【日産 次期ジューク】モデルチェンジは2017年前半?搭載されるシリーズ式ハイブリッドとは?次期ジュークのライバル車は?

2015年のフランクフルトショーで初披露され、東京モーターショーでも展示された日産のコンセプトカー「Gripz Concept」。かたまり感のあるフォルムに、まるでウルトラマンの地球防衛軍に配備されてそうなエクステリアデザイン。エンジンは未来かっ! と突っ込みそうになるシリーズ式ハイブリッドです。こんなコンセプトカー然としたGripz Conceptが次期ジュークの原型とのうわさです。

【日産 Gripz Concept】次期型ジューク?ジューク後継車?

どうやら次期型ジュークの模様です。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/3QrMkWz7PEk" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

Introducing the Nissan Gripz Concept, a Radical Sports Crossover

2015年、日産がフランクフルトショーで世界初公開したコンセプトカー「Gripz Concept」は、ロードバイクをモチーフにした特徴的なスタイリングと、シリーズ式ハイブリッド「Pure Drive e-Power」を搭載していることで注目されています。その完成度はあまりにも高く、次期型ジュークではないか? と目されています。

シリーズ式ハイブリッドとは?

日産 GripZ Conceptに搭載されるシリーズ式ハイブリッドは、エンジンを発電機として使用し、発電した電気でEV走行を行うハイブリッドです。日産 リーフのような完全な電気自動車の一歩手前の存在ですが、電気スタンドの普及率を考えると非常に実用的な電気自動車とも言えます。

ハイブリッドの方式には他にパラレル方式、シリーズ・パラレル方式があります。パラレル方式はEV走行はできず発進や加速時にモーターが出力をアシストするタイプです。スズキのS-エネチャージはこの方式にあたります。
シリーズ・パラレル方式はEV走行ができ、さらに発進時や加速時のモーターアシストも行うタイプです。トヨタ プリウスに搭載されるハイブリッドはこのシステムにあたります。

次期ノート、次期セレナもシリーズ式ハイブリッド?

日産 次期ノートはマーチ、キューブを統合する?

日産は自動車のエンジンの役割を大きくシフトしました。エンジンを発電のみに使用するシリーズ式ハイブリッド「Pure Drive e-Power」は、自動車にとって電気自動車と並ぶ歴史的な仕組みです。なにせ走行に内燃機関を用いないのですから!
この「Pure Drive e-Power」は、2016年10月にモデルチェンジ予定の日産 次期ノートが搭載第1号になります。そして、当初はエクストレイル用のシリーズ・パラレル式ハイブリッドを搭載予定だった次期セレナにも搭載する、とのうわさです。

次期ジュークのモデルチェンジはいつ?

2017年はシリーズ式ハイブリッド普及の年になるのか?

次期ジューク、次期ノート、次期セレナは同じシリーズ式ハイブリッド「Pure Drive e-Power」を搭載し、使用するエンジンも直列3気筒1,200ccエンジンになりそうです。となると気になるのは生産能力です。これが次期ジュークのモデルチェンジ時期のカギとなります。

第1弾の次期ノートは2016年10月発売予定です。そして次期セレナハイブリッドは、ガソリン車より1年遅れの2017年7月とうわさです。発売されれば大人気になりそうな「Pure Drive e-Power」です。かなりの受注が予想できます。日産自動車にとってはじめての製品ですから、製造にも不慣れそうです。一気に搭載車を発表されては、製造工場もたまったものではありません。そこで3ヵ月おきぐらいで搭載車を発表していくのでは、と筆者は予想しています。

2017年4月には消費増税があります。増税の対応に販売会社は忙殺されると思われるので、3月の発売はないでしょう。そこで候補に挙がるのは増税まで日数がある1月、または増税後混乱が納まった4月です。いずれにしてもあと1年以内に、次期ジュークはモデルチェンジを行うものと思われます。

日産 次期ジュークのライバル車は?

スズキ 次期ジムニー

日産 次期ジュークの悪路走破性の高さを考えると、第1にライバル車として名前を挙げられるのはスズキ 次期ジムニーです。小型軽量でタフなボディと本格オフローダーとしての性能の高さは、山岳道路の走行に適しています。
現行型3代目ジムニーは1998年目に販売開始されており、19年目のモデルイヤーを迎えようとしています。初代モデルが11年、2代目モデルが17年のモデルライフだっただけに、そろそろ次期型ジムニーが登場してもおかしくありません。
次期4代目ジムニーなら、次期型ジュークにもひけをとらない高次元の悪路走破性を披露してくれることでしょう。

スズキ イグニス

スズキの小型クロスオーバーSUVが、大人気のイグニスです。ソフトな乗り心地、荷物の収納性、ジムニー譲りの悪路走破性を備えオンオフ問わず使用できます。クロスオーバーSUVという観点でライバル車として挙げましたが、両車はキャラクターが違いますね。実用性では次期ジュークよりも上でしょう。代わりにスポーティーさでは次期ジュークに軍配があがりそうです。

トヨタ C-HR

プリウスSUVとしてうわさされていたトヨタ C-HRも次期ジュークのライバル車に挙げられます。おそらく真っ向勝負するのはトヨタ C-HR以外にないのでは、とも思われます。エンジンは1.8Lハイブリッド、1.2Lガソリンターボ、2.0Lガソリンです。登場時期は2016年8月の予定です。

モデルチェンジが待てない方はこちら

モデルチェンジの発表時期も迫っていますが、それでも現行も出るや過去モデルが好きな方や待てない方もいらっしゃると思いますのでリンクを貼っておきます。是非チェックしてみてください。

中古車をお探しの方はこちら

【まとめ】ガジェット好きにはたまらない次期ジューク!

Gripz Conceptが次期日産 ジューク!?
Photo by yino19700

日産 次期ジュークのうわさをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。エンジンが自動車に搭載されながら発電機として使用され電気で走行する、なんて子供のころは未来の話と思っていました。その未来がもうすぐやってきます。まずは実用的な次期ノート、次いで現代のスポーツカーともいうべきクロスオーバーSUVである次期ジュークです。
アクセルワークでエンジンのエキゾーストノートを奏でる愉しみが過去のものへと追いやられそうですが、次期ジュークと思われるGripz Conceptを見るとワクワクが止まりません! 21世紀の新しいスポーツドライビングを提案してくれそうな次期ジューク。今から登場が楽しみですね。