【フォード トーラス】セダンからワゴンまで、日本規格で満たされないアナタが乗るべき車はこれ!? 燃費や中古車情報は?

日本の法律では、いわゆる「普通車」に入るフォードのトーラス。米国においては真に普通サイズの車なのかもしれません。1985年に生まれて以来継続しているこのモデルは、やっぱり多くの人の想いでを背負い、愛情さえそそがれているはずです。そして同時に、時代の影響を受けて変遷を繰り返したのも、他の多くのクルマと同じ。今回は、そんなフォード トーラスの系譜と最新型の中身を、ちょっと見てみたいと思います。

競争激しいセグメントでフォードを支えるトーラス

今では、スポーツカーや特別な高級車を除いて、エンジン横置き&前輪駆動のFFかそれベースの四輪駆動が自動車の基本形です。しかし、1985年当時は、日米ともに自動車レイアウトの変遷期でした。その過渡期には、縦置きエンジンでFFというやや異形なモデルも出現したりしています。
クライスラーやGMが中級セダンにFFを投入して先を進みはじめた頃、フォードがそのクラスに持っていたのは完璧にクラシカルな『LTD』というモデル。生産性や燃料消費のことを考えると、そのクラスへのテコ入れは急務だったろうと思います。そして、LTDを完全に入れ替える形で生まれたのが、FFで時代性にあったボディデザインのフォード トーラスだったのです。

フォード トーラスの系譜

初代トーラス:エアロデザインで時代に追いつく

もともと、自動車の大衆化へ扉を開いたのが、他でもないフォードモータスです。その意味では革新的なメーカーであるはず。とは言うものの、時代というのは常に先を急ぐものです。そして、成功体験があるからこそ変化についてゆかねいというのも、日米の大企業に共通なようです。とにかく、その変化が求められた時に企画されたのが、新しいコンセプトで作られたモダンなトーラスでした。(いかにもアメリカを感じさせるワゴンも、この車の一つの訴求ポイントでしょう。)
トーラスには、なめらかに連結するボディーパネルや、グリルの開口部が見えないフロントマスクなど新しい時代の価値観が表現されていました。勿論、駆動方式はFF。そのボンネットに収められたエンジンは、排気量3.0LのV型6気筒もしくは2.5L直列4気筒です。とは言え、この時代のフォード車はバルブ駆動方式にOHVを継続使用。こんなところは、時代の変遷期を感じさせる部分とも言えるかも。
その内装。前座席が布製ベンチシートである最もベーシックなグレードから、数種類の内装のオプション追加などをしてラグジュアリーに仕上げたバージョンまでそろえ、このトーラスななかなかな評判を得ます。また、内装や操作系などにも、使いやすさや安全性を配慮した設計を取り入れました。そんなこともありこのモデルは、1986年の『モータートレンド・カーオブザイヤー(Motor Trend Car of the Year)』受賞などの実績を残します。
後にこのトーラスには、排気量3.0LのV型6気筒DOHC24バルブのヤマハ発動機製エンジンを搭載した、『SHO』というグレードが追加されています。

2代目トーラス:正常進化

フォード社にしてみると、初代のトーラスがことのほか好評を博しす結果となりました。そして1992年に訪れたこのクルマのモデルチェンジでは、ボディパネルの殆ど全てが新設計となりはしましたが、外観イメージは先代のモデルと同じものになっています。その中身としては、直列4気筒エンジンおよびマニュアルトランスミッションが廃止され、V型6気筒&オートマの組み合わせのみとなりました。
トーラスの魅力とされたポイントの1つが、ダッシュボード周りの使いやすさ。この代のモデルでは、ドライバー前の計器盤右横に、ラジオの調整ができるボタンが付いていたそうです。さらに、このクラスの車としてはほぼ初となる助手席エアバッグも装備しています。

3代目トーラス:宇宙的イメージで登場

おそらく優秀な経営者というものは、柳の下に2匹ドジョウがいても3匹目は期待できない、と理解しているものかもしれません。トーラスのデザインも、マーケットから順調に受け入れられた前2世代のものから、この3代目の登場で大きく変更されます。楕円のイメージを強調した『オーバル・デザイン』がそれです。
他のフォード車にも適用されたこのコンセプトですが、トーラスの場合、ヘッドライトの形状をはじめとしてかなり強調されていたようです。そして同時に、顧客層からの評価も大きく分れたのがこのカタチでした。見方は色々ですが、なんとなく1950年代のイラストに出てくる未来自動車のようでもありつつ、製造技術的にはかなりチャレンジしたものではなかったでしょうか。丸みを持たせるという設定はインテリアにも適用され、ダッシュボード全体はドライバーをぐるりと囲み、センターコンソールの形にも円を導入したりしています。
このデザイン的な方向転換は、ライバルと思しきトヨタ カムリやホンダ アコードを意識した、とも言われています。そんな中このモデルは、ニュージーランドなどではまずまずの業績を生みましたが、米国内ではなかなか振るわないという状態が続きました。

4代目トーラス:デザイン路線を微調整

数年間にわたり困難に直面したフォード トーラス。その危機を救うべく2000年に投入されたのが、『ニューエッジ・デザイン』というコンセプトです。評判がそれほどかんばしくなかったオーバル・デザインを出来るだけ残しつつ、アメリカでも受けそうなエッジを加えたのが、このデザイン手法と言えるでしょう。傾斜したリアセクションは残しつつ、トランク後方の角度は立てたり、ルーフ後部の高さを上げたりして容積のアップを行っています。
またコストダウン策として、ABSと組み合わされるブレーキをドラム式にもどしたり、上位グレードからデュアルエキゾーストの廃止などが行われました。
とは言うものの、当時の日本製セダンの売れ行きが好調で、逆にトーラスはだんだんと支持を失ってゆきます。最終的にフォード社は、2007年にかけてトーラスの生産台数を削減する方針を打ち出すことになりました。結果的に2007年をもって、中級セダンとしてのトーラスはラインアップから姿を消す事になります。

5代目トーラス:生まれ変わって大きくなった

2007年まで、フォード ファイブハンドレッドとして生産・販売していたフルサイズセダンが、新たにトーラスの名前に切り替わりラインアップが刷新されたのは2008年のことです。この時は、外観のモディファイと、エンジンならびにトランスミッションの改良がおこなわれています。
トーラスとしては、デザインコンセプトのみならず、車種・車格も違うものとなったこのモデルチェンジ。当然見た目の印象も、フロントとリアの形状は直角に近い角度を付けられ、オーバルデザインなどがもっていたチャレンジングな実験性は消滅。一言で言うなら、非常に古典的な時代にもどった感もあります。この外観は2009年まで継続されました。

最新型トーラスの中身

2010年に改良を受け最新型となった、フォード トーラス。このモデルも、ファイブハンドレッドから継承した、『D3プラットフォーム』を使っているフルサイズセダンです。この車台のおかげで、今のトーラスにはFF&4WDの駆動方式が選べるようになっています。
外観デザインとしてはさほど飛躍した変更はなく、一応、モデルチェンジに求められる程度のリファインがなされました。フルサイズという事で、ワイドにして押し出しが強い存在感を売りにしているのがこのクルマです。タイプとしては4ドアのセダンのみで、ワゴンの設定はありません。
最高グレードの『SHO』には、特製のフロントグリルやリアスポイラーが用意されていて、他のグレードとの差別化が図られています。そのグレードとしてはは、もっともベーシックな『SE』から『SEL』そして『LIMITED』があります。

エンジンは3タイプ

2010年型フォード トーラスに用意されたエンジンは3タイプ。基準となるのは排気量3.5LのV型6気筒DOHC24バルブのもの。これには、『Ti-VCT』と呼ばれる可変バルブタイミング機構が装備。吸気と排気系両方のバルブタイミングを別個に制御し、パフォーマンスをアップします。同時に、それらのオーバーラップ時間もコントロールすることで、燃費の向上も行っているという事です。自然吸気で圧縮比は10.3:1.このタイプのエンジン性能は、出力が214.8kw(292ps)にトルクは344Nm(35kgm)となっています。また、組み合わされる駆動方式はFFが標準で、4WDはオプションとなります。

同じ3.5LのV6にもう1つ、ガソリン気筒内直接噴射とツインターボ過給を組み合わせた、『EcoBoost』技術が装備されたタイプもあります。このハイパワーエンジンは、『SHO』という上位グレードのみの搭載で、出力は272kw(370ps)でトルクは475Nm(48kgm)というものです。駆動方式は4WDだけとなっています。

3つ目のエンジンタイプは、直列4気筒DOHC16バルブに、可変バルブタイミングとターボ加給を装備した『EcoBoost』。出力は、179kw(243ps)にトルクは366Nm(37kgm)となっています。この4気筒モデルは、FFのみとの組み合わせです。

トランスミッションの方は、全車電子制御式6速ATの『SelectShift』。SHOグレードにはパドルシフトも装着されています。

足回りとシャーシ系制御

新型トーラスのサスペンションは、前にL型ロワーアーム付きのマクファーソンストラット式、後ろにはマルチリンク式が装備されています。同時に、後輪のショックアブソーバーは、ツインチューブでガス封入式という凝ったものを使用。また、操舵系は電動アシストのパワーステアリングです。

トーラスの『Torque Vectoring Control』は、必要な時に車輪へ制動をかけ、トラクションを制御する技術です。たとえばコーナーを旋回中にドライバーが加速しようとすると、このシステムは内側全輪に弱くブレーキをかけます。これにより駆動力が外側の車輪へ集中するようになり、グリップを向上させることができる訳です。また『Curve Control』という機能が、コーナリングが速すぎることを検知し、前輪へ自動的なブレーキをかけると同時に、エンジン出力も低減させてコースオフのリスクを低減します。

『Collision Warning』は、前方を走行している他車との距離がつまり、追突の危険がある場合に起動します。まず制動を促すランプが点滅しドライバーの注意をうながし、ドライバーの反応が遅すぎるときは、ブレーキのブースト圧を高めて急制動に備える機能を持っています。

『Adaptive Cruise Control』は、高速道路などで一定速走行を自動維持しつつ、前車との車間距離が縮まる場合には自動的に減速します。その後、前方が開けたらまた設定速度へと自動復帰します。

さらに安全維持系の装備としては、車線内走行をアシストする『Lane-Keeping System』があります。これは、路面上の車線を車が自動認識し、意図せずそこから外れそうになるとステアリングを振動させて警告を発するシステムです。また、もとのレーンへの復帰を促すよう、ステアリングのトルクも自動制御します。

インテリア系の装備

トーラスの快適装備として、センターコンソールのタッチスクリ―ンでオン・オフする、温度環境の設定があります。これは、ステアリングホイールのヒーターだけでなく、運転席にはヒート&クーラーの温度調節ができるというものです。この運転席には他に、ドライバーの腰や下半身の疲労を低減するために、内臓のエアクッションで表面形状を調整する、『Active Motion』というありがたい装置もあります。

乗り味や燃費は?

フルサイズセダンであるフォード トーラスは、もっとも小さい2.0Lの『EcoBoost』登載車でも、車体重量はほぼ1,800kgに達します。それが3.5Lの『SHOグレード』になると2.0トン弱まで増加。という事で、サスペンション周りのセッティングなども、気になる所です。

まず、軽量(といっても相当な重さ)な方の2.0Lの乗り味について。動力系の経済性能は高まったとしても、なかなか軽快な動きというのは望めないようです。このバージョンでもサスペンションを引き締めるというより、むしろ乗り心地を良くするセッティングかもしれません。また、6速のATはあまりキックダウンをしない設定だという印象も語られています。確かに、フルサイズセダンを振り回す方が無謀と言えばそうですから、妥当な作りとも言えるのではないでしょうか。

一方、一応ハイパフォーマンスグレードとなっている『SHO』はどうでしょう。4WDとなるシャーシはかなりの重量級です。そしてもちろん、トーラスの場合はスパルタンなスポーツセダンを設定するクルマでないのも事実です。このグレードでも、そういったスポーツ走行を望むのは難しそうですが、シリーズの中ではコーナリングに引き締まった味が与えられてもいるそうです。

そして、フルサイズの車を相手に気にしても仕方ない、けれどもやはり気になるのが燃費。この性能が一番期待できるのが2.0Lの直4エンジンということになります。一部のテストで、概ね7.6km/Lという結果がのがこのエンジンです。米国EPAの公認推定値が9.7km/L程度ですから、もともと本当に低燃費という訳でもなく、車体のサイズを思えば悪くもない性能ということでしょうか。

日本でも乗れる?

日本での不人気が原因で、本舗の販売チャンネルも撤退してしまったフォードです。フルサイズのセダンとなった新型トーラスは、こちらでは、ますます手に入りにくくなりそうです。とりあえず、現状で入手可能なのは並行輸入車だけということのようです。
まぁ、日本で希少な車であることは確か、そしてサイズ感も含めて人目を引くのも確実でしょう。そんな一台をぜひ手に入れたいと検討中の方のため、下にいくつか輸入業者さんのリンクを並べておきました。ご参考にどうぞ。

並行輸入、通関、予備検査のモッズインターナショナルのカトちゃんぺです フォード トーラスの2010モデルSHOターボが入って来ましたよ! つい先日、テレ…

北米発のアメ車、逆輸入車の基本情報を紹介しています。 多数の並行輸入自動車の情報が満載。各種アメ車サイトへのリンク アメ車 逆輸入車の購入にお役立てください!

アメ車新車情報です!!FJクルーザー・タンドラ・カマロ・マスタング・チャレンジャーなどの人気車種の買付けから登録までアメ車輸入代行.com.にお任せ下さい。

購入した後…

フルサイズセダンなら、当然ガソリン代はある程度覚悟でが、自動車には税金などもかかります。そして大型車でまず気になるのは重量税です。
トーラスの場合、最上級の『SHO』でもかろうじて車両重量が2トンを切るようなので、エコカー減免なしでも32,800円が車検の度に課税されることになります。ちなみに2.0Lエンジンのタイプでも1.5トンを超えるので、上と同じ金額となりその点でのメリットはないです。

むしろ小さい排気量の恩恵を受けられるのは自動車税でしょう。現在の税制では車体サイズは影響しないということですので、EcoBoostの2.0Lエンジンなら小型車枠ということになり、年額39,500円です。3.5Lエンジンになると、これが58,000円ということになります。

もう1つの負担は保険、とくに気になるのが任意保険ですね。某S損保で試しに簡単な見積もりをとってみました。設定は30歳以上の契約者限定保証で車両保険なしの場合で、50,280円が中心価格です。まぁ、自動車保険としてはうなずける値段だと思います。

【基本情報】

名称:フォード トーラス SE(Ford Taurus SE 3.5)
エンジン排気量:3,496cc
エンジン出力:214.8kw(292ps)/6,500rpm
エンジントルク:344Nm(35kgm)/4,000rpm
全長:5,156mm
全幅:2,177mm
全高:1,542mm
重量:1,800kg
ホールベース:2,870mm
サスペンション:マクファーソンストラット式(前)/ マルチリンク式(後)

フォード トーラス 公式ページ(英語)

中古でさがすと?

さて、全部で6世代もあるフォードトーラスですから、それなりな固体が日本にも輸入されてきたはずです。中古車としてどの程度の選択肢があるのでしょうか? ミッドサイズであった時代のワゴンなどにも、若干興味があるところです。

という訳でちょっと探してみると、アメリカでは比較的評判が良かった1994年型のワゴン(3.0L)で、走行距離5.7万kmの車体が626,000円というのも有ります。メンテナンスも含めて上手く付き合って行けるなら、遊びたおせる面白い一台かもしれません。
別の面白そうな車体では、いわゆるオーバルデザインになった1996年型で走行が10.3万kmのワゴンが、230,000円というのもあります。乗るのには覚悟がいりそうですが、今見ても個性的なルックスは健在で、かえって人目を惹くかもしれませんね。

とは言え、意外と数が少ない印象なのが、このトーラス中古車です。

歴代トーラスの故障は?

殆ど日本に縁のない最新型はともかく、歴代のフォード トーラスは、どのようなメンテナンスが必要なのでしょうか?
固体差と使用状況は様々ですので一概に言えない所ですが、ファンベルトの切断や水漏れといった日常的な故障(それぞれ、年式は不明)は、十分に想定しておいた方がよさそうです。他には、1995年型のトーラスでセルモーターが動かないというのも見受けられましたが、これはさすがに経年劣化と言えるかもしれません。

輸入車の常、と言えるのかもしれませんが、オーナーさんは故障を受け入れて上手くつきあっているようです。同時に、それでも何故か手放せないのがアメ車の魅力という話も聞かれます。

まとめ

EcoBoostや時代が要求する安全機能などを搭載していたとしても、車幅が用意に2メートルを超えるクルマは、やはり日本の世の中には馴染まないと言ってよいでしょう。日欧のメーカーのようにダウンサイズによる効率を追求するのがクールなのか、アメリカのように大柄なサイズを求める方が豊かなのか、考え方は分かれる部分でもあります。
とにかく、フルサイズセダンへと進化してきた今のフォード トーラスは、日本のメーカーでは作れない車種であることも確か。そしてだからこそ、それに乗ってみたいと切望するファンが、日本にもちゃんと居るということは悪くない話だとも思います。

確かに、実際にどんな車なのか、一度くらい乗って確かめたいという気もします。