【日産 ティアナ】モダンリビングの考え方を提唱したティアナのこだわりに迫る!気になる中古車情報も!

これまでのセダン車には無かった「モダンリビング」の心地よさと「おもてなし」の心遣いという価値観を提唱している日産ティアナ。その細部までの徹底したこだわりを調べてみました。

【ティアナならではのおもてなしの心】室内機能や快適性

【疲れにくいのでずっと座りたくなる】前席スパイナルサポート機能付シート

座りっぱなしで疲れるのは脊椎(せきつい)に負担がかかるからということで、脊椎への負担を減らすために広い範囲で上体を支えられるスパイナルサポート形状の背もたれパッドを採用しています。それにより疲れを最小限に抑えてくれ、ロングドライブも快適に過ごすことができるシートとなっています。

【つつみこまれるような座り心地】振動吸収3層構造

座った瞬間に分かるつつみこまれるような柔らかさ! その秘密は異なる3つのシート材を使用しているところです。ベースは振動を吸収し疲れを軽減してくれる振動吸収ウレタン、その上の層には柔らかな感触のスラブウレタン(ソフトウレタンフォーム)、その上には肌触りバツグンの表皮という三層構造になっています。乗車時の心地よさへのこだわりが良く分かるシートです。

【年中快適】前席エアコンディショニングシート(グレード別設定)

本革シートの前席は、背面と座面からの送風ができるようになっています。寒い季節には温風を、暑い季節には冷風を送る事により一年中快適な温度に保つ事ができます。温風、冷風ともに3段階の調節ができ、運転席と助手席でそれぞれ好みの調節が可能です。(こちらの機能はグレードにより異なりますので、下記グレード&スペックでご確認ください。)

【リビングにいるようにくつろげる】助手席パワーオットマン(グレード別設定)

ティアナならではのおもてなし。そんな機能が助手席パワーオットマンです。柔らかな素材でふくらはぎを優しく支えてくれます。助手席に乗った人はきっとリビングでくつろいでいるかのような気分になることでしょう。リラックスした気分でドライブを楽しめます。(こちらの機能はグレードにより異なりますので、下記グレード&スペックでご確認ください。)

【自分だけのポジションを】インテリジェントキー連動運転席オートドライビングポジションシート(グレード別設定)

キーごとにドライバー情報(シートとドアミラーのポジション)を設定することができます。設定することにより、車に乗る度に自動でシートとドアミラーのポジションがセットされます。また、エンジンを切りドアを開けると自動でシートが後退してくれるので降りる時もスムーズです。(こちらの機能はグレードにより異なりますので、下記グレード&スペックでご確認ください。)
インテリジェントキー連動運転席オートドライビングポジションシートはグレード別設定となりますが、インテリジェントキーは全車に標準装備されています。スイッチ1つでロック&ロック解除ができ、エンジン始動もキーを出さずにボタン1つで簡単始動が可能。

【大人3人でもゆったり】広々リヤシート

ティアナは、リヤシートも抜かり無しです。リヤシートってどうしても隣の人と肩がぶつかったりして窮屈なイメージありませんか? そんなイメージを覆してくれるティアナのリアシートは座り心地はもちろんのこと、座面とリヤドアトリムの形状を工夫し、できる限りフラットなつくりになっています。フラットにすることにより、リヤシートに3人乗車した場合でも肩がぶつかりにくく、ゆったりと座ることができます。足元のスペースもゆったりとしており、これまでのリアシートのイメージが覆されること間違い無し。

【プレミアムセダンにふさわしい】走行性能

【操縦安定性と乗り心地で気持ちいい走りを】新開発リヤマルチリンクサスペンション

今までのリヤマルチリンクサスペンションは、主にアームとリンクブッシュで構成されていましたが、今回世界初のコネクトブッシュを追加しました。2種類のブッシュがそれぞれ異なる役割となることで、操縦の安定性と乗り心地の良さが向上しました。例えば、水たまりや急な落下物などを避けるために急ハンドルを切ってすぐ戻すような時など、ふらつかず素早く体勢が戻るので安心した乗り心地となることでしょう。

【コーナリングが思いのままに】アクティブトレースコントロール

コーナリングの際、イメージしていたラインより実際は大回りになってしまうことってありませんか? 
「アクティブトレースコントロール」はイメージ通りのコーナリングを実現してくれる先進技術です。コーナリング中やコーナーの出口で加速した際に、内側の2輪にブレーキをかけることにより、車が外側へ膨らむのを抑えてくれます。

【スムーズな走りを実現】新開発QR25DEエンジン

燃焼と排気の効率を改善し、低中速トルクを強化した「新開発QR25DEエンジン」。下記でも紹介している「新世代エクストロニックCVT」、「新シフトモード」、「軽量化」との相乗効果で、キビキビと走り力強い加速で街中でも高速走行でもストレスフリーでスムーズな走りを実現してくれます。

【大幅な改良で進化した】新世代エクストロニックCVT

CVTの特徴でもあるスムーズな走りと低燃費を追求し、なんと約8割ものパーツを新規開発、改良した「新世代エクストロニックCVT」。オイルポンプは小型化することにより、オイルの量を低減、軽量化にも繋がっています。摩擦抵抗を減らすことにより、JC08モード(国土交通省審査値)14.4 km/Lと低燃費も実現。ギヤ比の範囲は拡大することにより、加速と燃費どちらの性能も向上しています。

【気分に合わせてチョイスできる】3つの走行モード

「ドライブモード」、「Dsモード」、「ECOモード」と3つの走行モードが用意されています。ドライブモードは日常の運転に、Dsモードはスポーティな走りをしたい時に、ECOモードは発進や加速時のアクセルコントロールを滑らかに制御してくれます。気分に合わせて好きなモードを選ぶ事ができ、走りの楽しさをアップしてくれますよ。

【日産の技術の結晶】先進の安全装備

【衝突を回避】自動で止まる。エマージェンシーブレーキ

フロントカメラで前方の車両や歩行者を検知し、衝突の可能性が高まるとメーター内のディスプレイ表示やブザーでお知らせして運転手に対して回避操作を促してくれます。もしも運転手が安全に減速できなかった場合には、自動的に緊急ブレーキが作動することにより、衝突時の被害や傷害を軽減または、衝突を回避してくれるシステムです。

【車に対して】
前方の車両に衝突しそうという危険を察知すると、メーター内のディスプレイ表示とブザーで運転手に回避操作を促す。→衝突しそうな危険がより高まった場合、緩くブレーキが作動。→安全に減速できない場合には緊急ブレーキが作動。
【人に対して】
前方の車両に衝突しそうという危険を察知すると、メーター内のディスプレイ表示とブザーで運転手に回避操作を促す。→安全に減速できない場合には緊急ブレーキが作動。

【踏み間違いによる衝突を防ぐ】踏み間違い衝突防止アシスト

最近ニュース等でも度々見かけるブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故。そんな踏み間違いによる危険を察知してくれる機能です。駐車をする時などのクリープ走行を含む低速走行時に、進行方向に壁やコンビニ、スーパーマーケットのガラスなどの障害物がある場合に危険を察知。アクセルとブレーキを間違えて踏み込んでしまった場合、メーター内のディスプレイ表示とブザーで警告&エンジン出力やブレーキを制御してくれます。もちろん前進、後退関係なくしっかりと機能してくれます。

【周囲も思いやる安全装備】アラウンドビューモニター

「アラウンドビューモニター」とはクルマが真上から撮影されているかのような映像を、カーナビの画面に映し出してくれる機能です。真上から撮影されているかのような映像により、周囲の状況がひと目で把握できます。見通しの悪い場所や死角の多い場所での駐車などで困ったことはありませんか? そんな場合もアラウンドビューモニターでスムーズに、安全に駐車できます。運転席からの視界はどうしても制限されてしまいますが、左前方や後方の安全も確認することができるので縦列駐車の際も便利な機能です。
また、MOD(移動物 検知)機能も搭載。ティアナの周囲を歩いている人や、接近してくる自転車などの動くものも検知。カーナビの画面に警告表示&ブザーでお知らせしてくれます。

【4つのグレードラインナップ】グレード&スペック

XV ナビAVMパッケージ

【メーカー希望小売価格】¥3,513,240(消費税込み)
【主な装備】
・キセノンヘッドランプ(オートレベライザー付き、プロジェクタータイプ)
・17インチアルミホイール&タイヤ
・本革巻3本スポークステアリング&シフトノブ
・本革シート地
・インテリジェントエアコンシステム(ワンタッチクリーンスイッチ付)
【室内装備】
・6スピーカー
・前席エアコンディショニングシート
・運転席パワーシート(スライド、リクライニング、前後独立リフター、ランバーサポート)
・助手席パワーシート(スライド、リクライニング)
・助手席パワーオットマン
・インテリジェントキー連動運転席オートドライビングポジションシート
【安全装備】
・エマージェンシーブレーキ
・踏み間違い防止アシスト
・アラウンドビューモニター

XL ナビAVMパッケージ

【メーカー希望小売価格】¥3,213,000(消費税込み)
【主な装備】
・キセノンヘッドランプ(オートレベライザー付き、プロジェクタータイプ)
・16インチアルミホイール&タイヤ
・本革巻3本スポークステアリング&シフトノブ
・スエード調クロスシート地
・インテリジェントエアコンシステム(ワンタッチクリーンスイッチ付)
【室内装備】
・6スピーカー
・運転席パワーシート(スライド、リクライニング、前後独立リフター、ランバーサポート)
・助手席パワーシート(スライド、リクライニング)
・助手席パワーオットマン
【安全装備】
・エマージェンシーブレーキ
・踏み間違い防止アシスト
・アラウンドビューモニター

XL

【メーカー希望小売価格】¥2,896,560(消費税込み)
【主な装備】
・キセノンヘッドランプ(オートレベライザー付き、プロジェクタータイプ)
・16インチアルミホイール&タイヤ
・本革巻3本スポークステアリング&シフトノブ
・スエード調クロスシート地
・インテリジェントエアコンシステム(ワンタッチクリーンスイッチ付)
【室内装備】
・6スピーカー
・運転席パワーシート(スライド、リクライニング、前後独立リフター、ランバーサポート)
・助手席パワーシート(スライド、リクライニング)
・助手席パワーオットマン
【安全装備】
・エマージェンシーブレーキ
・踏み間違い防止アシスト

XE

【メーカー希望小売価格】¥3,563,920(消費税込み)
【主な装備】
・ハロゲンヘッドランプ(マニュアルレベライザー付き、プロジェクタータイプ)
・16インチアルミホイール&タイヤ
・ウレタン3本スポークステアリング&シフトノブ
・スエード調クロスシート地
・オートエアコンシステム
【室内装備】
・4スピーカー
・運転席シートリフター(ラチェット式)
【安全装備】
・エマージェンシーブレーキ
・踏み間違い防止アシスト

スペック

【ボディカラー】ウォーターフォールブルー、ラディアント レッド、ダイヤモンドブラック、ダークメタルグレー、ブリリアントシルバー、ブリリアントホワイトパール
【全長/全幅/全高】4,880mm/1,830mm/1,470mm
【ホイールベース】2,775mm
【トレッド前/後】1,585mm/1,585mm
【最低地上高】130mm
【車両重量】1,480kg
【乗車定員】5名
【車両総重量】1,755kg
【最小回転半径】5.7m
【燃料消費率JC08モード(国土交通省審査値)】14.4 km/L
【総排気量】2,488L
【最高出力】127(173)/6,000(kW(PS)/rpm)
【最大トルク】234(23.9)/4,000(N・m(kgf・m)/rpm)
【使用燃料・タンク容量】無鉛レギュラーガソリン・65L

【人気中古車情報サイト3社】中古車情報

日産公式中古車サイトGet-U

【価格帯】25万円〜279.5万円
【登録台数】280台

公式サイト

カーセンサー

【価格帯】23万円〜302万円
【登録台数】616台

公式サイト

Goonet

【価格帯】24.8万円〜302万円
【登録台数】603台

公式サイト

まとめ

いかがでしたか。これまでのセダン車のイメージを覆すティアナのこだわりはすごいですね。プレミアムセダンらしい高級感のある外装、先進の安全装備、走る楽しみを感じられるたくさんの機能、そして同乗者へのおもてなしという新しい視点。更には低燃費。と、いいこと尽くめの1台ではないでしょうか。