【日産 バイオレット】人知れずモータースポーツで偉業を成し遂げていたモデル

ブルーバードの弟分でありながら、その存在はマイナーなモデルでした。しかしモータースポーツでは、ひそかに偉業を成し遂げていたモデルなのです。その実態に迫ってみたいと思います。

「日産・バイオレット(Violet)」とは

「日産・バイオレット」は、1973年の1月にデビューしました。新規車種として開発が進められ、上級モデルの610型「ブルーバード」シリーズと下級車種の「サニー」シリーズの間を埋めるミドルクラスのモデルでした。

型式が「710型」なのは?

新規車種でありながら、1thモデルの「バイオレット」の型式が「710型」となっているのには、実質的には「ブルバード」の後継車種にあたるからです。販売が国内外で好調でヒット作となった「510型・ブルーバード」は、後継車種の「610型・ブルーバード」がデビューしたのちにも併売されていました。しかも、610型は、「U」というサブネームが付けられて「ブルーバードU」として、510型よりもクラス、価格、ボディサイズなど大きくなっていました。これは、ライバルのトヨタ社の「コロナマークII」や「カリーナ」などに対抗するためでした。しかし、併売していた510型は、1,400ccと1,600ccの4ドアセダン、2ドアセダンが残っていました。510型は、ヒット作とはいえ旧型のデザインを払しょくできない状態にあり販売が伸びることも期待できない状況でした。そのために「バイオレット」は、新規車種として開発されながらもミドルクラスとして入り込む枠がない状態でしたので、510型ブルーバードの後継車種としてデビューさせ510型を廃止することによって、すでにニューモデルとしてデビューしていた610型に続く連番が与えられバイオレットは、710型の型式名称となっていたのでした。

「バイオレット」の存在ゆえに「ブルーバード」は型式を継承していない?

「ブルーバード」は、型式が「310型」から続く「410型」、「510型」となっていましたが、「バイオレット」が、「510型・ブルバード」の後継車種として「710型」を名乗ってデビューしたこともあり、「ブルーバード」は、シリーズとして唯一「710型」を欠き、「610型」の次は「810型」、「910型」と型式番号を継承していくことになっています。

710型のエクステリアデザイン

1973年1月にデビューした「バイオレット」は、510型「ブルーバード」の後継とは思えないほど、エクステリアデザインは一新されたデザインが与えられていました。510型「ブルーバード」は、「スーパーソニックライン」と呼ばれるスクエアでクリーンなエクステリアデザインが特徴でしたが、610型「ブルーバードU」の弟分としての意識を強調したものとなっていました。当時のアメリカのカーデザインを取り入れた「3次曲面」と呼ばれる複雑な曲面で構成し、ファストバックスタイルのデザインとなっていました。フロントマスクのデザインは、丸目4等式のヘッドライトにフロントバンパーは、ボディと一体化しているように見えるようにデザインされており、フロントは「逆スラントノーズ」となっています。そして、リアにかけて曲面が重なるように流れ、丸みを帯びた形でリアエンドとなり「ロングノーズ・ショートデッキ」となっています。リアのテールデザインは、「L字型コンビネーションライト」となっています。これは、国外では好評のデザインでした。このように1thモデルの「710型・バイオレット」は、ボディパネルからパーツに至るまで丸みと曲面が活かされたデザインが特徴です。

3つのボディタイプ

「バイオレット」に設定されていたボディタイプは、4ドアセダン、2ドアセダン、ハードトップの3タイプで全長は4,120mm、全幅1,580mm、全高1,375mm、ホイールベースが2,450mm、トレッドがフロント1,310mm、リア1,320mmとなっています。

インテリアデザインも曲面を多用した

「710型・バイオレット」は、「3次曲面」というものに拘って開発されていたために、エクステリアデザインと同様に、インテリアも曲面が多用されたデザインとなっていました。インパネは、楕円形のダッシュボードのステアリングホイール正面に大径のスピードメーター、タコメーターが並び、その右に小径の丸形メーターとして水温、油圧、燃料計などの追加メーターが装備されています。カラーは、ブラックを基調として木目がアクセントとして使用されておりシックな雰囲気となっています。

パワートレインは、510型を継承

新規車種として開発が進められた初代「バイオレット」ではあったものの「510型・ブルーバード」の後継にあたることもあり、パワートレインは先代モデルを継承した形となりました。

搭載されたエンジン

ミドルクラスとして設定されていた「バイオレット」のボンネットに収められたパワーユニットは、1,400ccと1,600ccの2タイプが設定されていました。1,400ccは、直列4気筒 OHC シングルキャブレター仕様のL型エンジンで、最大出力85PS/6,000rpm、最大トルク11.8kgm/3,600rpmとなっています。1,600ccのL型エンジンシリーズが直列4気筒 OHC シングルキャブレター仕様で最大出力100PS/6,000rpm、最大トルク13.5kgm/4,000rpmを発揮しています。
ツインキャブレター仕様になると最大出力105PS/6,200rpm、最大トルク13.8kgm/4,200rpmです。
また電子制御の燃料噴射装置のEGI装備モデルになると最大出力110PS/6,200rpm、最大トルク13.8kgm/4,000rpmを発生していました。

ポテンシャルの高い足回り

組み合わされたトランスミッションは、4MT、5MT、ATです。そしてサスペンションシステムにフロントがマクファーソンストラット式の独立懸架システム、リアには、スポーツグレードの「SSS」には、セミトレーリングアーム式の独立懸架システムが採用されていました。「SSS」以外のグレードは、リアのサスペンションシステムは、リーフリジットが採用されていました。「SSS」は、ラリーで活躍した「510型・ブルーバード」同様の強化サスペンションシステムが与えられていたために、非常に良いスポーツ走行を可能としていました。ブレーキシステムは、フロントにマスターバック付きのディスクブレーキ、リアには急ブレーキ時の早期ブレーキロックを防ぐ「N.Pバルブ」が搭載したリーディングトレーディング式ブレーキが搭載されていました。

2thモデル「A10型」

2thモデルの「バイオレット」は、「ブルバード」の型式を継承していた1thモデルとは異なり独立した型式名が与えられ「A10型」となりました。デビューは、1977年の5月です。

「A10型」のエクステリアデザイン

2thモデルのエクステリアデザインは、1thモデルを全く継承せず一新されたものとなっていました。1thモデルが「3次曲面」という複雑な曲面を多用したのに対し、2thモデルでは、「510型・ブルーバード」を意識した直線基調のボクシーなボディラインを描いています。丸目4灯式のヘッドライト以外は、フロントグリル、フロントバンパー、リアテールやリアバンパーも角ばったデザインでクリーンなイメージとなっています。

新たに加わったボディタイプ

「A10型」のバイオレットには、ボディタイプとして4ドアセダン、ライトバン(輸出仕様ではステーションワゴン)に加えて、新たに3ドアハッチバッククーペの「オープンバック」が設定されていました。のちに5ドアのステーションワゴンにサンルーフ付などのモデルも追加されています。

派生モデル

「A10型」は、スタンダードモデルが「バイオレット」、そして派生モデルとしてスポーティ志向モデルが「バイオレット・オースター」、高級志向モデルの「バイオレット・スタンザ」が誕生し3兄弟のモデルとなっています。

「A10型」に搭載されたエンジン

搭載されているエンジンは、直列4気筒 OHV A型エンジンで1,400ccがキャブレター仕様で80PS/11.5kgm、1,600cc搭載モデルには、直列4気筒 OHC L型エンジンが搭載され、キャブレター仕様で100PS/13.5kgm、EGIの電子制御搭載モデルは、110PS/13.8kgmを発生させています。後期モデルになると、1,400ccモデルのA型エンジン以外は、搭載エンジンが変更されZ型エンジンが搭載されています。Z型エンジンは、燃焼効率を高めるためにツインプラグ(1気筒当たり2本のプラグ装着)のエンジンでL型エンジンに比べ低速域でのトルクが増大しています。そして、1,600ccモデル、1,800ccモデルが追加されていました。Z16E型のEGI仕様で105PS/6,000rpm、最大トルク13.8kgm/4,000rpm、Z18E型エンジンのEGI仕様で、最大出力115PS/6,000rpm、最大トルクは、15.5kgm/3,600rpmを発生していました。

レーシングパターンのパワートレイン

「A10型」に搭載されたトランスミッションは、4MT、5MT、ATですが、5MTは、左上にRギヤ、左下に1速、真ん中上に2速、下に3速、そして右の上下に4速、5速となっているレーシングパターンのシフトゲージとなっていました。サスペンションシステムは、フロントは「710型・バイオレット」を継承したマクファーソンストラット/コイルを採用した独立懸架システムでしたが、リアは4リンクリジット/コイルを採用していました。ブレーキシステムは、先代モデル同様のフロントディスク、リアにリーディングトレーディングのドラムブレーキを採用していました。

「T11型」前輪駆動のFFモデルとなる

3thモデルの「バイオレット」は、1981年6月に登場します。駆動方式が前輪駆動のFFとなり、モデル名も「バイオレット・リベルタ」となりました。このモデルは、日産の世界戦略のモデルとしてポジションを担っていました。

エアロダイナミクスが図られたエクステリアデザイン

エアロダイナミクスが図られたボディは、フロント、リアともにバンパーはウレタン製のものが採用されボディと一体化されたデザインとなっています。そして、カラードバンパーでありサイドプロテクターが装備され、cd値0.38(セダン)という数値を誇っています。ボディタイプは、4ドアセダンと5ドアハッチバックの2タイプが用意されていました。

新開発のパワートレイン

パワートレインには、世界戦略モデルにふさわしいものをということで新開発の「CA型」エンジンが搭載されました。排気量は1,600cc、1,800ccのモデルで「CA16型」は、最大出力90PS/5,600rpm、最大トルク13.6kgm/2,800rpm、「CA18型」は、最大出力110PS/5,400rpm、最大トルク16,5kgm/3,600rpmを発生しています。

FF化された足回り

「T11型・バイオレット・リベルタ」は、世界戦略を名乗っていたために、これからの主流になる前輪駆動方式を採用しています。これによって走行安定性を向上させる狙いと、インテリアの居住スペースを広くするというものがありました。実際にインテリアは視界もよく広々とした快適な空間が確保されています。

1年ほどで生産終了となる

世界戦略モデルとしてデビューしたものの、販売が好調だった「910型・ブルーバード」、そして次期ブルーバードを前輪駆動へと変更することから、「T11型・バイオレット・リベルタ」は1年という短いモデル名で幕を閉じることになりました。これによって「バイオレット」という名称も消滅することになりました。

モータースポーツでの功績

「バイオレット」はデザイン的には国内市場では、あまりヒットしませんでしたが、モータースポーツでは活躍し、世界に名を残すモデルとなっていました。現在レーシングマシンは、日産の座間事業所内の座間記念車庫に保管されています。

「710型・バイオレット」

1thモデルの「710型・バイオレット」は、1974年に「バイオレット・ターボ」としてマレーシアの「スランゴール・グランプリ」に参戦し、見事に総合優勝を飾っています。また1977年には、ラリーに参戦していますが、第12回サザンクロスラリーで総合優勝しています。この時の2ドアハードトップの「バイオレット」は、搭載エンジンが競技用の「LZ18型」と呼ばれる直列4気筒 OHCの「L型」エンジンをDOHC化し16バルブにチューニングしたエンジンを搭載していました。

「A10型・バイオレット」

「A10型・バイオレット」は、ラリーでの活躍が目立っています。1979年と1982年には、「サファリラリー」で4大会連続総合優勝を達成し、1981年、1982年の「サファリラリー」で、それぞれ優勝し4連覇を成し遂げています。国内においてはスーパーシルエットレースに1979年から競技用の「LZ20B型」エンジンにターボチャージャーを搭載した「バイオレット・ターボ」が登場し、GT-IIクラスでは常勝マシンとして何度も優勝を飾っています。

中古車相場は?

どのモデルも超レアモデルで、70万円以上からが相場となっています。中古市場に出回ることは、ほぼ皆無というのが現状です。

まとめ

初代は「ブルーバード」の弟分としてデビューし、のちは世界戦略モデルとなった「バイオレット」でしたが、市場の期待に応えることはできませんでしたが、モータースポーツでは華々しい功績を残した日産の名車です。