オイルとオイルエレメントの交換時期は?今さら聞けないオイル&エレメントの交換時期について徹底解説!

エンジンオイルとオイルエレメント、交換が必要なことは分かってるけど、そもそもいつ替えたら良いのでしょう? ディーラーやスタンド、カー用品店の言われるままに交換するのか、取扱説明書の交換時期に従うのか、お金もかかることなので、できれば正しい交換時期にオイル&エレメントを交換したいと思うのは筆者だけではないはず。そこで最新の情報を元に、オイルとオイルエレメントの交換時期についてまとめてみました!

エンジンオイルとオイルエレメントについておさらい

まずはじめに、エンジンオイルとエレメントについて軽くおさらいしてみましょう。「そんなこと知ってるよ!」という方は読み飛ばしてくださいね!

エンジンオイルの役割

CASTROL(カストロール) エンジンオイル EDGE 5W-40 SN 全合成油 4輪ガソリン/ディーゼル車両用 4L [HTRC3]

¥3,350

販売サイトへ

エンジンオイルには「潤滑」「冷却」「防錆」「気密保持」「清浄分散」の5つの重要な役割があります。
「潤滑」…金属のシリンダー内を同じく金属のピストンが毎分数千回も上下するなど、エンジンはとにかく金属同士の摩擦が激しい場所です。簡単に言うと、滑りを良くして摩擦を軽減する「潤滑」の役目をオイルが担っています。
「冷却」…金属同士が激しく摩擦を繰り返すことで高熱が発生します。その熱を奪って冷やすのもエンジンオイルの役目です。
「防錆」…燃焼や温度差の結露によりエンジン内部に水分が生じることがあり、放置すると錆が発生しやすくなります。エンジンオイルがそれを防ぎます。
「気密保持」…シリンダーとピストンの間にエンジンオイルの油膜が生じることで、適度な気密性を保ちます。
「清浄分散」…燃焼に伴って生じるカーボンやスラッジ、エアフィルターを通り抜けた粉塵などを油の中に分散することでエンジン内をきれいに保ちます。

オイルエレメントの役割

【2個セット】オイルフィルターエレメント【スズキ/ダイハツ/トヨタ/日産/マツダ適合】DSO-1【適合車種最多/国際品質管理規格取得認定品】オイル交換

¥1,240

販売サイトへ

オイルフィルター、または単に「エレメント」と呼ぶこともあるオイルエレメントの役割は、エンジンオイルの役割のひとつ「清浄分散」と密接に関係します。上記で説明したように、エンジンオイルはシリンダー内のカーボンやスラッジ(埃や堆積物)を取り込んで分散し、シリンダー内を常にきれいに保っていますが、取り込んだカーボンやスラッジをろ過するのがオイルエレメントの役割になります。もしオイルエレメントをずっと交換しなかったら、十分にろ過されず不純物を含んだエンジンオイルは、5つの重要な役割をきちんと果たせなくなってしまいますね!

車にエンジンは付き物ですね! そこで今回はエンジンについて少しでも知識をつけておきませんか? エンジンの原理がわかっていればなにかいいことがあるかも!?

オイルとオイルエレメント 交換時期の目安

エンジンオイルとオイルエレメントは、車にとって非常に重要な役割を果たしている消耗品ですので定期的な交換が必要です。しかし、そうなってくると当然「費用」がかかってしまいます。ガソリンスタンドなどでは「5,000km」や「3,000km」ごとのオイル交換を勧められますが、実際のところ何km(何ヵ月)で交換すればよいのでしょう…
ガソリン代や駐車場代、保険料、自動車税や車検代など、車の維持には何かとお金がかかりますよね!?自分の車と使用条件に合わせた交換時期をしっかり把握しておけば、無駄な出費や思わぬエンジン・トラブルを未然に防ぐことにつながり、結果的にお財布に優しくなるんです。ということで、2016年最新版の「オイルとオイルエレメント 交換時期の目安」調査結果をご覧ください!

オイルエレメントとは、エンジンを循環するオイルを常に綺麗に保つ役割を果たすフィルターの事を指します。オイル交換の際にエレメントの同時交換を勧められる事があると思いますが、実はオイルもエレメントも簡単にDIY作業が行えます。交換サイクルや手順を簡単に説明します。

オイル交換の悩みって色々ありますよね。交換する時期や誰に頼むか、種類もたくさんあるみたいだしお財布の事情もあるし...そもそもオイルってどうして交換するのでしょう。オイルの働きと交換しなければいけない理由がわかれば、いろいろなことが見えてくるかもしれませんね。というわけで、オイルの働きと劣化のシステム、交換の目安からブランド選びとお財布に優しいオイル交換方法まで、一挙にご紹介します。

トヨタが公式HPで推奨する交換時期

【エンジンオイル】
ガソリン車(ターボ車除く)…15,000km または 1年(7,500km または 6ヵ月)
ガソリンターボ車…5,000km または 6ヵ月(2,500km または 3ヵ月)
ディーゼル車…5,000km~20,000km または 半年~1年ごと(2,500km~10,000km または 3ヵ月~1年ごと)

【オイルエレメント】
ガソリン車(ターボ車除く)…15,000km(7,500km)
ガソリンターボ車…10,000km(5,000km)
ディーゼル車…10,000km~20,000km(5,000km~10,000km)

※( )内はシビアコンディション(悪路走行が多い、走行距離が多い、山道など上り下りの頻繁な走行等)の場合。

普通自動車の場合:20,000kmごとでOK!

トヨタが公式ホームページ上で推奨している交換時期は上記のとおりです。国産車の多くは、車の取扱説明書にトヨタとほぼ同じ内容で交換時期について触れられています。
先に結論から言いましょう! 普通自動車の場合、ずばり「20,000km」です!オイル、オイルエレメントも20,000kmごとの交換で大丈夫です。(ただし下記「交換時期を早めた方が良い場合」に該当する場合は除きます。)この理由について、ある専門家は以下のように述べています。

「5,000kmごとのオイル交換」は商業的な理由!?

ガソリンスタンドやカー用品店などでは「5,000km」ごとのオイル交換を勧めていますが、これはいわゆる商業的な理由、つまりメーカーやオイル交換するお店が「儲けるため」という意味合いが強いようです。車の取扱説明書に書かれている「15,000km」でまったく問題ないうえに、欧州の自動車メーカーが推奨する交換時期はほとんどが「20,000km」なのです。国産メーカーが推奨する交換時期の目安は、以前はもっと短かったのですが、欧米メーカーからの要請で延ばされたという背景があるようです。

オイル交換は1年ごとでなくてもよい

エンジンオイル自身によってエンジンの気密性が高められるために、密閉された中での経年劣化は考えにくいため、1年ごとに交換する必然性もないそうです。ちなみに、オイルレベルゲージを抜き取って拭いた際のオイルの色で汚れの判断ができると一般的に考えられていますが、色はオイルの劣化とは関係なく、燃焼で発生したカーボンやスラッジ、オイル自体に含まれる添加剤などによるものなので目視では劣化は判断できないそうです。
筆者も過去に、オイル交換して数日後に入ったガソリンスタンドで、オイルレベルゲージを抜き取った店員さんから、「オイル汚れてますから交換した方が良いですよ!」とアドバイスされたことがあって驚いた経験があります。オイルレベルゲージはオイルの量を測るものであり、色で劣化の判断はできないということは覚えておいて損はありませんよ!

オイルエレメントも20,000kmごとの交換でOK

オイルエレメントについても商業的な理由からオイル交換2回に1回の交換を勧められますが、こちらも20,000kmごとの交換で良いそうです。その理由ですが、エレメント内部にはフィルターがあり、新品時はフィルターの目が粗い状態で、カーボンやスラッジ、鉄粉などが付着して適度な良いろ過ができる目の細かさになるそうです。エレメントの交換から10,000kmくらいでフィルターとしての機能が丁度良くなるそうで、それくらいで交換するのはもったいないとのこと。オイルを交換するのと同時に20,000kmでエレメントも交換すれば十分らしいです。

交換時期を早めた方が良い場合

「20,000kmでOK!」と宣言した直後ではありますが、どんな場合でも大丈夫というわけではありません。
車種、エンジンの種類、使用条件などでは当然早めの交換がおすすめの場合もあります。どんな場合に交換を早めた方が良いのかまとめてみましたので、ご自分の車や使用条件が当てはまるかどうか、チェックしてみてください!

シビアコンディションの場合:5,000km~10,000km

「商業車として酷使されている」「ストップ&ゴー(停車・発車)の頻度が高い」「アイドリングの時間が長い」「空気の汚れた場所・未舗装路での使用が多い」「悪路走行が多い」「山道など上り下りの頻繁な走行」といった使用条件の場合、オイルとオイルエレメントの交換時期を早める必要があります。大都市圏で日常的に渋滞に巻き込まれる場合もこれに該当します。条件が悪ければ悪いほど早めに交換する必要がありますので、ご自分の使用条件に合わせて交換時期を設定してください。

軽自動車の場合:10,000km~15,000km

エンジンにかかる負荷が普通自動車より大きいため、早めの交換が必要になります。軽自動車は車重の割に排気量が小さいので、同じ速度でも普通自動車よりエンジンの回転数が高くなります。その分、エンジン内の摩擦、発熱、それに伴うカーボンやスラッジの発生が多くなりますので、オイルの劣化が早まります。
またオイルエレメントも普通自動車より小さいので、それだけフィルターとしての機能が劣化しやすくなる傾向があります。オイルとエレメントを同時に交換するのがお勧めです。軽自動車のオイル&エレメント交換が普通自動車と比べて費用が安くなりますので、交換時期が早まってもそれほど負担は増えないと思います。

ガソリンターボ車等の場合:5,000km~15,000km

ターボやスーパーチャージャーは、それらがないエンジンに比べると高負荷になりることは事実ですが、例えばターボ・パワーを活かしてスポーツ走行する方と、普段乗っている軽自動車にターボがついている方ではオイルの仕事量が全く異なります。スポーツ走行をする場合は「シビアコンディション」と同じかそれ以上にオイル管理に気を配った方が良いでしょう。ターボ車だからと言ってあまり飛ばさない場合は、普通自動車より気持ち早めに交換、という程度で良さそうです。

ダウンサイジング・ターボ車の場合

排気量を小さくした分、ターボなどで過給して大きな排気量と同等のパワーを発揮しつつ、排気ガスをよりクリーンに、さらに燃費を良くしようというのが最近スタンダード化しつつある「ダウンサイジング・ターボ(以下「DST」」です。DSTを率先して取り入れたのはヨーロッパ、特にドイツの自動車メーカーでした。日本のメーカーは、DSTよりハイブリッドや電気自動車の開発に勤しみ、この分野では若干出遅れた感があります。一方で欧州車のDSTの場合、25,000km~30,000kmのオイル&エレメント交換で良いとされるメーカーや車種もあります。
そもそも普通のターボ車で早めにオイル&エレメントを交換しなければならない理由は、ターボ・チャージャーのベアリング部の冷却不足によるオイルの変性が主な原因と言われています。エンジンが動いている間、ターボ・チャージャーの冷却もエンジンオイルが担っています。ところがエンジンを停止するとオイルの循環が止まり、ターボ・チャージャーが持つ熱量によってベアリング部のオイル粘度が低下して変性してしまうのです。そのために、シビアな運転のあとエンジンを停止する前に1~2分間のアイドリング運転が推奨されています。
一方、欧州のDST車は、ターボ・チャージャーの冷却にオイルのほか別系統の冷却システムを備えている車種がほとんどです。エンジン停止後もこの冷却系が作動することでターボ・チャージャーを十分冷やすので、オイルの変性が少なくなります。ですから、欧州車のDST車なら、ターボがついていない車と同様、20,000km程度(取り扱い説明書に30,000kmとあればその距離)でのオイル&エレメント交換でOKなのです。
ただ注意したいのは、国産のDSTです。欧州車のような冷却システムを備えていない車種も多いので、ディーラーの営業マンやメーカーにきちんと確認した上で交換時期の目安を設定してください。

ディーゼル車の場合

ディーゼルエンジンは通常のガソリンエンジンより内部の環境がシビアです。軽油の、高温で着火しやすい特性を活かしたディーゼルエンジンは圧縮比がガソリンエンジンの2倍近くあります。エンジン内部の圧力が非常に高いので、オイルにかかる負担も増えます。ディーゼルやディーゼルターボエンジンの場合は、10,000kmがオイル交換時期の目安です。カーボンやスラッジも多いので、オイルエレメントも同時に交換するのが理想です。

トラックの場合

トラックはほぼすべてがディーゼルエンジン車です。また、シビアコンディションで使用される車が大多数を占めるでしょう。通常のガソリンエンジンに比べて数倍から数十倍、オイルは酷使されていると考えるべきです。
ディーゼルエンジンのオイル&エレメント交換の時期は「10,000km」が目安と申し上げましたが、商用トラックの場合は「6,000km」を目安に交換してください。数十万キロ走っているトラックはザラにあり、数百万キロという途方もない走行距離のトラックもあります。エンジンを良い状態で長持ちさせるためにも、オイル&エレメント交換はなるべく早めに行っていただきたいと思います。

プリウスに代表されるハイブリッド車の場合

ハイブリッドカーは、駆動にエンジンとバッテリーを併用するため、エンジンの負担が減ります。そのため、エンジンオイルやオイルエレメントの交換時期は「25,000km~30,000km」を目安にすれば良いと考えられます。
燃費が良い上に、オイル&エレメントの交換サイクルも長いなんて! と喜んでばかりはいられません。ハイブリッド車のバッテリーは劣化するにつれてエンジンの稼働時間が長くなり燃費が悪化します。また、バッテリーが十分性能を発揮する期間は、運転の仕方により5~7年程度と言われ、バッテリー交換には小型自動車の車検代くらい(またはそれ以上)の費用がかかるとも言われています。

RX-8のようなロータリーエンジンの場合

ロータリーエンジンは普通のエンジンよりも早めにオイル&エレメントを交換しなくてはならないと思っている方が多いと思います。しかし、実際にはそれほど早める必要はありません。(FD3Sのようなターボ車は除きます。)普通の使用条件なら、普通自動車と同じか少し早めくらい(15,000km~20,000km)を目安と考えて良さそうです。シビアコンディションの場合は厳しめに考えて、5,000km~7,000kmでの交換をおすすめします。

バイクのオイルとオイルエレメントの交換時期は?

バイクの場合、3,000km~5,000kmごとのオイル交換、10,000kmごとのオイルエレメント交換が定説になっているようです。もちろん、排気量や走行頻度、走り方などで随分と差があると思いますが、そもそもバイクに乗っている方は「バイク好き」が多いのではないでしょうか。そのような方は、例え取説に「5,000km」と書かれていても、きっと3,000km程度で交換するはず。愛着があるからこそ、手入れを怠らないということですね!

オイル交換メンドクサイですよね~。お金も使うし時間も掛かるし。しかしやっておかないとエンジンは機嫌を損ねます。

まとめ:結局は使い方しだい

いかがでしたでしょうか。エンジンの種類や使用条件でオイルとオイルエレメントの交換時期はかなり異なることが分かりました。ご自分の車の交換サイクルについて目安を把握していれば、勧められるままに無駄に交換することもなくなりますし、逆に交換を忘れて故障の原因になることも防げますから、ぜひご自分の車についてだけでも交換時期を知っておいてくださいね!