【三菱 コルディア】80年代的に言って格好いい系のクルマ、あなたはご存知?

ちょっと前の自動車のカタログを見る機会があると、「多様化したニーズに応え」と言った趣旨の言葉が、目に入ってくることがよくあります。そして、この三菱 コルディアというクルマが登場した頃こそ、日本におけるニーズの多様化が1つのピークを迎えた時代だったように思います。

who is コルディア?

出典:http://www.mitsubishi-motors.com/jp/spirit/history/year/index.html#y_1980

みなさん、ご存知でしょうか? 電話機に取り付けられた回転式の円盤を、ジーコロコロとまわして発信していた時代があったことを。あるいはクルマ関係で言えば、パワーウィンドウやパワーステアリング、そしてエアコンも、特別なオプションであった時代があったことも。

21世紀の今は便利過ぎて、この先の更なる発展・成長がイメージしづらいということもあると思います。そして逆に、三菱 コルディアが生まれた1982年当時は、車作りにも様々な試みが活発に行われた時代でした。このクルマ、あのミラージュに見栄えの良いスタイリングを与え、所有することの喜びを表現するコンセプトの一台でした。その頃まで好調だったミラージュの基本骨格を使って、スペシャルティ寄りのモデルが欲しいという、販売チャンネルの要望にメーカーが応えたのかもしれません。ちなみに、もっとコンサバティブな車が欲しい向きには、姉妹車の『トレディア』と言うセダンもありました。

とにかく当時としては、国内の市場も当面の間は拡大することが見込めましたし、日本の自動車メーカーはどこも同じように商品展開していたんです。

評価は好みによって分かれる所でもありますが、コルディアのボディーシェイプは、なかなか格好の良い出来だと言えそうです。古今を通じて2ボックスの典型と評価されそうな、あのミラージュのスタイルとは一線を画し、こちらはハッチバック(もしくはファストバック)のクーペとして存在感を示します。時代を感じさせる衝撃吸収バンパーや、ボディーパネルのプレス技術のレベルなど、たしかに今見ればクラシカルな所もあります。しかし、全体的に見たときのバランス感は悪くないですし、テールランプ周りなどにもデザイン上の挑戦が見て取れるでしょう。

カタログ上の写真でもよくフィーチャーされているようですが、真っ赤なボディーカラーが似合うのも、このモデルにとって訴求ポイントの1つです。

コルディアの中身

エンジンは全部で4種類

出典:http://www.mitsubishi-motors.com/jp/spirit/history/year/index.html#y_1980

三菱自動車としても、横置きFFとしては初期の頃の車になるミラージュ系列。その中のスタイリッシュクーペであるコルディアには、1982年当時、まず3種類のエンジンが搭載されました。そのベーシックグレードには、1.6L直列4気筒(75ps / 11.8kgm)が搭載。加えて用意されたのが、それをターボ過給したタイプ(114ps / 18.3)と、1.8Lの直列4気筒(100ps / 15kgm)です。バルブ機構は全てSOHC、燃料供給は(依然として)キャブレター仕様でした。ちなみに、1.6Lターボエンジンは日本初の採用で、ボンネット上にあるエアースクープもスタイル上のアピールとなっています。

1983年のマイナーチェンジ時には、1.6Lターボが1.8Lターボへ変更されます。このエンジンでは時代に合わせて、燃料供給装置がシングルポイントの電子制御インジェクションになっています。『エレクトロジェットターボ』のキャッチコピーを与えられたこのエンジンは、出力が135psでトルクは20.0kgmまで高められました。また、エンジンの改良をうけて、ボンネット上のエアスクープも廃止されています。

4WDもあったコルディア

今の様に、経営上の効率ばかりを厳しく問われる時代であれば、コルディアは生まれなかったことでしょう。しかし時代は80年代。三菱自動車としても、このクルマには、それなりの力と夢が託されていたと思われます。

ファミリーカーベースのスペシャルティクーペであれば、スタイリングの変更と装備での差別化程度で、十分売り込めるかもしれません。しかし、自動車としての存在を問われた時には、やはり駆動方式も大きな要素。と言う訳かどうか分かりませんが、この三菱 コルディアにも四輪駆動が登場します。しかしこれは、フルタイム4WD登場前夜のことで、コルディアに使われたものも駆動方式切替レバーがついたパートタイム式となりました。そのエンジンは1.8Lのターボ過給付きで、出力135psにトルク20.0kgmという性能です。

大まかな形式としては、『スーパーシフト(後述)』の切り替えレバーに駆動切替ボタンがあり、それで操作するというもの。これを押すと、横置きのトランスミッション内部でアクチュエーターが動作、内部のクラッチで接続・切り離しが行われます。このクラッチから、後輪側と直結するプロペラシャフトに動力が伝わる訳です。

カタログ上では、「(三菱が)長年培ってきた4WDのハイメカニズムを集大成」、「新しい可能性を秘めたスーパースポーツクーペ」と謳われているコルディア4WD。同社にとっても、かなりな意気込みが感じられる一台でもありますね。また最近では、油圧で動作する多板クラッチで前後の駆動配分をする電子制御が定着していますが、そんな技術の前進とも言えそうなシステムでしょう。

そして、あの、スーパーシフトも搭載

私事ですが、姉が運転免許証を取得して、我が家にとって2代目のマイカーとなったのが、三菱のミラージュIIでした。そのころ、姉がコルディアのカタログを見て欲しそうにしていた姿を思い出します。まぁ彼女は、「クーペはだめ」と親に言われてしまい、あきらめざるを得なかったんですけどね。

さて、とにかくこの頃の三菱車にとって、一番の特徴だったのは「スーパーシフト」だと思います。我が家のミラージュIIにも付いていましたが、一体何がスーパーなのか? その正体はこうです。

三菱は、ミラージュが横置きFFになる際、FR用のエンジンを流用するためにシャフトを1つ追加していました。駆動を逆転する必要があったからです。そして、どうせならそこにも1つ変速をかましてしまえ、という設計屋さん的発想から生まれたのがスーパーシフトなんです。これは、マニュアルトランスミッションとのみ組み合わで使われるもので、本来の4速MTに2モード切替を加えることができました。

合計で8速MT…、となる訳ですが、実際には違います。このシフトは、メインとなるフロアシフトの横に、もう一本のレバーが出ているのです。そのレバーはロー側とハイ側の切り替えを行います。例えば、1速のローモードで発進し、1速のハイに切り替えても、次に2足のロー側には1回の操作では切り替えられません(よほど手が大きくて器用なら別ですが)。

という訳で、個性的かつ面白いシステムではありましたが、完全に根付くこともありませんでした。1983年のマイナーチェンジを期に、この方式も一般的な5速MTに変更されています。

中古で見つかる?

コルディアXG 1600GSRターボ

さて、今では完全なクラシックカーでもある、三菱 コルディア。もともと、さほどの人気車でもありませんでしたが、現存で車体が残っているのでしょうか。もしあれば、それはそれで面白い一台となるはずです。

そして、検索してみると見つかってしまいました。1984年登録という1.8LターボのFFで、走行距離が不明という車体が、1,750,000円という価格。さすが希少な車体ではあります、ちなみに左ハンドルの逆輸入車のようです。

メンテナンスなど、手はかかりそうではありますが、最近の国産車にはほぼ見られない3ドアのスポーツクーペです。どなたかが購入されて、大切にしていただけると良いんですけどねぇ…。

まとめ

勿論、ブロードバンド接続もなく、従ってユーチューバーの存在など想像もできなかった時代。日本初の肩掛け携帯電話が登場する、ちょと前。そんな頃に生まれた、ちょっと格好いいクルマが三菱 コルディアです。
今よりずっと不便でも国内のインフラ整備は一応完了して、経済力も十分にあった時に企画された、そんな一台。今振り返れば、幾つもの点で的を外していたかもしれませんが、一つの興味深い試みではあったはずです。
最近どうも自動車業界が元気ないと思うのは、こういった遊びが見られなくなったからという気もするのですが、いかがでしょうか?