【三菱 デボネア】走る「シーラカンス」呼ばれたアメリカンスタイルの最高級車

その独特な雰囲気とアメリカンスタイルのボディデザインから「シーラカンス」と呼ばれた「デボネア」は、今となっては新鮮なデザインとして人気となっています。「デボネア」の歴史とは、その魅力に迫ってみたいと思います。

「デボネア(Debonair)」

「デボネア(Debonair)」は、三菱自動車工業が1964年から1999年まで製造していた高級乗用モデルです。ライバルモデルとしては、「トヨタ・クラウン」、「日産・セドリック」、「メルセデス・ベンツ」といった各自動車メーカーの名立たるモデルでした。1thモデルは規格一杯の大柄のボディサイズでした。また2thモデル、3thモデルになると前輪駆動のFF用となり、車内の居住空間は広く実用的になり快適性が向上しています。また、「デボネア」は各自動車メーカーが行なっていたようなクーペやワゴン、バンといった派生モデルが、通常の正規販売モデルでは歴代モデルを通じ一切開発されることはありませんでした。さらに2thモデル、3thモデルは、技術供与先である韓国の「現代自動車」が「グレンジャー」という名称で現地生産、販売をしていました。

「走るシーラカンス」が愛称だった1thモデル

「デボネア」は、1963年のモーターショーでデビューし、翌年の1964年に1thモデルが製造を開始し発売されました。以後、1986年のモデルチェンジまでの22年もの間、基本設計、エクステリアデザインなどの変更を行なわずに生産され続けることになりました。それゆえにも製造期間の後期モデル以降は古色蒼然とした現行モデルであるために、そのことを形容した「走るシーラカンス」という愛称で呼ばれ有名になりました。実に日本製セダンタイプの乗用モデルで1th「デボネア」を上回るほど長期間製造されたモデルというのは、1967年から1997年に渡って製造された「トヨタ・センチュリー」の1thモデルのみなのです。

1thモデル(1964年-1986年)

1964年に登場した1thモデルの「デボネア」は、1960年代初頭の「三菱社」の販売戦略の中から苦肉の策、製作されたモデルです。「三菱車」は国内競合メーカーの2,000ccの乗用モデルに太刀打ちする乗用車生産を目論んでいました。そのために当初は、ヨーロッパ車の導入も検討され、当時、乗用モデルで成功していたイタリアの「フィアット社」に高性能で知られた最新型セダン「フィアット・1800/2100」シリーズのライセンス生産を打診しました。しかし、その打診も不調に終わってしまいます。このために「三菱社」では、自社開発に方針を切り替えました。打ち出された設計構造は、モノコックボディにフロントがウィッシュボーン独立、リアには半楕円リーフリジッドのサスペンションシステムでFRの後輪駆動という、手堅いレイアウトでした。そして、エクステリアは全長、全幅とも道路運送車両法施行規則の小型車規格を最大に用いたサイズで設計されました。また、「三菱社」のパンフレットには「回転半径5.3mの機動性も随一で,使いやすさで他の追随を許しません」と説明されており、取り回しの良さも重視した設計でした。トランスミッションは、コラムシフトMT、3速ATが用意されていました。最終期の2,600ccの直列4気筒エンジンモデルは、ATのみの設定となっています。このAT本体は、アメリカの大手変速機メーカー、「ボルグ・ワーナー社」のものでロングセラー製品である「BW35型」の3速ATが、初代から最終モデルまで使用されていました。

「シーラカンス」と呼ばれたボディデザイン

「デボネア」のエクステリアにおけるスタイリングは、元ゼネラルモーターズのデザイナーである「ハンス・ブレッツナー」氏が担当し、1960年代のアメリカの大型乗用モデルをデザインモチーフとして考え出されました。そのために、角張ったボディスタイルが特徴のデザインとなりました。細かいところで目立つのは、ボンネットやテール部分の両脇にエッジを立て、フロントグリルを大型のデザインとしインパクトの強いスタイルとなっています。その雰囲気から見た目からは、かなりの大型に見えますが、日本では小型車扱いの5ナンバー規格に収まるサイズで、デザイン力の素晴らしさを垣間見ることができます。

1thモデルのMCにおける変更点

1964年の登場後、1965年5月にATモデル、前席電動セパレートシート、パワーウインド、パワーステアリングを装備した「パワー仕様」というモデルを追加しています。1967年12月には、一部変更でインパネを衝撃吸収タイプに変更されています。また1969年4月になると、仕様変更が施されフロントにディスクブレーキを標準装備し、ホイールを14インチにインチアップしています。またテールエンドのフィニッシャー(いわゆるロケットテール)が廃止されました。そして、1970年9月のマイナーチェンジで、搭載エンジンの変更が行なわれ、型式を「A31型」に変更しています。これによって「デボネア・エグゼクティブ」となっています。エンジン変更というのは、当初の直列6気筒の「KE64型」の1,991cc OHVエンジンから、新開発の「6G34型」の直列6気筒 1,994cc SOHCの通称「サターン6」エンジンに変更され、最高出力も130PS馬力にパワーアップしました。その後、1973年10月に大幅なマイナーチェンジを施し、後期型モデルとなります。このマイナーチェンジでフロントドアの三角窓の廃止、テールランプデザインを変更(Lテール廃止)と、フロントウインカー装着位置の変更が行なわれました。さらに1976年6月に、再度のマイナーチェンジを施し「デボネア・エグゼクティブSE」となり型式も「C-A32型」となります。このマイナーチェンジでは、ラジアルタイヤを装備しオプションのエアコンはトランク組み込みタイプのクーラーからヒーター組み込み型になりました。そしてMTモデルは廃止となっています。オイルショック後のコスト削減と排ガス規制で、バランサーシャフト(サイレントシャフト)付き「G54B型」エンジンに変更となりました。このエンジンは「2,555cc 直列4気筒 SOHC/120PS」でした。このエンジンは、2,600ccと称され、最後まで大排気量4気筒のまま生産が続けられることになります。そして1978年4月に53年排ガス規制に適合させて型式が「E-A33型」となりました。翌1979年6月には、後席ラジオコントロール付電子チューナーラジオを採用し、「ABS」システムに相当する「アンチ・スキッド・ブレーキ」という安全装置がメーカーオプションで設定されました。その後、1982年11月になると、フロントグリルのエンブレムを「2600」から「MMC」に変更し、トランクリッドの「MCA-JET」エンブレムを廃止しています。

当時と現在での人気は?

三菱自動車のフラッグシップモデルであったことから、三菱グループの各企業で重役専用モデルとして多用されてはいましたが、当時の高級車であった「トヨペット・クラウン」、「日産・セドリック」、「プリンス・グロリア」などよりも価格は高価であったために販売は不振でした。また、基本設計もデザインもあまりに古いために、モデル末期になると一般ユーザーには、ほとんど売れないモデルでした。しかし、古き良き時代のアメ車の雰囲気を保ちつつ、1980年代半ばまで生産されていたために、独特の希少性を産むことになり、モデル末期にはブライダル用として人気が高まり、特装車として後席左側屋根が開くブライダル仕様が作られるほどでした。また後期型ベースのオープンボディとしたパレードカー仕様も製作されています。生産終了後になってからは、古い自動車の中では程度の良い個体が手に入りやすいために、旧車好きの間で人気が高まりました。ローダウンや派手な塗装を施すなど、アメ車風にアレンジする改造ベースとして人気になっています。このために現在では、程度の良い個体(新車時からフルノーマル仕様)、1973年までのフロントドアの三角窓、リヤのLテール仕様は高価で取引されているようです。特に初期モデルの「A30型(KE64型OHV搭載)」は極端に流通台数が少ない希少モデルとして取引が行われているようです。

「日本」「アメリカ」「韓国」の三国同盟によって誕生した2thモデル

「シーラカンス」と呼ばれ、古さを隠せなかった1thモデルは、廃止ではなくニューモデルの開発に至った理由は、三菱と提携関係にあった韓国の「ヒュンダイ社」とアメリカの「クライスラー社」の事情が大きく関係し、高級車のモデルチェンジを企画した「三菱」、高級車を思案している「ヒュンダイ社」、コンパクトカー用のV型6気筒エンジンが必要だった「クライスラー社」の利害が一致したことによって開発が進みました。「ヒュンダイ社」は、1988年ソウルオリンピック(ヒュンダイ社はオフィシャルスポンサーでした)で訪韓するVIP向け送迎モデルの需要があり、高級車の国産生産に迫られていました。しかし、高級車の製造経験がなかったために開発を「三菱」に依頼した形となっていました。それでも開発費こそ「ヒュンダイ社」の協力で賄うことができましたが、当時の「三菱」は高級乗用車に相応しい6気筒以上のガソリンエンジンを生産していなかったことに加え、販売台数の少ない「デボネア」だけのために新エンジンを開発することはコスト面で困難を極めていました。そこに「クライスラー社」の事情としてコンパクトカーを必要としていたために、「三菱」向けにV型6気筒エンジンを生産、供給することが決まり、三社の思案がまとまり2thモデルが誕生する経緯となりました。

2thモデル(1986年-1992年)

2thモデルは、1986年8月に登場しました。このモデルチェンジは、開発費を投じることもできず、1thモデルを生産し続ける状態が続いていた「デボネア」の22年ぶりのモデルチェンジとなりました。また2thモデルは、「デボネアV」の名称となります。この「V」には「V6エンジン」「VIP」などの意味が込められています。シャシーは「ギャランΣ」のプラットフォームを利用しているため、前輪駆動となっています。搭載されるエンジンは、「2,000cc V型6気筒 SOHC(前期モデルは105PS、後期モデルは120PS)」、そして「3,000cc V型6気筒 SOHC(前期モデル150PS、後期モデル155PS)」のエンジンを横置き搭載しています。後に150PSに向上した2,000ccの「スーパーチャージャー(1987年から1989年)」と200PSの「3,000cc DOHC 24バルブ(1989年から1992年)」が追加されています。スーパーチャージャー仕様はマイナーチェンジで、ライバル同様に3Lエンジンへのパワーアップが望まれたために3LのV型6気筒のDOHCエンジンに変更されました。またボディサイズは、2,000ccモデルは5ナンバー小型車サイズでした。ここでも開発の考案が活かされていました。5ナンバー規格の既存モデルのシャシー流用でFF駆動という制約の中、広い室内空間を確保する必要があったために、スタイルは直線的な四角いデザインとなっています。また、これは意図せずとも1980年前後のアメ車の高級モデルにも似て、1thモデルの「デボネア」を意識させるデザインとなりました。その後、スペシャルモデルも登場しています。第一弾は、ドイツのチューナー「AMG社」によってエクステリアにエアロキットと専用アルミホイールを装備した「AMG」仕様モデル、また第二弾は、イギリスの高級アパレルメーカーに内装を依頼して登場した「アクアスキュータム」仕様モデルなどが登場しています。

バブル期を逃した3thモデル

3thモデルは、発売がバブル景気崩壊期となり、販売は当初から伸び悩んだモデルです。1999年には、販売量の少なさや顧客の特異性などから自社一貫開発を取りやめ、韓国の「現代自動車」が主導の共同開発の形で製造を始めたモデル「プラウディア」に道を譲り、「デボネア」はモデルの名称に幕を下ろしました。

3thモデル(1992年-1999年)

3thモデルは、1992年10月に登場しました。「三菱」ではバブル期に上位モデルの大型化が進んでいたためにダウンサイジングしていた2thモデルの「デボネア」からの3thへのモデルチェンジは比較的早く行われ、大型化されることになりました。3thモデルは韓国の「現代自動車」で「グレンジャー」の名称で生産、販売され、「グレンジャー」をベースにさらに高級モデルにした「ダイナスティ」も登場しています。ボディサイズは、全長4,975mm、全幅1,815mmという大きなボディです。シャシーベースは、「ディアマンテ」のために3thモデルは横置きエンジンのFF駆動で、サスペンションシステムはフロントがストラット式サスペンション、リアにマルチリンク方式を採用しています。グレード設定は、ハイヤー向けの「エグゼクティブ」シリーズ、オーナー向けの「エクシード」シリーズの2タイプで、エンジンは「3,000cc V型6気筒 SOHC(160PS)」「3,500cc V型6気筒 DOHC(260PS)」でした。また装備は、「ディアマンテ」のレーダーカメラとエンジンブレーキによる車間距離自動制御システム、カーナビゲーション、TV画面に後方を写すバックカメラなど、高級車にふさわしい充実した装備でした。

3thモデルのMCにおける変更点

1993年10月には、廉価版の3Lエンジン搭載したモデル「エクシード・エクストラ」を追加しています。また1994年10月にオーナー向けの「エクシード・コンテーガ」が追加されています。その後、1995年10月にマイナーチェンジが施され、フロントグリルとテールライトのデザインを変更しています。またカーナビゲーションには音声ガイドと自動ルート設定機能が追加されました。その後の1999年11月になると生産終了し在庫のみの対応となりました。そして、1999年12月に販売を終了しています。これによって35年に渡る「デボネア」の歴史に幕を下ろすことになりました。

まとめ

三菱の最高級車として登場した「デボネア」は、1thモデルは「シーラカンス」、2thモデルは日本、アメリカ、韓国のブランドによってグローバルモデルとなりました。3thモデルは、バブル期を逃し販売は苦戦したものの装備においては、非常に充実しており高級車としての存在感を持っているモデルです。歴代モデルを通して三菱のイメージを色濃く表現したモデルです。