近年増加のトラック盗難の傾向と対策を確認し盗難を防止しよう!

日本製トラックは質が高く、発展途上国で高く売れるということもあり、近年トラックの盗難が増加しています。トラックをお持ちの方、お仕事で使われる方、盗難被害に遭ってからでは遅いですよ!

【トラック盗難の傾向】こんなにたくさんの盗難の手口

代表的なトラック盗難の手口をご紹介します。もちろんこれから紹介する手口はほんの一部。窃盗団は常に新たな手口を考えていることでしょう…。とはいえ、知っているのと知らないのでは全く違いますよね。

窓の隙間から専用の工具を使用し鍵を開ける

窓のほんのわずがなかな隙間から、針金のような工具を使用して、鍵を開けることができてしまいます。

ドアハンドルをえぐって車内に侵入

こちらも工具を使う方法です。ドアハンドルをえぐり取って侵入してしまうようです。

キーシリンダーを壊して鍵を開ける

工具を使ってキーシリンダーを破壊し侵入されてしまいます。

窓ガラスを割り侵入する

こんな大胆なこと本当にするの? と思いがちですが、窓ガラスを破壊して侵入されてしまいます。

スペアキーを使う

"万が一の為に…"と、トラックのどこかに隠しておいたスペアキー。泥棒にはバレバレですよ。そのスペアキーを使って堂々とエンジンをかけて逃亡されてしまいます。

ハンドルロックをむりやり破壊

施錠する時にハンドルロックが自動でかかっているし大丈夫。と思っていても、そんなハンドルロックでざえむりやり壊されます。ハンドル操作が可能になってしまうと泥棒の思うつぼです。

レッカー車を使う

もうなんでもありです。事前にレッカー車を用意してそのままトラックごとレッカーして逃亡。泥棒は手段を選びません。

イモビライザーを無効にする

高度な自動車盗難装置として最近は軽自動車にでも標準装備されていることが多くなったイモビライザー。高度なセキュリティ対策が取られていますが、それを数秒で解除してしまうイモビカッターという特殊な機器があるようです。それを使いイモビライザーを無効化し、盗難されてしまいます。

【トラック盗難の対策】傾向をふまえての盗難対策

これからは上記の盗難手口をふまえて、出来る限りの盗難対策をご紹介していきます。窃盗団のターゲットとならないように是非参考にしてください。

貴重品、積荷など置きっぱなしにしない

財布やカバンなどの貴重品を置きっぱなしにしているだけで、やはり狙われる確率は大幅に上がってしまいます。"ちょっとそこまでだから…"といって油断していると危険です。肌身離さずが基本中の基本です。また、積荷を狙う窃盗団もいるので、長期にわたり駐車しておく場合も気をつけましょう。極力おろしておくことをおすすめします。

トラックから少しでも離れる時は鍵をかけっぱなしにしない

こちらも上記と同じく、"ちょっとそこまで…"の油断は大敵です。お手洗いや買い物などの一瞬の間を狙われています。特に冷暖房をかけている季節はかけっぱなしの人が多くなってきます。鍵は必ず抜いて出るようにしましょう。

スペアキーはトラックに隠したりしない

1台のトラックを会社の人など複数の人数で使用する場合などは、スペアキーをフロントバンパーの中などに隠していたりすることもあるようです。しかし、窃盗団はそういうところを狙っています。隠し場所をリサーチし、後日スペアキーを取り出し、何事もなかったかのようにそのまま乗っていってしまいます。

防犯カメラを設置する

当たり前のことですが、窃盗団は防犯カメラを嫌います。設置できるようであれば防犯カメラをおすすめします。もし予算の都合があれば、最近では精巧に作られたダミーの防犯カメラもあります。ダミーでも設置しないよりは効果がありそうです。

出来るだけ駐車する場所は明るくする

夜に駐車場が真っ暗だと通行人にも見えづらいので窃盗団にとっては好都合となってしまいます。駐車する場所は街灯があればいいですが、もし無ければセンサーライトなどを取り付ける事をおすすめします。また、先ほど紹介した防犯カメラと併用すると更に効果的です。

保険に加入する

盗難対策をしていても絶対盗まれないという保障は残念ながらありません。ですので、万が一、盗難被害に遭った場合を考えて車両保険に入っておくと、金銭的な負担も軽くて済みますよ。車両保険以外にも運送用保険というものもありますのでぜひ検討してみてください。

【予防が大切】盗難防止グッズってどんなものがあるの?

上記の対策だけでも何もしないよりは盗難の確率はグッと減少するとは思いますが、更に確率を減らすためにも盗難防止グッズの導入も検討してみてください。

ハンドルロック

名前通りハンドルをロックして動かないようにする防犯グッズです。まずは防犯してます感がある見た目で窃盗団のやる気をなくしましょう。他の防犯グッズと併用するのもおすすめです。

ハンドルロック 自動車の盗難防止 バット使用 トラック/軽自動車/自動車/車 カー用品/内装パーツ/カーアクセサリー 付け方 簡単CAR-LOCK96-F40430 (レッド)

¥6,100

販売サイトへ

タイヤロック

こちらのタイヤロックもハンドルロックと同じく、かなり目立つ見た目となっています。

【正規輸入代理店】 TRIMAX トライマックス ホイールロック(タイヤロック) 【10インチ~18インチ適合】【トレーラー/トラック/ボート/  ATV/普通乗用車タイヤに!】

¥32,800

販売サイトへ

イモビカッターガード

上記の盗難の手口でも紹介した通り、高度なセキュリティ対策が取られているイモビライザーでもイモビカッターという特殊な機器を使いイモビライザーを無効化されてしまう場合があります。そんなイモビカッターをガードする事ができる防犯グッズです。

Bullcon(ブルコン)イモビカッターガード TP-IM80

¥9,318

販売サイトへ

まとめ

いかがでしたか。窃盗団による盗難被害は増加傾向にあります。自分は大丈夫ではなく、日頃から狙われないように意識して対策をしておくことが大切です。