【光岡 ガリュー】パイクカーのパイオニアとして君臨する「我流」の中古車やニューモデル情報

パイクカーは、日本国内において多くはありません。それゆえに「ガリュー」のクラシックでレトロなデザインは、周囲からの注目を浴びます。そんな「ガリュー」の魅力に迫ってみたいと思います。

「光岡 ガリュー(我流・GALUE)」

「光岡・ガリュー(我流・GALUE)は、光岡自動車が生産している自動車です。生産されている自動車は、認定中古車の自動車をベース車両としており、イギリスのロールスロイス社の「シルヴァークラウドII」をデザインモチーフとしています。手の込んだ改造をしている部分は、ボディのノーズ部分とテール部分でこの部分はハンドメイドで製作されています。「光岡 ガリュー(我流・GALUE)」は事実上、パイクカーと呼ばれる自動車のカテゴリーになります。

1thモデル(1996-2001) 

1thモデルは、そのデザインクオリティや個性からオシャレなクルマとして1996年に登場し自動車業界、そして市場からも注目を集めました。

「光岡 ガリュー I(我流・GALUE)」

1thモデルは、「光岡 ガリュー I(我流・GALUE)」というモデル名であり、ベースモデルとして使用された車両は、「日産・クルーサルーン」の個人向けモデルがベースでした。

エクステリア

エクステリアデザインは、「ロールスロイス」をモチーフとしているだけあってクラシカルな中に優雅で滑らかなボディシルエットを描いています。スタンダードモデルやデラックスモデルのグレードは全長が4,860mm、全幅1,740mm、全高1,450mm、ホイールベース2,665mmとなっていましたが、リムジンモデルも設定されており、このモデルは全長が6.6mもありました。

パワートレイン

搭載されたいたパワートレインは、エンジンが「日産・クルーサルーン」と同じ、自然吸気の2,000cc 直列6気筒 SOHC 12バルブ「RB20E」型エンジンを搭載していました。このエンジンは、「スカイライン」「ローレル」などで定評を得ていたものでポテンシャルは、最大出力130PS/5,600rpm、最大トルク17.5kgm/4,400rpmを発揮していました。トランスミッションは、4ATと5MTが設定されていました。

2thモデル(1999-2004)

2thモデルが登場したのは1999年でした。クラスも1ランク上位のモデルとなりました。そして、このモデルは、少数ながら左ハンドル仕様も生産されました。

「光岡 ガリュー II」

「光岡 ガリュー II」のベースモデルとして選ばれたのは、Y34型の「日産・セドリック」でした。キャッチコピーとして「自分なりの哲学、自分なりのこだわり、それがGALUE(我流)」および「自分を信じる。ゆえに、不敬」というもので、独自の開発路線でのパイクカーとしてのモデルを上手く表現していることを前面に出していました。

エクステリア

ベースモデルがY34型「日産・セドリック」としているために1thモデルの「ガリュー I」よりもボディは大きくなり、ジェントルな雰囲気のエクステリアデザインとなりました。また北米仕様の「インフィニティ・M35」をベースにした左ハンドル仕様のモデルも生産されています。グレードは、全長5,060mm、全幅1,770mm、全高1,450mm、ホイールベース2,800mmのスタンダードモデルとデラックスホテルのグレードと全長6,360mmのリムジンモデルがありました。

パワートレイン

エンジンは、2タイプが設定されていました。最大出力210PS/6,400rpm、最大トルク27.0kgm/4,400rpmを発生する排気量2,495cc V型6気筒 DOHC 24バルブ eVTC(NEO-Di)「VQ25DD」型と最大出力240PS/6,400rpm、最大トルク31.5kgm/3,600rpmを発生する、排気量2,987cc V型6気筒 DOHC 24バルブ eVTC(NEO-Di)「VQ30DD」型を搭載していました。また先代モデルでは5MTが設定されていましたが、2thモデルはトランスミッションは、4ATのみの設定となっていました。サスペンションシステムもフロントがマクファーソンストラット/コイル、リアはマルチリンク/コイルに向上しました。

3thモデル(2005-2010)

2005年に登場することになった3thモデルは、さらに2thモデルに比べて大型化しています。それゆえにキャッチコピーも「我流創造 今、我を極める。」としボディエクステリアやインテリア、パワートレイン、カラーの充実さをアピールしていました。

「光岡 ガリュー III」

ベースモデルとして選ばれ「光岡 ガリュー III」と生まれ変わるのは、Y50型の「日産・フーガ」でした。だからこそ、迫力あるエクステリアや装備の充実が向上しており、さらに洗練されたモデルとなりました。

エクステリア

先代モデルに比べて全幅が30mm以上も拡大されることとなり、迫力と貫禄ある存在感を放つエクステリアデザインとなりました。グレード設定は、先代モデルの「スタンダード」、「デラックス」から「ST」、「LX」に変更となりました。このモデルは、全長5,000mm、全幅1,805mm、全高1,510mm-1,525mmの設定で2008年10月には、全長を500mm延長させ、5,500mmの「ガリューリムジン S50」、「ミツオカ・リムジン S50」と呼ばれる車体延長(ストレッチ)のみ改造しているモデルを発表しています。また2007年に「フォード・マスタング」のコンバーティブルをベースモデルとして生産した「ガリュー コンバーティブル」も発表されました。

パワートレイン

Y50型の「日産・フーガ」をベースとした3thモデルは、パワートレインもさらに大型化しています。エンジンは、2タイプを用意して排気量2,495cc V型6気筒 DOHC 24バルブ CVTC「VQ25DE」型、最大出力210PS/6,400rpm、最大トルク27.0kgm/4,400rpmと「VQ35DE」型エンジンでした。「VQ35DE」型は、排気量2,987cc V型6気筒 DOHC 24バルブで最大出力226PS/6,400rpm、最大トルク28.5kgm/4,400rpmを発生していました。またトランスミッションは、5ATになり、駆動方式もFRと「VQ35DE」搭載モデルでは、4WD駆動も設定されていました。サスペンションシステムは、フロントにダブルウィッシュボーン/コイル、リアにマルチリンク/コイルが採用されていました。

「光岡 ガリュー2-04」(2008-2012)

「光岡 ガリュー2-04」は、2008年5月に発表されました。「ガリュー III」の弟分として登場しモデル名の「2」は、ガリューシリーズの「1(光岡・ビュート)」の後継であることを表し、「04」は、4代目のモデルであることを表しています。キャッチコピーは「ドラマチックプレミアムコンパクト」というもので市場の「もう少し手ごろなサイズのセダンを」というニーズに応えるものでした。

ミドルクラスのパイクカー

「ガリュー III」の弟分としながらも、かなり手の届きやすいモデルとして生産された「ガリュー 2-04」のベースとなったのは、初代の「トヨタ・アクシオ」でした。

エクステリア

ベースを「トヨタ・カローラ・アクシオ」としつつも、エクステリアデザインは、しっかりと「ガリュー」シリーズのクラシカルなデザインと大きく個性的なフロントグリルを持つシルエットが活かされています。全長4,570mm、全幅1,695mm、全高1,460mm、ホイールベース2,600mmとし、5ナンバーサイズに収まるように設計されました。

パワートレイン

パワートレインは、2タイプが用意されていました。1,500ccモデルと1,800ccモデルでトランスミッションは、5MTとCVTが設定されていました。駆動方式はFF(前輪駆動)と4WD(四輪駆動)が選択できました。サスペンションシステムは、フロントにストラット/コイル、リアにトーションビーム/コイル、4WDモデルは、ダブルウィッシュボーンとなっていました。エンジンは、2009年に1.800ccモデルに変更が加えられています。排気量1,797cc 直列4気筒 DOHC 16バルブ DualVVT-i バルブマチック搭載の「2ZR-FAE」型となり最大出力143PS/6,200rpm、最大トルク17.6kgm/4,000rpmを発生しながら「平成22年燃費基準」を満たし「環境対応車普及促進税制」にも適合しています。

「光岡 ガリュー・クラシック」(2010-2012)

「光岡 ガリュー・クラシック」は、2010年3月にキャッチコピー「高級クラスではない。独尊である。」のもとに登場しました。コンセプトは「初代ガリューを再現」です。そのために本革シートや木目調パネルによってクラシカルかつ高級な雰囲気となっています。内装以外は「ガリュー 2-04」と同じ仕様でありながら「ガリュー 2-04」の上位グレードにあたるモデルとなります。

4thモデル(2010-2012)

4thモデルは、2010年11月に登場しています。このモデルのベースモデルとして採用されたのは2thモデルの「日産・ティアナ」です。

「光岡 ガリュー」

キャッチコピー「異端ではない。我流である。」のもとにデビューした4thモデルの「ガリュー」は、3thモデルと比べて一回りコンパクトなサイズとなっています。

エクステリア

ベース車両を「日産・ティアナ」としたことによって全長4,980mm、全幅1,795mm、全高1,475mm、ホイールベース2,775mmとしながらもベースモデルよりも全長は100mm以上も拡大されています。デザインは、歴代モデルを継承しており、大型のフロントグリル、丸目のヘッドライトを採用し、優雅でモダンなエクステリアデザインとなっています。ボディカラーは、ベースモデルの「ティアナ」と共通で6色のカラーバリエーションです。2012年には、「スチールブルー」と「ブリリアントホワイトパール」が追加カラーとして設定されました。それに対して、インテリアは「ティアナ」と共通で、変更されている点はステアリングホイールのエンブレム程度です。シートカラーは、「シルキーエクリュ」、「ブラック」が設定されていました。

パワートレイン

パワートレインは、「ティアナ」と共通のものが採用されています。エンジンは、2種類を設定しており、「VQ25DE」型で排気量2,495cc V型6気筒 DOHC 24バルブ CVTC、最大出力185PS/6,400rpm、最大トルク23.7kgm/4,400rpmと「VQ35DE」型の排気量2,987cc V型6気筒 DOHC 24バルブで最大出力226PS/6,400rpm、最大トルク28.5kgm/4,400rpmでした。トランスミッションは、新開発のエクストロニックCVT-M6とエクストロニックCVT、駆動方式はFF(前輪駆動)と4WD(四輪駆動)を設定していました。またサスペンションシステムは、新開発のリバウンドスプリング内臓ショックアブソーバーを取り付けたフロントストラットとリアにはマルチリンクサスペンションシステムを採用しています。

特別仕様モデル「Galue VIGORE」

2013年11月に特別仕様モデルの「Galue VIGORE」が発表されています。最上位グレードの「25X」をさらに高級に仕上げた仕様で、主な変更は、シート表皮にアルカンターラを採用し、後部座席のリアドアにレースカーテンを装備しています。さらに特別仕様モデルの専用パーツ、BOSE製のサラウンド・サウンドシステムが採用されており、インテリアのクオリティを高めた仕様になっています。

現行モデル(2015-)

2015年の9月に発表された現行モデルの「光岡 ガリュー」は、開発コンセプトの「我流」を追求したモデルとして開発されました。

現行モデル「ガリュー」

ベースモデルとして採用したのは、先代モデルに引き続き「日産・ティアナ」の3thモデルです。モダンかつクラシカルなデザインをさらにクオリティを上質なものに仕上げての登場でした。

エクステリア

ボディエクステリアは、先代モデルの柔らかで優雅な曲面を描くシルエットからメリハリの効いたウェッジラインを活かし、曲面と複雑に絡めたボディとし、フロントからサイドにかけてのデザインは重厚感と躍動感に満ちたボディライン、リアは、シャープでモダンに仕上げられています。全体的に伝統のクラシカルなデザインを継承しつつ洗練されたスタイリッシュさを兼ね備えたデザインへと一新されました。ボディカラーは「ダイヤモンドブラック」、「ブリリアントホワイトパール」、「ラディアントレッド」、「ウォーターフォールブルー」、「ダークメタリックグレー」、「ブリリアントシルバー」の6色のカラーバリエーションです。

パワートレイン

エンジンは、排気量2,488cc 直列4気筒 DOHC 16バルブ「QR25DE」型エンジンで最大出力173PS/6,000rpm、最大トルク23.9kgm/4,000rpmを発生するものが搭載されています。組み合わされているトランスミッションは、エクストロニックCVT(無段変速機)で駆動方式はFF(前輪駆動)を設定しています。サスペンションシステムは、独立懸架のフロントストラット/コイル、リアにマルチリンク/コイルを採用し、ブレーキシステムは、フロントにベンチレーテッドディスク、リアにディスクを採用しています。もちろん、安全装備も充実しており「エマージェンシーブレーキ」、「踏み間違い衝突防止防止アシスト」、「フロント&バックソナー」、「LDW(車線逸脱警報)」、「BSW(後側方車両検知警報)」、「VDC(ビークルダイナミクスコントロール)」、「EBD(電子制御制動力配分システム)」を装備しています。

新車価格

新車価格は各グレード「25 ST」が370万円から「25 DX」は408万円から「25 LX」が469.3万円からとなっています。

各モデルの燃費

1thモデルで10km/L前後ですが、2thモデルの燃費は、10・15モードで8.7-11.2km/L、3thモデルは、10-12.6km/L、4thモデルや5thモデルになると共に8.7-12.6km/Lと2,500ccでありながら良い燃費を記録しています。クラシックモデルのレトロを味わえ、燃費の良いクルマと考えるととても魅力的なクルマです。

中古車相場は?

中古車相場は1thモデルは、35万円から探すことができ、平均相場は60万円前後で取引されています。2thモデルは70万円から見つけることができます。平均相場は100万円前後です。3thモデルになると300万円前後が平均相場となっています。4thモデルは、まだ中古車で見つけることができませんでした。「2-04」は、118万円から探すことができ150万円が相場となっています。

まとめ

「光岡 ガリュー」は、パイクカーのパイオニア的な存在でデザインや性能もクオリティが高く人気のモデルです。これからもモデル名通り「我流」を貫き、人々に魅力的なクルマとして存在していくことでしょう。