コンパクトカーの維持費はどのくらい?具体的な金額についてまとめました!大学生など安く済ませたい方必見の情報です!

新生活を機に、車を新規に購入する、あるいは車を買い替えるという方も多いかと思います。車の買い替えの際に検討すべき事項は、やはり購入後の維持費。どのくらいのお金がかかるか想像がつかないという方のために、今回はコンパクトカーを購入したと仮定して、果たして維持費がどのくらいかかるのかということを、具体的な例を交えながら見ていきたいと思います。

コンパクトカーの維持費の種類はどんなものがある?

コンパクトカーは排気量が多めの車に比べると、ガソリン代などの維持費が少ないことで知られています。ただ、車を維持していくうえでかかるお金の種類が減るわけではありません。他の自動車同様、コンパクトカーにも様々な種類の維持費がかかることをしっかり理解しておきましょう。
維持費の大まかな種類としては、「燃油・整備代」「保険代」「車検代」「税金」の4つが挙げられます。「燃油・整備代」は、ガソリン代をはじめ、オイル交換代、タイヤ交換代なども含めて、車が実際に日々走るために必要になってくるお金全般のことを指します。
「保険代」は主に、強制加入する自賠責保険と、強制ではありませんがぜひとも入っておくべき任意保険の二つのことを指します。「車検代」は、車を安全に乗るための継続検査のことを言い、車検を行っていないと公道を走ることはできません。
「税金」は、自動車を所有するにあたってかかる自動車税の他に、2年ごとにかかる自動車重量税が挙げられます。自動車取得税などの購入時にかかる税金に関しては、厳密には「維持費」ではないので今回は除外して考えていくこととします。

実際に維持費を見積もってみよう!

では、これらの維持費の種類を頭に入れたうえで、具体的にコンパクトカーの維持費がどのくらいかかるかシミュレーションしてみましょう。
まずは「燃油・整備代」ですが、仮に燃費が15km/Lのコンパクトカーを購入して、年間走行距離が10,000km、ガソリン代が1Lあたり120円だった場合で計算すると、約80,000円の維持費が発生することになります。
次に「保険代」に関しては、自賠責保険の金額は2016年時点の金額で計算し、36ヶ月で支払った場合に、1年あたり13,040円となります。任意保険に関しては車種や年式、走行距離や保険プランなどによって変わってくるのですが、おおよその平均額として、年間約150,000円程度がかかってくると考えられます。
そして「車検代」に関してですが、こちらは2年おきの金額設定なので、1年あたりに直すと年間でおよそ50,000円程度がかかってきます。
最後に「税金」ですが、自動車税が年間およそ34,500円、自動車重量税は2年おきにかかってくるので、1年あたりに直すと年間およそ15,000円程度がかかってくることになります。
これらの金額を全て計算すると、コンパクトカーの維持費は年間で、およそ34万円から35万円程度がかかってくると考えられます。月平均およそ3万円という計算になりますね。

コンパクトカーの維持費を安くしたい! 維持費が安い車種とは?

コンパクトカーの維持費をより安く抑えたい場合、削りやすい項目は車検代、任意保険代、そしてガソリン代になります。特にガソリン代に関しては、より燃費の良い車種を選ぶことで、かなり削ることが可能になるでしょう。

では、より燃費の良いコンパクトカーの車種には、どんなものが挙げられるのでしょうか。

トヨタ アクア

燃費の良さで車を選ぶならば、やはりハイブリッド車を選択するのがセオリーになってきます。その中でも、「トヨタ アクア」は群を抜いた燃費の良さを誇っており、維持費削減にも威力を発揮する車種となっています。
リッターあたりの燃費は、なんと驚異の37.0km。実質燃費に関してもリッター22.9kmを誇っており、他のコンパクトカーを寄せ付けません。さすがは世代を超えた人気車種といったところですね。価格面等の条件さえ整えばぜひ選びたい車です。

マツダ デミオ

ハイブリッド車の燃費が良いのは当たり前の話ではありますが、「マツダ デミオ」は、ハイブリッドではなく、ディーゼルエンジンを採用することで燃費の良さを実現している車種となっています。
リッターあたりの燃費は30.0km、実質燃費もリッターあたり21.1kmと、ハイブリッド車の数値とそん色がないのが特徴です。高級感のあるフォルムが男性の人気を集めており、燃費以外の部分でも検討する価値がある車だと言えるでしょう。

トヨタ パッソ

ハイブリッド車やディーゼル車以外で燃費の良い車を選ぶならば、「トヨタ パッソ」がおすすめです。パッソは、実は非ハイブリッド車の中ではかなり燃費の良い車であり、リッターあたりの燃費は27.6km、実質燃費もリッターあたり16.5kmと、優秀な数値を残しています。
ファミリー向けの安定した性能、デザインも人気であり、価格面、維持費の面で考えると、パッソがファーストチョイスになってくる方も多いのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか。車を購入する際には、まず維持費の種類に関してしっかりと頭に入れておき、その中で安くできる項目を検討することが維持費削減の第一歩だと言えます。特に燃費の良い車を選ぶことは、非常に簡単に行える維持費削減策のひとつですから、車選びの際にはぜひとも燃費が少しでも良い車を選んで、家計の負担を減らしていきたいところですね。