【マツダ フレア】圧倒的な燃費性能も実現!”クルマ”としての楽しみを持った実用的コンパクトトールワゴン!

軽自動車だからと言って侮れないマツダ フレア。エクステリア/インテリアデザインはスタイリッシュでスマート、走りは軽快でアクセルを吹かすのも楽しい。そしてカスタムパーツも豊富で自分のオリジナル仕様にも仕立て上げることのできる、魅力がたくさん詰まった軽ワゴンです。

マツダ フレアとは?

毎日を楽しくしてくれるコンパクトワゴン!

マツダ フレアは2012年より販売されている軽トールワゴンです。スタイリッシュでアイデンティティのある外観や、軽自動車にしては天井を高くしたことによって生まれたのびのびとした居住空間。そして男性ウケも狙うために、走りの楽しさや、カスタマイズの楽しさも追求した、経済的でありながらしっかり遊べるクルマにもなっています。このフレアの登場以降、マツダはフレアをベースモデルとした”フレアシリーズ”も展開。現在のフレアシリーズのラインナップはフレア、フレアワゴン、フレアクロスオーバーの全3車種となっており、フレアはまさにダイハツ軽自動車の顔として存在しています。

スズキとのOEM提携で生まれたフレア

フレアは1994年から2012年まで販売されていたAZ-ワゴンの後継車となります。と言うよりも、AZ-ワゴンという車名がフレアに変わったという言い方のほうが正しく、両車とも1つの車種として扱えるクルマです。フレア/AZ-ワゴンは共にスズキ ワゴンRからOEMの提供を受ける、いわばワゴンRの姉妹車なのです。OEM提携というのは自社で開発・販売するクルマを他社ブランドからも販売するという提携のことで、平たく言うとスズキ ワゴンRとマツダ フレア/AZ-ワゴンは販売元こそ違いますが同一車種ということになるのです。ワゴンRと言えば1993年に登場し、それまでの軽自動車とは一線を画した広い居住空間、そして走り・モディファイが楽しいクルマとして当時の自動車業界に一石を投じ、一世を風靡した軽トールワゴンです。その姉妹車としてAZ-ワゴンが登場し、こちらも好セールスを維持してきた車種だったわけですが、近年はエコカーが実用性、走行性、経済性などで大きなアドバンテージを持つようになってきたためワゴンRもその対策に追われました。そうして多くのエコカー要素が加えられて登場したのが5代目ワゴンR。マツダも5代目ワゴンRの登場から遅れること1ヵ月半、姉妹車であるAZ-ワゴンも第5世代へとフルモデルチェンジすると同時にその車名をフレアと変更。新生AZ-ワゴンとしてフレアが登場したのです。フレアとワゴンRにはグレードラインナップに違いがあり、フレアにはよりベースモデルよりもさらにスポーティさを意識したカスタマイズモデルがラインナップに並んでいます。

フレアのグレードや価格は?

「カスタムスタイル HT」

グレード・価格一覧

「XG」
概要:フレアのベーシックモデル
メーカー希望小売価格:1,155,600円~1,287,360円
駆動方式:FF、AWD
トランスミッション:5MT/CVT
主な装備:フルオートエアコン、キーレスエントリー、電動格納リモコン式カラードドアミラー、エコドライブアシスト照明(CVT搭載車のみ)など

「HS」
概要:ISG搭載で燃費性能に優れた上位グレード
メーカー希望小売価格:1,372,680円~1,493,640円
駆動方式:FF、AWD
トランスミッション:CVT
主な装備:大型メッキフロントグリル(ブルーLEDイルミネーション付)、アドバンストキーレスエントリー&キーレスプッシュボタンスタートシステム、LEDサイドターンランプ付ドアミラー、本革巻ステアリングなど

「カスタムスタイル HS」
概要:ISG搭載、よりスタイリッシュスポーツにモディファイされたグレード
メーカー希望小売価格:1,465,560円~1,586,520円
駆動方式:FF、AWD
トランスミッション:CVT
主な装備:カスタムスタイル専用シート、ブラックインテリア、本革巻ステアリング、アドバンストキーレスエントリー&キーレスプッシュボタンスタートシステム、LEDサイドターンランプ付電動格納リモコン式カラードドアミラーなど

「カスタムスタイル HT」
概要:シリーズで唯一ターボエンジン搭載のスポーツモデル
メーカー希望小売価格:1,636,200円~1,757,160円
駆動方式:FF、AWD
トランスミッション:CVT(7速マニュアルモード付き)
主な装備:カスタムスタイル専用シート、ブラックインテリア、パドルシフト、オートライト、クルーズコントロール、オート格納機能ドアミラー、フロントバンパー ホワイトLEDイルミネーションなど

フレアの中古車は?

出典:http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU4532199164/index.html?TRCD=200002

フレアの中古車は中古車市場に数多く出回っていて、価格幅は45万円~144万円で平均価格は96万円となっています。新型2016年モデルもかなり売りに出されていて走行距離も圧倒的に少ないので、少しでも安く新型フレアを手に入れたいのならば中古の2016年モデルを買うのもいいと思います。ただし値段は新車価格とほとんど変わらず、中古車といっても気持ち安い程度となっています。

エクステリアやインテリアは?

スタイリッシュで自由度の高いクールなエクステリアデザイン!

フレアの外観はコンパクトながらも凛とした際立ったフロントマスクに大きめのグリルがよくマッチするスタイリッシュなデザインをしています。トールワゴンではありますが低重心を意識した設計のため、車高も比較的に低く、しっかりと足を地に構えたようなスポーティなテイストを持つフォルムもしています。また、カスタムによりエアロパーツなどの取り付けも容易に行えるため、エクステリアパーツの設置によってデザインを自分好みにすることができます。個性的でありながらクールなビジュアルを持つフレアや気合いの入ったレーシーな仕様のフレアも見かけることもあります。スマートで自由度の高いデザインはユーザーからも高評価です。

また、エクステリアカラーにはベーシックモデル用カラーとカスタムスタイル用カラーの2タイプを用意。ベーシック用カラーにはスペリアホワイト、ブルーイッシュブラックパール3、シルキーシルバーメタリック、フィズブルーパールメタリック、アーバンブラウンパールメタリック、クリスタルホワイトパールの全6種類が用いられています。カスタムスタイル用には、スチールシルバーメタリック、フェニックスレッドパール、ブルーイッシュブラックパール3、クリスタルホワイトパールの全4色が取り扱いされています。

トールワゴンを活かした車内空間とカスタマイズで可能性が無限大に広がるインテリア

居住空間はさすがトールワゴンと感じます。軽自動車でありながらもそれを感じさせないほどスペースに余裕があります。運転席と助手席の間にはセンターコンソールはなく、シフトレバーもインパネに設置することで、2つのシートを一体化することを実現し、圧迫感が全くない広々とポジショニングできる前列シートとなっています。後部座席もフレアの特徴的な高い天井と、ほぼフラットなフロアで足もとの空間も確保。普通に乗車するには十分にくつろげるスペースがあります。もちろんリアシートには分割可倒式リアシートを採用。これによりリアシートを簡単に折り畳むことが可能となっていて、乗員人数や荷物の数や大きさなどに合わせてシートアレンジで用途に合った必要な空間を作り出すことができます。そのほかにも車内のいたるところに収納スペースやボックスも完備。ユーザーへの配慮がきちんとなされています。また、インテリアデザインもカスタマイズパーツが豊富に取り扱われています。イルミネーション系で神秘的な雰囲気のあるインテリアデザインにするもよし。木目の綺麗なウッド系を用いて高級感のある落ち着いたデザインにするもよし。その組み合わせは無限大にあり、ユーザー1人1人の要求に合わせた内装を作ることができるようになっています。

マツダ フレアのカスタムパーツがご覧いただけます。

ドライブも燃費も安全もお任せ!

走りは楽しく快適に!

フレアに搭載されているエンジンは「カスタムスタイル HT」を除き、全てのグレードで0.7L直列3気筒エンジンが採用されています。全車共通でR06A型エンジンを使用しているわけですが、グレードによってそのエンジンのチューニングも事細かに変更されています。「XG」の5MTモデルではスポーティな走りを重視したため、本来のエンジンの純粋な良さを活かした仕様にされています。その他のグレードではさらなる改良が施された結果、圧縮比アップを図るとともにEGRシステムの採用などによって熱効率を高め、燃費性能向上を重視したセッティングとなっています。最高出力は52ps。エンジンはパワー不足気味ですが、フレアの車両重量は800kgほどで超軽量なので、このエンジン性能でも普段使いに特に困る場面はありません。一方で、「カスタムスタイル HT」に搭載されているエンジンは他グレードと同型ですが、ターボチャージャー付きとなっています。もちろん、全グレードの中でもっともスポーツ仕様として特化したグレードですので走りはパワフルで豪快。最高出力も64psとなり、ほかのグレードよりも12psのパワーアップが図られています。

トップクラスの燃費性能!

フレアのCVT仕様車にはモーター機能付発電機を内蔵しており、「エネチャージ」と呼ばれるエコシステムを導入しています。このシステムにより、減速時にオルタネーターで発電した電力をアイドリングストップ車専用鉛バッテリーと高効率リチウムイオンバッテリーに一度充電。その蓄えた電力を加速時にモーターの原動力として使用しエンジンの負担を減らすほか、メーターやオーディオなどの電装品に供給することで発電のために使用するガソリンの消費量を最小限に抑えることを可能としました。また、ベーシックグレードの「XG」以外の全グレードには「S-エネチャージ」と呼ばれる「エネチャージ」をさらに効率よくしたエコシステムを導入しています。また、アイドリングストップ機能もフレアの時速が約13km/h以下になると減速中からエンジンを停止してくれます。それらのおかげでFF仕様車の「XG」、「HS」、「カスタムスタイル HS」はそれぞれ30.6km/L、33.0km/L、33.0km/Lという圧巻の燃費消費率を記録。ターボエンジン搭載の「カスタムスタイル HT」でも28.0km/Lという燃費を誇ります。

アシスト機能や安全機能も充実!

ドライバーや乗員に快適なドライブを体験してもらうためのドライバーアシストや安全機能などのシステムもバッチリです。まず、事故に直結する可能性のあるケースで役立つのが「レーダーブレーキサポート」という機能。渋滞などでの低速走行中、前方の車両をレーザーレーダーが検知し、このままの速度だと衝突の危険性が高いと判断した場合には、ドライバーの意思と関係なくブレーキを自動制御すると同時に警告音でドライバーに注意を促します。前方車両との速度差が約15km/h以下のときは衝突を回避できる場合があり、約30km/h以下のときはできるだけ速度を殺すことで衝突の被害を軽減します。この機能は「XG」CVT仕様にオプションで、その他のグレードには標準装備されています。また、「誤発進抑制機能」も採用されており、不注意でやってしまいかねないアクセルとブレーキの踏み間違いでによる衝突の危険性を減らしてくれます。システムの動作内容は、停車または約10km/h以下での徐行中にレーザーレーダーが前方の障害物を検知し、その状態からアクセルを強く踏み込むとエンジン出力を自動制御して急発進・急加速を抑制し障害物との衝突を回避しようとしてくれるのです。このシステムも「XG」CVT仕様にオプションで、その他のグレードには標準装備されています。

フレアのスペックは?

スペック詳細

寸法
全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,640mm~1,660mm
ホイールベース:2,425mm

ドライブトレイン
駆動方式:FF、AWD
エンジン:R06A型 直列3気筒エンジン、直列3気筒ターボエンジン(カスタムスタイル HT)
排気量:658cc
最高出力:52ps/6,000~6,500rpm、64ps/6,000rpm(カスタムスタイル HT)
最大トルク:63Nm/4,000rpm、95Nm/3,000rpm
モーター:WA04A型 2.2ps

まとめ

いかがでしたでしょうか?
フレアは軽自動車でありながらもトールワゴンというボディ形式を取ることで広い居住空間を実現。その実用性ももちろんのことですが、軽快で機敏な走りやカスタムしてイジる”クルマ”としての本質を持った軽自動車に仕上がっています。毎日接するのが楽しいクルマと言えるでしょう。