【レクサス RX】モテクルマの代表格に追加モデルのうわさ!購入価格、燃費、維持費、口コミ、純正ホイールまとめてご紹介!

2015年10月、レクサスは4代目RXを発表しました。それが今回ご紹介する現行型レクサス RXです。2代目までトヨタ ハリアー、3代目よりレクサス RXとして販売されている大人気車です。現行型モデルも相変わらず女子ウケの良いモテ車ですが、果たしてその秘密とは? またシリーズ初搭載のダウンサイジングターボにも注目です。そして意外な純正ホイール人気をご紹介します!

レクサス RXとは?

レクサスのクロスオーバーSUVで女子ウケするモテクルマです!

レクサス RX450h

レクサス RXはトヨタ自動車のプレミアムチャンネル「レクサス」で販売される、クロスオーバーSUVです。取り回しのよいボディサイズ、精悍なルックス、使い勝手が良いワゴンボディ、高級感ある室内空間、トヨタ自慢のハイブリッドシステムを搭載しています。若い女性に大人気! と巷ではもっぱらの評判のレクサス主力販売車種です。
初代モデルは1998年に誕生しました。日本名は「ハリアー」。現在の世界的なクロスオーバーSUVブームの火付け役と言えます。

RXってどういう意味?

車種名である「RX」の意味はというと、

R = Radiant(光り輝く)
X = Crossover(Xには交差の意味もあり、Crossとかけています)

です。直訳すると「光り輝くクロスオーバー車」という意味です。光り輝く太陽のようにクロスオーバー車の中心的な存在、とも解釈できそうですね。

レクサス RXのおすすめポイント

選べる2種類のエンジン!

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/xDkBLCkizJQ" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

RX Performance

2016年4月現在、レクサス RXには2種類のエンジンが搭載されます。

経済性とパワーを両立したハイブリッドシステム

レクサス・ハイブリッド・ドライブ

2GR-FXS型3,500cc V型6気筒直噴DOHCエンジンをコアユニットとするハイブリッドシステムを、レクサス RXは採用しています。発進時や低速走行時、加速時は高トルクモーターを使用するので、エンジンに余計な負荷がかからず、燃費向上に一役買っています。
2GR-FXS型エンジン自体もDual VVT-iWでバルブ開閉タイミングを最適に制御し、筒内直噴と吸気ポート噴射の2つのインジェクターを備え、効率的な燃焼を行うトヨタ自慢の直噴システム「D-4S」を採用しています。さらに排気を冷却し、エンジン各部の軽量化・摩擦の低減化を行うことで環境性能を高めています。

レクサス・ハイブリッド・ドライブ諸元

【エンジン部】
型式 2GR-FXS
種類 V型6気筒直噴DOHC
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
内径 94.0mm
行程 83.0mm
総排気量 3,456cc
圧縮比 13.0
最高出力 262ps/6,000rpm
最大トルク 34.2kgf・m/4,600rpm
燃料タンク容量 65L

【フロントモーター部】
型式 6JM
最高出力 167ps
最大トルク 34.2kgf・m

【リヤモーター部】※AWD車にのみ搭載
型式 2FM
最高出力 68ps
最大トルク 14.2kgf・m

【システム合計】
システム最高出力 313ps
燃料消費率 18.8km / L ※JC08モードによる国土交通省審査値

全域トルクフルなダウンサイジングターボ

8AR-FTS型直列4気筒直噴DOHCターボ

従来のV型6気筒3,500ccエンジンに代わって搭載されたのが、直列4気筒2,000ccの8AR-FTS型エンジンです。レクサス ISやトヨタ・クラウンにも搭載されています。一番の特徴は1,650回転から最大トルクを発揮するエンジン性能です。およそ2トンと重量級のレクサス RXを、発進時からストレスなくドライブすることができます。燃費は11.8km/Lとやや物足りませんが、3,500ccクラスの動力性能と考えると納得の数値です。
8AR-FTS型エンジンはターボの過給時に若干、ターボラグを感じるようです。プレミアムカーとして洗練されているかというとやや疑問です。しかし80年代のいわゆる「ドッカンターボ」を思わせる仕様なので、これはエンジンの味として残してほしい、と筆者は思います。すでにランニングチェンジで改善されていませんように!(笑)

8AR-FTS型エンジン諸元

型式 8AR-FTS
種類 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
内径 86.0mm
行程 86.0mm
総排気量 1.998cc
圧縮比 10.0
最高出力 238ps/4,800~5,600rpm
最大トルク 35.7kgf・m /1,650~4,000rpm
燃料タンク容量 72L
燃料消費率 11.8km / L ※JC08モードによる国土交通省審査値

豊富なグレード構成!

レクサス RXはベースグレードにスポーツ装備を追加した“F SPORT”と、豪華装備を追加した“version L”が用意されます。駆動方式も2WDとAWDが用意されていますが、“F SPORT”はAWDのみとなります。

※下記でご紹介するメーカー希望小売価格は、消費税込みです。

ハイブリッド車

レクサス RX450h “version L”
外装色はソニッククォーツ

【2WD】
RX450h 6,285,000円
RX450h “version L” 7,025,000円

【4WD】
RX450h 6,025,000円
RX450h “F SPORT” 7,425,000円
RX450h “version L” 7,285,000円

ガソリン車

レクサス RX200t リアビュー

【2WD】
RX200t 4,950,000円
RX200t “version L” 5,950,000円

【4WD】
RX200t 5,210,000円
RX200t “F SPORT” 6,050,000円
RX200t “version L” 6,210,000円

都会的で洗練されたインテリア!

レクサス RXには女子を夢中にさせる洗練されたインテリアが用意されています。エクステリアは乗降時に一瞬目にするだけですが、インテリアはドライブ中ずっと触れて体感するものです。女子にモテるためにレクサス RXを購入するのなら、インテリアカラーや素材にこだわりましょう。

レクサス RX450h “version L” 後部座席
インテリアカラーはノーブルブラウン

重厚感溢れるノーブルブラウンは、ドレスの似合うエレガントな大人女子に似合いそうです。少し背伸びをしたい盛りの20代前半女子にもモテるでしょう、たぶん。

レクサス RX450h “version L” インテリア
インテリアカラーはリッチクリーム

ホワイトやエクリュを基調としたインテリアは、カジュアルながら近代的な高級感を醸し出します。ノーブルブラウンと比較すると、ややオトコの色気やムーディーな雰囲気の演出には不向きですが、明るさはこちらが上。意中の女子に、変に警戒されずに済む…かもしれません。

他にもグレードによりブラック、アイボリー、トパーズブラウン、ダークローズ、ホワイトが用意されています。シート表皮はグレードによりセミアニリン本革、本革、ファブリックから選択できます。インテリアカラーや素材にこだわることができるのも、レクサス RXの大きな魅力の1つです。

レクサス RX450h “F-SPORT”主要諸元

レクサス RX450h “F-SPORT”
外装色はホワイトノーヴァガラスフレーク

車両型式 DAA-GYL25W-AWXGB
駆動方式 E-Four(電気式4輪駆動方式)
乗車定員 5名
車両重量 2,130kg

【車両寸法】
全長 4,890mm
全幅 1,895mm
全高 1,710mm
ホイールベース 2,790mm
トレッド(前) 1,640mm
トレッド(後) 1,630mm
最低地上高 200mm
最小回転半径 5.9m

【室内寸法】
全長 2,230mm
全幅 1,590mm
全高 1,200mm

【走行メカニズム】
変速機 電気式無段変速機
ステアリング 電動パワーアシスト付ラック&ピニオン
サスペンション(前) マクファーソンストラット(スタビライザー付)
サスペンション(後) ダブルウイッシュボーン(スタビライザー付)
ブレーキ 4輪ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ  235/55R20 102V

レクサス RXの購入費や維持費はおいくら?

レクサス RX購入のためには、諭吉さんが何人必要?

レクサス RXを購入するのなら、やっぱり新車で注文するのが一番です。レクサス車は受注生産なので自分好みのコーディネートで注文できます。またレクサスケアメンテナンスプラグラムで、初回車検時までの無料点検も付いていますから、追加費用なしでこまめにメンテナンスを受けることが可能です。

レクサス RX、新車での購入費用は?

それでは実際、レクサス RXを新車で購入するとなると支払い総額はいくらになるのでしょうか? ハイブリッドの450h、ターボ車の200tを見積もってみました。ともに駆動方式はFFでオプションは一切付けていません。

※レクサスホームページの見積もりシミュレーターによる参考価格です。
※価格は消費税込みです。
※自動車取得税と自動車重量税の税額は、エコカー減税と自動車グリーン税制適用後のものです。

レクサス RX450hの場合

レクサス RX450h “version L”
外装色はアンバークリスタルシャイン

車両本体価格 6,025,000円

自動車税 14,500円
自動車取得税 0円
自動車重量税 0円
自賠責保険料 40,040円
販売諸費用 115,500円
リサイクル料金 15,360円

合計 6,210,400円

レクサス RX200tの場合

レクサス RX200t “F SPORT”
外装色はディープブルーマイカ

車両本体価格 4,950,000円

自動車税 39,500円
自動車取得税 74,200円
自動車重量税 22,500円
自賠責保険料 40,040円
販売諸費用 115,500円
リサイクル料金 14,710円

合計 5,256,450円

現在の税制で考えると課税額の少ないハイブリッド車は魅力ですね。ターボ車では車検ごとに重量税を支払わなくてはいけず、維持費に負担がかかります。

レクサス RX、燃費は?

お財布を直撃するガソリン代は?

では次に燃費とガソリン代を比較してみましょう。

※燃料消費率は各エンジンとも、最高値を使用しています。実際には装着オプションやグレードにより異なります。

ハイブリッド車の場合

ハイブリッド車の燃費は18.8km/L、使用燃料は無鉛プレミアムガソリンです。1リッター120円として、年間10,000km走行するとすると、1年間のガソリン代は約63,800円です。1ヵ月あたり5,300円になります。

ガソリン車の場合

ガソリン車の燃費は11.8km/L、使用燃料は無鉛プレミアムガソリンです。価格は同じく120円/Lとし、走行距離も年間10,000kmとします。1年間のガソリン代は約101,700円です。1ヵ月あたり8,500円ほどとなります。ちょっとお財布には痛いですね。

最初の車検までどっちがお得?

ハイブリッド車とガソリン車の新車購入価格は、ハイブリッド車の方が95万3,950円高いことがわかりました。1年間のガソリン代では、ガソリン車の方が37,900円割高です。では最初の車検までの3年間では新車購入費用とガソリン代の合計費用はどちらがお得でしょう?

ハイブリッドかターボか?

3年間の走行距離が3万km以内なら

ハイブリッド車は新車購入費用とガソリン代でおよそ6,401,800円。ガソリン車は5,561,550円と840,250円ほどガソリン車がお得に所有できそうです。3年間で3万km程度の運転を考えているのなら、ガソリン車の方がお得ですね。
仮に走行距離が伸びたとしても、3年間で8万km未満ならガソリン車の方が総合的にコスパが良い計算です。

3年間で8万km以上ならハイブリッドがお得!

一方、84万円の差額でプレミアムガソリンは7,000L購入できます。ハイブリッド車がガソリン車との差額を燃料代で埋めるには、ガソリン車よりも5万km以上多く走らなくてはいけません。今回の設定なら、3年間で8万km以上運転するユーザーさんなら、ハイブリッド車がお得になる計算です。

レクサス RXの中古車情報

SUVがヒットしている今現行モデルは人気を博しています。そんなRXだけあり中古車の人気も高いため安くはないと思いますが、新車は厳しいけど中古車ならという方のために下記にリンクを貼っておきました。是非チェックしてみてください。

中古車をお探しの方はこちら

次期モデルチェンジはいつ?

現行型のレクサス RXは2015年10月に4代目モデルへとモデルチェンジしました。登場からまだ1年も経過していません。果たして次のモデルチェンジはいつなのでしょう?

次期型へのモデルチェンジは2021年?

次期レクサス RXは2021年登場?

歴代レクサス RXのモデルライフは、5~6年です。ということは、次の5代目へのモデルチェンジは2021年ごろとなりそうです。もしかしたら、東京オリンピック前に前倒しでモデルチェンジされるかもしれません。いずれにせよ完全に筆者の推測です。確証はまったくありません。
トヨタ車の次期型車開発は、前のモデルの発売から1年が経過してから動き出します。オーナーさんを訪問し、ヒアリングを行い改善要望をお伺いし、次期型の企画を考えだします。このスケジュールでいけば次期レクサス RXはまだ、ノープランと言って良いでしょう。

2016年内に追加モデルのうわさあり!

次期型のうわさはまったくありませんが、2016年内に追加モデルがある、とのうわさはあります。その追加モデルとは3列シートの7人乗りボディとのことです。ボディサイズは変わりませんが、リヤハッチの傾斜を緩くしルーフを延長することで、3列目シートの頭上空間を稼ぐ手法が採られます。ボディサイズ的に3列目シートはエマージェンシー用で大人の乗車は難しそうですが、手荷物を置いたり緊急時に多人数で乗車する場面で活躍しそうです。
現在、世界的に3列シートのSUVが流行する兆しを見せています。また大人気の新型マツダ CX-9が北米で販売されています。これらの情勢をにらんでの追加モデルのようです。

レクサス RXの口コミや評価は?

-レクサス RXの評価・評判 | Goo-net 口コミ情報クルマレビュー

リア充さんのコメントです。レクサス RXはやはり女子ウケが良いですね。シートのヒップポイントが高いので起立したままで乗車できます。デートでオシャレにしてきた女子には、無理なく乗り込める態勢ですね。

-レクサス RXの評価・評判 | Goo-net 口コミ情報クルマレビュー

新規搭載の2.000ccターボの低速トルクは素晴らしいようです。市街地で快適に運転できそうです。一方高速域ではV6+モーターの滑らかさ、力強さには一歩ひけをとるようです。ドライビングが好き、エンジンの荒々しさを感じたい、そんなユーザーさんにはターボ車は魅力的ですね。

意外な?人気!レクサスRX純正ホイール

235/55R20タイヤ&20×8Jセレクタブルカラートリムアルミホイール

レクサスRXで検索してみると、純正ホイールが関連ワードとして表示されます。それだけ人気が高い証拠です。またウインタースポーツを楽しまれる方には、スタッドレス用ホイールとして必要ということもありますね。
今から来シーズン用に純正ホイールを1組、ヤフオクで探しておきましょう。

-ヤフオク!は、誰でも簡単に「レクサスRX 純正ホイール」を売買できる、日本最大のネットオークションサイトです。

なお、レクサスRXの純正ホイールサイズは、

●18×8J
●20×8J

です。気にいったデザイン、乗り心地、用途に応じて買いそろえておくとよいですね。

※4代目レクサス RXに標準装備されているアルミホイールのサイズです。詳しくはお近くのレクサス店までお問い合わせください。

【まとめ】レクサスRXは万人にウケるモテクルマ!

バックシャンなリヤビュー

レクサス RXのまとめ、いかがでしたでしょうか?先鋭的なエクステリアデザインに賛否は分かれるところですが、ハイクオリティな内装、乗り心地、動力性能、乗降性の良さ、見晴らしの広さ、室内空間の広さとどれをとっても十二分な仕上がりをみせるレクサス RXです。使い勝手も良く、各ギミックも上品で静かに作動します。これなら女子はもちろんのこと、老若男女誰にでもモテることでしょう。