【車両通行止め】標識・概要&車両進入禁止との違いや意味をご紹介!

読者の皆さん! 皆さんは道路標識を守って愛車とのドライブを楽しんでいますか? 道路標識を守って運転しませんと時には警察の方々のお世話になることもあります。とは言え、道路標識の中には間違えやすい・誤解しやすい「車両通行止め」と言う標識があるのです。本日は車両通行止めにスポットを当てて解説をしていきます。

車両通行止めはどんな標識?概要も合わせて紹介!

車両通行止めの標識紹介

皆さんも写真に記載されている左上の標識を見たことがあると思います。この左上から右下に赤い線が入ったこの標識こそ「車両通行止め」の標識なのです。この標識をよく見かけるのが「工事現場」「歩行者天国」と言ったような場所で頻繁に見かけます。上記の他にも細い路地や住居が集中している場所でも見かけることがあります。続いて車両通行止めの詳しい内容について次の項目で紹介していきます。

車両通行止めはどんな意味があるの?概要を紹介します!

ここでは車両通行止めについて解説を行っていきます。車両通行止めとは、自動車・バイク・原付・軽車両の進入を禁止した標識になります。例えばですが上の写真を見てみましょう。写真では道路標識が無い路地ですが、もしここに「車両通行止め」の標識がありましたらどうなるでしょうか? この路地は一切の車両が進入できず、もしも進入しましたら違反となります。

しかしながら、車両通行止めの中にも一部例外があります。それが「補助標識」です。補助標識とは標識の下に付いているものであり、多くは「時間帯」が記されています。もし補助標識がある車両通行止めであれば「○○時~○○時まで進入できます」と書かれているため、その時間帯であれば進入可能です。しかし補助標識の時間を過ぎた時に進入、あるいはその空間にいますと違反になりますので注意しましょう。

車両通行止めは歩行者も進入できないの?

「車両通行止めの標識があるけど…歩行者もやっぱり進入してはいけないのかな?」決してそのようなことはありませんよ! 車両通行止めは「車両」つまり車・バイク・原付・軽車両に当てはまりますので、歩行者の進入を禁止していません。またバイク・原付の方もエンジンを切った状態で「手押し」で歩いていれば「歩行者」とみなされ、車両通行止めであっても進入することができます。歩行者だけでなく、バイク・原付に乗られている方はよく覚えておきましょう!

車両通行止めの標識があるところに自転車が進入しても大丈夫?

現在の自転車は日々進化しており、写真のように本格的なタイプまで出現しています。読者の皆さんも道路を愛車で走行していると、写真のロードレーサーのようなタイプを見かけたことがあると思います。ではこのような自転車の方々も、車両通行止めの標識がある場合は守らなければいけないのでしょうか? 答えは守らなければいけません! 理由として自転車も「軽車両」の中に含まれているからです。

これは「道路交通法第2条第1項第11号」により、自転車は軽車両と位置づけられているためです。ですので車両通行止めがあるにもかかわらず進入し「知らなかった…」では済まされないのです。自転車に乗られている方は十分に注意したいところです。

車両通行止めに違反した場合の罰則

車両通行止めに違反した場合、警察の方々のお世話になってしまいます。先ほどのように「標識を知らなかった…」では警察の方々も許してくれません! ではどのような罰則なのかを下記に紹介していきます。

●反則金

原付(小型特殊車両も含む):5,000円
二輪:6,000円
普通:7,000円
大型:9,000円

●違反点数

原付(小型特殊車両も含む)・二輪・普通・大型全て「2点」減点

●酒気帯び運転の場合
呼気1l中0.25mg未満の場合「14点」
呼気1l中0.25mg以上の場合「25点」

以上となります。少しの判断ミスで貴重な点数と大事なお金を消費することに繋がります。また絶対にやってはいけませんが、酒気帯び運転をされますと大量の点数を失うことになります。皆さんも車両通行止めに限らず、道路標識をしっかり確認するようにしましょう。

車両通行止めと車両進入禁止の違いは何?

読者の皆さんにとって、車両通行止めよりも写真の標識を良く見かけると思います。これは「車両進入禁止」の標識です。2つの標識、名称から見るとなんだか似ているように思えますよね? ですが内容が異なるため下記に解説していきます。

●車両進入禁止とは?

車両進入禁止は、車両が一定の方向から進入することを禁止した標識です。例えばこの標識がある方向からは車両の進入ができません。しかし反対側であれば進入することは可能です。もちろん車両通行止め同様、歩行者・エンジンを切ったバイク、原付を押して歩くのであればどちらからでも進入できます

●反則金・違反点数

反則金・違反点数は車両通行止めと同じです。

以上となります。つまり車両進入禁止の場合は標識がある方向からの進入はできませんが、標識が無い方向からであれば進入することができるのです。一方、車両通行止めですとどちらからも進入することはできません。その点を注意しましょう!

最後に紹介するのは車両通行止めの組み合わせ!

最後に紹介するのは車両通行止めの組み合わせ標識についてです。車両通行止めには冒頭で紹介した標識以外に例えば「自動車だけ」「バイクだけ」「自動車・バイクだけ」のように一部の車両だけを限定した車両通行止めがあります。もしその標識がありますと、自動車だけ限定して車両通行止めになっていればその他の「バイク」「軽車両」は通行可能になるのです。この標識は狭い路地・一部の道路で適用されているため、見逃さずに確認しましょう。

以上で車両通行止めについて解説を終了します。警察官のお世話にならないよう、しっかりと頭の中に入れておきましょう。