【岡山国際サーキット】名勝負と伝説の舞台「オカコク」へGO!宿泊&観光も満喫♪

今回は「オカコク」でおなじみ「岡山国際サーキット」の魅力&イベント情報と、宿泊&観光情報をお届け。この記事を読めばオカコクの予習(おさらいも♪)はもちろん、サーキットのある街、岡山県「美作(みまさか)市」の情報をまるっとゲットできちゃいます。温泉から穴場的宿泊スポットまで網羅。宿泊難民の心配もナシ! さらには話題のご当地グルメが味わえる店も紹介。さあ、あなたも愛車と一緒に岡山国際サーキットへGO!

サーキットの歴史

宮本武蔵の生誕地で知られる岡山県美作市に、岡山国際サーキットはあります。1990年11月18日、「TIサーキット英田」の名称で、世界で唯一の会員制サーキットとして開場しました。

photo by 岡山国際サーキット

1994、95年とモータースポーツの最高峰と呼ばれる「フォーミュラワン」(F1パシフィックグランプリ)を開催。当時“音速の貴公子”と呼ばれたアイルトン・セナが、1994年に残した1分10秒218のコースレコードは、いまも破られていません。

SUPER GT開幕戦の舞台としてもおなじみ。
photo by 岡山国際サーキット

国際的なレースが数多く開催され、2008年から2010年までは「WTCC世界ツーリングカー選手権」の舞台となっていました。

現在では、国内最高峰の人気を誇る「SUPER GT」や「スーパーフォーミュラ」などを開催するほか、地域に密着したモータースポーツ競技会も数多く開催されるサーキットです。

世界の名だたるドライバーが限界のレースを展開する「スーパーフォーミュラ」。
photo by 岡山国際サーキット

名物コーナー&観戦ポイント

岡山国際サーキットは、2本の長いストレートと大小13のコーナーからなるテクニカルコースです。コース全長3.7km。各コーナーには往年の名ドライバーの名前を冠しています。なかでもおすすめの観戦ポイントをピックアップします。

photo by 岡山国際サーキット

パイパーコーナー

サーキットのテクニカルセクションで、オーバーテイク(追い越し)が頻繁に観られるポイントとなっています。Cパドックの観戦席からの観戦がおすすめです。

レーシングカーを見下ろすアングルで観戦ができるほか、リボルバーコーナーからパイパーコーナーのテクニカルなバトルも楽しめます。

Cパドック観戦席より。
photo by 岡山国際サーキット

1コーナー、リボルバーコーナーからパイパーコーナーへの下り、Wヘアピン

スタート直後の1コーナー、ヘアピンからリボルバーコーナーへの下り、Wヘアピン(レッドマン・ホッブス両コーナー)からの観戦がおすすめ。コースと観客の距離が近く、レースの迫力をより身近に感じることができます。

1コーナー

1コーナーヘ飛び込むマシンたちに鳥肌!
photo by 岡山国際サーキット

リボルバーコーナーからパイパーコーナーへの下り

テクニカルセクションでのオーバーテイクシーンは、圧巻!
photo by 岡山国際サーキット

レッドマンコーナー

Wヘアピンの1つめ。アウトにふくらみやすい区間。マシンのライン取りに注目。
photo by 岡山国際サーキット

ホッブズコーナー

Wヘアピンの2つめ。マシンをより近くに感じることができます。
photo by 岡山国際サーキット

場内にはテクニカルコースや宿泊施設も完備

テクニカルコース

子どもから大人まで気軽に楽しめる「ファミリーバイク」や「チャレンジカート」を走らせることができるコースです。5月に改修を終えたばかり。リフレッシュしたコースを気軽に走ってみましょう!

改修工事が終わり、リフレッシュ!
photo by 岡山国際サーキット

テクニカルコースの利用情報はコチラ

宿泊ロッジ

サーキット内には宿泊ロッジも備えます。バス・トイレ・電話・TV・冷蔵庫を完備。デイユースの利用もできますよ。駐車場は、ロッジ前のスペースへ。

真っ白な外観のロッジ。ぜひ泊まってみたい!
photo by 岡山国際サーキット

ゆったりとくつろげるベッドルーム(写真はスイートルーム)。
photo by 岡山国際サーキット

【ロッジ宿泊案内問合せ】0868-74-3550

ロッジ宿泊情報はこちら

華やかなサーキットクイーンも

岡山国際サーキットには現在、8名のサーキットクイーンが所属しています。彼女たちの活躍も見逃せません!

元気とスマイルでレースをサポート! 左から 高崎まゆ子さん、水城れなさん、柚月こはるさん、鈴木志歩さん、乙原みづきさん、田中優紀さん、菜畑有加里さん、相田真奈さん。
※2016年5月現在
photo by 岡山国際サーキット

2016年のレース&イベントスケジュール

1年を通して多くのレースやイベントが行なわれています。モータースポーツの魅力を堪能できる多彩なイベントが盛りだくさん。イベントスケジュールをチェックして、オカコクへGO!

ファン感謝デー&SUPER GT公式テスト(3月開催) photo by 岡山国際サーキット

※2016年4月以降のイベントスケジュールです

競技スケジュール

スーパーフォーミュラ

5月28日(土)・29日(日)
フォーミュラカーレースの頂点にあたり、日本独自のカテゴリー。世界の名だたるドライバーが限界のレースを繰り広げます。

全日本F3選手権

5月28日(土)・29日(日)
純粋にレースを戦うために設計されたフォーミュラカーによるレース。このレースからF1をはじめ、第一線で活躍するドライバーが数多く誕生しています。

GT ASIA RACE IN OKAYAMA

7月2日(土)3日(日)
世界のスーパーカーがアジア各国を転戦し争われるGT ASIA。スーパーカー達が繰り広げる重厚なバトルシーンは迫力満点。

スーパーバイクレースin岡山

9月24日(土)25日(日)
国内最高峰のオートバイレース。ライダーたちの限界ギリギリのコーナリングと接近戦は、見ごたえ十分!

スーパー耐久レースin岡山

10月22日(土)23日(日)

スーパー耐久レースin岡山
photo by 岡山国際サーキット

ドライバー交代、給油、タイヤ交換をこなして戦う3時間耐久レース。バリエーション豊かな車種とクラスでコース上は戦場に。

ファンイベントスケジュール

Tipo OVERHEAT MEETING

7月17日(日)

Tipo OVERHEAT MEETING
photo by 岡山国際サーキット

雑誌Tipoとコラボレートした夢の読者参加型イベント。普段お目にかかれないクルマたちも続々登場!

ミッドナイトエンデューロ

7月23日(土)
夏の夜風を受けて駆け抜けるサーキットならではの爽快感は格別! 誰にでも楽しめるサイクルイベントです。

MOTOR GAMES

8月20日(土)・21日(日)
クルマ&バイクによる総合モータースポーツエンターテイメント。ドリフト、FMXなど迫力の競技は必見!

86 Festival

9月11日(日)

86 Festival
photo by 岡山国際サーキット

いまも世代を超え愛される、トヨタAE86レビン&トレノ。そのハチロクが一同に会し行なわれるお祭りイベント。

サイクル耐久レース2016

10月10日(月・祝)

サイクル耐久レース
photo by 岡山国際サーキット

4歳児から参加できるイベント。年齢や走行時間によるクラス分けで自分に合ったクラスで参加できます。

TUNING FESTA 2016

11月6日(日)

TUNING FESTA
photo by 岡山国際サーキット

西日本最大級のチューニングカーの祭典! 手塩にかけて作り上げたマシンがサーキットを疾走します。

MAZDA FAN FESTA 2016

12月3日(土)4日(日)
マツダファンによる国内最大級のサンクスイベント。あのマシンや、歴代の名車も走行。

さらに詳しいイベント情報はこちら

所在地とアクセス

岡山国際サーキットへのアクセス

山陽自動車道……
備前ICより約25km(約30分)
(吹田IC → 備前IC 約80分)
和気ICより約25km(約30分)
中国自動車道……
美作ICより約25km(約30分)
(吹田IC → 美作IC 約80分)
作東ICより約10km(約20分)

基本情報

住所:〒701-2612 岡山県美作市滝宮1210
電話番号:0868-74-3311
駐車場:無料

公式サイト

サーキット周辺の天気

サーキットがある美作市のピンポイントな天気情報は、下記のリンクから。

サーキット周辺の天気情報

美作市の観光スポットをめぐろう

サーキットのある岡山県美作市は、豊かな自然と温泉に恵まれた美しい街です。日本女子サッカーリーグのなでしこリーグに所属する「岡山湯郷Belle」の本拠地としても知られます。オカコク入りの前泊として、またはレース観戦後に、のんびりと美作市をめぐってみませんか?

古町町並み保存地区。歴史的に重要な役割を果たした「因幡街道」の宿場町の景観を保っています。 photo by 美作市

名湯「湯郷温泉」に泊まる&癒される

美作市のほぼ中心地に位置する「湯郷(ゆのごう)温泉」は、岡山県を代表する名湯「湯原温泉」・「奥津温泉」とあわせた美作三湯(みまさかさんとう)のひとつです。初夏になると、温泉郷を流れる大谷川にはホタルが乱舞する、非常に美しい温泉郷です。

日帰り入浴施設「湯郷鷺温泉館」
photo by 美作市

湯郷温泉の由来

温泉の発見はいまから約1200年前(平安時代)、西国巡礼でこの地を訪れていた円仁法師によります。1羽の白鷺が、いで湯に傷ついた足をひたして癒している姿を円仁法師が見かけて、温泉が発見されたと伝えられています。その言い伝えから別名「鷺の湯」とも呼ばれ、親しまれてきました。

泉質は、ラジウム気泡を含む塩化物泉で湧出温度は40~43度、1分間に約450L湧出しています。無色透明の湯は肌がつるつるになると評判なことから別名「美人の湯」とも呼ばれています。

温泉街には、大小のホテル・旅館・民宿が約15軒が建ち並びます。和の情緒豊かな宿からモダンな宿まで、個性的な宿が揃います。また、日帰り利用できる「湯郷鷺温泉館」では、洞窟風呂や露天風呂が楽しめます。
無料足湯「ふれあいの湯」もぜひ利用を。近辺には源泉が湧く「塩湯社」「湯神社」もあるので、湯郷温泉のルーツを思い浮かべながら訪れてみたいですね。

湯郷温泉旅館協同組合公式サイト

湯郷温泉郷に泊まる

ここからは、湯郷温泉郷にあるホテル・旅館を紹介していきます。

季譜の里

季譜の里
photo by 美作市

コンセプトは「花を楽しむ、なごみの宿」。季節の花に囲まれた館内で、極上のくつろぎに浸れます。

自慢の食事は、岡山の旬たっぷりの料理はもちろん、瀬戸内海と日本海の中間に位置する美作市ならではの、新鮮な海の幸も堪能できます。

良質の温泉が楽しめる浴室には、4つの湯処と珍しい薬石蒸風呂を備えます。

【基本情報】
住所:岡山県美作市湯郷180
電話番号:0868-72-1523
駐車場:無料(宿泊者のみ)

公式サイトはこちら

ポピースプリングスリゾート&スパ

ポピースプリングスリゾート&スパ
photo by 美作市

カリフォルニア建築様式を取り入れ、木や手作りタイルなどをふんだんに使った温かみのある館内。

温泉やグルメといった従来の旅行の楽しみにリラクゼーションと健康的要素をプラスした、非日常の休日を満喫できるリゾート&スパです。

自慢の浴室は良質な温泉を引いた大浴場と露天風呂はもちろん、ジャグジー、ジャグジー露天(温泉ではありません)、ミストサウナを備えます。ジャグジー付の客室もあります。

【基本情報】
住所:岡山県美作市湯郷538-1
電話番号:0868-72-7575
駐車場:無料(宿泊者のみ)

公式サイトはこちら

ゆのごう美春閣

ゆのごう美春閣
photo by 美作市

ファミリーにやさしい宿です。

子ども用グッズ販売のコーナーやキッズコーナーが充実、そのほかの娯楽コーナーにも子どもと一緒に楽しめる工夫が満載です。

食事は、四季折々の会席から岡山の和牛「千屋牛」を使ったメニュー、B級グルメフードコートまで幅広く楽しめます。

浴室では、さまざまな浴槽で温泉が楽しめます。360度インドアビューや寝湯、陶器風呂など、思わず長風呂してハシゴしたくなるような浴槽ばかりです。

【基本情報】
住所:岡山県美作市中山1144
電話番号:0868-72-8111
駐車場:無料(宿泊者のみ)

公式サイトはこちら

個性豊かな宿に泊まる

温泉旅館のほかにも、美作市には魅力的な宿がたくさんあります。ホテルや旅館とはまた違った雰囲気の宿泊施設で、のんびりと羽を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

工房の宿 我楽他

工房の宿 我楽他
photo by 美作市

宿泊のみの一軒宿。窓からは茶畑が見え、自然に囲まれて静かにのんびりと過ごせます。調理器具や食器は揃っているので、食材を持ち込んで調理を楽しめます。庭でバーベキューも可能(用具は持ち込み)。自分流の過ごし方を見つけてみませんか?

12畳(6畳×2)の和室が1階と2階にあり、1階には囲炉裏のダイニング、そして木工体験ができる小さな工房もあります。

【基本情報】
住所:岡山県美作市海田1867
電話番号:0868-72-3773
駐車場:無料(宿泊者のみ)

農家民宿 福屋

農家民宿 福屋
photo by 美作市

1日1組限定で、民家一棟を貸し切れる宿です。

和室3室と掘りごたつのあるリビング・簡易キッチン・トイレ・風呂(シャンプー・リンス・ドライヤー有)・テレビ・冷蔵庫完備。もちろん駐車場もあります。

素泊まりは2名で4,000円から、1泊2食付なら7,000円からとリーズナブル。夕食は、山の幸や川の幸をふんだんに使った定食と、バーベキューから選べます。

【基本情報】
住所:岡山県美作市後山1439-2
電話番号:090-1181-7851
駐車場:無料(宿泊者のみ)

公式サイトはこちら

武蔵の里 五輪坊

武蔵の里 五輪坊
photo by 美作市

宮本武蔵生誕地「武蔵の里」内に建つ宿泊施設です。

塩化物温泉の温泉があり、宿泊するとかけ流しの内湯のほか、宿泊施設向かいのクアガーデン武蔵の里の温泉も利用できます。

こちらでぜひ味わいたいのが「五輪坊の会席料理」。四季の彩り豊かなごちそうが並びます。屋根付きバーベキューハウスも好評です。

【基本情報】
住所:岡山県美作市宮本94
電話番号:0868-78-4600
駐車場:無料(施設利用者のみ)

公式サイトはこちら

さらに詳細な宿泊情報はコチラ、キャンプ場やコテージまで幅広く紹介♪

美作市の詳しい宿泊情報はこちら

ご当地グルメを堪能する

その土地ならではの食材や自然の恵みを味わえる「ご当地グルメ」は、訪れたらぜひ味わいたいもの。美作市では「みまさかのご当地グルメ」として、「美作ジビエ」と「黒豆バーガー」が提供されています。

美作ジビエ

難波邸 フレル食堂の鹿肉のロースト(ランチ)。 photo by 美作市

美作市は鹿やイノシシが多く獲れる場所で、その量・質は岡山県内でもトップクラス。食肉の販売を行なっており、市内と近辺では良質な鹿肉や猪肉を使った高たんぱく・低カロリーなジビエ料理を味わえます。

※詳しくは、各提供店へお問い合わせください。

美作ジビエ提供店

カフェ・レストラン・バー

・BON APPETIT ボナペティ(美作市楢原下97−3)
鹿肉ハンバーグ、鹿肉ソーセージ等
電話番号:0868-72-3345

・難波邸 フレル食堂(美作市古町1621)
鹿肉のロースト(ランチ) 
電話番号:0868-75-3104

・森のキッチン やませみ(美作市右手1356)
ジビエ弁当ほか
電話番号:0868-75-4555

・STAY BAR(美作市湯郷600−1)
鹿肉ソーセージ
電話番号:0868-72-2125

・イタリア料理 piatto nono ピアットノノ(勝央町勝間田586‐4)
各種メニュー
電話番号:0868‐38‐1183

・Areole アレオレ(津山市小姓町10−1)
各種メニュー
電話番号:0868‐32‐1071

道の駅・ドライブイン

・道の駅彩菜茶屋(美作市明見167)
美作鹿カレーほか、シカ・イノシシ食肉の販売
電話番号:0868-72-8311  

・西の屋グループ 西の屋美作店 (美作市入田145−1)
各種メニュー
電話番号:0868‐72‐2200 

観光・宿泊施設

・武蔵の里五輪坊(美作市宮本82‐1)
キジ鍋・ボタン鍋等
電話番号:0868−78−4600

・愛の村パーク (美作市後山1872)
各種メニュー
電話番号:0868-78-0202

・リゾートイン湯郷(美作市中山886‐1)
バーベキューほか
電話番号:0868‐72‐4019

・ファーマーズマーケットノースヴィレッジ(勝田郡勝央町勝間田1100)
バーベキュー等
電話番号:0868‐38‐1234

・津山国際ホテル(津山市山下98-2)
コース料理等
電話番号:0868-23-1111

黒豆バーガー

「みまさか黒豆バーガー」(1個300円)は、ドリンクセットにもできます。
photo by 美作市

美作地域の特産物、黒豆を使ったバーガーです。地元「ふゆしらずの会」のみなさんが心をこめて手づくりする一品です。

地元米の米粉を使用したバンズに、黒豆、しめじと玉ねぎをみじん切りにして作った特製黒豆パテ、新鮮な地元産レタス、地元産トマトをサンド。さらにてりやきのタレとマヨネーズがコクと甘さをプラスします。

黒豆が香るやさしい味わい。ヘルシーかつ食べごたえもバッチリ。こちらも必食です♪

黒豆バーガー提供店

・キッチンくろまめ
住所:岡山県美作市明見345-30
営業時間:水・木・金曜日の9:00〜16:00
電話番号:090-2006-9600 (キッチンくろまめ)
駐車場:あり

もっとくわしい観光情報は美作市の公式サイトをチェック!

もっとくわしい観光情報はこちら

岡山県の観光情報はこちら

美作市から足をのばせば、さまざまなスポットやグルメが待っています。モータースポーツも満喫して、美作市の観光はもちろん、岡山の魅力を発見してみてくださいね。観光のヒントになるの記事をピックアップしました。こちらもぜひご覧ください。

岡山県の穴場観光スポット情報が満載!

岡山県内には美作三湯をはじめ、良質な温泉がたくさん! 県内温泉ガイドはコチラ!

岡山へ来たなら、名物グルメも堪能♪

岡山で立ち寄りたい、高速道路サービスエリアの情報はコチラ!

岡山は「モータースポーツ県」

岡山県は、岡山国際サーキットをはじめ中山サーキット、備北ハイランドサーキットといったおもなサーキットが3ヶ所あり、モータースポーツ部品関連の企業や有名ショップも集まる知る人ぞ知る「モータースポーツ県」。果物が豊富に穫れる温暖な気候で、晴天が多い県としても知られています。自然豊かな岡山の道をドライブしながら、レース観戦や温泉&スポットめぐりを楽しんでみませんか?

photo by 岡山国際サーキット