【トヨタ マークXジオ】マークXとは違う面で評価すべきプレミアムファミリーカー

マークXジオはマークIIブリッドというステーションワゴンの後継車種として開発されました。この車のマークXとの関係、車の性格などを見ていくと、トヨタという自動車メーカーの特徴が少し見えてくるように思えます。とはいえマークXというプレミアムセダンの名を冠したマークXジオという車がどんなものなのかを、今回は見ていきたいと思います。

マークXジオ=マークX?

マークXジオの概要

2007年にミニバンとステーションワゴンの中間を埋める埋める車として発表された車がマークXジオです。ステーションワゴンだったマークIIブリッドの後継車種という位置付けやマークXという名称からもステーションワゴンというイメージが強い車ですが、実際には3列目の設定もあるがミニバンよりはコンパクトな車として当時トヨタから新コンセプトの車として売り出されました。ミニバンとステーションワゴンの中間というコンセプトの車では当時までホンダ・オデッセイが順当な販売台数を確保していたため、そこにぶつけるためにトヨタが開発したオデッセイのライバル車というのがマークXジオの説明としては適当ではないでしょうか。エンジンは2AZ-FE型 2.4L 直4 DOHCエンジンと2GR-FE型 3.5L V6 DOHCエンジンの2種類で、このエンジンラインナップや当時のハリアーやアルファードにも搭載されているエンジンで、マークXジオは車重が先にあげた2台に比べて軽量なため2.4Lで合っても不足を感じる場面はほぼありません。
「4+Free」というコンセプトを持っているのが特徴で、前席2座と2列目の2座を固定し、3列目を倒してラゲッジとし、5ドアハッチバックのステーションワゴンとした利用から3列目を利用したミニバンとしての利用もできるというものです。2列目に3座用意しているモデルもあったため、最大7人乗りのミニバンとして利用できる車でした。
駆動方式はFFと4WDを選択できますが、3.5LのエンジンモデルではFFのみラインナップされ4WDは設定されていません。
2007年当時はマークXジオのセグメントが業界的に苦戦し、同一セグメントの代表でもあったオデッセイすら販売台数を落としていたため、マークXジオは発売当初こそ販売台数を伸ばしたものの、その後すぐに販売台数を落とし、不人気車として定着していくことになります。
2009年にはエアロパーツを一新し大きなメッキのグリルが印象的な「エアリアル」が追加され、特にフロントフェイスの印象により高級感がだされました。
その他グレードの追加や細かな改良が加えられながら販売を続け、2013年11月に販売終了となりました。

兄弟者と思われるマークXの概要

マークXはマークIIの後継モデルとして発表されたFRセダンです。マークXジオとは違い現在もフルモデルチェンジを続けながら販売されているトヨタの中型高級セダンです。マークIIが最終型では居住性を確保するため全高が高くなり過ぎていたため、マークXでは全高が低く抑えられ、引き締まったエクステリアを手に入れています。エンジンは4GR-FSE型 2.5L V6 DOHC D-4と2GR-FSE型 3.5L V6 DOHC D-4S2種類がラインナップされ、特に2.5Lモデルはトヨタと技術提携を結んでいるヤマハ発動機で製作されていることも、マークXの高級車としてのプレミアを付けるのに一役買っている。初代こそMTの設定がなくなっていたが、2代目マークXの特別仕様車「GRMN」には6速MTモデルが復活している。2代目マークXはプラットフォームが3代目レクサスGSのものと共有しており、レクサスとは一線を引いているものの、トヨタブランドでの入門的な中型高級車として今も販売されている。

名前は似てるが別人です

マークXとマークXジオの概要を読んで頂けるとわかると思うのですが、車の基本となるプラットフォームがまず違う、エンジン自体が違う、そもそも狙っている顧客層(マークXはプレミアム路線・マークXジオはセダンとミニバンのニーズいいとこどり)が異なっている、などのことから全く別の車と言えます。
そもそもトヨタはカローラルミオンのように全く別の車に名前を付け、販売台数の累計数を稼ぐという戦略を取ることがあり、このマークXジオもそうした販売台数を累計で表示する目的があったものではないかと思われます。他にも大人の事情があったものだと思われますが、マークXとは全く関係のない車に名前だけマークXと付けてしまっているがために、マークXジオがトヨタが販売面で拾えていないセグメントを手っ取り早く拾おうと企画されただけの車のように感じられてしまい、なんだか残念な気持ちになってしまいます。
ですが、実際に車のほうはどうかというと、ファミリーカーとして見ると使い勝手も良いし静かだしパワーも十分で、案外悪くない車です。エンジン自体はトヨタ製ですので吹けの良さや官能的なサウンドなどを期待するのはもっての外ですが、ファミリーカーと割り切るならそもそもレッドゾーンまで踏み込むことなどないでしょうから、特に問題ありません。3列目を収納しておけば大人4人乗っていても広大なラゲッジスペースを使用できるので、大人4人までの旅行なら全く問題ありませんし、乗り心地や粛清性も同クラスの車の中では良い方なのでこれまた悪くない。特に粛清性はライバルとなるオデッセイよりも上なので、より上質な室内空間を求めるなら、オデッセイよりマークXジオを選択するのが正解でしょう。
そもそもエンジンやプラットフォームがハリアーやアルファードと共通のものですのでマークXとは違うというだけで、基本的な部分はしっかりとした車です。

スペック

トヨタ マークXジオ(MARK_X_ZIO)350G エアロツアラーS

ボディタイプ:ミニバン・ワンボックス
ドア数:5ドア
乗員定員:6名
型式:DBA-GGA10
全長×全幅×全高:4,730×1,785×1,550mm
ホイールベース:2,780mm
トレッド前/後:1,535/1,530mm
室内長×室内幅×室内高:2,670×1,505×1,220mm
車両重量:1,675kg

燃費・性能・詳細スペック

エンジン・燃料系
エンジン型式:2GR-FE
最高出力:280ps(206kW)/6,200rpm
最大トルク:35.1kg・m(344N・m)/4,700rpm
種類:V型6気筒DOHC
総排気量:3,456cc
内径×行程:94.0mm×83.0mm
圧縮比:10.8
過給機:なし
燃料供給装置:EFI(電子制御式燃料噴射装置)
燃料タンク容量:60リットル
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン

環境仕様
JC08モード燃費:9.8km/リットル

足回り:ステアリング形式 パワーアシスト付きラック&ピニオン
サスペンション形式(前):マクファーソンストラット式コイルスプリング
サスペンション形式(後):ダブルウィッシュボーン式コイルスプリング
ブレーキ形式(前):ベンチレーテッドディスク
ブレーキ形式(後):ディスク
タイヤサイズ(前):225/45R18 91W
タイヤサイズ(後):225/45R18 91W
最小回転半径:5.7m

駆動系
駆動方式:FF
トランスミッション:6AT
変速比
第1速:3.300
第2速 :1.900
第3速:1.420
第4速:1.000
第5速:0.713
第6速:0.608
後退:4.148
最終減速比:3.685

中古車相場について

マークXジオ

さて、マークXジオを購入する場合中古となります。不人気車となれば通常非常に割安となる所ですが、このマークXジオは割安ではありますが、案外値落ちが少ないほうではないでしょうか?
走行距離5万キロ以下の無事故車という検索を行うと、2016年3月現在(以下に掲載する情報は全てこの時点での価格です)車両本体価格69.9万円、支払総額90万円という物件がでてきます。この価格以下の車もたっぷりとあり、特に10万キロ近く走行している車両もありますが、それでも支払総額45万円でしかも事故歴ありと、旨味がないように感じます。
年式の高い上級グレードの車両を見てみると、3.3万キロ走行で総額198万円という車両があります。人気色の黒ですし(エアリアル)なので外装もかっこいい。販売元もトヨタディーラーですのでアフターフォローも問題ないでしょう。私が割安と感じる中古車両が大体30万円台の車両ですが、このあたりまで値落ちする車というのは大体販売後10年近くたっている車両が多いように感じます。2007年式の車両がマークXにもありますが、それでも総額45万円となってしまうので、それならいっそのこと今挙げた年式も新しく走行距離も短い上級グレードの車に乗るのも一つかもしれません。

オデッセイ

同年式のオデッセイを念のために調べてみると、なんと5.3万キロ走行で支払総額77.1万円という車両がでてきてしまい、予想とは裏腹にオデッセイのほうが安い車両がでてきてしまいました。
2016年3月現在のGoonetではマークXジオの登録車両台数が235台に対してオデッセイの登録台数が1、185台とオデッセイのほうが販売年数が長期間であることを差し引いても、マークXジオのほうが流通台数が少ないことも関係あるのかもしれません、需給関係とか。とにかく、案外中古車市場では評価されているのかもしれません、マークXジオ。

マークX

ついでにマークXでも検索してみると、5.8万キロ走行の車両が支払総額55.6万円となんとマークXジオより遥かに安い! 
セダンはプレミアムなお金持ちの車という訳で、その分中古になると値落ちが激しくなります、この現象は特に新車価格が高く設定されがちな輸入車で特に顕著に見られる例です。反面中古車市場では日常の足として安く購入したい人が多い軽自動車やミニバンの価格が高めに維持される傾向が強いという正確があります。つまりマークXジオは使い勝手の良く質の高い使い勝手の良い車として市場で評価されているのでしょう。消費者の目も馬鹿にできません。

プレミアムで使い勝手の良いファミリーカー

トヨタ流の不人気車

マークXという名前をイメージしてこの車を見てしまうと、非常に残念な気持ちになってしまうでしょう、今までにも書いてきたように、この車はマークXとは全く性格の違う車なのです。
トヨタは時に販売戦略の都合からか、こういった車の性格と全く違う名前を車につけてしまうことをしています。会社の都合を考えれば、それは販売台数を増やすためであったり、マーケティングの結果マークXという知名度を利用しようとしたのかもしれませんが、そういった行動は知らないからこそ効果があるのです。絶対的に営業力の強いトヨタですから一度固定客がついてしまえば、長年お世話になっているトヨタの車を今度も購入使用、名前は特に気にしないという人も多いのかもしれませんが、商品としての車にトヨタの戦略がちらついてしまうと、購入をためらってしまう方もいるのではないか、少なくとも多くのラインナップを持つトヨタの車の中からマークXジオを指名する人は少なくなるように思います。
販売戦略が商品の性能とマッチしているのならともかく、マークXジオの場合は商品戦略が車の性格と関係なく行われているように感じる、つまり車という商品がないがしろにしているように感じるからこそ、車好きがトヨタを嫌う理由なのかもしれません。
トヨタ車の魅力ディーラーの質の良いサービスと、トヨタが力をちゃんと入れて作った車はそれなりに良い車であるということです。初期型ヴィッツなど一部の車両は「おいおい、トヨタ」と思ってしまうような時もありますが、仕事で乗ったカローラフィールダーなどは高速コーナーでも非常に落ち着いており、良い車という印象を持っていました。トヨタの車は決して悪いものではありません。

マークXとは違う、プレミアムファミリーカーとして素晴らしい車である

この車を見てマークXをイメージしてしまうから、微妙な評価となってしまうのです。大事なのは、マークXという大人の事情がちらつく名前のことは忘れてしまうことでしょう。
そこを忘れてしまえば、なんとも使い勝手の良いトヨタ流上級ファミリーカーという素状が見えてきます。プラットフォームやエンジンはアルファードやハリアーといったトヨタの高級車路線の車と共通ですし、4座から7座まで状況に応じて席の数を変更できるのは大変便利です。ファミリーカーなのでそこまでエンジンを回すこともないでしょうから、エンジンの不快な唸り声を聞く心配もないですし、乗り心地もスポーツ走行を想定しないなら十分快適です。粛清性はこのクラスでは最高クラスですしシートもゆったりと余裕があるので窮屈になることもありません。家族が4人以上いたり、荷物をたくさん置いておきたい方など、コンパクトカーでは少し小さいと感じている方には検討してみる価値がある車と言えるでしょう。