次期ハイエース、モデルチェンジ後の名称は300系?気になるスペックや発売予定日をご紹介!

商用としてや趣味に使う車として人気があるのがハイエースです。発売から49年経った今でもその人気は衰えるどころか、さらに増えていってます。そんなハイエースの新型モデルが2018年に発売されるのではないかと噂されています。そこでこの記事では次期ハイエースのネット上で噂されている情報をまとめてみました。

ハイエースとは

ハイエースは1967年に初代がトヨタ自動車から販売が開始されました。約50年経った現在でも製造・販売は続いており、現行の200系は5代目となっています。

大きなボディでたくさんの荷物を積むことができるので、作業車や趣味の車として乗っている人が多いです。荷台にバイクを乗せたり、サーフボードを乗せたりなどハイエースの使い方は持ち主によって様々です。ハイエースをキャンピングカーとして使用する人も増えてきています。

また、近年では派手なエアロパーツを装備したり、車高調を使ってローダウンをしたり、大口径のアルミホイールを装着するなどハイエースはカスタムカーのベース車両としても人気があります。ハイエースのカスタムパーツは比較的安価なため、カスタムのベースにしやすいという理由もあるようです。

年間販売台数は約18万台

ハイエースの年間販売台数は約18万台と言われており、そのうちの6割が海外での販売となっています。日本だけではなく、海外でも人気の車両となっており、世界130カ国で累計生産台数は約700万台とも言われています。

海外でも大人気の車種ということで、「日本一盗まれやすい車」としても有名です。様々な盗難対策グッズがありますが、すぐに対策されてしまい、いたちごっこが続いている状況です。ハイエースに乗る際にはこのことをしっかりと頭に入れておく必要があります。

次期ハイエースは2018年に発売か!?

次期ハイエースは2018年に発売されるのではないかとネット上で話題になっています。本当に2018年に発売となれば14年振りの新型となるので、ハイエース好きの間では一大イベントになること間違いないですね! 

ここからはネット上で噂されている次期ハイエースのスペック予想などをご紹介していきます。公式に発表されている内容ではないので、参考程度にしていただければと思います。

次期ハイエースは300系か?

現行のハイエースが200系、その1つ前が100系ということで、次期ハイエースは300系になるのではないかと予想されています。しかし、3代目は50系だったのに4代目から100系になったということで、全く違う数字になる可能性も少なくありません。この辺りも楽しみな部分の1つですね!

ミニバンのようにセミボンネット化に?

200系のハイエースまではエンジンの上に運転席がある「キャブオーバー型」だったのですが、次期ハイエースからは「セミボンネット型」になると予想されています。これにより、衝突安全が向上するのですが、ハイエースの利点である積載量が減る可能性が非常に高くなっています。作業車や趣味などで使う場合には積載量が少なくなるのは困ってしまいますね。

また、セミボンネット型になることで、現行のデザインから大きく変わることが予想されます。現行のデザインが好きなハイエースファンの方達には心配な部分ではありますが、どのようなデザインになるのか発表がとても楽しみですね!

気になるエンジンは◯◯エンジンに?

昨今のハイブリッドエンジン化の流れから、次期ハイエースもハイブリッドエンジンになるのではないかと思っている方も多いのではないでしょうか? しかし、ハイブリッドエンジンが搭載される確率は極めて低く、200系と同じように「ディーゼルエンジン」と「ガソリンエンジン」になると予想されています。ディーゼルエンジンもどんどん進化しているので、現行のエンジンよりもさらにパワーアップ、燃費向上、静寂性が期待されています。さらにクリーンディーゼルになるという噂もありますが、クリーンディーゼルにするには普通のディーゼルエンジンよりもコストがかかり、商用車として販売するには高くなってしまいます。そのためクリーンディーゼルになるというのも現実的に考えると難しいと思われます。

また、200系のワゴンにはディーゼルエンジンモデルはなく、ガソリンモデルのみのラインナップでした。しかし、次期ハイエースからはワゴンにもディーゼルエンジンモデルがラインナップされると噂されています。

モデルチェンジが待てない方はこちら

ハイエースは仕事から趣味まで様々な用途で使えることから大人気で、新型が楽しみな方もいると思いますが、趣味などで使いたい方はモデルチェンジを待つより早く欲しいという方も多いと思います。そんな方のために中古車のリンクを貼っておきますので是非チェックしてみてください。

中古車をお探しの方はこちら

まとめ

トヨタ自動車では2017年~2018年にかけて「働くクルマ」の導入と改良を進めていくという計画があると言われています。この計画の最後の年にハイエースがフルモデルチェンジされるということで、どのように改良されるのか今からとても楽しみですね! ネット上の声を見ている限り、セミボンネット型に反対な人が多いようです。その理由としては、デザインが大きく変わってしまうのと、積載量が少なくなってしまうということです。

ハイエースは今後も日本を代表する商用車・バンとして活躍してくれることは間違い無いでしょう。また次期ハイエースについて詳しい情報が入りましたら、この記事でご紹介させていただこうと思います。今回も最後までお読みいただきありがとうございました。