【トヨタ 次期パッソ】プチトヨタ☆女性にうれしいコンパクトカー。キュートでおしゃれでコスパ最高!発売日まであと少しです♪

トヨタ自動車がダイハツ工業と共同開発している1台がトヨタ パッソです。ダイハツではブーンとして販売されています。はじめて自動車を保有する女性をターゲットにしているトヨタ パッソは、女性にうれしい装備満載。燃費もよく、エコカー減税あり、購入費も安価です。そんなトヨタ パッソですが、目の前に次期型の発売が迫っています。どのクルマを購入しようか迷っているアナタ! 次期パッソはかなりおすすめですよ!

ダイハツ、トヨタ自動車の完全子会社へ。メリットは?

ダイハツはトヨタと共同で効率的に小型車開発に専念できます。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/-NcwwkhRNvU" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

トヨタとダイハツ共同記者会見

2016年1月29日に報道されたように、ダイハツ工業はトヨタ自動車の完全子会社となりました。これによりダイハツはトヨタ傘下の軽・小型自動車専業メーカーとなります。もともと両社は1967年より業務提携を行っています。1998年にはトヨタ自動車がダイハツ工業の株式の過半数を取得し、連結子会社としてトヨタグループに入りました。そしてこの度の発表で、2016年8月1日付でトヨタ自動車はダイハツ工業の発行済み株式を全て取得した上で完全子会社とし、上場を廃止する予定です。
すでに両社の間では業務上で密接な関係が築かれています。次期パッソ/ブーンもトヨタとダイハツの共同開発車です。ダイハツがトヨタの子会社になると報じられて以来、はじめて発表する自動車であるため、自動車業界、投資家、カーマニアたちから注目されている1台です。

次期パッソはどんなクルマになるの?

トヨタの女性向けエントリーカーに磨きをかけます。

現行型トヨタ パッソ 1.0+Hana“G-package”
外装色はサクラパールマイカ

次期パッソは現行型と同じく、女性向けのトヨタ車のエントリーカーとしての位置づけは変わりません。さらに高品質に、さらに安全性能と環境性能を向上させる予定です。また、ノーマルモデルのパッソに対し、上級車種としてさらにファッショナブルでキュートな楕円形ヘッドライトの「パッソモーダ」が新設定されます。

次期パッソに搭載されるエンジンは?

次期パッソは1,000ccガソリンエンジン搭載!

現行型パッソには1,300ccと1,000ccエンジンの2種類が搭載されています。次期パッソでは1,300ccエンジンは搭載されず、1,000ccの直列3気筒エンジンを搭載します。残念ながらハイブリッドではありません。この1,000ccエンジンは次期パッソに十分な発進性能を与えています。アクセルに足の重さをちょっとかけるだけで、スムーズに発進することでしょう。

次期パッソの燃費やエコカー減税は?

次期パッソに搭載される1,000ccエンジンは、ガソリンエンジンとしては国産最高クラスの燃費となる模様です。次期パッソには2WD(FF)と4WDが用意されます。燃費は2WDで28.0km/L、4WDで24.4km/Lとのことです。(ともにJC08モードによる計測値です。)100km走るのに必要なガソリンは4Lほどです。これなら週末にお友達と郊外のアウトレットまでドライブしても、ガソリン代が苦にならずお買い物が楽しめますね。

エコカー減税も対象のようで、全額免除となる模様です。さらに2017年に消費増税が予定されていますが、代わりに自動車取得税が廃止され、新たに環境性能税が導入されます。環境性能税では2020年度燃費基準を10%以上上回ると全額免除となります。次期パッソは環境性能税も全額免除となるようです。

次期パッソのボディサイズは?室内サイズは?

現行型パッソ 1.0+Hanaの室内空間。2トーンカラーのベンチシートがかわいいですね。

次期パッソのボディサイズは、現行型とほぼ同じようです。

●全長 3,650mm
●全幅 1,665mm
●全高 1,525mm
●ホイールベース 2,490mm

全長と全幅は変わらず、全高が10mm低くなります。ホイールベースが現行型より50mm長くなり、前席と後席の間のスペースが広くなります。
室内空間は全長で145mm長くなるようです。次期パッソは現行型よりも一回り広くなります。

次期パッソの安全装備は?

次期パッソにはいよいよ先進的な安全装置が装備されます。

次期パッソには、先進安全技術のスマートアシストIIが上級グレードに標準装備されます。他グレードでもオプションで搭載できます。スマートアシストIIには、衝突回避支援ブレーキ機能、車線逸脱警報機能、衝突警報機能(対歩行者)が含まれます。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/tPbmmPCzF74" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

安全装備 スマートアシストII 「その進化を体感せよ!スマートアシストII」 ダイハツ公式

次期パッソの価格は?

次期パッソの価格は現行型と変わらない?

次期パッソは女性向けエントリーカーのため、なるべく安価な価格設定を行っているようです。現行型の1,000cc車と同じ120~140万円が、最多量販グレードの価格帯になるようです。燃費が良くてガソリン代がかからず税金もほぼ免税で、その上購入価格も安価となると、オシャレやグルメ、習いごとも今まで通りに楽しめますね。

次期パッソの発売時期は?

次期パッソの発売まで、あとわずか!

経済性が高い次期パッソは、欲張りな女子にはうってつけのクルマです。ではいつ発売なのかというと、2016年4月11日発表、翌12日より販売開始のスケジュールとなっています。発表まであとわずかですね。

モデルチェンジが待てない方はこちら

新型もまちどうしいと思いますが、現行や過去モデルが好きという方も多いと思いますので是非中古車情報をチェックしてみてください。

中古車をお探しの方はこちら

【まとめ】気になったらカローラ店へ行ってみよう!

現行型パッソ 1.0+Hana リヤビュー

現在入手している次期パッソの情報をご紹介しましたが、いかがでしたか? 興味はひかれましたか? 自動車にまつわる税金が2017年に大きく変更されます。その変更をものともせず、お得に乗ることができる次期パッソは、コスパも最強レベルです。
販売店のカローラ店では2月下旬から予約を受け付けている、とのうわさです。この記事を読んで次期パッソが気になったら、今すぐカローラ店に行ってみましょう!