高速道路の最高速度制限を120キロに引き上げ検討、新東名と東北道の一部区間で試行

警視庁は高速道路の速度制限引き上げを2017年から一部区間(新東名、東北道)で最高速度100キロから120キロに速度制限を引き上げる方針を決めた。

2017年、静岡県と岩手県で最高速度を120キロ引き上げへ

写真はイメージです

警察庁は3月24日、現行で時速100キロとしている高速道路の最高速度について、安全性の条件を満たす一部区間に限り、120キロへ段階的に引き上げを認める方針を決めました。以下のすべての条件を満たす区間であることが必要です。

1・見通しが良く、設計上の想定速度が120キロである
2・交通事故の発生が少ない
3・実勢速度が100キロ以上
4・渋滞の発生が少ない

新東名、東北自動車道など一部区間で試行予定

写真はイメージです

安全性の条件に満たす区間として、静岡県と岩手県にある新東名、東北道が候補となり、2017年にも静岡県と岩手県で引き上げの試行を開始します。

・新東名高速道路(御殿場〜浜松いなさジャンクション間、144.6km)
・東北自動車道(花巻南〜盛岡南インターチェンジ間、30.6km)

まずは、2つの一部区間において最高速度110キロに引き上げる予定です。具体的には、静岡県と岩手県の公安委員会が具体的な区間や時期を決めて正式に発表となります。

新東名高速道路

東名高速道路と並行する高速道路で、東京から名古屋、大阪を結ぶ新しい大動脈。神奈川県海老名市から静岡県を経由し愛知県豊田市まで開通しています。全線開通は2020年予定。

東北自動車道

東北自動車道は、埼玉県川口市の川口ジャンクションから青森県青森市の青森ICまでを結ぶ高速道路です。

ほかの区間の最高速度制限はどうなる?

新東名高速道路、東北自動車道以外の区間においては、試行区間での検証結果を踏まえた上で、東名、常磐自動車道、関越自動車道、九州自動車道などほかの高速道路の一部区間でも引き上げを検討する予定で、すべての区間で制限速度の引き上げにはならない見込みです。

トラックの最高速度80キロはどうなる?

大型トラックはこれまで通り、80キロ制限のままで、今回の新東名、東北道の速度制限引き上げの対象にはなっていません。高速道路の制限速度の引き上げは、1963年に国内で初めて高速道路(名神高速道路)が開通して以降、初めての引き上げとなります。

まとめ

見通しが良く交通事故や渋滞の発生が少ない区間での、制限速度引き上げ検討ですが、どの高速道路においても法定速度を守り、安全運転に心がけましょう。また、速度制限引き上げは、新東名、東北道の一部区間によって最高速度120キロとなるため、走行する区間の法定速度をしっかり確認した上で、安全運転をしましょう。