【マツダ CX-5】走りと燃費を両立した高性能SUV

多くの車がダウンサイングの傾向にあり、ハイブリット車両が多く開発されています。その波にのるかのようにマツダもダウンサイジングターボ車両を開発し、独自の技術であるクリーンディーゼルを搭載した車両を多く発売しています。CX-5もそのなかの一車両であり、絶大な人気を得ています。

時代はエコカーに!

昔はガソリン代も高くなく、燃費って正直そこまで気にしていなかった方が多いはずです。どこのメーカーも走行性能含め、燃費に大きな差はなく、スタイルで車を選ぶことが多かったです。しかし、時代の流れで石油価格の高騰からガソリン代も非常に高くなり、消費者は燃費を重視するようになったのです。自動車メーカーはこぞってエコカーへと車のテイストを変更すると同時に、税金の増額を受けて排気量を大幅に縮小しています。今では考えられないかもしれませんが4,000cc越えのV8エンジンなんてのは大型車や高級車では当たり前だったのです。そんな大排気量車両も時代の変化とともに肩身が狭くなり、今ではラインナップから完全に姿を消しています。7,000ccや8,000ccなんて排気量が当たり前だったアメリカ車でもダウンサイジングターボエンジン化の流れは押し寄せており、キャデラックなどは2,000ccにも満たない車両を販売開始しています。このように、排気量を小さくすることで確かに維持はしやすくなりますが、車に乗るという楽しみを失ってしまうのではないのでしょうか? ダウンサイジングターボエンジン採用によって車体サイズに見合わない低排気量車種マツダのCX-5に走りの楽しさはあるのか? CX-5がどの様な車で実燃費数はどのくらいなのかを説明していきます。

よく聞くダウンサイジングターボって?

最近の自動車の主流はダウンサイジングターボエンジンなのですが、このダウンサイジングターボってなに? という方が多いと思うので簡単に説明します。ダウンサイジングはエンジンのサイズを小さくし、車重の軽量化を図ることで燃費の向上につながり、狭いエンジンルーム内でエンジン以外のスペースを確保する事ができます。エンジンが小さくなる事で、車自体のパワーロスにつながるのでは? と思う方もいると思いますが、ターボが搭載され、付随してインタークラーなどの補機が装備されるので決してパワーロスにつながる事がないのです。また、低燃費と操縦性能の向上の両立というメリットがあります。基本的に、燃焼室に燃料を直接噴射する直噴エンジンを採用しているので、この事で細かい燃焼コントロールが可能です。アクセルに対して敏感にエンジンが反応してくれるので今までのような踏み込みエンジンを回す必要が一切必要なくなります。また、タービンも小型のものを採用しているので低回転域でも不自由ないトルクを発生させる事ができます。大体のダウンサイジングターボエンジンは2,000rpmで最大トルクが発生し4,000rpmぐらいまでトルクが継続され加速を続けます。ストップ&ゴーが多い日本の道路でよく使うこの回転域で最大トルクを発生させる事ができるので、強い加速感を味わう事ができます。燃費の悪い自動車のよくある特徴としては高回転型のエンジンです。1速あたりのギア比が非常に高めで設定されているので、ブン回しエンジンと言われ、高回転域で最大トルクを発生させるような自動車は燃費が悪い傾向にあります。反面、ダウンサイジングターボエンジンはギア比が低めに設定され低い回転数で小刻みにギアチェンジするので燃費が大幅に改善されています。

マツダの歴史

マツダといえばカモメマークのエンブレムが特徴的です。マツダは日本での販売台数は他メーカーに比べて多くはないものの、技術は世界で非常に評価されています。日本ではスポーツカーブームの立役者とも呼ばれていて、世界初のロータリーエンジンを採用したコスモや代表作であるRX-7シリーズなどもマツダです。RX-7は当時、低排気量ですが驚異の速さを持つスポーツカーとして一躍マツダのブランドネームと共に有名になったものです。スポーツカー以外にこれといったヒット作は少ないのですが、ファミリーカーですら走らせたら凄い!とマツダは走りに対して諦めず、妥協を一切しないのです。マツダは意地と信念のメーカーとして有名で、そのストーリーを少しだけ説明します。

挑戦のマツダ

マツダは非常に挑戦を好み、その挑戦を勝ち戦に変えてきたメーカーです。マツダ伝統のエンジンの一つとしてロータリーエンジンがありますが、世界的にも多くのメーカーがロータリーエンジンの開発に挑戦してきましたが、長時間エンジンを作動していると波状磨耗が起きてしまい使い物にならないとドイツの有名メーカーまでもが製造を断念しました。しかし、マツダは持ち前の挑戦力と意地と信念で研究を重ね、1967年に世界初となるロータリーエンジン量産車コスモスポーツの販売を開始しています。独創的でどこかユーロを思わせるデザインと運転する楽しさを追求したハンドリングを実現しています。国内市場ですとそこまで、台数が出ていないマツダですが、実は日本以上に欧米や欧州での評価が非常に高いのです。マツダは当初から欧州のデザインを取り入れており、国内メーカーでは非常に独創的なデザインの車を提案し続けてきています。マツダを代表するコスモスポーツ、ロードスター、RX-7などは今でも多くのファンを持っています。今回発売されたCX-5もハイブリットの時代の中で、マツダ特有のクリーンディーゼル、SKY ACTIVE技術を取り入れ市場で勝負しています。

マツダCX-5とは?

ミニバンブームも終焉を迎え、SUVブームが到来し様々なメーカーから多くのSUVが発表されています。多くのメーカーがダウンサイジングターボxハイブリットで低燃費だが走りもそれなりに楽しめる仕様で発表しています。誰もがマツダもこの仕様でくると思いましたが、さすがマツダです。唯我独尊のごとく、マツダ好き、車好きを満足させる為のSUVを開発したのです。ダウンサイジングは他メーカー同様に行っておりますが、ロータリーエンジンの技術もあってからか、マツダは昔からRX-7のような小排気量の高トルク車を多く製造しています。そして、ハイブリットや電気エネルギーを採用してくるのかと思いきやスカイアクティブテクノロジーという独自の技術を採用しています。

走りのCX-5

この時期に発売された多くのSUVは確かに燃費などは満足いくものですが、正直走りが今ひとつの所があります。それもそのはずです、ダウンサイジング化によって従来でしたら2,400cc~の大きさのエンジンを積んでいたのに対してSUVに1,600ccのエンジンを積んだりしているのです。スポーツ性能溢れる走りには程遠く、ゆったりと優雅に走るテイストの車種が多いです。しかし、スポーツカーを多く生産してきた、マツダ。マツダスピリッツは失われることがなかったです。このCX-5ですが驚くほどスポーツにテイストが振られています。アクセルを踏み込めばまるでリニアカーの様にスムーズに加速し、ブレーキングもダイレクトに反応します。

ディーゼルってなに?

画像は3代目アテンザに搭載されたSKYACTIV-D-2.2-クリーンディーゼル

ディーゼルというのは軽油で走る車のことを指します。軽油で走る車といえば、トラックなどの大型作業車のイメージが強いかと思います。

ディーゼルってうるさくないの?

ディーゼルエンジンはうるさい、振動が大きい、臭いというイメージを持っている方が多く敬遠され気味です。しかし、それはもう完全に昔の話です。特に、マツダ車の場合はしっかりと改善がされています。マツダ特有のクリーンディーゼル機能が開発されイメージは払拭されています。CX-5はディーゼル車ということを忘れてしまう様な乗り心地、力強い加速をします。車内にいても、匂いや振動は勿論、うるさいとすら感じる事がないです。

SKY ACTIVEってなに?

SKY ACTIVEはマツダが持つ世界最高峰の技術です。この技術のためにマツダは車作りを一から徹底的に見直し、「走る人の歓び」を第一に考えた車作りを行ってきています。車を自由自在に、思った通りにコントロールする事ができる、まさに人馬一体の車作りが行われています。スポーツ走行もしつつ、燃費を落とす事は避けたい。車好きの方でしたら半数の人がこのように思います。マツダは車好きの夢を叶えるべく、開発を行いSKY ACTIVE技術を誕生させています。世界初となる、燃料圧縮比14.0を実現しており、14.0という数字は、理想的な燃費とトルクを実現するためには必要不可欠な技術なのです。また、トランスミッションもダイレクトフィール指向のものが採用されており、ドライバーの意のままに操れるシフトフィールを実現しています。

CX-5に乗ってみました!

筆者の親戚で実際にCX-5を購入した方がいたので、車を借りて隣県までの約150kmの道のりのロングドライブを行ってきました。CX-5に乗車してみてまず、驚いたのが内装の高級感です。妥協する事なく細部まで作り込まれており、デザイン性も非常に高いもので、欧州の雰囲気を感じる事ができるつくりです。そして、エンジンをスタートさせましたが、始動している事に気づかないぐらい音が静かです。そのまま、シフトノブをドライブギアへいれ発進させたのですが、ギアショックも変速ショックもなくスムーズな加速をしてくれます。高速での合流の際も、アクセルを思いっきり踏み込む必要はなく、少しの踏み込みで力強くしっかりと加速してくれます。正直、SUVとは思えない走行性能です。足回りも非常にマイルドに仕上がっており高速走行中のギャップも全く感じさせず、さすがマツダの車! と脱帽してしまいました。そこで、気になる燃費ですが、街乗り16km/l高速道路利用で18km/lとSUVとは思えないほどの燃費値を叩き出しています。

CX-5の中古車情報

好調マツダの高性能SUVを欲しいという方も多いので値段はまだまだ高いですが、まだ新しいので中古車は必見ですね! 購入を考えている方は中古車もチェックしてみてください。

中古車をお探しの方はこちら

まとめ

CX-5の燃費!

マツダのCX-5には様々なグレードが用意されており、ディーゼル車だけでなくガソリン車もラインナップに入っています。販売から生産台数も伸びており、燃費データも多いので実燃費の平均値を算出しています。CX-5には大きく分けて、ディーゼル仕様か、ガソリン仕様か。FFか4WDか。2,000ccか2,500ccかで別れています。文章ですとわかりにくいので下記にわかりやすくまとめておきます。

ディーゼル仕様(FF) 18.4km/リットル
ディーゼル仕様(4WD) 18.0km/リットル
2,000ccガソリン仕様(FF) 16.4km/リットル
2,000ccガソリン仕様(4WD) 14.6km/リットル
2,500ccガソリン仕様(FF) 15.2km/リットル
2,500ccガソリン仕様(4WD) 14.6km/リットル

いかがですか? こちらはカタログ燃費ではなく実燃費の平均値です。走り方によっても変化はありますがハイブリットでないのに驚異の燃費を叩き出しています。コンパクトカーの様な燃費数値が並んでいますが、CX-5という立派なSUVの燃費値です。

個性だってだせる!

CX-5は販売開始から好調子を保ち続けており、販売台数も右肩上がりになっています。街でCX-5を見かける事も多くなってきましたがしっかりと個性をだして他のCX-5と差をつける事ができます。メーカーオプションで様々なエアロや部品が発売されていますし、ケンスタイルなどといった大手のカスタムメーカーもCX-5のパーツを多く製造しています。エアロを組んだり、カラーを塗り分けたりして自分だけのCX-5を作り出し、差別化することをオススメします。

CX-5をオススメする理由!

いかがでしたでしょうか? マツダのCX-5の予想以上の燃費に驚いたかも多いのではないでしょうか? こちらのCX-5をオススメする理由としましては、同価格帯他メーカーSUVと大きく差がついている事です。燃費などは勿論大きく差がついていますが、ボディや内装デザインが本当に細部までこだわりを持ち、日本の技術をふんだんに取り入れられて作られている車両なんです。また、ただ走ればいいという考えは一切なく、SUVエコカーとは思えないステアリングフィール、リニアな加速を実現し、走る喜びを味あわせてくれる一台です。ハイブリットは採用しておらず、マツダ独自の世界初技術となるSKY ACTIVE技術が採用されていたりと物づくりへの強いこだわりを感じさせてくれます。昔、マツダは国内自動車シェア5%と非常に低い数字にとどまっていましたが、決して老若男女問わずに誰でも気軽に乗れる車作りといった事はせずに、「車好き」「マツダ好き」への車作りを続けた事で、最近になって受け入れられマツダ車を街で見かける事が非常に多くなっています。