【キャデラック ATS】今年ニューモデルが登場!”美しく速い”コンパクトプレミアムカー!気になる燃費や中古車情報も!

キャデラック ATSはコンパクトサイズのセダンとして2012年に登場したクルマです。このATSはクルマの真髄を持っていると言えるほど完成されたクルマで、こだわり抜かれたスポーティな走りや装備はキャデラックならではの超上質なもの。今回はそんなATSの魅力に迫ってみました。

キャデラック ATSとは?

キャデラックが誇るコンパクトでスポーティなプレミアムセダン!

ATSはアメリカの自動車メーカー、ゼネラルモータースの高級車部門であるキャデラックから販売される高級セダンで2012年のデトロイトモーターショーにて発表されました。位置付けとしてはキャデラックのミドルサイズ高級セダン、CTSの下位車種として存在するATSですが、その機能・装備などのハイテクはスーパーセダンとも呼べるCTSと比べれば多少見劣りするものの、ATSは全体的には非常に完成度の高いクルマに仕上がっていて、特にその走行性能やスポーティな乗り味はCTSでは体感できないものがあります。それに加えて、華やかさや快適さを持つモダンプレミアムなATSに不満はまず出ないように思います。

ATSのライバル車たちと開発・製作

ATSにとっての競争相手はメルセデス・ベンツ Cクラス、BMW 3シリーズ、アウディ A4、レクサス ISなどが主となります。これらのクルマはサイズ、値段、性能、どれも非常にハイレベルで拮抗し合っています。ATSはこれらのライバル車を強く意識して作り出されたクルマで、特にBMWの3シリーズはATSを製作するにあたって参考にもされました。ゼネラルモータースがATSの開発に着手しようとしていた当初、彼らはサイズも性能も車重もBMW 5シリーズのようで、値段は3シリーズくらいに収まるクルマが絶対に需要があると考えていました。つまり、ミドルサイズ高級セダンで勝負をしようとしていたのです。これが1番始めのATSのコンセプトでした。そこで、ゼネラルモータースはリサーチにリサーチを重ね、マーケティングを徹底して行いました。その結果はゼネラルモータースの予想に反したもので、ほとんどのカスタマーはA4や3シリーズ以上の大きさのセダンは望んでいないことが明らかとなりました。この結果を受けて、ATSのコンセプトはこれらのライバルセダンよりもコンパクトにまとめた高性能高級セダンとなりました。本格的な開発が始まり、ゼネラルモータースのエンジニアたちはBMW E46 3シリーズをATS開発の参考にしました。彼らはE46を3シリーズで1番ダイナミックで走行性能に特化したモデルだと評価していたのです。そして、それを上回ることを目標として開発を進めていきました。そのためE46のベンチマークテストを行い、それと比較するという徹底ぶり。その開発途中では問題もあり、従来のゼネラルモータースが定める開発上の規則を守っていてはATSがE46の車重よりも重くなってしまうことが発覚しました。ATS開発のチーフエンジニアだったデイヴ・マッシュは、性能を追求するため自社のルールを破ることを決定し、ATSをE46よりも軽量にすることに成功しました。ここまで徹底して作り込まれたのがATSなのです。

初代ATS(2012-2015)

ついに誕生したコンパクトスポーツセダン!

こだわり抜かれた開発を経て、2012年ついにATSが発表されます。ATSは4ドアセダンと2ドアクーペの2タイプが用意されました。外観はフロントマスクにキャデラックを象徴する縦長のヘッドライトを装着し、キャデラックならではのカッコよさと威圧感を放つデザインとなっています。テールランプももちろんヘッドライトと同形となっています。プラットフォームにはATSのために新開発された「GMアルファプラットフォーム」を採用。従来の「GMシグマII」よりも軽量化が図られており、これまで実現できなかった軽い車両重量とコンパクトサイズなボディを実現することが可能となりました。エンジンは全3種をラインナップ。スタンダードの2.0L直列4気筒エンジンは202hpを発揮。2.0L直列4気筒ターボチャージドエンジンは272hpを発生。そして最上級の3.6LV型6気筒エンジンは321hpものパワーを発揮します。トランスミッションは基本全モデルに6速オートマティックを搭載。2.5Lエンジンは8速オートマティックのラインナップあり。2.0Lターボエンジンにはオプションで6速マニュアルを搭載することも可能となっています。

2015年にマイナーチェンジ

ATSは2015年にマイナーチェンジが施されました。大掛かりなものではなく、従来よりもフロントが低くなったり、エクステリアデザインの選択可能カラーが増えたり、内装装備のアップデートがあったり。また、エンジンラインナップにも少し変更が加えられ、2.0Lターボエンジンが新型となり、パワーは変わらないものの、よりトルクフルになりトランスミッションも8速オートマティックがラインナップに加わりました。

日本での中古車情報は?

出典:https://gmj-dealer.jp/cadillac/result/?ckModel129=129

ATSは日本の中古車市場でも出回っていて、コンディションが大変いい個体ばかりです。価格幅は260万円~1,100万円。市場平均価格は400万円となっています。出回っているATSはセダンタイプがほとんどで、「スタンダードモデル」、「パフォーマンスモデル」、「ラグジュアリーモデル」、「プレミアムモデル」とモデルも充実しています。

2016年、新型ATS登場!

出典:http://www.cadillacjapan.com/ats-sedan/gallery/exterior.html

さらなる進化を遂げた現行型ATS!

そして今年、ATSは新型となる第2世代に変わるという大きな節目を迎えました。2012年の発売以降、キャデラックが生み出したコンパクトスポーツプレミアムセダンとして高い人気を博したATS。その販売台数は2015年度だけで世界における販売台数が6万3000台を突破。2016年に販売される新型ATSへの期待はますます大きくなりました。そして今年、ATSシリーズとして「ATS セダン」、「ATS クーペ」、「ATS V-セダン/クーペ」が発表され、前型よりもさらなる進化を遂げたモデルとなって登場しました。

モデルと価格は?

「ATS セダン」、「ATS クーペ」には、「スタンダード」、「ラグジュアリー」、「パフォーマンス」、「プレミアム」の全4モデルが用意されています。「ATS V-セダン/クーペ」は1モデルの一択となります。また、「ATS セダン」、「ATS クーペ」には豊富なエンジンラインナップも用意。2.5Lエンジン(FR仕様のみ)、2.0Lターボエンジン(FR仕様、AWD仕様)、3.6Lエンジン(FR仕様、AWD仕様)から選択可能となっています。なお、「ATS V-クーペ」は3.6Lツインターボエンジンのみの搭載となります。

メーカー希望小売価格
「ATS セダン スタンダード」:$33,215~
「ATS セダン ラグジュアリー」:$37,340~
「ATS セダン パフォーマンス」:$45,155~
「ATS セダン プレミアム」:$48,110~

「ATS クーペ スタンダード」:$37,995~
「ATS クーペ ラグジュアリー」:$41,920~
「ATS クーペ パフォーマンス」:$45,445~
「ATS クーペ プレミアム」:$47,605~

「ATS V-セダン/クーペ」:$62,665~

日本での販売は?そして価格は?

新型ATSは日本での販売もされています。「ATS セダン」から2モデル、「ATS クーペ」から1モデル、そして「ATS V-セダン」が輸入されています。価格は以下の通りです。

「ATS セダン ラグジュアリー」:5,140,000円
「ATS セダン プレミアム」:5,700,000円
「ATS クーペ プレミアム」:5,800,000円
「ATS V-セダン」:9,900,000円~

エクステリアやインテリアは?

イカついマスクがクールなエクステリアデザイン

新型ATSの外観は、これまでのATSやキャデラック車と大きくは変わらないデザインをしています。誰の目にもキャデラックだと一発でわかる特徴的な縦に長いヘッド/テールランプや大きくて前に突き出たフロントグリル、キャデラックらしさをとことん継承しているモダンなデザインとなっています。スポーツを意識したモデルなのでボディ自体は低く構えられ、低重心なフォルムとなっています。エアロダイナミクスについてもしっかりと熟考して製作されたデザインで、車体のラインやカーブは綺麗に洗練されています。ボディカラーは6色から選ぶことができ、どれも上質でシックな色合いとなっています。

エレガンスな室内空間

出典:http://www.cadillacjapan.com/ats-sedan/gallery/interior.html

コンパクトセダンながらも室内空間はそれほど狭くなく、後部座席も普通に座って窮屈さを感じることはないでしょう。ATSの内装は厳選された上質レザーや綺麗な木目のウッドを多用して作られた非常に贅沢な仕様。デザインもモダンビューティを意識し、最新のテクノロジーを駆使した装備・機能を完備しながらも完結にまとめあげられていて非常に洗練された印象を受けます。シートは身体の体重を包み込むように受け入れてくれると同時にピタッと収まり、しっかり身体からクルマの挙動が感じ取れるようになっています。そしてスポーツ走行にはかかせないパドルシフトもしっかり装備。シフト操作を素早く行い、スポーツ性に優れます。

内装装備も高級車に相応しいハイテクな機能が揃っています。まず目玉となる機能が「OnStar」と呼ばれる機能。このシステムにより車内に4G LTEを使えるWi-Fiスポットを作ることができ、ドライブ中でもインターネットを使ったり、YouTubeなどを見ることが可能となっています。また、「キャデラック CUE」と呼ばれる車内版スマートフォンのような機能も完備。さまざまなアプリケーションやマルチインフォメーションを使用することができます。そして、スマートフォンとクルマを連動させる「Apple CarPlay」も採用。2016年前期モデルでiPhoneとの連携が可能、Androidは後期モデルで対応が可能となるようです。

新型キャデラックの各性能は?

圧倒的なパフォーマンスを発揮する高性能エンジン!

ATSに採用されているエンジンはキャデラックのエンジニアが開発に開発を重ねて製造したエンジンで、どれも高いパフォーマンスを発揮します。「ATS セダン」、「ATS クーペ」のスタンダードエンジン、2.5L直列4気筒エンジンは202hpを発揮。2.0L直列4気筒エンジンにはターボチャージャーを装着されており、272hpものパワーを引き出すことができます。そして、両モデルの最上級エンジンとなる3.6LV型6気筒エンジンは335hpという大パワーを産みだします。「ATS V-セダン/クーペ」は他の2つの上位モデルということもあり、スポーティなパフォーマンスにより磨きが掛かっており、搭載エンジンは3.6LV型6気筒ツインターボエンジン。最高出力は464hpという圧倒的な性能を誇ります。

車体に施されたハイレベルなエンジニアリング

まずリアサスペンションには独立型の5リンク式サスペンションを搭載。コントロールにもレスポンスにも優れた機構のサスペンションでハンドリングを向上させています。これにマグネティックライドコントロールと呼ばれる機構が組み合わせられ、サスペンションが路面を読み込み微妙な単位を瞬時に計算して調整します。それにより車体のスタビリティをさらに強固にしています。車体はエアロダイナミクスの効率性をよくするためドラッグを減らしてダウンフォースを高める、空力に優れたパッケージをしていて燃費性能にも大きく貢献をしています。また、トランスミッションは全モデルに8速オートマティックを標準搭載。優れた加速性能とスムーズな走りを可能にしています。

燃費性能は妥当と言うべきか

ATSの燃費性能はエンジン性能に対して特別いいというわけではありませんが、妥当と言える燃費性能だと思います。2.0Lエンジンは下道/9.35km/L、ハイウェイ/13.6km/L。2.5Lターボエンジンは下道/9.35km/L、ハイウェイ/13.18km/L。3.6Lエンジンは下道/8.5km/L、ハイウェイ/12.75km/L。3.6Lツインターボエンジンは下道/7.22km/L、ハイウェイ/9.78km/Lとなっています。

新型ATSのスペックは?

出典:http://www.cadillacjapan.com/ats-sedan/gallery/exterior.html#galleryitem02

スペック

寸法
全長:4,643mm
全幅:1,806mm
全高:1,420mm
ホイールベース:2,776mm

エンジン
2.5L LCV Ecotec I4(FRのみ)
2.0L LTG Ecotec I4ターボ(FF、AWD)
3.6L LGX V6(FF、AWD)
3.6L LF4 V6ツインターボ(FF、AWD)

まとめ

キャデラック ATSは他の高級スポーツセダンを参考にしながら、それらを凌駕すると共にカスタマーのニーズに応えることを目標とされ開発されました。その結果、コンパクトなサイズ感の車体にさまざまな最新テクノロジーを駆使した装備・機能を備え、高性能なエンジンと共に高いパフォーマンスを発揮するスポーティ溢れるクルマとなりました。そして内装も高品質で美しいデザインに機能美を兼ね備えたモダンなものとなっています。ATSは走りと装備機能を徹底して求めた何とも贅沢な1台なのです。