【アウディ A5】好調アウディの人気車種を徹底調査!中古購入の注意点や新型情報、評価などをまとめました!

2016年のフルモデルチェンジが噂されているアウディ A5。そもそもアウディ A5とはどんな車なのでしょうか? 新車購入を検討している方や、中古車の購入を検討している方、そしてアウディが大好きなあなたも知らなきゃ損する情報盛りだくさん! いまさら人に聞けないアウディ A5のあんな事やこんな事について調査します。意外と知られていない情報も飛び出すかも!? これを読めば、あなたもアウディ A5通!

今、大人気のアウディ。アウディ A5ってどんな車?

ドイツのプレミアムブランドの一角を担うアウディ。そんなアウディの「A5」は、その名の通り「A4」と「A6」の中間に当たるグレードになります。4代目アウディA4の派生車として誕生したA5は、1996年にアウディ80をベースにした「アウディ クーペ」が生産終了して以来、アウディとしては11年ぶりの4シーター・2ドアクーペとして2007年に発表されました。日本では、翌2008年から発売されています。その翌年、2009年にはオープンモデルである「A5 カブリオレ」と5ドアハッチバックとなる「A5 スポーツバック」が相次いで投入されました。
2016年3月現在の現行モデルは、2012年1月にマイナーチェンジが実施されたもの。同時に、カブリオレとスポーツバックもマイナーチェンジを受けています。ヘッドライトやテールのデザインが変わり、ひと目でマイナーチェンジ後のモデルと分かります。それまであったV6の3.2リッターエンジンは廃止され、代わりにすべて2.0リッターのインタークーラー付ターボエンジンとなりました。ダウンサイジング・ターボが隆盛となった昨今では驚くべきことではないかもしれません。しかし、欧州のプレミアムブランドにおける2ドア・クーペモデルと言えば、かつては同クラスの4ドアモデルと比べて非常に贅沢な車という位置づけでしたので、せめて2ドア・クーペの「アウディ A5」だけでも大排気量エンジンの選択肢を残して欲しかったと思います。
ただ、そんな車好きの気持ちを見透かしたかのように、A5シリーズにはハイパワー版の「S5」というモデルが用意されています。通常のA5が211ps/35.7kgmなのに対し(それでも無過給の3~3.5リッタークラスなので十分速い)、S5は3.0リッターV6直噴スーパーチャージャーエンジンを搭載し、333ps/44.9kgmという強大なパワーを発揮します(駆動方式はどちらもクワトロ=フルタイム4WDを採用)。また、A5が右ハンドルのみの設定なのに対し、S5は左ハンドルも選べます。

新型 アウディ A5 フルモデルチェンジ情報!

出典:http://www.caranddriver.com/photo-gallery/2016-audi-a5-rendered-detailed-news#2

新型アウディA5の予想CG。

実はこの記事を書いているのが、2016年のジュネーブモーターショーの真っ最中。当初はそのジュネーブショーで新型のアウディ A5がお目見えするのではないかと言われていたのですが、最新の情報では2016年末のロサンゼルス国際自動車ショー(LAオートショー)か2017年初頭の北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)のいずれかでデビューする可能性が高いという話です。日本での発売開始は2017年になりそうです。
ボディサイズは現行のA5より全長が100mm以上大きくなる予想ですが、フォルクスワーゲン・グループの共通プラットフォーム「MLB Evo」の採用によっておよそ100kgもの軽量化を実現すると言われています。同じプラットフォームを採用して先ごろフルモデルチェンジした「新型 アウディ A4」は、最大120kgの軽量化と33%の燃費向上を果たしました。この結果から推測すると、現行A5のJC08モード燃費が13.6km/Lなので、新型のアウディA5は18km/L以上となりそうです。
ラインナップは現行型と同じく、2ドア・クーペの「A5 クーペ」、オープンモデルの「A5 カブリオレ」、5ドア・ハッチバックの「A5 Sportback」となるでしょう。もちろん、ハイパワー版の「S」もそれぞれ用意されるはずです。最新のテクノロジーで、環境性能・安全性能、そして走りがどのように進化するのか、今から楽しみで仕方ありません!

2017年に新型アウディA5がデビュー予定ですが、欧州車は「イヤーモデル」制なので、毎年小変更・小改良を加えてきます。2012年にビッグマイナーを受けてから5年が経過しているので、熟成が進んだ現行モデルは究極の「アウディ A5」と言っても過言ではありません。新型が楽しみなのは事実ですが、ユーザーの声もフィードバックされて改良が進んだ最終現行モデルも魅力がいっぱいあります。ここからは、そんな現行型について、ラインナップや価格、それぞれのモデルの燃費などについてまとめてみます。(価格はいずれも2016年3月時点の情報。車両本体価格のみ・消費税8%込み)さらに試乗記やカスタム、新車・中古車のよくある故障などについても情報を集めてみました!

アウディ A5 Coupe(クーペ) 価格:634万円

出典:http://www.audi.co.jp/jp/brand/ja/models/a5/a5/design/gallery.html

車名:A5 Coupé 2.0 TFSI quattro
全長:4,645mm
全幅:1,855mm
全高:1,375mm
総排気量:1,984cc
エンジン種類:直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボチャージャー
最高出力:155kW (211PS) /4,300-6,000rpm
最大トルク:350Nm (35.7kgm) /1,500-4,200rpm
駆動方式:クワトロ (フルタイム4WD)
ミッション:7速 Sトロニックトランスミッション
ステアリング位置:右
車両重量:1,640kg
JC08モード燃費:13.6km/L

アウディ A5 Sportback(スポーツバック) 価格:615万円

車名:A5 Sportback 2.0 TFSI quattro
全長:4,730mm
全幅:1,855mm
全高:1,390mm
総排気量:1,984cc
エンジン種類:直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボチャージャー
最高出力:155kW (211PS) /4,300-6,000rpm
最大トルク:350Nm (35.7kgm) /1,500-4,200rpm
駆動方式:クワトロ (フルタイム4WD)
ミッション:7速 Sトロニックトランスミッション
ステアリング位置:右
車両重量:1,710kg
JC08モード燃費:13.6km/L

アウディ A5 Cabriolet(カブリオレ) 価格:694万円

出典:http://www.audi.co.jp/jp/brand/ja/models/a5/a5_cabriolet/design/multimedia_experience.html

車名:A5 Cabriolet 2.0 TFSI quattro
全長:4,645mm
全幅:1,855mm
全高:1,375mm
総排気量:1,984cc
エンジン種類:直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボチャージャー
最高出力:155kW (211PS) /4,300-6,000rpm
最大トルク:350Nm (35.7kgm) /1,500-4,200rpm
駆動方式:クワトロ (フルタイム4WD)
ミッション:7速 Sトロニックトランスミッション
ステアリング位置:右
車両重量:1,860kg
JC08モード燃費:13.0km/L

アウディ S5 Coupe(クーペ) 価格:938万円

出典:http://www.audi.co.jp/jp/brand/ja/models/a5/s5/design/multimedia_experience.html

車名:S5 Coupé
全長:4,655mm
全幅:1,855mm
全高:1,375mm
総排気量:2,944cc
エンジン種類:V型6気筒DOHCスーパーチャージャー
最高出力:245kW (333PS) /5,500-6,500rpm
最大トルク:440Nm (44.9kgm) /2,900-5,300rpm
駆動方式:クワトロ (フルタイム4WD)
ミッション:7速 Sトロニックトランスミッション
ステアリング位置:右/左
車両重量:1,750kg
JC08モード燃費:12.8km/L

アウディ S5 Sportback(スポーツバック) 価格:927万円

出典:http://www.audi.co.jp/jp/brand/ja/models/a5/s5_sportback/design/multimedia_experience.html

車名:S5 Sportback
全長:4,730mm
全幅:1,855mm
全高:1,390mm
総排気量:2,944cc
エンジン種類:V型6気筒DOHCスーパーチャージャー
最高出力:245kW (333PS) /5,500-6,500rpm
最大トルク:440Nm (44.9kgm) /2,900-5,300rpm
駆動方式:クワトロ (フルタイム4WD)
ミッション:7速 Sトロニックトランスミッション
ステアリング位置:右/左
車両重量:1,810kg
JC08モード燃費:12.6km/L

アウディ S5 Cabriolet(カブリオレ) 価格:1,002万円

出典:http://www.audi.co.jp/jp/brand/ja/models/a5/S5_cabriolet/design/multimedia_experience.html

車名:S5 Cabriolet
全長:4,655mm
全幅:1,855mm
全高:1,375mm
総排気量:2,944cc
エンジン種類:V型6気筒DOHCスーパーチャージャー
最高出力:245kW (333PS) /5,500-6,500rpm
最大トルク:440Nm (44.9kgm) /2,900-5,300rpm
駆動方式:クワトロ (フルタイム4WD)
ミッション:7速 Sトロニックトランスミッション
ステアリング位置:右/左
車両重量:1,990kg
JC08モード燃費:12.3km/L

アウディ RS 5 Coupe(クーペ) 価格:1,375万円

出典:http://blogforcars.com/2016-audi-rs5-review-specs-price-release-date/

車名:RS 5
全長:4,650mm
全幅:1,860mm
全高:1,375mm
総排気量:4,163cc
エンジン種類:V型8気筒DOHC
最高出力:331kW (450PS) /8,250rpm
最大トルク:430Nm (43.8kgm) /4,000-6,000rpm
駆動方式:クワトロ (フルタイム4WD)
ミッション:7速 Sトロニックトランスミッション
ステアリング位置:右/左
車両重量:1,810kg
JC08モード燃費:8.1km/L

アウディ RS5 Cabriolet(カブリオレ) 価格:1,523万円

出典:http://www.audi.co.jp/jp/brand/ja/models/a5/rs5_cabriolet/design/multimedia_experience.html

車名:RS 5 Cabriolet
全長:4,650mm
全幅:1,860mm
全高:1,375mm
総排気量:4,163cc
エンジン種類:V型8気筒DOHC
最高出力:331kW (450PS) /8,250rpm
最大トルク:430Nm (43.8kgm) /4,000-6,000rpm
駆動方式:クワトロ (フルタイム4WD)
ミッション:7速 Sトロニックトランスミッション
ステアリング位置:右/左
車両重量:2,000kg
JC08モード燃費:(非公表)

アウディ A5 シリーズ 価格と燃費のまとめ

A5 クーペ 価格:634万円/燃費:13.6km/L
A5 スポーツバック 価格:615万円/燃費:13.6km/L
A5 カブリオレ 価格:694万円/燃費:13.0km/L
S5 クーペ 価格:938万円/燃費:12.8km/L
S5 スポーツバック 価格:927万円/燃費:12.6km/L
S5 カブリオレ 価格:1,002万円/燃費:12.3km/L
RS 5 クーペ 価格:1,375万円/燃費:8.1km/L
RS5 カブリオレ 価格:1,523万円/燃費:非公表
(価格は車両本体のみ・8%税込み。燃費はJC08モード)
国産ハイブリッドカーなどの燃費を見慣れていると13.6km/Lという値は悪く感じるかもしれませんが、2008年に登場した車であることを考えると、このクラスでは結構いい燃費と言えます。そもそも燃費重視の方は、こういった車は選ばないかもしれませんね。価格は600万円台からとかなりいいお値段がします。最上級モデルは1,500万円超え! 相当なラグジュアリーカーの部類に入ります。

アウディ A5 実際に試乗した方の感想

アウディA5 Sportbackはデビューしてすでに4年が経過していますが、質感はさすがに今でも一線級ですね。
新型メルセデスCクラスがデビューして以来、クラスレスに質感が高められ、今までは内装クオリティといえばアウディが一歩先んじていた部分もウカウカしていられなくなりました。

内装のデザインとしては、やはり若干古さを感じる部分もありますが、ボタン類などの加飾に関してはセンスよくまとめられていますね。

出典:drumsyos.blog.fc2.com

走り始めてみますが、最高出力 [ネット] 155kW (211PS) /4,300-6,000rpm、最大トルク [ネット] 350Nm (35.7kgm) /1,500-4,200rpmのエンジンは、車重が1640kgもあるとは思えないほど力強く発進します。

トルク感も強いです。先日初めて試乗したレクサスNX200tの238psよりも力強く感じます。
7速DCTである、アウディでいうところのSトロニックがいい仕事をしているのでしょう。

しかしながら、DCTならではのクセか、低速時、おそらく2速とか1速の切り替えのタイミングでは若干ギクシャクするときもありました。

出典:drumsyos.blog.fc2.com

アウディA5 Sportbackの乗り味はかなり硬質。
S-LineパッケージにはQuattro製のスポーツサスペンションになっているとのことですが、低速域での街中では、ギャップを連続して超える際、やや跳ねる感じもしました。
とは言え、ポンポン跳ねるわけではなく、車重とボディ剛性のお陰で硬質感はあるけれど角の取れたアタリとなっているので、不快な感じはありません。
ノーマルサスを試していないので、そちらとどのくらい差があるかは不明です。

S-Lineも標準グレードも同じ18インチですが、ロードノイズはやや大きく聞こえる気がします。

出典:drumsyos.blog.fc2.com

まずはスタイリングですが、コンサバなデザインのアウディ車のなかでは飛び抜けてグラマラスな印象のA5。
ワイド&ローが強調されたスタイリングと、フェンダー周りのふくよかな曲線が美しいです。
それでいて、内装の質感もアウディならではの高品質で、飽きの来ない道具のような良さがあります。
アルミパーツの使い方など、やはりセンスいいですね。

そして、乗り味ですが、これまた硬質感溢れた、そしてトルク感とダイレクト感に富んだ、まさに濃い乗り味。
硬いと言っても、昨今のメルセデスのような硬さともまた違う、さらに角の丸い硬質感。
クワトロならではの安心感と安定感もありますので、これはこれで完成された世界観だなと。
滑りを伴わないDCTのSトロニックのダイレクト感あるフィーリングと、TFSIのトルク感はやはり癖になります。

出典:drumsyos.blog.fc2.com

アウディ A5 故障の心配は?

「輸入車は壊れやすい」というネガティブなイメージはまだ抜けきれていません。確かに、一昔前の輸入車は国産車と比べるとはるかに壊れやすいものが多かったのも事実です。世界的に見ると、実は輸入車が壊れやすかったのではなく、国産車が断然壊れにくかったというのが本当のところでしょう。現在の輸入車は、15~20年前と比べてもだいぶ故障が少なくなっています。特にドイツのプレミアムブランドであるメルセデス・ベンツ、BMW、アウディは以前よりはるかに故障が少なくなりました。
アウディはフォルクスワーゲン・グループの一員であり、品質管理は徹底的に行われています。しかしながら、まったく故障がないわけではありません。特に中古車でアウディ A5を購入する際に注意したいのは、「7速 Sトロニック」です。フォルクスワーゲンでは「DSG」とも言われる、このデュアルクラッチ・トランスミッション。決して故障が多いわけではないのですが、故障すると修理費用がかなり高額になります。故障内容や修理する工場によりますが、40~50万円から100万円を超える修理費がかかることもあります。アウディ A5を中古で購入する場合、以下の点に注意してみてください。
1.クラッチから異音(ウィーンといった音)がしないか
2.変速時の衝撃が大きくないか
3.変速はスムーズか
4.発進時に違和感を感じたり、変速のショックが大きすぎないか
5.後進(バック)時に違和感がないか
ご自分で判断するのが難しい場合は、信頼できるショップやディーラーで購入す
るのが一番です。

中古車をお探しの方はこちら

アウディ A5の最新カスタム事情

出典:http://www.automobilesreview.com/auto-news/abt-2012-audi-a5-sportback-stylish-sporty-and-fast/59384/

アウディ・カスタムの定番中の定番「ABT」

出典:http://www.9tro.com/events/shows-exhibitions/2015-osaka-auto-messe-part-2

A5スポーツバック・WALD仕様。ホイールもWALDのBALCAS。

出典:http://www.rowen.co.jp/product/detail.php?id=126

ROWENのA5スポーツバック。ホイールはWORKのGNOSIS。

カスタムのベースとしてもアウディA5は優秀ですね! もともと流れるような美しいデザインで、ワイド&ローなフォルムをしていますので、エアロパーツやホイールを装着するとスポーティさが際立ちます。シンプルにインチアップとダウンサスだけでもグッと印象が変わります。もっとお手軽にカスタムした場合はインテリアに目を向けてみましょう。ステアリングを替えたり、アウディの他の車種のシフトノブに交換したり。さらに他の輸入車の例にもれず小物入れスペースが少ないので、ドリンクホルダーをツインタイプにしてスマホなどの小物置きにする人も。アイディア次第で自分だけのアウディA5に仕上げたいですね!

【M's】アウディ A4/S4 A5/S5(B8系)ALCABO ドリンクホルダー(シルバー)//ツインタイプ AUDI アルカボ AL-T107S ALT107S 新品

¥13,997

販売サイトへ

WALD AUDI A5 SPORTBACK B8 8TC グレード:SLine SPORTS LINE 3点キット

¥232,611

販売サイトへ

アウディ A5の今後の動向に注目!

A4とA6の中間に位置しながら、確固たる地位を確立したアウディ A5。もともとスポーティ&ラグジュアリーな2ドア・クーペモデルがメインではあるものの、5ドア・ハッチバッククーペの「スポーツバック」を用意することで様々なニーズに対応しています。2017年のフルモデルチェンジへの期待感も高まる一方。今後もアウディ A5から目が離せませんね!