【トヨタ ラクティス】高い顧客満足度を誇るスマート&ファンなコンパクトワゴン!燃費や中古車、リコール情報も!

小柄な車体にスタイリッシュなデザインが特徴的なトヨタ ラクティス。低燃費・低価格をセールスポイントにしながら、居住空間や走りに強みを持つコンパクトユーティリティワゴン。今回はそんなラクティスに注目してみました。

トヨタ ラクティスとは?

コンパクトさと開放的なスペースを兼ね備えたワゴン!

ラクティスはトヨタが2005年から製造・販売する5ドアワゴン型乗用車です。コンパクトにまとまっていながら広い車内スペースの確保を実現。見た目もスタイリッシュな風貌をしていますが、その風貌には愛嬌もあり初めての1台として若年層から、家族の足車として中年層からも高い人気と評価を獲得しています。トヨタはこのラクティスをコンパクトトールワゴンと謡って発表し、そのコンセプトは「思い通りのレスポンス、カッコイイスタイル、かつてない開放感、広大なスペース、低燃費低排出、軽快な走り」というものでした。素直な印象では、現在のラクティスはどちらかというとカッコイイというよりもスマートさを印象付けるようなスタイルをしている居住スペースを重要視しした家庭向けワゴンという感じがありますが、それでも運転性は機敏で軽やかです。

ヴィッツとの深い関係

ラクティスは同じくトヨタが製造・販売するコンパクトカーの代名詞、ヴィッツと深い関わりがあります。その関係はラクティスの誕生前まで遡ります。もともと、ラクティスはトヨタ ファンカーゴの後継車にあたります。ファンカーゴと言えば、背の高さやフロントマスクが特徴的な日本のコンパクトワゴン界で一世を風靡したクルマです。そしてこのファンカーゴはもともとヴィッツの派生型として生まれたクルマ。つまり、ラクティスはヴィッツの派生とも取れるわけで、ラクティスにとってヴィッツは祖父母みたいなものです。ラクティスもヴィッツもコンパクトさ、スタイリッシュさ、軽快な走り、低価格・低燃費、エンジン規格などセールスポイントや類似点も多いため、同じトヨタ車であっても比較や競争は避けられません。一般的な見解としては、よりファミリーカー向けなのがラクティス。普段使いに便利なのがヴィッツとなっています。確かに見た目はラクティスのほうが落ち着いた雰囲気のある大人しいルックスをしているのに対し、ヴィッツはもっとアグレッシブでスポーティな印象の外観をしています。

現行ラクティスは?

スタイリッシュで便利な第2世代!

2005年に、ファンカーゴの後を引き継いだラクティスはマイナーチェンジやラインナップの変更をしながらノーマルユースに最適なクルマとして高い人気を誇りました。そして、2010年待望のフルモデルチェンジが施され、ラクティスは第2世代に突入。初代と同じく5ナンバーながら、居住スペースを拡大しさらなるゆとりと快適性を持たせました。ラゲッジスペースも折り畳み機構の後部座席でバリエーション豊富な大容量を実現させ、初代よりもさらに109Lもの追加容量を得ました。また、初代で懸念された背が高い故に横転の可能性が比較的高いという危険性も考慮され、第2世代では全高・車高が低くなり低重心設計にされたため走行安定性を向上させることにも成功しました。

グレードと価格は?

「G ”PRIME STYLE”」
価格:1,886,073円
燃費:19.0km/L
駆動方式:FF
エンジン:1.5L直列4気筒エンジン
トランスミッション:Super CVT-i
主な装備:スマートエントリー、本革巻きステアリング・シフトノブ、クルーズコントロールなど

「G」
価格:1,756,473円~1,954,800円
燃費:19.0km/L(1.5L FF)
駆動方式:FF、4WD
エンジン:1.3L直列4気筒エンジン(FF)、1.5L直列4気筒エンジン(FF、4WD)
トランスミッション:Super CVT-i
主な装備:スマートエントリー、本革巻きステアリング・シフトノブ、クルーズコントロールなど

「X」
価格:1,615,091円~1,813,418円
燃費:19.0km/L(1.5L FF)
駆動方式:FF、4WD
エンジン:1.3L直列4気筒エンジン(FF)、1.5L直列4気筒エンジン(FF、4WD)
トランスミッション:Super CVT-i
主な装備:ワイヤレスリモコンキー、ウレタンステアリング・シフトノブ、クルーズコントロールなど

「S」
価格:1,905,709円
燃費:19.0km/L
駆動方式:FF
エンジン:1.5L直列4気筒エンジン
トランスミッション:Super CVT-i
主な装備:パドルシフト付きCVT、本革巻きステアリング・シフトノブ、スマートエントリーなど

「G/X」(車イス仕様車)
価格:1,916,000円~2,041,000円
燃費:19.0km/L
駆動方式:FF
エンジン:1.3L直列4気筒エンジン(X)、1.5L直列4気筒エンジン(G)
トランスミッション:Super CVT-i
主な装備:ワイヤレスリモコンキー、本革巻きステアリング・シフトノブ、クルーズコントロールなど

中古車情報

出典:http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU4483672699/index.html?TRCD=200002

ラクティスの中古車の価格幅は40万円~190万円で平均価格は100万円。また、市場に出回っている個体数も数多く、比較的新しい年式でローマイレージでも新車価格のほぼ半額という個体もあるので、中古車は大きな狙い目でしょう。

中古車をお探しの方はこちら

リコール情報もアリ

1.不具合の状況
運転席ドア部のパワーウィンドウスイッチにおいて、スイッチ潤滑用グリースの塗布方法が不適切なため、グリース量が不足しているものがあります。そのため、端子摺動部から出る摩耗粉と水分等の浸入により短絡回路が形成され、端子が発熱して当該スイッチおよび周辺の樹脂部品が焼損し、最悪の場合、火災に至るおそれがあります。

2.改善の内容
全車両、当該スイッチの端子間抵抗の導通を点検し、異常のみられるものは対策品と交換し、正常なものについては接点部に耐熱性グリースを適量塗布します。
また、上記の点検により、耐熱性グリースを塗布したものについて、その後、作動不良が発生した場合は、パワーウィンドウスイッチを交換します。

出典:toyota.jp

上記はトヨタが公式発表したアフターサービス内容ですが、大変重要なものなので中古車を購入の際はリコールの確認は明白にしておきましょう。

エクステリア・インテリアは?

コンパクトなデザインに加えカラーバリエーションも豊富なオシャレなスタイル!

出典:http://toyota.jp/ractis/gallery/

ラクティスの外観を見て第一印象としてまず訴えかけてくるのは、そのスマートさです。コンパクトにまとめられた感のあるボディでありながら、モダンテイストなヘッドライトやフロントバンパーを持つフロントマスクは愛嬌がありますが、同時に重層感にも似た頼もしい面構えもしています。また、フロントからリアにかけてのボディラインはスポーツハッチバックを思わせるようなスタイリッシュなフォルムになっていて、斜め前から見たラクティスはなかなかのカッコよさもあります。ラクティスは小さいながらもマルチタスクをこなしてくれそうな頼りがいのあるエクステリアデザインとなっています。

また、カラーバリエーションも豊富で全9種類からの選択が可能。カラーは、ホワイトパールクリスタルシャイン、シルバーメタリック、ブラックマイカ、スーパーレッドⅤ、ブロンズマイカメタリック、ライトブルーマイカメタリック、サテンブルーマイカメタリック、ディープアメジストマイカメタリック、スーパーホワイトⅡで全色となっています。シックなカラーからメタリック調のクールなカラーまで揃っているため、好みに合ったカラーを選ぶことができます。

開放的で広々とした室内空間!

ラクティスの室内の特筆すべき点はもう説明するまでもないかもしれませんがその快適な広さです。5ナンバーながらも空間的な快適さは抜群で、ホイールベースは短いもののワゴンの特性を活かした内装となっています。運転席と助手席もさることながら、後部座席も足元からゆったりしたスペースが確保されており長時間乗車していてもストレスフリーで疲れにくいものとなっています。さらに、外観からの見た目以上に、室内からは天井が高く感じられ開放感に溢れた清々しい車内空間が実現さています。

また、車内空間を上手く使った工夫は居住スペースだけではなくラゲッジスペースにも用いられており、ラクティスは大容量のラゲッジルームを確保しています。さらに、シートアレンジによるラゲッジルームの調整も可能となっていて、FF仕様車には6:4分割チルトダウン機構リヤシート、4WD仕様車には6:4分割ダブルフォールディング機構リヤシートを採用。これにより、乗員や荷物に合わせて臨機応変に車内のシートバリエーションを変えることが可能です。おまけに、トランクのデッキボードは高さが調節可能。これで積む荷物の高さがありすぎてトランクに収まらないなんて問題も解決です。通常時は910mmの高さ、デッキボードの高さを下げると1,030mm、デッキボードを取り外すと1,200mmもの荷室高となります。さらに、このデッキの下にはトレイが設けられていて、いざというときに必要な物や小物、工具類を分けてすっきり収納することができます。

内装装備はいかに?

ラクティスのインテリアデザインはこの価格帯の内装としては質感はなかなかの出来。高級感は感じられないもののスタイリッシュで機能性に優れたデザインとなっていて、シックで落ち着いたものに仕上がっています。センターコンソールやインパネは簡潔に完成されており、ナビレディパッケージによるバックカメラモニター(全車オプション)や直感的にコントロールできるエアコン、さらにシフトレバーはこのセンターコンソールと一体化した形式となっています。このおかげで、運転席と助手席の間は区切りもなくスッキリしていて使い手によってさらなる空間の工夫ができそうです。シートは柔らかすぎず硬すぎず、座り心地はなかなかといったところ。快適さを売りにするワゴンとして最低限の乗り心地は確保されています。

走りや燃費性能を解剖!

出典:http://toyota.jp/ractis/gallery/

イージードライブでも走りの楽しさを忘れない!

ラクティスは全長が4mにも満たない上にホイールベースも2,550mmという短さ。その恩恵もあって「S」以外のグレードは最小回転半径がわずか4.9m、スポーツ走行に長けた「S」でも5.4mを実現しています。その小回りの利き具合に加え、車体のコンパクトさが功を成し、日本に多い狭い道や駐車場でも扱いやすいクルマとなっています。1.5LエンジンFF仕様車にはクルーズコントロール機能も付いていてドライバーにとって快適なクルーズ走行を可能にしています。エンジンはいずれのグレードも直列4気筒エンジンで100ps前後の最高出力となっているため、誰にでも扱いやすく運転しやすくなっています。エンジンレスポンスはそこまで悪くなく、不満に思う人は少ないでしょう。パワーに関しては不足を感じるのが正直なところですがこの手のクルマにそこまでの出力を求めること自体がちょっと違った話なので、このくらいのパワーでバランスが取れているといったところでしょう。トランスミッションは1.5Lエンジン搭載車にはACTIVE CVTを採用。7速シーケンシャルモードも搭載されていてシフトチェンジを楽しめるようになっています。「S」にはパドルシフトを搭載し、よりスポーティなシフト操作が可能となっています。なお、4WD仕様車にはアクティブトルクコントロール4WDを搭載。これにより、FFと4WDの駆動方式をスイッチで選択可能。4WDオートモード時は最適な駆動力を後輪へ配分し、通常時は前輪駆動に近い状態で走行することで、燃費の向上にも貢献しています。

燃費性能も上々!

ラクティスの燃費消費率はFF仕様車で19.0km/Lを記録。さらにFF仕様車のみオプションでアイドリングストップ機能を搭載することが可能となっています。これにより信号待ちや一時停止時に、エンジンを自動的にストップ。ブレーキを離すと、素早く再始動します。また、エアコンは送風に切り替わりますが、車内外の環境に応じて自動的にエンジンを始動し、エアコンを作動。快適性を優先してくれるシステムになっています。この結果、1.3Lエンジン搭載車は21.8km/L、1.5Lエンジン搭載車は20.6km/Lまで燃費性能を向上することが可能になっています。さらに、アイドリングストップ機能付車にはメーカーオプションでエコ運転をわかりやすくアシストしてくれるTFTマルチインフォメーションディスプレイ付メーターが装着できます。このメーターは2眼式メーターとなっていて、液晶画面にはエコドライブに役立つさまざまな情報を表示してドライバーのエコ運転をアシストします。エコジャッジや燃費ランキングなど、ゲーム感覚で楽しめるコンテンツも充実。表示切替もステアリングの4方向スイッチで行えるため、走行中でも手をステアリングから離すことなく情報を確認できるようになっています。

ラクティスのスペックは?

スペック

寸法
全長:3,995mm、3,950mm(車イス仕様車)
全幅:1,695mm
全高:1,585mm(FF仕様車)、1,605mm(4WD仕様車)、1,705mm(車イス仕様車)
ホイールベース:2,550mm
最小回転半径:4.9m(「S」を除く)、5.4m(「S」)

ドライブトレイン
駆動方式:FF、4WD
エンジン:直列4気筒 DOHC
排気量:1,329cc、1,496cc
最高出力:99ps~109ps@6,000rpm
最大トルク:121N/m~136N/m@4,400~4,800rpm

まとめ

トヨタ ラクティスはコンパクトながらも広い居住空間とラゲッジルームを持ち合わせたユーティリティに優れたクルマであると同時に走ることの楽しさも兼ね備えた、いいとこ取りなワゴンです。運転も非常にしやすくて扱いやすいクルマなので、ファミリーカーとしてはもちろん社会人にも最適な1台だと思います。