【ダイハツ シャルマン】ダイハツが目指したプレステージカーの形

軽自動車シェアトップをひた走る現在のダイハツですが、かつてはセダンを自主生産していました。そのクルマの名は、シャルマン。同社のフラッグシップであったこのクルマ、一体どんなクルマだったのでしょうか。

ダイハツ工業とは

まずはシャルマンを販売していた、ダイハツ工業の歴史について見ていきましょう。ダイハツは日本で最も歴史のある量産車メーカーで、1907年(明治40年)に大阪高等工業学校(のちの大阪帝国大学工学部であり、現在の大阪大学工学部の前身)の研究者らを中心に創立されました。当時の名称は「発動機製造株式会社」でした。

創立当時の発動機製造の生産のメインは、工場などの定置動力用として用いられていたガス燃料の内燃機関でした。ちなみに現在の「ダイハツ」の社名の由来は、創業当時に数多くあった発動機メーカーを「大阪の発動機」と区別しやすくするためであったとされています。

出典:http://www.asahi-net.or.jp/~rf7k-inue/izen/no-1/dai/dai.html

その後ダイハツは、1930年代に入ると自社製ガソリンエンジンを搭載したオート三輪「ダイハツ号」にて自動車業界に参入します。このダイハツ号は信頼性の高さから、三輪トラック業界では東洋工業(現在のマツダ)のそれと人気を二分するまでになりました。

出典:http://www.conyguppy.com/parts.html

オート三輪を生産していた当時のエンブレム。「ダイハツ」の文字ともに大阪城が描かれています。これ以外にも、単にダイハツの文字のみのエンブレムやロゴマークも存在しています。

頭文字を用いた現在の社章は、1966年(昭和41年)に誕生しました。登場後も何度か修正が加えられ、50年もの長きにわたり使用され続けています。
そして1967年(昭和42年)、ダイハツはトヨタ自動車工業(現在のトヨタ自動車)と技術提携を結びます。この技術提携から生まれたのが、コンソルテというクルマでした。

提携第一弾は、コンソルテ

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/rara1735/10832314.html

コンソルテは1969年(昭和44年)、トヨタとの提携第一作目として登場しました。エクステリアはフロントグリルとリアエンドのデザイン以外、当時のトヨタ パブリカのものをほぼ踏襲していましたが、エンジンはダイハツオリジナルの1リッター4気筒エンジン「FE型」が搭載されていました。のちにトヨタ製の1.2リッターエンジン「3K型」も追加されています。

コンソルテとは「伴侶、提携」を意味するイタリア語で、ダイハツとトヨタ、そしてユーザーとの深いつながりを願ってネーミングされたものです。

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/tom_and_rosemarie/16962889.html

トヨタとのコンソルテの開発、自社ディーラー網での販売でクルマづくりや営業のノウハウを蓄積したダイハツは、次なる手に打って出ます。それは完全自社生産による、よりハイクラスなクルマの開発でした。こうした背景の中誕生したのが、シャルマンだったのです。

シャルマン誕生

フランス語で「素敵な、魅力的な」といった意味を持つシャルマンは、1974年(昭和49年)11月に初代がデビューしました。早くも翌月には、バン仕様がラインナップに加わっています。このバン仕様は、1969年(昭和44年)に生産が中止されたコンパーノ バン以来のライトバンでした。シャルマンの開発はダイハツが主導で行われながらも、基本的なコンポーネンツはE20型トヨタ カローラがベースとなっていました。

ベースとなったE20型カローラは、シャルマン登場から4年前の1970年(昭和45年)にデビュー。ボール・ナット(リサーキュレーティング・ボール)式ステアリングや、一部グレードへのフロントディスクブレーキの採用などが主な技術的トピックでした。またスポーツバージョンとして現在でも評価の高い、TE27型「レビン」が追加されたのもこのモデルです。

シャルマンの開発前、トヨタはダイハツのセダン自主開発を強く拒んでいました。それでも開発の許可が下りたのは、マーケットからの強い要望からでした。それまでコンパーノやコンソルテに乗っていたユーザーたちが、より上級なクルマを求めていたのです。それに応えるかたちで後にトヨタからの承諾も得られ、開発は進んでいきました。

こうしてデビューした初代シャルマンは、それまでのコンソルテとは異なりダイハツのオリジナリティが感じられるクルマとして、じわじわと人気を獲得します。特に価格が大幅に上がり、肥大化したE30系カローラと比べてもほぼ遜色ない豪華さと廉価であったことも手伝い、デビューから1年で4万台を超えるセールスを記録。これはカローラ(&スプリンター)や日産 サニー、三菱 ランサーに次ぐものでした。

ベースがカローラということもあり、エンジンのスペックなどもほぼカローラに準ずるものでした。発売から翌年には早くも一部改良が行われ、セダンの全グレードが昭和50年度排出ガス規制に適合します。
そして1976年(昭和51年)にマイナーチェンジ。フロントグリルの形状が変更され「スポーツカスタム」「グランドカスタム」と呼ばれる新グレードが追加されます。また、オートマチックモデルがカタログ落ちします。また、セダンの全車が昭和51年度排出ガス規制に適合しました。

1978年(昭和53年)にはビッグマイナーチェンジが行われ、フロントノーズがスラント化されるなどデザインにも手が加えられます。また、グランドカスタムのリアシートにはアームレストが追加されました。エンジンも大型化が図られ、1.2リッターモデルは1.3リッターに、1.4リッターモデルは1.6リッターに拡大されました。オートマチック車が復活したのもニュースで、これにともなってセダンの全モデルが昭和53年度排出ガス規制に適合します。

こうしてきめ細やかな商品改良を重ねていったシャルマンですが、市販こそされなかったものの変わり種のモデルが存在します。それが「シャルマン ハイブリッド」です。
記録が少ないモデルですが、自動車雑誌「ドライバー」1980年(昭和55年)2月5日号に当時のインプレッションが掲載されています。

「マイコン制御のオートマ仕様
シャルマン ハイブリッドは、これまでのシステムと大きく異なる。従来は、エンジンとモーターをスイッチで切りかえて走行していた。
ところがシャルマン ハイブリッドは、エンジンとモーターで走行したり、モーターだけで駆動したり、走りながら充電したりする制御をコンピューターで行っている。
8ビット・20K(2万の情報を記憶させることができる)のマイコンは、アクセル開度やブレーキ踏力、エンジン回転数&トルクなどの情報を受けて、モーターおよびエンジンに必要な走行条件の司令をだす。
シャルマン ハイブリッドがエンジンを動力源として利用するのは、回転数で約2,000〜4,500回転、トルクで約2.5〜3.5kgmを発生する領域にかぎられている。このふたつの条件を同時にみたす範囲内でのみエンジンは駆動し、それ以外のときはアイドリング状態を維持するしくみ。
ちなみに、この条件下では、AB10型エンジン(クオーレに搭載、31馬力/4.2kgm)の燃費がよく、トルク特性にもすぐれているのだ。
それにしても、アイドリングはじつにうるさい。この騒音、じつはエンジンとモーターが干渉しあっているのと手づくりギアが馴染んでいないのが原因だとのこと。
事実、5km/h〜10km/hと加速していくと、アッという間に静かになってしまう。さらにアクセルを踏み込んでやると、スーッとすべるようなフィーリングで加速。たちまち、50km/hを越えてしまった。
直進走行は、じつに快適。中速域なら、モーターのトルクにたすけられたオートマらしくないスムーズな加速が、かえってこわいほど。
だが、コーナリングでは印象が逆転する。大きな駆動力とトランク内のバッテリーの重さで、30〜40km/hだとかなりテールをふるのだ。
このシャルマン ハイブリッド、エンジン余力や減速&制動時などの回生ブレーキによって自動的に充電されるため、毎日の充電が必要ないのが大きな魅力といえるだろう」

搭載されていた駆動用バッテリーは鉛蓄電池と前時代的なものですが、今日のハイブリッド車に通じる要素を多く持っているのが特徴的です。当時からダイハツは電気自動車の開発で一歩リードしていたので、こういったクルマが作れたと言えるかもしれません。あくまでも実験的要素の強いクルマでしたが、実際に販売されていればダイハツの歴史はまた変わったものになっていたとも言えるでしょう。

さらに高級化された2代目

そして1981年(昭和56年)、シャルマンは第二世代へと変貌をとげます。

外板は完全に新設計されたものとなり、インテリアも当時のトレンドに沿ったデザインになりました。特に6ライトのエクステリアデザインは、高級感を演出するには十分なものでした。またエンジンやトランスミッションをはじめとするプラットフォームは、当時最新であったE70系カローラのものがそのまま採用されました。また、このモデルでは初代にあったライトバンの設定がありませんでした。最上級グレードの名前は、わし座の恒星であるアルタイルを英語読みした「アルティア」です。当時のトヨタ マークⅡ三兄弟などにも匹敵する豪華な内装が魅力でした。

1983年(昭和58年)には最初のマイナーチェンジを受け、1.5リッターモデルの商品力が強化されます。ドアミラーへの採用やフロントグリルのデザイン変更、メーター周りのデザインもリファインされました。技術的な面では、ステアリングがこれまでのボール・ナット(リサーキュレーティング・ボール)式からラック・アンド・ピニオン方式に変わり、ステアフィールが向上しました。また最上級グレードは「アルティアL」と名前が改められ、大型カラードバンパーと4速オートマチックを採用。さらに60扁平タイヤと14インチアルミホイールをオプション設定としました。
その翌年にも一部改良が加えられ、1.5リッターモデルは差別化のためバンパーが大型化されました。

こうして熟成されていった2代目シャルマンですが、シャシーの供給元であるトヨタがベースモデルであるカローラシリーズの全モデルをFF化に踏み切ったため、生産続行が難しくなっていきます。
1987年(昭和62年)10月、シャルマンは足かけ2代13年にわたる歴史に幕を閉じます。それと同時に、ダイハツのFRセダンもこれを最後に姿を消しました。

シャルマンに関する豆知識

シャルマンはダイハツワークスとしてのモータースポーツ活動は行っていませんでしたが、プライベーターの手により初代モデルが地方ラリーなどで活躍していた記録が残っています。カローラ譲りの頑強な構造が功を奏したと言えるでしょう。
2代目は現役当時ではなく、何と21世紀に入ってからモータースポーツで使われるようになります。ドリフトの美しさを競う「D1グランプリ」こと、全日本プロドリフト選手権にエントリーしたのです。

出典:http://www.scoopnest.com/ja/user/suzuka_event/599460868099690496

車体はレギュレーションに沿うべく剛性が大幅に強化され、エンジンは日産 シルビアなどに用いられたSR20DET型エンジンに換装。最高出力は400馬力というモンスターマシンでした。岩井照宜選手のドライブにより単走優勝したこともある、実力も兼ね揃えたシャルマンです。

また変わったところでは、クレイジーケンバンドの横山剣氏がシャルマンの愛好家として知られています。本人も所有しており「ダサかっこいい」というその惚れっぷりから、日産 リベルタビラとシャルマンを合わせた「シャリマール」というトリビュートソングまで作ってしまいます。

シャルマンの後継車たち

アプローズ

シャルマンの実質的な後継モデルとなったのが、アプローズです。1989年(平成元年)のジュネーヴ・ショーにて公開されたコンセプトカー「MS-X90」がベースとなっています。翌年には早くもマイナーチェンジが行われ、日本初となる周波数感応式ダンパーやハイマウントストップランプ内蔵リアスポイラーが設定されました。

出典:http://www.isize.com/carsensor/s/daihatsu/applause/

しかし度重なるリコール騒動があったのも影響し、アプローズは販売的にはシャルマンほどは成功したモデルとは言えませんでした。結局1代限り、10年でその歴史を終えます。

アルティス

その後シャルマンの血筋をひくクルマとして生み出されたのが、アルティスです。アルティスはラガー以来となるダイハツとしては久々の3ナンバー車で、セダンとしては初となります。実質的にはトヨタ カムリのOEM車となり、現行型は2012年(平成24年)にデビューした4代目となります。初代シャルマンが夢見たハイブリッドモデルは、OEMという形ではありますが後継車にて実現したことになります。

シャルマンの中古車はあるの?

気になるシャルマンの中古車市場ですが、残念ながらインターネットの大手中古車サイトで検索しても2016年(平成28年)5月初旬現在で0台となっています。
製造終了から既に30年近くが経過しており、廃車になったクルマも多くあると考えられます。専門店もありませんので、根気よく探すしかないでしょう。ダイハツの中古車ディーラーに並ぶということもあまり考えられませんので、旧車に強いショップに頼んでおくといいかもしれません。

おわりに

2代限りでしたが、ダイハツの持てる技術力を結集して作られたシャルマン。トヨタの協力なしには生まれなかったクルマとも言えますが、ダイハツの独創性もいたるところに見て取れます。
今年の夏、ダイハツはトヨタの完全子会社になる予定です。再びダイハツとトヨタが手を組み「第二世代のシャルマン」の登場を楽しみに待ちたいところです。