性能?価格?どっちで選ぶタイヤ!

タイヤを選ぶのに、性能と価格どっちで選びますか。価格だけで選んでしまい、後悔した人もいると思います。性能で選んで、高すぎる買い物をしてしまった人もいると思います。そんな失敗をしないために、車の使用目的に合わせて選ぶのがいいと思います。タイヤ選び一つで、燃費や乗り心地に影響しますので注意が必要です。

タイヤを知らないと損をする!

車の使用目的で変わる!タイヤ選び

タイヤを選ぶときは、使用目的に合わせるのがいいと思います。通勤や買い物などで車を使うのに、サーキット走行やスポーツ走行に適したタイヤを選ぶのは違うと思います。また、サーキット走行を前提として選ぶのに、エコタイヤなどの低燃費に貢献してくれるタイヤを選ぶのも違うと思います。
通勤や買い物が主な使い道であれば、価格優先でもいいと思います。ロングドライブや高速道路を頻繁に使用するならば、性能重視がいいと思います。車の使用目的に合わせて選ぶのが、一つのポイントです。
カー用品店などで、相談してからでもいいと思います。経済性などを考慮して選ぶのも、一つのポイントです。タイヤ選び一つで、燃費や乗り心地に影響してきます。選ぶときは、専門の知識を持っている人に相談するのもいいと思います。

中古タイヤを選ぶのは間違い?

中古タイヤを選ぶのは、間違いではないです。価格も新品より安く購入できるので、選んでいいと思います。中古タイヤを選ぶときには、注意しなくてはならない点があります。
残溝とタイヤの減り方です。溝が残っていないものを購入しても、すぐに買い替えになってしまうからです。また、片べり(片方だけ異常に減っている)タイヤも選ばない方がいいと思います。片べりしているタイヤを使うと、ハンドルにがたつきを感じたり雨の日にスリップしやすくなります。
同じ中古タイヤでは、パンク修理の有無も重要になってきます。パンク修理の跡から、エアー漏れを起こしたり高速走行中にパンクやバーストを起こす原因につながります。
また、ひび割れを起こしているタイヤもありますので注意が必要です。ひび割れが発生しているのであれば、タイヤ自体の寿命になっていると思います。中古タイヤを選ぶのはいいと思いますが、タイヤをじっくり見てから選んだほうが無難です。

安すぎるタイヤにご注意!

新品のタイヤでも、安すぎるタイヤには注意が必要です。長期在庫品になっていた商品かもしれません。保管状況が良く、きちんと管理されていれば問題はないと思います。保管状況が適切でないと、ゴムが劣化していてタイヤの性能が発揮されない可能性があります。最悪は、パンクやバーストの原因になります。
海外メーカーのタイヤにも注意が必要です。海外メーカーのタイヤは、耐久性などが重視されているのでスリップなどを起こしやすくなっているのです。海外メーカーのタイヤを選ぶときは、専門の知識を持っている人とよく相談してから決めるのがいいと思います。

世界最大級の中古タイヤ・中古ホイール・パーツ専門店『太平タイヤ』では、4000坪の広大な店舗面積により豊富な在庫を取り揃えております。通信販売や買取にもご対応いたします。

エコタイヤって本当にエコなの?

エコタイヤってなに?

車の燃費向上に役に立つタイヤです。通勤や買い物などでの使用だと、燃費の改善が実感しにくいと思います。長距離ドライブなどになると、エコタイヤによる燃費向上を実感できると思います。また、過度にエコタイヤに期待するのも間違いです。エコタイヤだからといって、大幅な燃費改善はできないのです。
大幅な燃費改善はできませんが、経済性を高めてくれるので選択肢の一つだと思います。エコタイヤは耐久性も改善されているので、選ぶ価値があると思います。適切にタイヤ空気圧などを点検調整していれば、今までより買い替えの頻度が少なくなると思います。
大幅な燃費改善はできませんが、エコタイヤを適切に管理すると経済性が良くなると思います。エコタイヤの使い方で、車にかかる経済的な負担を軽減させることができると思います。

エコタイヤのデメリットってあるの?

エコタイヤのデメリットは、二つあります。濡れた路面で、スリップしやすいことです。エコタイヤは転がり抵抗や摩擦が軽減されているために、雨の日などはスリップに注意しなくてはいけないのです。また、晴れの日でも橋のつなぎ目などでスリップしやすいので注意が必要です。
二つ目は、残溝があるといって買い替えの時期が遅くなることです。残溝は、買い替え時期を判断する一つのポイントです。エコタイヤは残溝が残っていても、タイヤの角や側面にひび割れが発生している場合があります。放っておくと、エアー漏れの原因やパンクなどのトラブルにつながります。
エコタイヤは、残溝だけで判断するのではなく総合的に判断しないといけないと思います。タイヤにも寿命があるので、寿命を超えたタイヤは買い替えするのがいいと思います。

エコカーはエコタイヤしか使えない!

エコカーでも、他のタイヤを使うことができます。自動車メーカーは、テストのときに使ったタイヤを推奨しています。カタログに記載されている燃費を目指すのであれば、推奨のタイヤを使ったほうがいいと思います。
燃費を決めるのは、タイヤだけではないのです。エコカーには、エコタイヤしか使ってはいけないというルールや決まりはありません。エコカーの最大のメリットを実感するのには、エコタイヤを使うのがいいと思います。
エコカーにも、エコタイヤ以外のタイヤも使えます。エコタイヤより燃費は悪くなりますが、問題はありません。エコカーだから絶対エコタイヤとこだわる必要はないのです。

エコタイヤ以外は買ってはいけないの?

エコタイヤを選ぶ理由?

エコタイヤを選ぶ理由としては、少しでも燃費が良くなれば家計に余裕ができるからだと思います。ガソリン代が浮けば、ドライブの昼食がいつもよりおいしいもの食べることができます。ドライブで少しでもお金を節約したい人は、エコタイヤを選ぶのがいいと思います。
また、タイヤ購入費用が抑えられるメリットがあります。各メーカーがそれぞれ出しているので、価格も抑えられてます。高品質のものを、新品で安く購入できるのです。お財布に優しいというメリットもあるので、購入の選択肢の一つにするのがいいと思います。
エコタイヤは、少しだけ燃費向上に役に立ってくれます。エコタイヤに頼るより、スピードを落として安全運転するのが燃費向上につながります。

エコタイヤ以外は燃費が悪い?

一般道や高速道路を走行するだけなら、市販されているタイヤでは問題ないのです。エコタイヤと燃費を比べても、大きく変わる要素はないのです。燃費は交通状況などに大きく左右されるので、タイヤでの大幅な燃費改善は期待できないのです。
また、サーキット走行を前提としたタイヤでは燃費は悪くなります。サーキットでは問題なく使えますが、一般道や高速道路とは違うので使用しないほうがいいと思います。サーキットで使われるタイヤを一般道や高速道路で使うと、少しの段差でスリップしたりパンクやバーストします。サーキット走行用のタイヤでは、一般道や高速道路で使用しないのがいいと思います。
カー用品店などで販売されているタイヤであれば、問題ないと思います。車の使用目的や使用頻度に応じて、販売店などで相談しながら購入するのがいいと思います。

エコタイヤ以外で市販されているタイヤって?

エコタイヤ以外に市販されているタイヤは、スポーツラジアルタイヤやスタッドレスタイヤです。スポーツラジアルタイヤは、スポーツカーやセダンタイプの車体が大きい車に適しています。エンジンのパワーが大きいスポーツカーなどでは、エコタイヤよりスポーツラジアルタイヤのほうが本来の性能を発揮させてくれるのです。
スタッドレスタイヤは冬用のタイヤです。圧雪や凍結路面を走行するために、開発されたタイヤです。冬シーズン以外で使用していると、冬に本来の性能を発揮できなくなります。また、ゴムが柔らかいので燃費が悪くなります。
エコタイヤ以外にも販売されていますので、車の使用目的に合わせるのがいいと思います。

激安・格安タイヤのオートウェイでは、スタッドレスタイヤや輸入タイヤなど各種タイヤやホイールを取り揃えております。通販に関してのタイヤ交換や、タイヤのサイズ等、ご不明な点は、お気軽にお問合せください!

タイヤを選ぶ基準ってあるの?

ブランドで選ぶ!

こだわりのブランドメーカーがあれば、そのブランドメーカーを選ぶのがいいと思います。ブリジストンタイヤやダンロップタイヤなど、国内メーカーを選ぶのもいいと思います。
海外メーカーでは、ミシュランタイヤやグッドイヤータイヤなどが有名です。メーカーによって、特色が違うので自分に合ったメーカーの製品を選ぶのがいいと思います。
また、RV車などの大きいサイズのタイヤはメーカーが限られていたりするので注意が必要です。購入しようとしても店舗に在庫がなかったり、メーカーにもない場合があるのです。大きいサイズなどのタイヤを購入するときは、カー用品店などで相談してからがいいと思います。

週末にしか車を使わない!

週末にドライブや買い物に行くために、車を所有している人も多いと思います。週末がメインで使っているのであれば、耐久性がいいタイヤを選択してみるのがいいと思います。耐久性がいいと買い替えの頻度が少なくなるので、経済性がよくなります。耐久性がいいといっても、タイヤには寿命があります。普段から空気圧などをしっかりチェックするのが、タイヤを長持ちさせることになります。
耐久性がいいタイヤだと、スリップなどを起こしやすいのです。耐久性がいいタイヤには、接地面などに固いゴムが使われています。雨の日などにスリップしやすいので、いつもより慎重な運転が必要になります。
冬シーズンに週末スキーやスノーボードなどに、出かける人もいると思います。夏より冬がメインだからといって、スタッドレスタイヤを年中使用しているのはお勧めできません。雪が降らないシーズンでは、夏タイヤに交換することをお勧めします。

ランフラットタイヤはあり?なし?

ランフラットタイヤは、パンクしても約100キロ前後走行ができるタイヤです。一部の高級車などには標準で装備されていますが、まだまだ一般には普及していません。
パンクしても走行できるランフラットタイヤですが、運転する人がパンクに気が付かないというデメリットがあります。タイヤメーカーなどでは、タイヤの空気圧が少なくなると警告灯などで知らせてくれるシステムを使っている車での使用を推奨しています。そのようなシステムがなくても使えますが、パンクに気が付かないのでこまめな点検と調整が必要になります。
パンクしても走れるランフラットタイヤですが、燃費は悪くなります。同じサイズでも、エコタイヤなどに比べると重量があるのです。
ランフラットタイヤを購入するのであれば、専門の知識を持っている人と相談してからでいいと思います。

ここでは安全性の高いランフラットタイヤについてご紹介します。タイヤについての知識を広げて、さらに安全で安心なカーライフを。ダンロップタイヤ公式タイヤサイトでは、その他にも、タイヤにまつわるコンテンツなどカーライフをより楽しくする情報満載です!

タイヤはどこで買っても同じ?

何件か見積もりをとってから!

タイヤ本体の値段と工賃などが一緒になって、タイヤの値段が決まります。タイヤ本体の価格差は少ないのですが、工賃の部分で価格差が発生します。店頭に表示されている価格に、工賃が上乗せされます。少しでも安く購入したいのならば、何件か見積もりをとってから決めるのがいいと思います。
また、窒素ガスを入れるからといって工賃に上乗せされている場合があるので注意が必要です。窒素ガスだと抜けにくい特性と熱による体積の膨張が少ないのがメリットです。窒素ガスを入れたからといって、タイヤ空気圧の点検調整をしなくていいという話にはならないのです。
窒素ガスでもエアーでも、月に一度はタイヤの空気圧点検調整を必要とするので甘い言葉に注意が必要です。

信頼できるお店を見つけよう!

タイヤなどを購入するときには、信頼できるお店を見つけておくことも一つの方法です。信頼できるお店を見つけておくと、いろいろ相談できるからです。購入するときにサポートしてもらえたり、場合によっては値引きしてくれるかもしれません。
信頼できるお店を見つけておくことによって、騙されないようにもなります。同じタイヤでも、一万円近くも価格差があったら考えてしまいます。最近では少なくなりましたが、高額な工賃を上乗せしたりするなどの業者もいます。高額な工賃を取られないためにも、信頼できるお店を見つけるのがいいと思います。
また、以上に値引きしてくる場合も注意が必要です。タイヤなどは長期在庫になっていたかもしれませんので、タイヤの製造時期を教えてもらうのも必要です。長期在庫になっていると、買い替えの時期が早くなってしまうのです。相場より以上に安くしてくる業者にも注意しなくてはならないのです。
タイヤなどを購入するときには、信頼できるお店の人と相談してから決めるのがいいと思います。

ようこそ、ヨコハマタイヤの公式ホームページへ!「ADVAN」「DNA」などに代表されるブランドを擁するヨコハマタイヤは、卓越した技術力をもって世界各地で活躍するタイヤを生み出しています。