【トヨタ WISH(ウィッシュ)】王道のミニバンの気になる今後、新型へのモデルチェンジは、燃費は、中古車は?口コミも!

時代がSUVに傾くなかで、やはりミニバンでなくてはならないニーズというものもあります。いまだになくなることのないミニバンならではのニーズ。その一端を典型的に担っていたのが、トヨタのウィッシュです。しかもちょっとコンパクトでありながら必要なものを満たしている便利な車でもあります。ウィッシュの貴重な価値観を探ってみましょう。

評判だった王道のミニバンを代表していたウィッシュ

ミニバンの市場が始まったのはこんな車が欲しかったから

ウィッシュは王道の車です。多くの人が乗れて、コンパクトで維持費も手頃で、この手の車にしては背も低く安定感があります。デザインも流麗でどこに出しても文句のつけようがない優等生。ウィッシュは評価高く、いち時期はこうでなくては、売れ筋にあらずと絶対的な評判を得ていました。

それだけに長く作られて、現行モデルのライフサイクルも伸びて、そろそろモデルチェンジではないかと噂される頃を過ぎてなお販売されています。いまだにMONOTONEという特別仕様車も用意されて時代を築いたミニバンの王道に陰りがないように力も入っています。

ハイブリッドがないのはなぜなのか

どんな隙間さえも埋めようとするがごとく、トヨタが万全を期するなかで時代の先鋭的な流れはやはりハイブリッド。ハイブリッドの象徴となる専用車プリウスが圧倒的な支持を得たり、その派生車種のうちプリウスαの存在はウィッシュの領域を浸食するようになりました。

ウィッシュがハイブリッドを積んだとすると、車としての基本的な性格はまさしくプリウスαと同じものになってしまいます。ウィッシュが安定感と保守的なイメージで王道で、プリウスαがプリウスのラインナップの一部で革新的なイメージがあって、そういったことが外観や内装に確かに反映されています。

さらにいうなればプリウスαはワゴンでウィッシュはミニバンなのでしょうが、ウィッシュにハイブリッドの経済性やパワーアシストが加わるとなるとそんな分類が持つ意味を飛び越えて、ユーザーサイドに混乱が生じてしまう可能性があります。

アベノミクスによって庶民の購買力が低迷するなかで、自動車の売り上げも毎年下がり続けている状況では、右肩上がりの中でなら問題にならなかったはずのウィッシュへのハイブリットの搭載はトヨタにとっても危険を感じることのように思います。

しかも大人しい保守的なみかけのウィッシュのほうが安定して支持されて、隙間を埋めているのがプリウスなら分かるのですが、実際にはブランド力はプリウスが圧倒的なのが皮肉な現状です。ハイブリッドで問題になるはずの初期コストもあまり顧みられていないのが実際でしょう。

となるとモデルチェンジのゆくえは

ミニバンのなかで手軽さ、コンパクトさもウィッシュの特徴です。ただし逆にいえばミニバンとしての多人数乗車の使い勝手を考えれば、さらに上級モデルのほうが適しているといえますし、多人数乗車ではなく、ユーティリティを望むのであれば、本来ウィッシュの得意分野ではなくなります。

人が移動する道具だと捉えると同じようなボディタイプとなるプリウスαに分がありそうです。なんでも卒なくこなすウィッシュがやや中途半端な位置づけになりつつあり、となればモデルチェンジでどこかに的を絞って一新を図りたいところだと思うのですが、ウィッシュのモデルチェンジは時期を過ぎてなお見えてきてないのが現状なのです。旧来のユーザーで乗換を考える人からの疑念の声も聞こえ始めています。

走りのよさは充分意識されています

このスタイルは走りも意識

ウィッシュはミニバンとして多人数が快適に乗れる車として意識されています。ミニバンをおおまかに分類すればドライブフィーリングよりのロールーフのものとワンボックス的な搭載性よりのものとに分かれますが、ウィッシュはドライブフィーリングよりのミニバン。パドルシフトやダイナミックスポーツモードが設定されるシーケンシャル機能付きのCVTや4WDモデルについてですがアクティブトルクコントロールなど走りのよさが意識された機能がしっかりついています。容易にアクティブなファミリードライブができるようにS-VSC(ステアリング協調車両安定性制御システム)というパワーステアリングとスタビリティコントロール、ABS、トラクションコントロールなど統合した電子制御も充実しています。このような点では抜かりのないやはり優等生です。

ウィッシュのサイズ、位置づけはユーザーの志向の変化にどうなのか

ウィッシュのこういった車種モデルを作ったのはいうまでもなくホンダ・オデッセイですが、オデッセイはすでに大きく変化しています。ウィッシュに真っ向からぶつかっていた5ナンバーサイズのホンダのストリームはウィッシュに駆逐されてすでに絶版となっています。もともとのオデッセイとストリームの後継車と思われるジェイドは外国で作ったものを持ってきたものです。ミニバンの流行の立役者のホンダはすでに国内マーケットでこの分野に見切りをつけているような状態です。

最近ではコンパクトな多目的用途車であれば、ユーザーの志向はユーティリティに大きく傾いているようです。道具感を強めるならば同じトヨタのシエンタが、ドライブの楽しみも考慮するならばSUVがターゲットとされている現状に思います。多人数乗車を意識するならばウィッシュのサイズでは心もとないと考える人が多いように思います。

いまや絶対的な特徴は3列6名乗車のキャプテンシート

現在のマーケットを考えるとトヨタとしてもモデルチェンジの方向性を考えあぐねているような感があります。それでは現行型ウィッシュには独自の特徴が残っていないのかといえば、2Lのモデルの3列6名乗車のキャプテンシートなどは絶対的な特徴だといえます。ミニバンとはなにかといえば、快適に多人数が乗れる車だといえます。

7名まで乗れるとなると親子と祖父母の3世代2名づつが一度に乗れることになりますから、この価値観は大きなものだったのですが、敢えて2列目を余裕の独立シートとした6名乗車はミニバンの中ではちょっと贅沢で非主流のものでした。ウィッシュでは余裕の2Lモデルをこのタイプとして明らかに上級仕様としてきたのですが、いまでもしっかりとした個性となるのはこの仕様です。そして各社とも上級ミニバンに於いてはこの仕様が重用される傾向があります。この点をクローズアップするならば、より上級のクラスで贅沢感を盛りたいだろうと考えられますから、となるとウィッシュのクラスでは多くのユーザーを獲得するのが厳しいところです。

日常的に3世代で活動するし、たまにはロングドライブも楽しむけれども、予算はあまり出せない層がターゲット。その点ハイブリッドは未搭載で初期コストも安い。頻繁に多人数でドライブしてハイブリッドのコストを回収できる訳でもないならば現状が最適なのでしょう。モデルチェンジではここになんらかの価値観を加えたいところです。さてみなさんはどんな価値観が加わっていたら食指が動くでしょうか。やはりハイブリッドだろうと思われるとしたら、ならばプリウスαのほうが分かりやすいかもしれませんね。

万全のトヨタラインナップ、アイシスとの関係で考えるサイズ感

ウィッシュ同様、長いモデルサイクルとなっているのがトヨタアイシス。アイシスはウィッシュと関係のある車でウィッシュをユーティリティ方面に振ったような車。プラットフォームは共通です。ウィッシュに対してアイシスも用意するのがさすがのトヨタ。いまのトヨタラインナップでいえば人気のシエンタにも通じるところがある車です。とはいえ結果としてシエンタ登場以降、ユーティリティというコンセプトでいえば新参のシエンタに完全に喰われてしまっています。いまとなっては大きさが中途半端な存在。ですがトヨタがアイシスを用意したことでウィッシュは走りや居住性を意識していることがはっきり分かるのです。それにしても万全のトヨタラインナップは驚くべきものがあります。ただし時代は変り、市場は縮小しています。ウィッシュともどもラインナップも変化せざるを得ないと予想します。

やはりモデルチェンジは見送り、ブランドの統合となるのか

自動車市場の縮小にあたって、他のメーカーではとっくに決断している整理統合の動きはトヨタではまだ明らかになっていません。多チャンネルの販売店戦略を維持しているのもすでにトヨタだけ。ならば類似で自らぶつかりライバルとなってしまってもブランドは多種類で展開するのがトヨタのありかた。そこにほんの少しの特徴の違いを持たせてあくまでニッチなマーケットも抑えに行くということで新しいウィッシュがなくなるとは限りません。

ただ、ニッチを押さえるという意味ならば大胆な個性を生み出したシエンタの成功などをみれば個性を際立たせるのが正解なのではとも思えます。トヨタも方向性はそちらに変わってきているように思います。プリウスのシリーズの中でプリウスαの存在感が薄目なのも気になります。プリウスαの個性をさらに際立たせることでワゴンタイプのハイブリッドの存在感を高めたいと考えるならばウィッシュも統合してさらにプリウスαをトヨタ販売系列併売モデルとすることも良策に思います。トヨタといえどもこれからの国内マーケットの縮小には対応せざるを得ないはずなのです。プリウスαには6名乗車バージョンがあったほうがいいでしょう。

評価はどんな感じ?乗り心地や実燃費など口コミから紹介

これまでに沢山のファンに支持されてきたウィッシュです。実際の口コミや評価、使った感想などをご紹介しましょう。

ウィッシュにまつわる噂

確かにウィッシュはホンダ・ストリームを狙い撃ちしたものなのは間違いないでしょう。ホンダではかなり警戒したようでストリームのこのCMはウィッシュに向けたものではないかとのご意見です。さもありなんでしょうか。長さも幅も高さも同じだったというのはちょっと驚きではありますね。

この方のリンクしている記事ではベストカーの予測や業界紙らしき紙面で伝えられているブランドの廃止一覧について考察しています。あくまで予測で正式発表ではないですが、納得の内容なのは本記事でも書いたとおりです。その内容だけでなく他モデルでもシエンタでやったような個性化の流れが見られるというまとめも興味深いものがあります。

ウィッシュは販売勝負では完全に勝利を収めたとはいえ、上のツイートのように要するにバクリではないのかとまで世間で言われた車です。もちろん当時のストリームとウィッシュは別にパクリといわれるような似たデザインではありません。ただストリームがうまくやったコンセプトはそのまま踏襲してぶつけたという点では真似をしたといわれても否定できなかったと思います。

いまや世界中のどの車と較べてもシエンタがパクリだということはできません。トヨタのやり方も随分変わってきたと感じるものがあります。ウィッシュのブランドは廃止となるかもしれませんが、後継車としてどのようなコンセプトを打ち出してくるのか。なかなか楽しみではあります。

そういう新型や後継車のことを一切考えずにいま乗り換えるならこれではないかというウェブ投票? の結果のようです。ヴォクシーに行くという予測が多いようですが、これって現ユーザーの具体的な投票ではないですよね? プリウスというのはプリウスαを含めてのこと? シエンタというのが納得な気がしますが、みなさんはどのようにお感じになるでしょうか。とりあえずオーリスに行くのではないかという結果だけはよく理解できません。

乗り心地、走行性能の口コミはどんなかんじ?

ウィッシュは走りについても考慮された車だと書いたのですが、やはり期待する声がみつかりました。ただもう少しいろいろ言われているのかと思いましたが、見つかったのはこれだけ。やはり最近はあまり売れていないのでしょうかね。

乗り心地についてのツイートはこれしかみつかりません。これも厳密にはタイヤの違いについてなのですが。ある意味の乗り心地というのはトヨタの生命線です。やはり快適なのだと思います。日本の道にはトヨタですね。195/65R15というタイヤサイズもちょうどいいです。値段も経済的ですよ。2列目のパイロットシートに乗せてもらうのはかなりよさそうです。長いドライブの実際の感想なども見てみたいですね。

実燃費についての口コミ

プリウスαとの比較ですね? やはりウィッシュとプリウスαを較べてみたくなるようです。ウィッシュの燃費が12km/Lだということにも言及されていますね。これだけ違えば沢山乗るならばハイブリッドへの先行投資もありといえそうです。ただこの方はハイブリッドにはもっとよい数値を期待されているようですね。その点に関しては走行条件次第ですからね。

実燃費のご報告です。12.17 km/Lですからやはりこのくらいの水準なのか。5ナンバーコンパクトとはいえミニバンでこれなら立派ではないでしょうか。

燃費を期待してウィッシュを買ったんではないという意味でしょうか。それに対して燃費がいいんだよねという質問があったのか、いまひとつどういう経緯のツイートか図り切れないのですがハイブリッドに比べればよいはずはありませんが、ガソリン車のミニバンとしては優秀。コンパクトミニバンの本領発揮ということでしょう。燃費など関係なくウィッシュを選んだ、その理由の方も知りたい感じです。安心のスタイルなのか多人数乗車のニーズなのか…

値引きに関する口コミはどのようなもの?

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/V67zOAYYyEY" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

WISH|ウィッシュのCMです。みんなの願いを叶える車ですか!

値引きに関するツイートは見つかりません。少し旬を過ぎてしまったのでしょうか。ただいろいろ考えるとよい値引きが出ているハズです。少し探ってみましょう。

新型ウィッシュ値引き

例えばこのサイトでは値引き事情について書かれています。このような事情の下で、よく言われる競合車をぶつける、トヨタであれば系列販売チャンネルの特に別資本の店も競合させる。オプション品で欲しいものがあればそこからの値引きも狙うなどあらゆる手を尽くしてマックス値引きが32万円とのこと。他の口コミでも本体価格からであれば30万を切るくらいだとの報告が見られます。このくらいは意識していいのかなという感じですね。

値引きについての補足情報

ご紹介したサイトにもよく言われる値引きに関わる事情が書いてありますが、少し補足をしてみたいと思います。

トヨタの場合、販売店というのは地場の有力資本であることも多いです。この場合、トヨタとの関係は大切なパートナーであると同時にただの仕入れ先だということもいえています。実は割合にドライな関係だともいえます。肝心なのはどれだけの利益を確保して売れるかどうかだけです。その意味で値引きできる額は間違いなく決まっています。車両本体価格からの値引きは間違いなくそうです。販売員に対してはどの程度の値引きを許すかは予め知らされているでしょう。この相場の情報が簡単に入手されていることは販売員も承知の上です。ここでいたずらな駆け引きは全く無駄だと分かっているはずです。

販売員の事情をみてみると歩合給によって収入が大きく変わることになります。トヨタの場合は車によって大きく利幅が違います。なにを売っても台数によっていくらという単純な体系ではなく利益によって歩合給は変化しています。単純にいえばあまり値引きをせずに売ることができれば販売員の歩合給も増えることになるはずです。ただし値引きを渋って結局売れないのでは元の木阿弥ですから見え見えの方法、つまりネタが割れている車両本体価格からの値引きを渋るような真似はしないと考えるほうが自然です。

自動車ディーラーにとっては車を売るだけでなく、売った車を整備することも大事な収入源です。車検が特にそうですから、売ること自体が整備の可能性につながります。とにかく売ることはまず考えなければならないことです。

そうなってくるとやはりポイントはディーラーオプション品の扱いと下取りになるでしょう。下取りは下取りにする車によりますから一概に言えないのですが、ディーラーオプション品は格好の交渉材料でしょう。ディーラーオプション品で利益を稼いだために歩合給があがったなどという話は聞いたことがありませんし、あれやこれやとオプション品をセールスするのも難儀な話です。ディーラーオプション品にも仕入れ値という原価はありますからなんでもかんでもあげる訳にはいきませんが、オプション品をお得に提供することで納得してもらえるならばいくらでも提供したいのが販売員の本音でしょう。メーカー報奨金とのからみでお得な出物が用意されているかもしれません。

ウィッシュのライバルや競合はどんな車?

値引きを考えるとライバル車をぶつけていくのが常道です。ウィッシュのライバルはどんな車でしょうか。すでに少しふれたことですが、もともとウィッシュはホンダ・ストリームの評判をみて、対抗して作られた車です。狙い通りにストリームを駆逐したのですが、その後は5ナンバーサイズのコンパクトミニバンという概念そのものが揺らいでしまっています。

このサイズとこのありかたのメリットは果たしてなんなのかという疑問が持ちあがってしまっているのです。かくしてマツダはプレマシーを廃盤とすることを決定しています。となると既に実はプレマシーとなっていた現行モデルの日産のラフェスタも無くなることでしょうし、また日産が独自で開発するとも思えません。

ウィッシュのライバルはトヨタの他の車、これもすでに書きましたが、ハイブリッドのプリウスαや個性的でユーティリティに優れるサイズは小さいシエンタや共通のプラットフォームのアイシスなどちょっと性格の違う車になってしまいます。アイシスはともあれ、シエンタは持っている個性をしっかり受け止めてもらっています。

逆に手軽でそこそこ満足できる3列シート、特に2列目のゆとりが欲しいならばウィッシュは絶対的な存在だといえることも確かです。ホンダ・ジェイドは高くて競合する車にはなりません。

グレードとスペック、価格、特別仕様車、エコカー減税対応をすべて紹介

ウィッシュのグレード体系は6人乗りでFFのみとなる2Lガソリンエンジン車と7人乗りの1.8Lガソリンエンジン車の2つの排気量で展開されます。1.8LのほうはFFと4WDが用意されて同じエンジンながらボディサイズの違いで3ナンバーの1.8Sと1.8A、5ナンバーの1.8Gと1.8Xに分かれます。あとの違いは主に装備面となります。

ウィッシュのグレード体系による価格の違い

1.8S 2WD(サテンブルーマイカメタリック)

1.8Lガソリンエンジンモデル
乗車定員:7名

【1.8X】
2WD(FF)1,905,709円
4WD 2,108,057円

【1.8A】
2WD(FF)2,019,600円
4WD 2,210,400円

【1.8S】
2WD(FF)2,194,363円
4WD 2,385,257円

【1.8G】
2WD(FF)2,297,455円
4WD 2,499,709円

2Lガソリンエンジンモデル
乗車定員:6名

【2.0Z】
2WD(FF)2,592,982円

ウェルキャブ仕様車があります

障害を持つ方に配慮した仕様車がウェルキャブ仕様です。車椅子からの乗り降りが比較的容易な助手席リフトアップシート車両、車椅子利用の方が自ら運転するための乗降や操作に工夫のあるフレンドマチック取り付け車両があります。詳しくはリンクをしておきますのでご関心をお持ちの方はご覧下さい。

トヨタ WISH | ウェルキャブ

共通スペックはこんな感じです

ボディカラーは基本が8色、内装には2トーンカラーを用いた選択肢があったりします。保守的なだけでは済ませていません。
 
全長:4,600mm~4,590mm
全幅:1,745mm~1,695mm
全高:1,600mm~1,590mm

エンジン:
2ZR-FAE(1.8Lガソリンエンジン車)
最高出力:
2WD(FF) 105kW(143PS)/6,200r.p.m.
4WD 96kW(130PS)/6,200r.p.m.
最大トルク:
2WD(FF)173N・m(17.6)/4,000r.p.m.
4WD161N・m(16.4)/4,000r.p.m.

3ZR-FAE(2.0Lガソリンエンジン車)
最高出力:112kW(152PS)/6,100r.p.m.
最大トルク193N・m(19.7)/3,800r.p.m.

トランスミッション:Super CVT-i

JCB08モード:
3ZR-FAE(2.0L)、2ZR-FAE(1.8L)4WD 14.4km/L
2ZR-FAE(1.8L)2WD(FF)16km/L

特別仕様車MONOTONEはトヨタのウィッシュをあきらめない意思表示

特別仕様車-1.8S“MONOTONE”2WD-(ホワイトパールクリスタルシャイン)

安定感や定番感のあるウィッシュですが特別仕様車では個性を際立たせています。MONOTONEでは白と黒のボディカラーに黒白で統一した内装で鮮烈な印象を狙っています。シートはツートンカラーになります。

【1.8S 】がベースグレードのMONOTONE
乗車定員:7人
エンジン: 2ZR-FAE(1.8L)
価格:
ホワイトパールクリスタルシャイン仕様
2WD(FF)2,322,000円
4WD 2,512,473円
ブラック仕様
2WD(FF)2,289,600円
4WD 2,480,073円

エコカー減税は対象になりません

ウィッシュは残念ながらエコカー減税対象ではありません。免税はもちろん減税対象にもなっていません。エコカー減税に関しての詳細をリンクしておきますがこの基準に該当になっていないのです。ただがっかりする必要もなさそうなことが詳細を見てみると分かります。

▼関連記事 エコカー減税についての詳細を知りたい方はこちら

走りも良好なウィッシュの中古車事情

ウィッシュの中古はどんな車

現行型が長く販売されています。現行型は2代目ですから初代だった先代の販売が終わってからすでに7年が過ぎています。先代が登場したのは2003年、この手のミニバンの元祖ののホンダ・オデッセイの登場は1994年、オデッセイでは少し大き過ぎる人のためにホンダが出したのが2000年登場の5ナンバーサイズのストリーム。すでに書いた通りウィッシュによってストリームは大打撃を受けます。

スタイリッシュが売り物で当初は爆発的な人気を得たストリームの市場をごっそり奪ったという成功体験を持つのがウィッシュ。それももうかなり昔の話です。当初の車はそろそろ年季が入っていますが、売れ筋だっただけあって中には手軽な値段でそれほど距離のでていないタマも見当たります。使い勝手はいい車だけに場合によっては狙い目といえるでしょう。探し甲斐がある車といえます。年式も距離もこだわらなければとりあえずの1台として格安で見つけることも可能です。かつて重用された多人数乗車のミニバンとはなにかを分からせてくれる車といえます。

多人数乗車の車で限りなくステーションワゴンに近い使い方をできるのがロールーフのウィッシュのような車です。走りそのものを楽しむドライブだって不可能ではないのがいいところですね。

中古車をお探しの方はこちら

ウィッシュの新型は開発中?好調シエンタに飲み込まれる可能性は?

一般的なモデルチェンジのサイクルを越えてしまっていてモデルチェンジの行方もいろいろな考察ができる現行型のウィッシュです。ご紹介したツィッターに書かれているベストカーや業界紙の予測でははっきりブランド廃止と出ています。この記事でもまとめてみたプリウスαの存在、自動車の売れ行き不振、さらにはミニバンの位置づけの変化が当のトヨタのシエンタの好調ぶりにも表れていること。正直ウィッシュに求められるものは非主流のものになりつつあります。多人数乗車であればもっと上級モデル、使い勝手を求めるならばシエンタのようなユーティリティと手頃感にニーズは流れてしまっています。

トヨタのラインナップでいえばウィッシュだけでなくひとクラス上といえるエスティマもあまり好調とはいえません。アイシスのようにマイナーながら個性がウリの存在を前提とするのではなく、王道だったウィッシュの将来が厳しいのはあくまで主流派でなくてはならないためで、今の主流とされる雰囲気はあくまでハイブリッドなのです。2列目のキャプテンシートが必要かといえばいまでも最上位グレードにしか設定はありません。高級車に特化できるクラスの車でもありません。

とはいえ多人数乗車の快適さをシエンタに求めるのも酷というもの。これまでに多くの利用者を抱えるウィッシュの後継を担う車を求める声は大きいです。その分代替りのものが出てくれないと中古車市場への放出も増えないかもしれませんね。噂通りブランドは廃止なのかもしれないですが、後継となる新型はあるのではないかと期待したいです。

現行型の中古車はとても狙い目なのではと思えます。気合いをいれて新型を待つのもいいですが、新型がこれまでのコンセプト通りとは限りません。使い勝手のいい車をとりあえず手に入れたいならばウィッシュの中古車はとてもよい選択に思えます。ウィッシュの保守的な性格を考えればオーナーが大切に乗っていた可能性を想像できます。よいタマに出会える可能性が高い車がウィッシュだといえるように思います。

▼参考記事 シエンタについて詳しく書かれています。ウィッシュとはちょっと性格が違いますね。

万能なのは相変わらずいいところなウィッシュです

かつてのトヨタのイメージそのものでもあるウィッシュ、悪く言えば没個性ですが誰にも文句を言わせない王道のスタイルと機能は、保守的な自己表現が必要な生き方にはピッタリきます。ハイブリッドはある意味先進技術への投資でもあります。実利を問うならガソリンエンジンで多人数乗車、多用途のウィッシュは最適解ともいえます。決して損をしないスマートな生き方、それはウィッシュな生き方だといえるでしょう。自動車の利用度が高くないけれども、いざという時にはなんにでも役に立って欲しい人にはとてもおススメです。