エンジンオイルの交換時期を考えてみよう

「次は、いつ交換したらいい?」「ウチはあまり乗らないから、交換しなくても大丈夫!」エンジンオイルで悩むのが、その交換時期ではないでしょうか。どんなインターバルで換えたらいいか、エンジンオイルの働きから考えてみるとよく分かりますよ。

エンジンオイルは、なぜ交換が必要?

まずは、エンジンオイルのはたらきをチェック

エンジンの内部は金属が激しく高速で擦れ合っているため、その摩擦を軽減する役割がオイルの役目の第一としてあります。さらに、摩擦で生じる熱を冷ましたり、金属どうしが擦れ合うことで発生する細かな金属片などを洗い流す清浄作用などもオイルの大切な役目です。このほか、燃焼室の気密性を高めて正常なパワーを発生させたり、エンジン各所の錆を防止するなど、さまざまに作用しています。
単なる“潤滑油”として働いているだけではなく、そのほかにも冷却や、エンジン内部の清浄など、さまざまな役割を果たしているのですね。

使っていると黒ずんでいく、その理由は・・・

エンジンオイルは走行するほど黒ずんできます。これは、エンジン内部の金属片などの汚れをきちんと洗い流している、つまり、エンジンオイルの役割をきちんと果たしている証拠ともいえます。
最近、燃焼室に直接ガソリンを噴射する直噴エンジンが増えていますが、車種によってはその際に煤が多く出ていることがあります。その煤の汚れをエンジンオイルが洗い流し、それによって黒ずみが増加しているといった場合もあります。
ディーゼルエンジンは仕組みとして煤が出やすいことから、交換直後でもオイルが黒ずみます。

エンジンオイルを使い続けると、どうなる?

潤滑性能や本来持っているべき粘度を維持するために、エンジンオイルはその分子を化学的に合成したりして揃えています。また清浄力を高めるために添加剤を加えたりもしています。
それら内部の分子や添加剤は、エンジンを使うことで次第に変化し、本来持っているべき潤滑性能や粘度、清浄力が保てなくなってきます。
そしてそのまま使い続けるとエンジン内部の摩擦力が増えたり、オイルの粘度が足りなくなると金属と金属がじかに接触するようになったり、冷却の効果が薄れてきてエンジン不調の原因となったりします。

そういった変化は、実際に次のような症状となってあらわれてきます。
 ・燃費が悪くなる
 ・エンジンの吹け上がりが悪くなる
 ・本来のパワーが出なくなる(さらに燃費が悪化する)
 ・不快な振動が増える
 ・音が大きくなる
 ・エンジンがエンストを起こす
 ・エンジン内部のギアなどの金属部分が擦れてキズが付く
 ・最悪、内部の金属が焼き付いたり破断し、エンジンが壊れる

エンジンオイル交換の目的とは

というわけで、エンジンが設計された本来の性能や燃費を維持するには、エンジンオイルの交換が欠かせません。
また、エンジン内部にたまった汚れがオイル交換によって一掃され、リフレッシュされます。それによって、いつまでも安定した性能を維持できるようになります。
買ったときのパワーと燃費をいつまでも長く保ち、調子よくクルマに乗りたいというのであれば、エンジンオイルを交換してあげる必要がある、というわけです。

エンジンオイル劣化の原因は?

高温に痛めつけられる

エンジンオイルがどんな理由で劣化するか知っておくと、交換時期などもつかみやすくなるのでチェックしておきましょう。

エンジンオイルが劣化する理由のいちばんは「熱」です。一般的に、エンジンの温度は燃焼室で800℃前後、その外側で150℃前後といわれています。そのエンジンの内部を潤滑・冷却する役目を負っているオイルの温度は90〜120℃が適性で、130度を超えると性能が一気に低下するといわれています。

夏の暑い盛りなどに渋滞にあうとエンジン全体に熱がこもります。そうすると、エンジンの熱をオイルがため込み、オイル自体の温度もどんどん上がり、限界温度を超える場合もあります。オイルが本来持っている潤滑や粘度、冷却などの性能が失われ、エンジンの各部分で摩擦が大きくなったり、オイルの膜が維持できなくなって金属どうしが擦れ合ったり、さらに内部の温度が上がりエンジン自体の性能が悪化してくることもあります。そうなると、エンジン自体のトラブルのリスクもでてきます。

温度が低くてもダメージが大きい

エンジンオイルには適性温度があると前の項目で説明しました。従って、その温度より下の場合、つまりオイルの温度が90℃以下といった低い場合も性能が発揮できず、劣化を促進させる原因となります。

代表的な状況が、冬など寒い時期のチョイ乗りです。急いでいるので暖機もそこそこにコンビニなどに到着しエンジンを切ってしまう。買い物を済ませすぐに帰宅、水温計が上がりきらないままエンジンOFF。こうした使い方はオイルにとって過酷な状況のため、劣化を進める要因となります。

エンジンオイルのために、はじめにエンジンをかけるとき、少し多めに暖機運転をしてあげるようにしましょう。走り出して少ししてから水温が正常値になる程度が目安です。オイルは一度温まったら、なかなか冷えないため、次からの暖機運転はそれほど必要ありません。

時間がたつと、品質が悪くなる

エンジンオイルも、野菜などと同じ“生もの”です。長くおいておくと内部の成分に変化が起きて、徐々に劣化が進んでいます。つまり、エンジンをかけずに走らなくても、エンジンオイルの性能は低下しています。「ウチはそれほど走らないから、それほど交換しなくてもいいだろう」ということにはなりません。
エンジンオイルの“賞味期限”は、長くても1年くらいといわれています。

どんな時期やインターバルで交換したらいい?

1万5千キロ、または1年ごとの交換が一般的ですが、使用状況などによって異なります

エンジンオイルの交換時期は、クルマの取扱説明書に記載されています。あるいはディーラーに問い合わせても適切な時期を教えてくれます。まず、確認してみましょう。

通常の使用で、1万5,000kmまたは1年毎が一般的にいわれています。ただし、ガソリンエンジンかディーゼルエンジンか、あるいはターボ付きかそうでないかなど、エンジンの種類によって交換時期は異なりますし、使用状況によっても変わります(下記参照)。

■エンジンの種類ごとの交換のめやす(カッコ内はシビアコンディション※)
・ガソリン車:1万5,000km、または1年(7,500km、または6ヵ月)
・軽自動車/ガソリン車:1万5,000km、または1年(7,500km、または6ヵ月)
・ガソリンターボ車:5,000km、または6ヵ月(2,500km、または3ヵ月)
・軽自動車/ターボ車:5,000km、または6ヵ月(2,500km、または3ヵ月)
・ディーゼル/ディーゼルターボ車:1万km、または1年(6,000km、または6ヵ月)

 ※シビアコンディション:悪路走行が多い、走行距離が多い、山道な上り下りの頻繁な走行など
 出典:http://www.jaf.or.jp/qa/mechanism/maintenance/08.htm

エンジンや車種などによって異なりますので、同じく取扱い説明書で確認しておきましょう。また、この距離・期間以内であっても汚れや減りが激しい場合には交換する必要がありますが、減りが極端な場合にはエンジンオイルの漏れも疑われますので、整備工場やディーラーで点検してもらう必要があります。

ヨーロッパ車では、2万キロ、3万キロという例も

どのエンジンは、何キロぐらいで、どのオイルに換えるべきか。自動車メーカーでは、自社で販売しているエンジンのタイプごとにエンジンオイル交換の内容を指定しています。メーカーごとに異なりますが、一般的には国産車の場合、通常のガソリンエンジンで10,000kmごと、ターボエンジンで5,000kmごとに、それぞれ交換が指定されることが多いようです。

また、ヨーロッパ車の場合は少し事情が異なり、2万km、3万kmの交換が指定されているメーカーや車種があります。環境に負荷を与える廃油をできるだけ抑え、資源を大切に使うというメーカーの環境・資源保護の一環として打ち出されている場合が多いようです。

こうしたロングライフを実現するために、エンジン内部の素材や組み立てが厳密に行われるほか、そうした素材やエンジンの特質に最適なオイルが調合され、メーカー純正として指定されます。こうしたオイルは、「ロングドーン対応」「ロングドレーンオイル」などと呼ばれ、ディーラーでの交換が必須となります。
また、長期間の使用により、オイルが燃焼室で燃えたりして量が次第に減るため、定期的に補充することも必要です。

交換時期を決めるヒントとアドバイス

ある程度の“自己流”でもOK

「良い(=値段の高い)エンジンオイルを買って、できるだけ長く使う(=長距離を走る)」
「そこそこの値段のオイルをこまめに変えた方が、エンジンのためには良い」
など、エンジンオイル交換にはさまざまな意見があります。
冒頭にも書いたように、エンジンオイル交換の目的は、エンジンの調子を守ることですから、上にあげた交換時期の目安の範囲内であれば、どのように交換時期を設定してもOKです。ディーラーや専門ショップなどに相談しながら、自分の乗り方に合わせた交換時期の設定を組み立ててみるのもいいでしょう。

交換時期の見きわめ方

エンジンオイルを交換すると、エンジンの調子が良くなります。回転が滑らかになり、スーッとエンジンが吹け上がるようになります。また、細かな振動がなくなったり、音も幾分おとなしくなったりします。また、燃費にも反映され、同じような使い方と走り方でも、エンジンのによっては1リッターあたり1〜2キロも向上することがあります。

また、新しいエンジンオイルは指先で擦り合わせてみると滑らかでつるつるします。
これが劣化してくると、指先の感触もざらざらと不純物が混ざっているようなタッチになります。

そういったエンジンのフィーリングや感触をよく憶えておきます。また、燃費も日頃からチェックしておくようにします。
交換当初の滑らかさを感じなくなったり、逆に交換直後になかった振動や音が出るようになったり、また燃費が悪化してきたりしたら、そろそろ交換時期かも知れません。

記念日に交換する、という方法も

交換後、どのくらい走ったか。あるいは前回いつ頃交換したか、いちいちメモを取ったり覚えておくのは面倒、という方も多いのではないでしょうか。そんな場合は、交換する日を決めてしまってもいいでしょう。
誕生日やクルマが納車された日など、覚えやすい日の前後にオイルを換えるようにします。一般的な使用状況で、月間の走行距離が1,000km程度であれば、充分なインターバルといえます。
乗っている車がターボ車だったり、走行距離が多い場合は、春と秋の年2回にするなどしてもいいでしょう。

夏が終わったら交換する

エンジンオイルの劣化が進むのは暑い夏です。高温な上に、夏の行楽で高速道路を走ったり、観光地で渋滞したり。そういう使用環境でエンジンオイルは痛めつけられます。この夏を乗り切って疲れたオイルを、9〜10月になったら交換してリフレッシュする、という方法もあります。
夏の暑さに負けずにがんばったエンジンに、ごほうびとして新しいオイルをあげる感じです。こうした気づかいが、エンジンの調子をいつまでも良く保つことにつながります。

ロングドライブの前は、できるだけ交換を

ロングバケーションでドライブに出かける。そんな際は、できればオイルを交換してから出発するといいでしょう。オイルを交換すると、前述したように燃費も向上します。ロングドライブで燃費が良くなれば、それだけおトクですし、環境や資源の保護のためにも良いといえます。
また、夏のドライブでは気温の上昇や渋滞などで、エンジンやエンジンオイルにも負担がかかります。そんなときも、新しいオイルであれば安心です。
もうすぐ交換時期なのだけど、どうしようかな、などと迷ったときは、交換してから出かけることをおすすめします。

交換のしすぎにも注意

愛車を大切にしたいと考え、3,000キロ程度の比較的短いインターバルでオイルを交換するオーナーもいます。でも、早すぎるオイル交換は廃油を増やし、ひいては環境に負荷をかけることになってしまうので注意が必要です。

廃油は必ずプロに処分を依頼する

以前は、自分でオイルを交換し、クルマから出た廃油を側溝や下水などに流したり、山林に埋めたりする人がいました。河川の汚染の原因となったり、埋められたオイルが周囲の樹木に悪影響を与えたり、地下水の水質悪化を引き起こしたり、環境破壊の大きな原因となるため、現在は廃油を捨てる行為は地方自治体の条例などで禁止されています。
自分でオイル交換して廃油が出た場合は、ガソリンスタンドやディーラーに持ち込み、処理を依頼するのがルールです。