【クライスラー ジープ】一度は味わいたい”Jeep”テイスト!幅広い4WD車を産みだす魅力とは?燃費や中古車情報も!

ジープ。今までに一度はその名を聞いたことがあると思います。屋根がなく天井が剥き出しの角ばった軍用車みたいなデザインをしているクルマかと思えば、上品質でモダンなラグジュアリープレミアムSUVにもジープと呼ばれるクルマがあります。今回はそんなジープの実態に迫ってみました。

Jeepとは?

長い歴史を誇る由緒正しい4WDの先駆車!

今でこそ4輪駆動車は栄え、高性能車の定番駆動方式のようになっていますがその技術を現在のように扱ったのはジープが始まりでした。つまり、ジープは”元祖4WD”と言えるクルマなのです。そのジープは現在クライスラーの1ブランドとなっており、現行ジープは「ラングラー アンリミテッド」、「ラングラー」、「チェロキー」、「グランドチェロキー」、「コンパス」、「レネゲード」の6車種が用意されています。

ジープの起源と歴史

現行車種のご紹介の前に少しジープと歴史背景についてお話します。ジープというと軍用で使われるような装甲車みたいなイメージを思い浮かべる人も多いと思うのですが、実際ジープが誕生するきっかけとなったのは第2次世界大戦中なのです。1940年アメリカ陸軍の要請により開発され、1941年より投入されたのが軍用車ジープ。そのコンセプトは「戦闘でタイヤ2本を失っても走行可能な頑丈なクルマ」だったそうです。実際、ジープは小型4WD車として圧倒的な走行性能と耐久性能を見せつけ、瞬く間に世間で話題となっていきました。こうして一般的に販売されるようになったジープですが一般でも軍用車の人気が高く多く出回ったため、現在でもジープ=軍用車のイメージに結びつくことがあるわけです。もっとも、今はジープが得意とする4WD技術を駆使して高級SUVも絶大な人気を獲得しています。

Jeep「ラングラー」

出典:http://www.jeep-japan.com/wrangler/gallery/

野心溢れるジープの伝統を受け継ぐモデル!

「ラングラー」はクロスカントリーカーとして1987年よりジープの1モデルとしてラインナップに名を連ねるクルマです。エクステリアはジープの軍用車として一世を風靡した「ウィリスMB」をインスパイアしてジープのDNAを継承したデザインとなっています。角のある装甲車を思わせるワイルドなボディに、フロントマスクは丸目のヘッドライトと7つのスロットグリルがジープならではの顔つきを作っています。インテリアは外観のイメージを壊さないようにトラディショナルなデザインを持っていながらも、装備機能はもちろん最新のものを搭載。上質な内装と室内空間に仕上がっています。また、搭載エンジンは3.6LペンタスターV型6気筒エンジンを採用しています。その最高出力は284ps、最大トルクは347Nmにもなる高性能なエンジン。燃費消費率は7.9km/Lなので燃費性能には優れませんが、これも「ラングラー」らしさと思えば1つの味に思えます。サスペンションには調整式モノチューブショックアブソーバーを採用しており、乗り心地やクルマの安定性を高めてくれています。

新車価格とスペック詳細

ジープ 「ラングラー サハラ」
メーカー希望小売価格:3,963,600円

基本情報
全長:4,185mm
全幅:1,880mm
全高:1,845mm
ホイールベース:2,425mm
車両重量:1,860kg
乗車定員:4人

ドライブトレイン
駆動方式:FR/4WD
エンジン:V型6気筒 DOHC
排気量:3,604cc
最高出力:284ps/6,350rpm
最大トルク:347Nm/4,300rpm
燃費消費率:7.9km/L
トランスミッション:5速オートマティック

Jeep「ラングラー アンリミテッド」

出典:http://www.jeep-japan.com/wrangler/gallery/

ロングホイールベース化で可能性が広がったラングラー!

この「ラングラー アンリミテッド」はラングラーの派生車種として2004年よりラインナップに加わったモデルです。通常の「ラングラー」との相違点は車体の長さでそのほかは基本的に同じなのですが、このロングホイールベース化が「ラングラー アンリミテッド」を通常モデルからさらに進化させています。まずエクステリアを見てわかるのは、「ラングラー」では2ドアだったボディが「ラングラー アンリミテッド」では4ドアとなっていて、さらに「ラングラー」の名物ルーフでもある「フリーダムトップ3ピース モジュラーハードトップ」もロングホイールベースの恩恵を受け、後部座席まではルーフで覆いそれより後方をオープン化することが可能となりました。インテリアもさらに進化していて乗車定員が5人となったほか、シートはレザーで精巧に作りこまれており、フロントシートには温度調節が可能なヒーターを内蔵しています。ドライブトレインに関しては「ラングラー」同じ仕様となっているため性能に変化はありませんが、1つ苦言を呈すとすれば、車体の大型化に伴い増量した車両重量のせいで悪化した燃費性能。その数値は7.5km/Lとなっていて、経済的なクルマとは言えません。

新車価格とスペック詳細

出典:http://www.jeep-japan.com/wrangler/gallery/

ジープ 「ラングラー アンリミテッド スポーツ」
メーカー希望小売価格:3,963,600円

ジープ「ラングラー アンリミテッド サハラ」
メーカー希望小売価格:4,276,800円/4,438,800円(レザー仕様)

基本情報
全長:4,705mm
全幅:1,880mm
全高:1,845mm
ホイールベース:2,945mm
車両重量:2,295kg(スポーツ)、2,315kg(サハラ)
乗車定員:5人

ドライブトレイン
駆動方式:FR/4WD
エンジン:V型6気筒 DOHC
排気量:3,604cc
最高出力:284ps/6,350rpm
最大トルク:347Nm/4,300rpm
燃費消費率:7.5km/L
トランスミッション:5速オートマティック

Jeep「チェロキー」

出典:http://www.jeep-japan.com/cherokee/gallery/

ジープが産んだクロスオーバーSUV!

チェロキーはジープが繰り出すクロスオーバー型SUV。クロスカントリーとは一風変わった近代的なSUVです。エクステリアはクロスオーバーSUVとしては重層感漂うどっしりとしたフォルムに、フロントは伝統的な7つのスロットグリルを持ったシャープなマスクをしています。それでいてボディ自体はコンパクトとは言えませんが、まとまりのいいサイズに作られているため操作性に優れています。インテリアもなかなか粋な仕様。機能性にも実用性にも優れたデザインとなっていて、インパネにはUconnectシステムを搭載。最新の音声認識技術を採用し、電話やエアコンの温度設定などは声を使ってコントロールすることやドライバーに必要なさまざまな情報を呼び出すことが可能となっています。また、7インチマルチビューディスプレイも搭載していて、ステアリング上のスイッチで操作することができるため走行中でも見やすくなっています。エンジンには2.4L直列4気筒エンジンと3.2LV型6気筒エンジンの2種類を用意。走行モードも多彩でAUTO、SNOW、SPORT、SAND/MUD、ROCKの5モードが搭載されており、さまざまな路面状況で最大限のパフォーマンスを発揮することができます。さらにトランスミッションにはジープとして初となる9速オートマチックトランスミッションを搭載。スムーズで力強い加速を実現しています。それもあって燃費性能は「ラングラー」よりかは優れ、もっとも燃費のいいモデルで10.4km/Lの燃費消費率を記録します。

新車価格とスペック詳細

出典:http://www.jeep-japan.com/cherokee/gallery/

ジープ「チェロキー ロンジチュード 4×4」
メーカー希望小売価格:4,644,000円
駆動方式:4WD(オンデマンド方式)

ジープ「チェロキー ロンジチュード 4×2」
メーカー希望小売価格:4,158,000円
駆動方式:FF

ジープ「チェロキー リミテッド」
メーカー希望小売価格:4,995,000円
駆動方式:4WD(オンデマンド方式)

基本情報
全長:4,630mm
全幅:1,860mm
全高:1,700mm
ホイールベース:2,700mm
車両重量:2,075kg(4×4)、2,005kg(4×2)、2,155kg(リミテッド)
乗車定員:5人

ドライブトレイン
エンジン:直列4気筒(4×4、4×2)、V型6気筒(リミテッド)
排気量:2,359cc(4×4、4×2)、3,238cc(リミテッド)
最高出力:177ps/6,400rpm(4×4、4×2)、272ps/6,500rpm(リミテッド)
最大トルク:229Nm/3,900rpm(4×4、4×2)、315Nm/4,300rpm(リミテッド)
燃費消費率:8.6km/L(4×4)、10.4km/L(4×2)、8.9km/L(リミテッド)
トランスミッション:9速オートマティック

Jeep「グランドチェロキー」

出典:http://www.jeep-japan.com/grand_cherokee/gallery/

現行ジープの頂点とも言うべきプレミアムSUV!

グランドチェロキーはジープが製造・販売するクロスオーバーSUVとしてもっとも高級で上級なモデルとなっています。エクステリアはプレミアムSUVらしさとジープらしさを合わせ持つデザインをしています。「チェロキー」に見られるシャープな顔つきとは全く違った、ダイナミズムとエレガントさが体現されたフロントマスクをしています。ジープの伝統、7つスロットグリルはもちろん健在。ボディも「チェロキー」に比べて大型化され、風の抵抗にもしっかりとした対処を施したパッケージとなっています。インテリアは質の良さとコンフォータブルな居住空間をとことん追求されています。シートには最高の座り心地を実現したナチュラプラスレザーシートを採用しており、なおかつ全シートにヒーターとベンチレーションを装備。そのほかの室内システムや機能も最新のテクノロジーを駆使した一級品となっていて、極上の贅沢を楽しめる室内となっています。エンジンには3.6LペンタスターV型6気筒エンジンと5.7L/6.4LV型8気筒エンジンの全3種類を採用。どのエンジンも圧倒的なパワーと効率性を誇り、8速オートマティックトランスミッションとの組み合わせでその出力を余すことなくタイヤに伝えてくれます。

新車価格とスペック詳細

出典:http://www.jeep-japan.com/grand_cherokee/gallery/

ジープ 「グランドチェロキー ラレード」
メーカー希望小売価格:4,946,400円

ジープ「グランドチェロキー リミテッド」
メーカー希望小売価格:5,961,600円

ジープ「グランドチェロキー サミット」
メーカー希望小売価格:7,365,600円

ジープ「グランドチェロキー SRT8」
メーカー希望小売価格:8,056,800円

基本情報
全長:4,835mm~4,880mm
全幅:1,935mm~1,985mm
全高:1,800mm~1,825mm
ホイールベース:2,915mm
車両重量:2,435kg~2,675kg
乗車定員:5人

ドライブトレイン
駆動方式:4WD
エンジン:V型6気筒 DOHC、V型8気筒 OHV
排気量:3,604cc~6,416cc
最高出力:286ps~468ps
最大トルク:347Nm~624Nm
燃費消費率:5.5km/L~8.6km/L
トランスミッション:8速オートマティック

Jeep「コンパス」

出典:http://www.jeep-japan.com/compass/gallery/

利便性に富んだコンパクトSUV!

「コンパス」はデイリーユーズにもってこいのサイズをした小型SUV。コンパクトながらもスタイリッシュでダイナミズムに溢れるエクステリアデザインをしています。インテリアもこのクラスのSUVとしては最上級の部類に入るほどハイクオリティな仕上がりとなっていて、「コンパス リミテッド」にはレザーシートも搭載されています。エンジンは2.0L/2.4L直列4気筒エンジンを採用。2.4Lエンジンは170psを発揮し、気持ちよくアクセルを吹かすことができるエンジンとなっています。

新車価格とスペック詳細

出典:http://www.jeep-japan.com/compass/gallery/

ジープ「コンパス スポーツ 4×4」
メーカー希望小売価格:3,294,000円
駆動方式:4WD

ジープ「コンパス スポーツ 4×2」
メーカー希望小売価格:3,078,000円
駆動方式:FF

ジープ「コンパス リミテッド」
メーカー希望小売価格:3,564,000円
駆動方式:4WD

基本情報
全長:4,475mm
全幅:1,810mm
全高:1,665mm
ホイールベース:2,635mm
車両重量:1,815kg(4×4)、1,715kg(4×2)、1,825kg(リミテッド)
乗車定員:5人

ドライブトレイン
エンジン:直列4気筒
排気量:1,998cc(4×2)、2,359cc(4×4、リミテッド)
最高出力:156ps/6,300rpm(4×2)、170ps/6,000rpm(4×4、リミテッド)
最大トルク:190Nm/5,100rpm(4×2)、220Nm/4,500rpm(4×4、リミテッド)
燃費消費率:10.5km/L(4×2)、10.7km/L(4×4、リミテッド)
トランスミッション:6速オートマティック

Jeep「レネゲード」

出典:http://www.jeep-japan.com/renegade/gallery/

ヘヴィーデューティなスモールSUV!燃費性能もジープとして最高レベル!

「レネゲード」はジープらしいワイルドさをしっかり受け継ぐ小型SUV。エクステリアは「ラングラー」と同じく丸型のヘッドライトと7個のスロットグリルを搭載しており、「レネゲード」は軍用ジープがそのまま現代の社会に適応化し、モダンな姿となったようなデザインをしています。インテリアもエクステリアと同じくスポーツ色の強いデザイン。インパネには5型タッチパネルディスプレイも装備されていて機能性に優れた装備もしっかり搭載されています。搭載エンジンは1.4L直列4気筒ターボエンジンと2.4L直列4気筒エンジンの2種類を用意。車体に合わせてエンジンもコンパクトですが、高回転まで元気に回ってくれます。また、環境性能にも優れ、「レネゲード」はジープの中でもっとも燃費消費率がいいクルマとなっていて、最高で15.5km/Lの燃費を誇ります。

新車価格とスペック詳細

出典:http://www.jeep-japan.com/renegade/gallery/

ジープ 「レネゲード ロンジチュード」
メーカー希望小売価格:2,970,000円

ジープ「レネゲード リミテッド」
メーカー希望小売価格:3,186,000円

ジープ「レネゲード トレイルホーク」
メーカー希望小売価格:3,456,000円

基本情報
全長:4,255mm、4,260mm(トレイルホーク)
全幅:1,805mm
全高:1,695mm、1,725mm(トレイルホーク)
ホイールベース:2,570mm
車両重量:1,675kg(ロンジチュード)、1,705kg(リミテッド)、1,835kg(トレイルホーク)
乗車定員:5人

ドライブトレイン
駆動方式:FR/4WD(トレイルホーク)
エンジン:直列4気筒
排気量:1,368cc、2,359cc
最高出力:140ps/5,000rpm、175ps/6,400rpm
最大トルク:230Nm/1,750rpm、230Nm/3,900rpm
燃費消費率:15.5km/L(ロンジチュード)、14.6km/L(リミテッド)、10.4km/L(トレイルホーク)
トランスミッション:6速オートマティック、9速オートマティック(トレイルホーク)

【中古車情報】Jeepの中古車ランキング

ラングラー中古車の人気が強し!

ジープは非常に人気の高いクルマなのでの中古車の数は多く、需要もとてもあります。ということで、現行ジープのラインナップで中古車市場で人気な車種をまとめてみました!

1位:「ラングラー アンリミテッド」平均価格301万円
2位:「グランドチェロキー」平均価格193万円
3位:「ラングラー」平均価格115万円
4位:「チェロキー」平均価格99万円
5位:「コンパス」平均価格235万円
6位:「レネゲード」平均価格302万円

このような結果となりましたが、ラングラーが1位と3位を占めるという人気ぶり。やはりジープといえばラングラーといったところでしょうか。インパクトのあるデザインなので、”これぞジープ”という感じのクルマですしジープに乗る醍醐味が1番味わえるクルマなのでしょう。ちなみにジープの中で「レネゲード」は市場に出回っている個体がもっとも少なく、台数の割に値段が高騰しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ジープはさまざまなモデルを用意していますが、どれも強いジープのDNAを受け継いでおり、必ずユーザーの期待以上の価値を見いだせるクルマです。一生のうちに一度でも味わうべきクルマと言えるでしょう。