

駐車場などでは、車上荒らしも頻発しています。車内に貴重品や買った物、サングラスなどを置いたままにすることは大変危険です。建物から離れていて人気のない場所への駐車も避けることを強くおすすめします。

やむを得ず荷物を置いて離れる場合は、トランクへ。それも駐車場所でトランクに移しかえるのではなく、前もって別の場所で移しておくぐらいの防犯が必要です。

出典:allabout.co.jp

駐車違反は、日本以上に厳しい!

ハワイの駐車違反の取り締まりは、とにかく厳しいです。日本の感覚で「ちょっとだけ」と路上駐車してしまうと、すぐに違反切符を切られてしまいます。必ず駐車場やパーキングメーターを利用しましょう。

またオアフ島のワイキキやダウンタウンの観光スポットは、とくに取り締まりが厳しく、パーキングメーターでもコインが切れて10分も経たないうちに取り締まられてしまうので、多めにコインを投入しておくことをおすすめします。

スピード違反・携帯電話・飲酒運転も当然禁止!

広くてまっすぐ伸びた道路では、ついついスピードを出してしまいがちですが、日本と同様に白バイやパトカーが隠れて取り締まっているので気をつけましょう。

運転中だけでなく、一時停止中の携帯電話も使用が禁止されているので、電話はもちろんメール送信も禁止されています(911の緊急通報はのぞく)。またデジカメでの撮影も同じく禁止されていますので、うっかり風景を撮影することのないように気をつけましょう。

飲酒運転は、日本以上に取り締まりが厳しく、同乗者もアルコールを飲むことがタブーになっています。逮捕された場合は、高額な罰金の他に、リハビリプログラムの参加や地域の奉仕活動、48時間以上の高速など厳しく処罰されます。

なお交通違反の罰金は、クレジットカードでも支払うことができますので、万一反則切符を切られてしまったら、速やかに支払いを済ませてしまいましょう。

ハワイ州では、次のいずれかの状態での運転を飲酒運転に該当するとして、厳しい取り締まりを実施しています。

万一のトラブルも慌てずに対応しましょう

故障や事故の時は慌てずにレンタカー会社に連絡して指示に従う

パンクやエンストなど、車の故障や何か異常を感じたら、すぐにレンタカー会社の日本語対応の24時間対応ロードサービスに連絡しましょう。もし英語のオーペレーターが出ても、慌てずに「ジャパニーズ・プリーズ」と話して、日本語で対応してもらいましょう。

事故に遭遇した場合は、日本の時と同じ、車を安全なところに停車させて警察(911)に連絡しましょう。
この時も「ジャパニーズ・プリーズ」と話して、日本語の通じる警察官に繋いでもらいましょう。レンタカー会社へも忘れずに連絡して指示に従いましょう。また相手に対して「I'm sorry」などと事故の責任を認めるような発言は厳禁です。

まとめ

アメリカ・ハワイの交通ルールは、日本以上に厳しい面もありますが、あくまで歩行者や子どもを優先させて交通事故などの防止を図ることを目的にしたものです。
バカンスの開放感で羽目を外すことなく、慎重に安全運転を心がけていれば、それほど怖がる必要もないと思います。

のんびりムードが漂うハワイでは、むやみにクラクションを鳴らすこともタブー。後方の車からあおられたりすることもありません。右ハンドルにさえ慣れれば、むしろ日本よりも運転しやすい環境だと思いますので、思う存分ハワイのドライブを楽しんでくださいね。