【日産 エクサ】やっちゃえ日産の元祖!時代を先取りしすぎた車とは?

日産は1980年代、スカイラインGT-R・シルビアが脚光を浴びる中、非常に特徴的な車を生産していました。それが「エクサ」と呼ばれるクーペ・ワゴン2タイプを持つ車です。特徴的な車としてではなく多くの魅力を持っていたエクサでしたが、今ではなかなか見られない貴重な車となりました。エクサがどのような車なのかを今回紹介していきます。

【初代 エクサ 1982年~1986年】パルサーエクサとして華々しくデビュー!

初代エクサはパルサーの「クーペ」として設定

1984 EXA Turbo R

1982年当時、トヨタでは「ソアラ」「セリカXX」ホンダでは後の伝説マシン「シティ」三菱「スタリオン」と言ったように数々の名車が産声を上げた年でもあります。もちろん日産では「6代目スカイライン」「初代マーチ」と言った名車が出てきました。

とは言え、当時の日産は今のような「市場が求める車を作る」「海外でも通用するスぺシャリティカーを作る」と言った状態とは程遠く「どんどん車を作るぞ! ニーズ? そんなことより自分が好きな車を作るぞ!」のように、ある意味熱意が篭った方々の集まりでした(今では考えられないことですが、そのおかげでシルビア・スカイラインGT-R・4代目フェアレディZと言った名車が誕生しました)

かと言って天下の「トヨタ」に負けない販売力を求めていた当時の日産は、販売している「パルサー」に目を付けたのです。パルサーであれば知名度も高いですし、いきなり見たことも聞いたこともない車を1から作るよりかは確実に売上を伸ばせると考えていたのかどうかは定かではございません。そんなパルサーをフルモデルチェンジしたのです。

2代目パルサーは3ドア・5ドア設定の他に、若者をターゲットにした「クーペ」を設定しました。そのクーペこそ初代「エクサ」なのです! 2ドアノッチバッククーペとして誕生したエクサは日本車初となるドアミラーを採用し、斬新なスタイリングは以前のパルサーとは大きく変化したこともあり多くの日産愛好家の方々に注目された1台になりました。

とは言えこの当時は、あくまでも「パルサーのクーペモデル」とされていました。そのため「エクサ」単体の名称ではなく「パルサーエクサ」とされていたのです。

エクサにターボ搭載モデルが登場!

1984 EXA Turbo R

パルサーエクサは販売当初、日産愛好家の方々に注目をされていたものの評判はそこまで良いと言うものではありませんでした。エンジンはNAのE15エンジンを搭載し、最高出力は「95PS」車重は900kg未満だっため爽快感を感じるものの、絶大的な速さを求める方々にとっては不満が出てきたのです。それなら三菱の「スタリオン」翌年の1983年に販売されたトヨタの「カローラレビン」同じく1983年に販売された「CR-X」に移っていったのです。

そこで日産はよりスポーティで爽快な運転を楽しめるよう1983年に「E15ET 直4SOHCターボ」を搭載したパルサーエクサを販売したのです。この改良エンジンにより最高出力が「95PS→115PS」に向上したパルサーエクサはトルクも同様に「12.5kgm→17.0kgm」へと向上したのです。こうして、900kgに満たない車重に向上したエンジンを搭載したエクサは、他のメーカーの車種に負けないスポーティな走行を楽しめる1台へと変化したのです。ターボを搭載されたことにより、がらっと評価が一変したのは言うまでもありません。

パルサーエクサ 100台限定のコンバーチブル仕様

1985 EXA Convertible

1985年、日産の販売系列「チェリー店」が創業を開始しちょうど15年。ご存知の方も多いと思いますが、チェリー店は日産がプリンス自動車工業を買収して誕生した販売店です。店名についても1970年に販売を開始した「チェリー(後のパルサー)」にあやかって付けられた言われています。

そのチェリー店が創業15年と言うことで、記念になんとパルサーエクサのコンバーチブル仕様を100台限定で販売を開始したのです。現在、とてもではありませんが創業記念だからと言ってここまでのことはできないでしょう。当時の日産の勢い、そしてバブル時代の勢いを感じさせます。こちらでは幌が設定されており、幌を取り去れば開放感のある運転を思う存分楽しむことができるでしょう。

パルサーエクサが遂に独立!

パルサーエクサは1982年~1986年まで、あくまでも「パルサーのクーペモデル」として日産のスポーツカー部門を支えてきました。ターボモデルを販売してからは人気が急上昇したこともあり、パルサーとしてではなく遂に「エクサ」として独立することになったのです! エクサとして独立したのは1986年のこと。この独立したエクサについては後ほど、項目を分けて解説をしていきます。

パルサーエクサ 車情報紹介(ターボ仕様)

全長:4,125mm
全幅:1,620mm
全高:1,355mm
ホイールベース:2,415mm
車両重量:885kg

エンジン:E15ET型 直4 1,500cc ターボ SOHC 115ps/17.0kgm    
駆動方式:FF
変速機:AT・MT

【エクサ 日本仕様 1986年~1990年】独特なスタイルが特徴的!

日産エクサのスタイリングが大きく変更!

1986 Coupe Type-A

日産エクサとして独立したのは1986年。先ほど紹介したパルサーエクサと比較するとスタイリングが大きく変更されていますね? 実は独立したエクサは、国内のデザイナーが担当したのではなく日産が抱える北米のスタジオにてデザインされたものなのです。1980年代の車にしてはスタイリッシュでどこか外車のような風合いがするのはそのせいかと思います。

がらりと風変わりしたエクサは外見だけでなく中身も大きな変化を見せています。その変化を簡単にですが下記に紹介していきます。

・搭載されているエンジンは「CA16DE型 直列4気筒 DOHC16バルブ」に変更
・Tバールーフの装着
・ダッシュボードの中央に「油圧計」「電圧計」を配置
・メーターナセル周囲にサテライトスイッチを採用
・レバー式のライトスイッチの採用

等のように、当時の国産車にはない内装や未来的な装備ばかりエクサには取り入れられていたのです。特にTバールーフの採用によって簡単に車をオープンにすることができ、風を感じながらオープンドライブを楽しむことができたのです。オープンカーとまでは行きませんが、開放的な運転を求めるユーザーにとっては好評だったようです。

しかし! エクサの特徴的な車として外せないものがもう1つ残っています。それを次の項目で詳しく紹介していきます。

エクサにキャノピータイプが登場!

1986 EXA Canopy Type-B

エクサの日本販売は先に紹介したクーペモデルだけではありません。上の写真のように「キャノピータイプ」のモデルを合わせて2種類販売を行っていたのです! 「どこにでもあるようなワゴンタイプに見えるけど…何がすごいの?」と思いますよね? このキャノピータイプのエクサは今までの国産車とはある意味斬新的な発想で製造された車なのです。

まずリアハッチが着脱式になっているのです。
上の写真をもう一度よく見てみましょう。リアハッチ部分の色が本体と若干違いますね? このリアハッチの部分のみですが着脱することが可能なのです。もし荷物を載せたい場合はリアハッチをそのままの状態にするも良し。「開放的な運転を楽しみたい!」と思えばTバールーフに取り付けてある部品・リアハッチを取り除けば開放的な運転を存分に楽しむことができるのです。

次にリアハッチを外すことで「ピックアップトラック」のように楽しむことができることです。
Tバールーフのところを取り外さず、リアハッチ部分のみ取り外しますと小型ですが外車のピックアップトラックのような形状になります。取り除くことで空いたリアハッチ部分は意外と積載量があり、スタイルだけでなく日常生活からアウトドアまで幅広いシーンで活躍しました。

もちろん日産ではリアハッチを取り外した後、安全に運搬・保管するために必要なハッチスタンドの販売。また、緊急時の雨に対応できるよう「応急用キャンバスハッチ」の販売も同時に行っていたのです。今までにはない斬新なスタイルで私達を驚かせたエクサ。しかしまだまだ私達を驚かせてくれるのです!

日産エクサに搭載された日本初の技術

ハイマウントストップランプを初めて搭載

1986 Coupe Type-A

読者の皆さんは「ハイマウントストップランプ」と言うランプをご存知でしょうか? ハイマウントストップランプと言うのは車体の後部中央に取り付けられたブレーキランプを指します。写真で言うと後ろから3番目のSUVがハイマウントストップランプを使用しています。実は日産のエクサは、ハイマウントストップランプを日本で初めて採用した車なのです!

もともと、日本国内ではハイマウントストップランプは別段装着する必要性がなく、写真のように一般的なブレーキランプで十分でした。もしハイマウントストップランプを付ける場合は、メーカーオプション、または自身で購入したものを装着するぐらいです。

しかし時代を経過していく内に各国でハイマウントストップランプを義務化する動きが出てきました。アメリカでは1985年に乗用車、1993年に小型のトラックへの装着を義務化。ヨーロッパのEU諸国では1998年に乗用車への義務化を施行しました。とうの日本はと言うと2006年に乗車定員が10人未満の乗用車はハイマウントストップランプの装着を義務付けされています。(あくまでも2006年以降に新車として販売された車に限ります。2006年よりも以前の車には装着する義務はありません)

先進的な技術を他社に先駆けて装着しているのは、さすが技術の日産と言われるだけあると思います。ただ、それらを装着したからと言って顧客満足度が当時高まったのかは定かではありません。

キーレスエントリーの先駆けとなる施錠システムを開発

現在、車への施錠技術は進化しており最近まで写真のようにキーレスエントリーかと思えば、今では鍵を持っているだけで鍵の施錠~エンジン点火までできる「スマートエントリー」にまで進化したのです。そんな中エクサでは、キーレスエントリーの先駆けとなるシステムを搭載していたのです!

写真のように遠くからできるキーレスエントリーではありませんが、それに似た技術です。まずマスターキーのグリップマグネット部分を運転席側の「アウタードアハンドル」に近づけます。近づけてボタンを押し反応すれば全てのロックが反応して施錠される仕組みになっているのです。開錠はキーを差し込む必要がありますし、今のように便利ではないものの、当時としては画期的な技術として高く評価されていました。

ボディデザインにリアスポイラーが初めから搭載されている

1986 Coupe Type-B

「WRX STI」「ランサーエボリューションX」と言ったように、現在のスポーツカーであればボディデザインに「リアスポイラー」が初めから装着されている車種は珍しくありません。しかし当時はそのような車種は皆無でした。しかし「やっちゃえ日産!」とCMでも紹介されているように、当時も「やっちゃえ!」と言う勢いでエクサの標準装備としてリアスポイラーを搭載したのです。クーペのみとなりますし、かなり小型なのでぱっと見ではなかなかわかりにくいかもしれませんが、スタイリッシュな雰囲気をより醸し出し、より国産車離れしたボディデザインへと変貌していったのです。

エクサが販売不振!時代を先取りしすぎた呆気ない最後

スタイリッシュなデザイン・クーペ・キャノピータイプの二枚看板・日本初となる技術の採用等のように、エクサは国産車にはない大きな魅力を持って誕生、そして販売を行ってきました。しかし残念なことに販売台数は思うように伸びず、販売不振にまで陥ったのです。

その原因となった根拠は未だ分かっていませんが「国産車にはない斬新なデザインが受け入れられなかった」「最先端装備が受け入れられなかった」「キャノピータイプに興味を持っていなかった(特に北米市場ではキャノピーハッチは元々オプションパーツでしたが、それすらも途中でカタログから姿を消しました)」等の原因があると考えています。

時代を少し先取りしすぎたエクサは「販売終了です…」と言った大々的な会見をすることなく、わずか4年と言う短い期間で呆気なく消えてしまったのです。

日産 エクサは中古で探せ!

1986 Coupe Type-B

当時、日産の技術の全てを注いだと言っても過言ではないエクサも既に生産終了。ではどうやって入手するか? でしたら中古で購入しましょう! しかしエクサは現在、中古車市場で絶滅危惧種になっています。2016年4月27日現在「価格.com」の中古車情報を見ますと、なんと合計6件! 車両価格は30万円~60万円と手頃と言えば手頃ですが、どれも経年劣化・過走行車となっていますので後々の修理が嵩む可能性があります。

ですので購入を検討されているのであれば車両価格プラス、修理の時に必要となる資金を用意しておくべきでしょう。

最後に

いかがでしたか? パルサーエクサ・エクサは現在の日産とは180度違う考えのもと製造~販売を行ってきた中の1つと考えても良いかと思います。正に現在の「やっちゃえ日産!」を体現したかのような車と私は思います。販売台数が少ないためか、パルサーエクサ・エクサ共に中古車市場で出回っている数が少ないため貴重な車になっています。もし今回の記事でパルサーエクサ・エクサに興味を持っていただき「欲しいな…」と感じましたら早めに中古車店を歩き回って探すようにしましょう。