必見!スポーツカーの中古車で買うなら見ておこう!

スポーツカーを購入するのはなんだかハードルが高いなぁ...なんて思っているあなた! これを読んでおけば大丈夫ですよ!

スポーツカーはコワくない!

確かにスポーツカーの中古車選びはクセがある...

スポーツカーの中古車選びはなんだか難しそう...とお思いの方も多いハズです。憧れのスポーツカーを購入するにあたり、基本的なツボをご紹介します。とりあえずこれだけ押さえていればオーケー! といった基本ではありますが、とても重要なことですのでスポーツカー購入検討されている方はぜひお読みください!

スポーツカーと○○と?

もしかして、今現在スポーツカーを購入検討されている方の中で、候補に挙がっているのがスポーツカーのほかにコンパクトカーやステーションワゴンなどがある方! あなたは必ずスポーツカーを諦めることになるでしょう...。
おそらくそういった車と比べるときに、利便性や維持費、燃費を天秤にかけられることになると思いますが、その瞬間、スポーツカーは候補から消えることだと思います。あくまでもスポーツカーは走りを楽しむもので、基本的には2人もしくは4人乗りです。スポーツ走行されるのであればオイルも必然的にグレードがあがり、オイル代も上がることでしょう。ミッション車であれば、ミッションオイル代もかかってきます。そもそも燃費も良くありません。
現在のスポーツカーは、一世代前のスポーツカー比べれば維持費はかなり抑えられています。しかしエコカーやファミリーカーとの差は埋まることはありません。維持費で比べるのであればそれ以前の問題であることを肝に命じておきましょう。

スポーツカーは生活に華を飾るようなもの!

スポーツカーはかんたんお手軽にヒーローになれます。やはりスポーツカーは目立ちます。車好きな人の目線を奪います。家庭の事情や経済的な理由から乗りたいけど乗れない人の憧れになるわけです。スポーツカーに乗って街へ繰り出せばちょっとした休日ヒーローになれますよ!

中古のスポーツカーを購入するポイント!

そろそろ本題に入ります。スポーツカーを購入するために押さえておきたいポイントを紹介いたします。

車種を絞っておこう!

これは車選びの基本なのですが、欲しい車は1車種に絞りましょう。2車種くらいないら候補に残しておいても良いだろうと思いがちですが、最後の最後までその2台に悩まされると思います。ここは心を鬼にしてでも1車種に選びましょう。その中でご自身の好みに合った中古車を選びましょう!

車のグレードなどは覚えておきましょう!

お好みの車種が見つかったらグレードや設定の違いは覚えておきましょう。ミッションタイプ(ATやMT)、排気量の設定やターボの有無や各グレードの特徴も知っておきましょう。その中で、ご自身の好みのグレードを見つけ、そのグレードを探しましょう! これは良くある話なのですが、安いと思って購入した車が実は不人気のノンターボだった(本当はターボ車が欲しかった)といったことがあります。このような間違いを避けるためにもグレードの勉強はしておきましょう!

車の相場は把握しておこう!

これは買い物上手の基本ですね! その車種やグレード、程度や走行距離に対する相場は必ずあるハズです。そのほか地域によっても多少の相場の上下があります。そういった金銭感覚も掴んでおけば中古車選びが楽になります。初めの頃はチンプンカンプンでも段々感覚的に理解できるはずです。付いているパーツの違いも見ながら相場感覚を身につけていきましょう。

実際に見に行こう!

中古車屋さんもインターネットに写真を掲載し、全国通信販売を売りにしているお店も多くありますが、写真と実物では良くも悪くも印象の違いがあります。ですので実際に下見してから購入しましょう。車の購入は大きな買い物です。購入前に気になる部分がある場合はそれに対してどのような対応をとってもらえるかは非常に重要です。
販売員さんと良く打合せして疑問を解決しておきましょう。通販型の購入では写真で確認が難しい部分に不具合があっても納車時にそれを指摘しても基本的に対応はしてもらえないと思っておきましょう。

実際に中古車を下見するときのポイント!

スポーツカーは一般的な自動車と違い、ハードな走行経験が予測されます。ですので慎重に下見を重ねましょう。今回はそのポイントをご紹介します。

まずは修復歴を見てみよう!

まずは中古車探しの基本中の基本ですが、修復歴の有無を確認しましょう。少々の修復歴であれば良いのですが、大きな事故歴のあるものは避けましょう。真っ直ぐ走らない可能性があります。ですので、ハンドリングを楽しむスポーツカーの本質が削がれてしますのでこういった車両は候補から外しましょう。

サーキット走行歴の見分け方

サーキット走行歴があると車の傷みやヘタリが走行距離のわりに多い傾向にあります。ですのでサーキット走行歴があることが前提にわかっているのとそうでないのとでは見方が変わってきます。できればハードな仕様のサーキット走行経験車(エンジンに手を入れた仕様)は避けておきたいです。どんな改造がされているかハッキリしない場合はメンテナンスや修理のときの部品のチョイスに困ります。
それではサーキット走行歴の見分け方ですが、フロントバンパーを前から見たときに飛び石跡が多くありませんか? バンパーに近づいて目を凝らして見てみましょう。小さくプツプツと飛び石跡があればサーキット走行歴の可能性があります。そのほかにフェンダーの内側を見てみましょう。内側にゴムのツブツブがこびり付いていませんか? これがあるのもサーキット走行車の特徴です。
このような場合は軽い改造車であれば特に気にすることはありませんが、下見のときにサスペンションやブレーキの状態は入念にチェックしておきましょう。

車を外装から見てみよう!

車から少し離れてじっと見つめてみましょう。なにか違和感はないか。違和感があるとすればそれはなんなのかを追求しましょう。ヘッドライトは左右対称か? ブレーキランプは左右対称か? ズレはないか? といったことに着目してください。もしここでズレが発生している場合はその車両はやめておきましょう。真っ直ぐ走らないか、それ以外に不具合がある可能性が浮上します。特に違和感がなければ次のステップへ進みましょう。

ボディーパーツの隙間を見てみよう!

ボディーパーツの隙間を見てみましょう! ヘッドライトとボンネットの隙間は左右対称でしょうか? これは思い切ってメジャーかなにかで測ってしまいましょう。その方が確実です。とは言えピッタリ左右対称でもないので左右誤差3ミリ程度までが許容範囲です。もし許容範囲を越えていればその車両は事故車の疑いがあります。厳密に言うと、事故車でもちゃんと直っていない車両です。そういった車両は避けましょう。その要領でフェンダーとドアの隙間やトランクなども見ておきましょう。そして左右対称かどうか見ておきましょう。

ボンネットを開けよう!

ボンネットを開けてヘッドライトのステーを見てみましょう。折れていないか、修正はないか。ここも重要なポイントです。ステーがしっかり直っていなければ車検時にヘッドライト交換が必要になります。これは光軸が上手く出ないためです。ヘッドライトは高額な品なので、大きな出費になるはずです。

開閉作戦でボディーの状態を見ておこう!

とにかくスポーツカーでは事故やハード走行でのボディーの歪みが気になります。そこでボンネット、トランク(ハッチ)やドアの開閉を何度か行いましょう。これはボディーが歪んでいたらスムーズに動かないので、その裏を取るためです。
ヒンジの潤滑不足の可能性もあるのでもし開閉が上手く行かなければ店員さんにヒンジのグリスアップをしてもらいもう一度試しましょう。それでも上手く開閉しない場合はその車両は候補から外しましょう。

内装を見てみましょう!

特に頻繁に乗り降りする運転席側は傷が付きやすいので、どの程度の状況なのか見てみましょう。そして内装も小物入れやグローブボックス、オーディオやカーナビ、エアコンは冷暖房確認しておきましょう。もちろん助手席や後部座席や見落としがちな天井も隅々まで見ておきましょう。汚れ方によっては内貼り張替といった選択ししかない場合がありますので要注意です!

エンジンをかけてみましょう!

それではエンジンの状態を見てみましょう。エンジンをかけたらまずエンジンの音を聞いてください。打撃音などの異音がないかチェックです。これはエンジンが冷えているとき~温まるまで聞いておきましょう。冷えているときしか異音が出ない、温まってから異音が出るといったことも考えられますので注意してください。異音が大きいとエンジンの異変が考えられます。このような車両は避けておきましょう。

アクセルを踏んでみよう!

アクセルをブンブン吹かしてみましょう! 極端に吹かす必要はありません。軽く5千回転くらいまでで良いです。このとき吹け上がりが鈍い場合や途中で詰まるような吹け上がりであれば、納車時に改善した状態なのか店員さんに聞いておきましょう。納車後にそのトラブルに気付いた場合、せっかくの良い気分も台なしです。

排気ガスを見てみよう!

排気ガスが異常な白煙や黒煙の場合はエンジンの異常が考えられます。特に黒煙がわかれば即アウトです。白煙の場合は、臭いに集中して嗅いでみてください。辛い臭いがした場合はラジエター液が排気ガスに混ざっている可能性があります。そういった車両は候補から外しましょう。

ギアの入りをチェックしよう!

ATであればエンジンをかけた状態でブレーキを踏みながらNに入れ、そこからRに入れます。そしてまたNに入れそこからDに入れます。一度Nに入れ各ポジションに入れるを繰り返します。このときに変速ショックが大きい場合や、変速に時間差が長く生じる場合は避けた方が良いです。ATの消耗が激しい場合があります。
MTの場合はこれもブレーキを踏んだまま1速に入れエンジンが止まるギリギリまでクラッチを繋げます。これをほかのギア全てバックギアまで試しましょう。ここで、クラッチの繋がりが鈍いときはクラッチの消耗が考えられます。そのほかギアの入りが悪い車体も避けましょう。

車体の下を覗きましょう!

なるべく状態の良い車体を手に入れたいですね! しかしここまで下見をしても意外と見落としがちなのが車体の下側です。ここも必ず見ておきたいです。ではまず下を覗いて錆がないか確認しましょう。このとき多少の錆は許容範囲ですが、雪国なので使用されていた車体は凍結防止剤の影響で錆に侵されている可能性があります。あまりにも錆だらけであればその車体は避けておきましょう。錆が徐々に広まってくる可能性が大いにあります。
そのほか、車体下に大きなダメージはないかも見ておきましょう。特にローダウン車は地面に擦りやすい状況です。現在は車高が高くても、以前ローダウンしていた可能性があります。それを見分けることも可能です。

試乗できれば良いですね!

理想は試乗することですが、基本的に公道走行のできない車両が多いこと、責任問題も発生しますので試乗できないことがほとんどです。しかしまれに試乗が可能な場合がありますのでそのときは率先して乗りましょう。これが一番手っ取り早く状態を掴むことだと思います。しかし注意したいのが、車の性能を試す訳ではないので、エンジンを高回転まで回したりしないことです。乱暴な運転は厳禁です。

販売員さんと会話をしよう!

わからないことは全て販売員さんに聞いてみましょう! やはりなんでも知っております。ここでもし販売員さんがイマイチ信用できない場合はそのお店での購入は諦めましょう。実際にスポーツカーの整備や仕入れは専門知識や経験が物を言う世界です。生半可な人間が仕入れた車は少し不安が残ります。
スポーツカーはどこでも整備してもらえる車ではないので車選びはショップ選びだと思いながらお気に入りの一台を探してみてはいかがででしょうか?

スポーツカーを乗るコツ!

ざっと下見の方法をご紹介しましたが、これを基本に中古車選びしましょう。そしてお気に入りの一台を見つけたら新しいカーライフの始まりです! 現在車業界は、いかにお金をかけずに維持するか、といった車が中心で、スポーツカーはその逆です。オイルも高性能なものを選び、改造には高価なパーツを付け燃費もどんどん悪くなっていきます。そういった乗り方をするので世間とのギャップを感じると思いますが、ここは趣味と割り切って、お金を惜しまずどんどん愛情を注ぎましょう! 最後までありがとうございました!