【トヨタ タウンエース】ビジネスで活躍するモデルの中古車相場や最新モデルの情報を紹介

かつてはレジャー志向の強い「ハイエース」の弟分は、いまやビジネスで活躍するモデルとして人気です。その魅力や中古車相場をご紹介いたします。

「トヨタ タウンエース(TOWNACE)」

トヨタ自動車の「タウンエース」は、「ライトエース」の上級モデルとして1976年に登場しました。このモデルは、商用モデル、乗用モデルが設定され、セミキャブオーバーのワンボックスタイプとトラックタイプが設定されています。モデルの位置づけとしては、「タウンエース」は、「カローラ」のセミキャブオーバータイプという位置づけになります。そして1991年までは「トヨタ・バン(TOYOTA VAN)」として、ヨーロッパモデルは「トヨタ・モデル F(TOYOTA MODEL F)」というモデル名で輸出モデルが存在していました。

1thモデル(1976年-1982年)

1976年の10月に1thモデルの「R10系型」がとして登場しました。1thモデルは、「3/6人乗りのバン(1,200cc/1,600cc)」と「8人乗りワゴン(1,800cc)」が設定されていました。とはいっても、商用車としてのデザインや仕様となっていました。「トヨタ・ハイエース」と「トヨタ・ライトエース」の間を埋めるモデルとしての役割も担っていました。

エクステリア

ボディは、基本コンポーネントを1thモデルの「ライトエース」をベース車両として、ボディを延長しロング化、車幅もワイドかしたものとなっています。エクステリアデザインは、フロントのドアとスライドドアは、「ライトエース」と共通のものでしたが、エクステリアデザインは、全く違うものが与えられ差別化が図られていました。

パワートレイン

「ハイエース」の弟分として搭載されているエンジンは、1,200ccの「3K-J型」に加えて、「カローラ」のE30/50系と同様の「2Y-J型」、「12T-U型」の1,600ccエンジンが搭載されていました。トランスミッションはMTのみしか設定されておらず、5ナンバーのワゴンも設定していましたが装備も商用モデルと同様の装備にとどまりATは設定はされませんでした。

1978年モデル

ワゴンタイプが商用モデルと変わらない装備だったために、市場のレジャー志向の需要の高まりに合わせて、1978年にワゴンタイプの見直しが行われています。サスペンションシステムのリセッティングによって、操縦安定性が向上しています。またエンジンも昭和53年の排気ガス規制適合に合わせて排気量1,800ccの「13T-U型」に変更されています。モデルとしては、「カスタムエクストラ」という最上級グレードを追加し、装備にハイルーフ、サンルーフを採用しました。またバンのエンジンも1,300ccの「4K-J型」に変更となっています。トラックタイプは、6タイプのバリエーションでエンジンは1,600ccの「12R-J型」を搭載しました。そして、ジャストローモデルのトラックは、スタンダードのバイアスタイヤより小径のラジアルタイヤを採用することによって、高床モデルと荷台の高さが同等の高さとなっていました。

1979年モデル

「ライトエース」が1979年にモデルチェンジを行ない、「タウンエース」はマイナーチェンジを施すことになりました。乗用モデルとしてのスタイリングを見直し、インパネのデザインを一新したデザインとしカジュアル志向に見直されています。また昭和54年排ガス規制適合に合わせたエンジンの見直しが行われています。そして、トラックタイプの荷台の高さの見直しが行われて、リアタイヤに12インチのWタイヤを採用し、軽トラック同等の床面地上高の低さを実現しています。

1980年モデル

ライバルの「日産・バネット」などに対抗するために1980年にマイナーチェンジが施されました。ワゴンタイプのヘッドライトを丸目2灯式のヘッドライトから角目2灯式に変更しています。バンタイプは、ヘッドライトの形状変更はないもののヘッドライトベゼルとバンパーをグレーに塗装することによって見た目の豪華さを演出しています。パワートレインもコラムシフト4速MTに加えて、フロア3速AT、フロア5速MTを追加設定しています。ワゴンタイプは、スプリングレートの見直し、フロントサスペンションにスタビライザーを装着し操縦安定性を向上させています。またワゴンタイプの最上級グレードに「グランドエクストラ」を追加し、チルトステアリング、電動リモコンミラー、電動サンルーフを装備していました。その後、1982年にチルトアップ式のムーンルーフ、電動カーテンを装備しました。

2thモデル(1982年-1999年)

フルモデルチェンジが行われ2thモデルの「タウンエース」の「R20/30系型」がデビューしたのは、1982年の11月です。

エクステリア

エクステリアデザインは、シルエットがエッジの効いたスタイルとなり、Aピラーやウィンドウの角度が深くなりシャープなスタイリングとともに高級なデザインとなりました。このモデルになるとトラックタイプは、「ライトエース」の姉妹車とされています。またワゴンタイプのデザインとバンタイプの「デラックス」、「スタンダード」とは、エクステリアデザインが異なり、バックドアのウィンドウの四隅にRが付いたデザインで面積も小さいものになっていました。

パワートレイン

2thモデルのパワートレインは、新世代のユニットへと変更されました。キャブレター仕様の1,600ccと1,800ccは、「1Y型」と「2Y-U型」エンジンへと変更されました。ディーゼルエンジンも採用されることになり、「カローラ」に搭載されていた1,800ccの「1C型」エンジンが搭載されています。またトランスミッションも4速ATへと変更されています。しかし輸出モデルは、2,200ccの「4Y-EU型」、バンモデルは1,600ccの「1Y-J型」、1,300ccの「4K-J型」を搭載していました。また世界初として自動車向けの小型冷蔵庫、製氷機がオプション設定されていました。

前期モデル

1985年モデルは、マイナーチェンジによってスカイライトルーフを設定しています。これは、大型のガラスをルーフに装備し、開閉と脱着を可能としたもので、これまでのツインムーンルーフも継続設定していました。また「ビッグシートパッケージ」と呼ばれるセカンドシートを完全に2分割ベンチとしたモデルで「スーパーエクストラ」グレードに設定していました。パワートレインの変更としてディーゼルエンジン搭載モデルにターボモデルの「2C-T型」エンジンを搭載し、自然吸気の2Lディーゼルエンジンモデルは、MT仕様のみに変更されました。また1985年モデルは、4WDモデルを追加したモデルでもありました。このモデルは、パートタイム方式で「ハイラックス」の駆動系を流用し、副変速機付きのトランスファー、フロントマニュアルフリーハブも使用されていました。その後、1988年にマイナーチェンジを行ない、エクステリアデザインの変更として前後のバンパーなど曲面を使用したデザインへと変更しインテリアもインパネを中心にデザイン変更しています。大きな変更として「TEMS(電子制御サスペンション)」を「ロイヤルラウンジ」グレードに標準装備し、「スーパーエクストラ」グレードにオプション設定していました。

後期モデル

1992年にマイナーチェンジを施し、エクステリアデザインの変更を行いました。前後共にヘッドライト、グリル、バンパーともに段差をなくしたデザインとなり、ウィンドウのもサイドは、分割タイプから一体化したウィンドウデザインへと変更し、より現代的なエクステリアデザインとなりました。電動サンルーフのツインルーフは、フロントが電動スライド&チルト仕様になりました。また最上級グレードの「ロイヤルラウンジリミテッド」には、車速感応式のパワーステアリング、乗降アシスト機能付きパワーシートを装備していました。サスペンションシステムも「TEMS」が3段階の電子制御設定となり、ABSをオプション設定とし走行安定性を向上させています。またディーゼルターボ搭載のMTモデルにトーショナルダンパー搭載のクラッチディスクが装備されています。ATモデルには、シフトインジケーターも装備していました。その後、1996年に3thモデルにフルモデルチェンジするものの、トラックタイプは、1999年まで継続生産されました。

3thモデル(1996年-2007年)

3thモデルの「R40/50系型」は1996年の10月に登場しています。このモデルになると「ノア」というサブネームが使用され「タウンエース・ノア」というモデル名になりました。

エクステリア

このモデルの時期は安全基準が厳しくなっていく中にあって、エンジンの搭載位置、前輪の位置、キャビンにクラッシャブルゾーンの確保の必須などによって衝突安全基準を考慮したデザインとなりボンネットが付いたフロントマスクのデザインとなりました。しかし、全体のシルエットとしてエアロダイナミクスが図られた流線型のデザインとなり、シャープさに磨きのかかったデザインとなりました。

パワートレイン

搭載されたパワーユニットは、回転フィールがスムーズでレスポンスの良い「3S-FE型」が採用され、セッティングは、トルク重視となり最大出力130PSで乗りやすく、快適なエンジンフィールに仕上げられていました。ディーゼルエンジンは、「3C型」が継続採用されました。またバンタイプは、「7K-E型」を搭載しました。それぞれのパワートレインのレイアウトは、直列4気筒を縦置き搭載し、FR駆動としていたもののスペースを最小限に抑えることによって居住空間、荷室空間を確保しています。

4thモデル「2016年モデル」(2008年-)

4thモデルとなる「S402M/S402U系型」は、2008年1月から登場しました。じつは、このモデルはインドネシアのダイハツ生産で「Astra Daihatsu Motot(アストラ・ダイハツ・モーター)」の「グランマックス」というモデルの輸入車です。

エクステリア

このモデルに乗用のワゴンタイプの設定はなく、商用モデルのみの設定となりました。そのためにエクステリアデザインは、セミキャブオーバーでボディサイズは、全長4,045mm、全幅1,665mm、全高1,900mm、ホイールベース2,650mmの実用性を図ったシンプルかつデザインです。本国インドネシアモデルは、リアゲートは横開き式ですが、跳ね上げタイプに変更されています。ボディカラーは、ホワイトとシルバーマイカメタリックの2色のカラーバリエーションです。トラックモデルは、荷台長が2,430mm、荷台幅が1,585mmとなっています。

インテリア

操作性と快適性を重視した実用的かつシンプルなデザインとなっています。シート生地は、セミファブリックを採用しています。ウォークスルー機構によって左右の移動も楽に行うことができるように設計されており、また最大積載量750kgの荷室は、荷室幅1,495mm、荷室高1,305mm、リアシートを折りたたむなら荷室長は1,255mmから2,045mm、荷室フロア長は1,390mmから1,760mmへと拡大できます。これは、規格11号の段ボール(長310mm・幅240mm・高さ210mm)であれば、145個も積載できる容量を誇ります。

パワートレイン

パワートレインは、エンジンが1,500ccのDOHC VVT-i仕様の「3SZ-VE型」が搭載されています。インパネシフトのトランスミッションは5速MTと4ATが設定されいます。最大出力97PS/6,000rpm、最大トルク13.7kgm/4,400rpmを発生するポテンシャルを備えています。サスペンションシステムは、フロントがマクファーソンストラット/コイル、リアがトレーリングリンク/コイルを採用し、ブレーキシステムは、フロントにベンチレーテッドディスク、リアにリーディングトレーディングを採用しています。

燃費

バンモデルは、5MTモデルの2WD仕様でJC08モードで12.8km/L、ATモデルで12.2km/L、4WD仕様になると5MTモデルで12.6km/L、ATモデルで11.6km/Lとなっています。
トラックモデルは、2WD仕様の5MTモデルが12.8km/L、4ATモデルが12.2km/L、4WD仕様の5MTモデルが、12.6km/K、4ATモデルで11.6kn/Lとなっています。

価格

バンモデル
「GL」グレード
2WDモデル5MT「1,721,127円-」、ATは「1,808,509円-」となっています。
4WDモデル5MT「1,998,000円-」、ATは「2,085,382円-」となっています。
「DX」グレード
2WDモデル5MT「1,566,982円-」、ATは「1,654,363円-」となっています。
4WDモデル5MT「1,853,673円-」、ATは「1,941,055円-」となっています。

トラックモデル
「DXエディション」グレード
2WDモデル5MT「1,535,563円-」、ATは「1,622,945円-」となっています。
4WDモデル5MT「1,784,945円-」、ATは「1,872,327円-」となっています。
「DX」グレード
2WDモデル5MT「1,427,563円-」、ATは「1,514,945円-」となっています。
4WDモデル5MT「1,676,945円-」、ATは「1,764,327円-」となっています。

中古車相場は?

中古車相場ですが、1thモデルや2thモデルは流通していないようです。狙っている方は、見つけたら購入しなければ、かなりのレアな存在となっています。3thモデルは、50万円から探すことができますが、商用モデルとして使用されていることが多く、走行距離が10万kmを超えている個体がほとんどです。4thモデルは、2008年モデルなど初期モデルは10km以下の走行距離のものが50万円から探すことができます。

まとめ

ハイエースの弟分としてデビューした「タウンエース」は、一時期はレジャー志向を強めたものの、今や商用車として活躍するビジネスモデルとして活躍しています。そして、1thモデルや2thモデルはレアな存在となっています。