【ダイハツ ブーン】まもなく新型も登場!女性を中心に大人気のコンパクトカー

ダイハツ ブーンはトヨタ パッソと共同開発・生産されたコンパクトな乗用車です。実用性もあり、運転が非常に簡単で扱いやすく、低燃費で価格も安いため、若い世代に人気な車種となっています。また、女性スタッフによって女性目線でデザインされたクルマということもあって見た目もかわいくオシャレになっています。今回はそんなブーンに注目!

ダイハツ ブーン

コンパクトでかわいい見た目が大人気!

ダイハツ ブーンは小型のハッチバック車で、その可愛らしいルックスが大きな支持を集めています。小さいながらも軽自動車ではなくれっきとした乗用車で、扱いやすく小回りも効くため若い世代や最初の1台としてもピッタリのクルマとなっています。

トヨタ パッソとは双子!

「パッソ プチプチ プチトヨタ」でお馴染みのトヨタ パッソですが、ダイハツ ブーンとは深い密接な関わりがあります。というのも実はこの2台、名前こそ異なりますが全くの同じクルマなのです。ブーンとパッソは、ダイハツとトヨタが共同開発を行って造り上げられたクルマで、トヨタがマーケティングや企画などを主導して行い、反対にダイハツは開発と生産を担当しています。そういうわけなので、新型やモデルチェンジを行うのも仲良く2台揃って、ということになります。

まもなく新型が登場!

そんなブーンとパッソですが2016年4月にフルモデルチェンジが予定されているとのこと! 新型ブーン/パッソとなって登場します。その内容ですがエンジンは新型になりさらなる燃費・環境性能の改善が施されているとのこと。また、外観もちょっとばかり変化するそうですが、サイズに関しては現在のモデルとほぼ変わらない見通しです。新型登場までまもなくとなりましたが、現行モデルを使ってブーンというクルマをご紹介しましょう!

ブーンのグレードと価格は?

「CL」

出典:http://www.daihatsu.co.jp/lineup/boon/detail.htm#section_05

メーカー希望小売価格(消費税込)
2WD:1,263,600円
4WD:1,452,600円

寸法・重量
全長:3,650mm
全幅:1,665mm
全高:1,535mm
ホイールベース:2,440mm
車両重量:910kg(2WD)、970kg(4WD)

室内空間
長:1,830mm
幅:1,420mm
高:1,280mm
乗車定員:5名

性能
燃費性能:27.6km/h(2WD)、21.0km/h(4WD)
エンジン:直列3気筒12バルブDOHC
排気量:996cc
最高出力:69ps@6,000rpm
最大トルク:92N/m@4,400rpm
燃料タンク容量:40L(2WD)、38L(4WD)
トランスミッション:CVT

「CL ”Limited”」

出典:http://www.daihatsu.co.jp/lineup/boon/detail.htm#section_05

メーカー希望小売価格(消費税込)
2WD:1,360,800円
4WD:1,549,800円

寸法・重量
全長:3,650mm
全幅:1,665mm
全高:1,535mm
ホイールベース:2,440mm
車両重量:910kg(2WD)、970kg(4WD)

室内空間
長:1,830mm
幅:1,420mm
高:1,280mm
乗車定員:5名

性能
燃費性能:27.6km/h(2WD)、21.0km/h(4WD)
エンジン:直列3気筒12バルブDOHC
排気量:996cc
最高出力:69ps@6,000rpm
最大トルク:92N/m@4,400rpm
燃料タンク容量:40L(2WD)、38L(4WD)
トランスミッション:CVT

エクステリアデザインは?

女性目線で作られたフォルム

ブーン及びパッソのエステリアデザインは女性スタッフが中心になって”女性の目線”から見たかわいいクルマをデザインしたということでその外観は丸みがかった優しい雰囲気を持つデザインとなりました。前から見たブーンの”顔”は大きめのヘッドライトに厚めのフロントパネルが可愛いらしい印象を与えます。ボンネットから屋根に流線を描きながら伸びる形のボディは、空気の流れを計算した上での形となっていて高速での走行時も車内で風切り音などの雑音が大きくならないような工夫がなされています。後ろはぷっくりと少し持ち上がったフォルムをしていてハッチバックらしさがある形となっています。また、クルマの大きさは乗用車として非常にコンパクトに収まっています。ブーンはもともとダイハツの得意とする分野である軽自動車造りのノウハウを活かして、軽自動車をベースに開発されたため大きさそのものは乗用車規格となりましたが、運転のしやすさや扱いやすさは軽自動車のよさを引き継ぎました。

選べる8カラー!

ブーンのカラーは8色用意されていて、好みに合わせて豊富なオプションから選ぶことができるようになっています。カラーは深みがあって落ち着いた印象を受ける淡い赤色から、パステルカラーでかわいい水色、上品で質のある白色まであります。また、メタリック系のシルバーやブラックもあるため、ブーンの可愛らしいイメージから少し外して、シックに決めるのもアリだと思います!

全8色
ダークレッド・マイカ
ファインブルー・マイカメタリック
グレイッシュ・パープル・メタリックオパール
パウダリーベージュ・メタリック
パールホワイトIII(パールホワイトIIIのみオプション価格で21,600円がかかります。)
ホワイト
ブライトシルバー・メタリック
ブラックマイカ・メタリック

インテリアや車内は?

見かけによらない広い車内空間!

前述した通り、軽自動車をベースに開発されたためコンパクトに収まった感のあるボディが特徴のブーン。しかしその車内はしっかりとした居住空間が確保されていてなかなかの仕上がりになっています。もちろん小型なクルマであることに変わりはないので車内の広さもそれに見合ったものとなっているのは間違いありませんが、それでも同じくらいの大きさをした他の乗用車と比べれば快適な広い車内空間を実現しています。シートアレンジも幅広く調節することができるおかげで収納スペースを拡大できて、お買い物の時大量の荷物や大きな荷物を購入しても安心して収納することができます。さらにユーザーからの評価が高い「ロングクッションモード」では車内でゆったりと過ごしたい時にピッタリです!

インテリアは?

ブーンは”空間”を見事なまでに上手に使うダイハツならではのインテリアとなっています。まず、その内装はスッキリして小型の乗用車としては上品な印象を受けるものとなっています。非常に使い勝手もいいし、運転したり乗っていてドライバーや乗り手が疲れない工夫がされているんだなと確認できます。まず目を引くのがその収納スペースや小物入れの多さ。車内の余ったスペースを一切無駄にしないように至るところに収納スペースが設備されていて、そのスペースの数は11にもなります。実際にその機能性は大変好印象で、こういうところもユーザーへの気遣いがしっかりしている印象を受けます。また、運転席と助手席のシートは一体型となっているうえ、間には仕切りも何もないため広々としていてゆったりリラックスして座れるようになっています。このシートレイアウトのおかげで長距離運転でも疲労が溜まりにくく、同乗者との距離も近くなるため車内でのおしゃべりがより一層楽しくなります。さらに、運転中の太陽による紫外線を気にする人には嬉しいことに、ブーンのガラスにはUVカット加工がされているものを採用。運転中にシミの原因となる紫外線からしっかり守ってくれます。

運転はどんな感じ?

運転のしやすさはピカイチ!

出典:http://www.daihatsu.co.jp/lineup/boon/detail.htm#section_05

ブーンの運転席に座ってまず思うのが視認性のよさ。シートポジションが少し高めに設定されていることと、フロントウィンドウにワイド型サイドウィンドウを採用したおかげで高い視認性の確保を実現しました。周りがよく見えるおかげで安心して運転することができ、事故防止にも大きな貢献をしています。ブーンの操縦性のよさもさすがと言える出来。小回りがすごくよく利くので狭い道を走るときや駐車のときも自分の思いのままに動かすことができます。数値で言うと、ブーンの最小回転半径は4.7m。この小回りの効き具合は乗用車ではトップクラスで、軽自動車とほとんど遜色ありません。

運転手をしっかりサポート

ブーンは運転が苦手な人でも安心して快適にドライブすることができるクルマです。運転手のサポート体制も万全で、シートポジションは細かく調整できるし、ハンドルの調整までもが可能。運転する人にとってベストなドライブポジションを確保できるように気配りがされています。もちろんどんなシートポジションでも高い視認性はしっかり確保してあります。メーター計器には運転中にも見やすいように大型のものを配備。特にメーター中央のスピードメーターは一際大きなメーターとなっていて、運転中でも大切な情報をわかりやすく提供してくれます。センターコンソールのオーディオも見やすく操作しやすいボタン配置がされていて、直感的に操作できるようになっています。

誰にでも快適なドライブライフを

このようにブーンは数あるクルマの中でも上位にランクインするほど運転がイージーなクルマとなっています。ベストなドライビングポジションの確保、高い視認性、小回りの利く操作性、そしてコンパクトなボディ。これほどまでに扱いやすいクルマはそうそうないでしょう。クルマの運転に不安がある人や苦手な人、クルマのことがよくわからない人や初めてクルマを持つという人にもブーンは最適なクルマとなるでしょう。

燃費性能や安全性能は?

環境性能もお手の物!ガソリン乗用車としてトップクラスの低燃費!

ブーンはお財布にも環境にも優しい低燃費の持ち主です。その燃費性能は2WDモデルで27.6km/hを実現! この数値はガソリンエンジンを使用した乗用車の中ではトップクラスの数値で、いかにブーンが燃費性能に優れたクルマであるかを表しています。また、燃費と同時にCO2排出を抑えるためにアイドリングストップシステムもさらに進化した「新エコアイドル」を搭載。このシステムにより、スピードが9km/h以下になるとエンジンを自動停止、ブレーキペダルから足を離せば瞬時に再始動、というように従来の「停止したらアイドリングストップ」ではなくて「停止の少し前からアイドリングストップ」となりました。

低燃費の秘密はコレ!「イーステクノロジー」

「イーステクノロジー」はダイハツが独自に開発した低燃費システムで、燃料をセーブしながらもエンジンのパフォーマンスをしっかり引き出せるようになっています。その工夫は車体の至るところにされています。まず、ブーンのボディは空気の抵抗を軽減するように設計されていてこれが燃費向上のために貢献しています。さらに、エンジンユニットには「イーステクノロジー」の目玉であるクールドEGRとCVTサーモコントローラーが採用されています。このおかげでエンジン内の温度管理が徹底して行われて常に最適な温度下でエンジンが働き、効率よくガソリンを燃焼し変速も行ってくれます。また、エコ発電機能として減速時に発生するエネルギーをバッテリーに充電し、それをエンジンに送りエンジン側の負荷を和らげるシステムも搭載されています。これらの「イーステクノロジー」によってブーンの燃費性能が実現しました。

安全性能もお墨付き!

ブーンには安全対策システムとして「アクティブセーフティ」と呼ばれるシステムが採用されており、事故を未然に防ぐ努力がなされています。このシステムは運転手による急ハンドルなどの乱暴な操作や滑りやすい路面でスリップが発生したとき、エンジンの出力やブレーキの効き具合を自動調整して車体を安定させてくれるというものです。また、急ブレーキをかけた際には、後方のクルマに注意を促すエマージェンシーストップシグナルも装備されており、安全対策にもぬかりはありません。

装備一覧

・エクステリア
電動格納式カラードドアミラー
スモークドガラス
ドアミラーターンランプ
カラードドアアウターハンドル
カラードバックドアアウターハンドル
エアフラップ(フロント)&エアスパッツ(フロント/リヤ)
ルーフアンテナ(可倒式)
UVカットガラス(全面)
マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ(マニュアルレベリング機能付)
LED式リヤコンビネーションランプ
LED式ハイマウントストップランプ

・インテリア
フロントベンチシート
フロントセンターアームレスト(ボックス付)
リヤシート(ロングクッションモード・リクライニング機構付)
ウレタン3本スポークステアリングホイール
エコインジケーター
マルチインフォメーションディスプレイ
フロントパーソナルランプ
運転席シートリフター
パワーウインドゥスイッチ照明(運転席)
ワイドフリーラック
センターロアボックス(カップホルダー付)
フロントドアポケット(ボトルホルダー付)
助手席シートアンダートレイ
助手席シートバックポケット
ショッピングフック(フロント)
サンバイザー
アシストグリップ(助手席)
リヤヘッドレスト(全席)

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ブーンは見た目の可愛らしさやコンパクトさに加え、ダイハツのテクノロジーと運転のしやすさを持った乗用車です。これほどのコンパクトさで軽じゃないってところもポイントが高いですね。乗り心地や内装はこの価格帯なのである程度の妥協が必要なのも確かですが、その中でも上手な空間利用がされているのはさすがです。値段も安価ですので新社会人や若い年代には強い味方となっています。