車やバイクのエンジンオイルの交換時期はご存知ですか?

エンジンオイル交換はカーライフやバイクライフの基本です。そこで今回は基本的なオイル交換時期についてご説明します。そのほかオマケ的な話もありますのでどうぞ最後までご一読ください。

エンジンオイル交換する意味は?

なぜエンジンオイル交換が必要か理解しておきましょう!

エンジンオイル交換の必要性:潤滑効果

エンジンオイルはヌルヌルした粘性を持たせいています。手で触るとヌルヌルやドロドロしてなんだか不快な思いをすると思います。これはエンジン内部の回転部品や可動部品が摩擦によって変形や破損しないようにオイルが動きをスムーズにしています。しかし、交換時期を過ぎたオイルはヌルヌルドロドロではなくサラサラになり、この潤滑効果が薄れています。
なぜこのようなことが起こるかと言うと、オイルの経年劣化、もしくは一度高温に達すると水のようになり粘り気がなくなります。オイルは粘り気が命です。人間で例えると、乳液を顔に塗るときと水を顔に塗るとき、どちらが滑りが良いですか? おそらく粘性のある乳液だと思います。この原理を利用してエンジン内で潤滑が行われております。

エンジンオイル交換の必要性:洗浄効果

意外と知られていないことですが、エンジン内のお掃除もエンジンオイルが担っております。エンジン内は燃焼したガソリンから出るススなどの『ゴミ』が出ます。このゴミをエンジンオイルが潤滑しながら一緒に取っています。ですのでエンジンオイルは使用すると黒く汚れております。
この汚れが溜まり過ぎるとエンジンオイルの潤滑機能の低下にも繋がります。もちろん汚れたエンジンオイルでは汚れを取り難い状態になります。例えるなら、汚い雑巾で掃除しているような状況です。これでは汚れは落ちません。ですので常に清潔な状態を保つために汚れたエンジンオイルは交換しておきたいです。

エンジンオイル交換の必要性:冷却効果

運動しているエンジンは熱も持ちます。その熱は一定以上に上がるとオーバーヒートに繋がります。これを防ぐ効果もエンジンオイルが担っております。この冷却効果もエンジンオイルが劣化すると効果が減少していきますので交換しておく必要があります。

エンジンオイル交換の必要性:振動防止効果

エンジンオイルはエンジンの振動も抑える効果があります。エンジンの振動が増す理由としては、エンジン内の可動部分がスムーズに動いていないという訳です。スムーズに動かないと可動部品の破損に繋がります。

エンジンオイル交換の必要性:エンジン音の静寂化

エンジンオイルはエンジン音の静寂化にも努めています。オイル交換をズボラにしているとエンジンの音は大きくなります。

自動車のエンジンオイルの交換時期は? 

それではエンジンオイルの交換時期について見てみましょう!

走行距離5,000kmに一度!

ここ数年の車では新車購入時に『2万キロに一度で大丈夫です』とセールスを受けると思いますが、確かにこれでも問題なく走れるのですが、明らかにエンジンの寿命が短くなります。もしそのお車を安心して5年以上お乗りになるのであればやはり5,000kmに一度のタイミングでオイルの交換を実施しましょう。
特にエンジンオイル容量が少ない日本車(2リットル~4リットル)ではエンジンオイルの劣化が早いので特に注意しておきたいです。
これとは違い一部の外国車はエンジンオイル交換時期を長く保つためにエンジンオイル容量を多くしている車両がありますが、これは例外です。

半年に一度!

走行距離が5,000kmに満たなくても、オイルの性能が下がりますので交換しておきましょう。食べ物の賞味期限のようなもので、封を開けたエンジンオイルはその瞬間から劣化の傾向にあります。しかもエンジン内で一度は熱に侵されてるのでなおさらです。走行距離の短い車両程エンジンオイル交換がおろそかになっていることが多く、エンジンを故障する事例が多いのも現実です。時期にも注意してオイル管理しましょう!

高温になったら即交換!

最近ではスポーツカーも再ブームの兆しがあり、そういった車両でサーキット走行やスポーツ走行をすると、エンジンは通常の1.5~2倍ほどの熱を持ちます。一度高温に達したエンジンオイルは潤滑が十分にできないくらいに粘度が落ち、まるで水のようです。そういった状態のままエンジンオイルを使用していればおのずとエンジンは大きなダメージを受けます。ですので高温にさらした場合はすみやかにエンジンオイル交換を実施しましょう!
そのほかラジエターの故障などでエンジンをオーバーヒートさせたり、オーバーヒートしかけた場合も同じようなエンジンオイルへの負担が考えられます。ですのでこのケースもすみやかにオイル交換を実施しましょう。

あれ? いつ交換したっけ? となれば即交換!

これも良くあるシチュエーションですが、いつ交換したかわからなければ即交換です! 前回からの距離や時期がわからないと交換基準があいまいになりやすいのでそんな時は即交換しておきましょう。本当はすでに交換時期が来ているのに交換の意識がなくなりさらに長期間交換を怠ってしまう、といったことが容易に考えられますね!交換時期や走行距離を記録しておけば次回は上手く交換できると思いますよ!

ハイブリッドカーは例外的に7,000kmで交換!

ハイブリッドカーはエンジンが走行距離のわりに稼働時間が少ないので、その分長持ちします。ですので7,000kmに一度でいいと思います。7,000km走らなかった場合は例のごとく半年に一度の交換をしましょう!

あれ? おかしいなと思ったら交換!

まだ交換時期ではないのに、エンジンの音が大きい、エンジンの振動が大きいと感じたら整備士さんに異常はないか一度見てもらい、異常がなければエンジンオイル交換を実施しましょう! おそらくご自身が気が付かないところでエンジンオイルが劣化していたのかもしれませんよ!

どこで交換するのか?

ディーラーで交換!

エンジンオイル交換ついでに無料で点検してくれるディーラーさんも最近では多くなってきました。定期的にオイル交換をすることによって車の異常もわかればいう事なしですね! オイルもメーカー指定のものからグレードを上げたりと、相談することもできるのが魅力ですね!

カー用品店で交換!

カー用品店でも交換できます! ここではメーカー指定品ももちろんのことそれ以外のさまざまなエンジンオイルが取り揃えられております。カー用品店なのでそれ以外にもたくさんの便利グッズが揃っていますのでついつい買い足してしまいそうですが...。なにも用がなくても足を運んでみては?

自分で交換!

今では便利なDIYグッズも充実し、インターネット通販サイトでもエンジンオイルは購入することができます。ネットのレビューを見ながらどれにしようか模索するのも楽しめますね! 色んなメーカーの色んなモデルを試すのも面白いかもしれません。デメリットとしては自分で交換することがメンドクサイということもありますが、作業も楽しめる方であれば良いかもしれませんね! 車の状態も把握しておくとことができます。

エンジンオイル交換時期を伸ばすことはできないのか?

エンジンオイル交換時期は伸ばすことができます! 各メーカーから販売されているエンジンオイル添加剤というエンジンオイルに混ぜて使用する便利な商品があります。これをエンジンオイル交換時に混ぜたり、使用中に混ぜたりと、色んな使用方法があります。今回は交換時期を伸ばすことができる代表的な商品をご紹介します!

KURE(呉工業)オイルシステム オイルトリートメント

KURE [ 呉工業 ] オイルシステム オイルトリートメント (300ml) [ Automotive Additives ] エンジンオイル添加剤 [ KURE ] [ 品番 ] 2078

¥543

この商品は、使用中のエンジンオイルに混ぜるだけでエンジンオイルの性能を復活させることができます。

販売サイトへ

KURE(呉工業)オイルシステム スーパーオイル補充液

KURE(呉工業) (KUREA) オイルシステム スーパーオイル補充液 (400ml)

¥680

こちらはエンジンオイルが減っている場合に使用する添加剤です。これを使用することによりオイルの減りを軽減し、オイルの寿命を延ばします。

販売サイトへ

このように添加剤という便利なものが多数販売されております。こういったものを使用することにより面倒なオイル交換作業を伸ばすことができます。

バイクのエンジンオイル交換時期は?

原付~125cc以下の場合は1,000kmに一度!

常用回転数の高い小排気量車は1,000km毎に交換しましょう。エンジンオイルの容量も1リットルにも満たない車種が多く、汚れるのも早いです。ミッション車では、エンジンはもちろんミッションオイルも兼ねているのでなおさら劣化が早いです。
頻繁にバイクを乗られる方なら1,000kmはあっという間ですが、しっかり交換しておけば寿命も長く、バイクと付き合えますよ!

125~250cc スクーター

スクーターのエンジンオイル交換サイクルはメーカーは1,000kmとしておりますが、現在ではオイルとエンジンの性能が上がったため1,500~2,000kmに一度で十分です。もちろんメーカー指定通り1,000kmで交換しても損はありません。

125~250cc ミッション車

常用回転数の高い250ccまでのミッションバイクは1,000~1,500kmで交換しましょう。ミッションバイクの場合はエンジンオイルはミッションオイルも兼ねています。そのほかエンジンオイル容量が少ないので汚れが溜まるのが早いといった理由でスクーターより交換時期は早めです。こちらもメーカー指定は1,000kmです。交換時期は早くても大丈夫です。

250~400cc スクーター

スクーターはこのクラスになってくるとエンジンオイル容量もそこそこありますのでオイル交換サイクルは2,000~3,000kmで大丈夫です。常用回転数もそこまで高くないのでこの程度まで大丈夫です。

250~400cc ミッション車

ミッション車はやはりスクーターよりもオイル交換サイクルは早くなる傾向にあります。こちらもエンジンオイルはミッションオイルの役割も兼ねているので1,500~2,500kmです。シフト操作も硬く入り辛くなった場合は即交換しましょう。エンジンオイルが劣化した証拠です。

400cc~ 低回転型エンジン車

400cc以上になるとエンジンオイル容量は十分といったことろです。ツーリングモデルやアメリカンタイプであればオイル交換も3,000~3,500kmほど持ちます。もしこの距離以前にシフトの入りが悪いときはオイル交換を実施しましょう。

400cc~ 高回転エンジン車

スポーツモデルやレーシングモデル、そのほか高回転型エンジン車は、どうしてもエンジンオイルの劣化が早めになってしまいます。この場合は2,000~3,000kmほどで交換しましょう。特にこのあたりになるとエンジンオイルのグレードもオイルの寿命に深く関わってくると思います。用途にあったエンジンオイルを選びましょう!

どこで交換するのか?

バイクディーラーで交換!

バイクディーラーでしたらその車種に合った最適なエンジンオイルをオススメしてもらえると思います。そのほか点検も同時にしてもらえるので一石二鳥ですね!

バイク用品店で交換!

バイクが好きな方でしたら何気なく立ち寄るかと思います。経済的なオイルから本格的なレーシングオイルまで多種多彩な商品選択が可能なのが魅力的です。そのほかにもたくさんのバイクグッズが取り揃えられているのでついつい衝動買いしてしまいがちですね!

自分で交換!

バイクの魅力はなんと言っても手軽に整備、改造できることです。バイクのオイル交換にはだいたいの場合が特殊な工具も必要とされず、一般的な工具だけでできてしまうので、ご自身でやってしまおうと言う方も多いのではないでしょうか? エンジオイルもインターネット通販で購入できますし、購入前にその商品のレビューも参考になります
。走り方や季節によってグレードや粘度を変えたりするのも楽しみの一つになると思いますよ! 工賃もかからないので経済的です。しかしある程度の知識がないと、点検を怠ったり、あらぬトラブルに対処できなかったりする場合がありますので、自信のない方はやはり、ディーラーや用品店に作業依頼をオススメします。

まとめ

いかがでしたか? エンジンオイル交換時期についてご理解頂けたでしょうか? これはあくまでも基本的な数値であって、交換時期前におかしいなと思ったら躊躇せずにオイルを替えてしまいましょう! なにかの原因で通常よりエンジンオイルの劣化が進むこともあります。心当たりがあればいいのですが...。
そういった場合、必ずなにか原因がありますし、いつもと違うなにかの症状もあるはずです。そういったことに気を遣いながらカーライフ、バイクライフを送りましょう! 最後までありがとうございました。