【日産 プレセア】国内で生産された車。女性からの支持が特に高かったのはご存じですか?

日産自動車が出していた「プレセア」という車。どんな車かご存じですか? この車、実は発売していたときは女性からの支持が高かった車なのです。では一体どんな車なのでしょうか。

プレセアっていったいどんな車なの?

プレセア(Presea )は、日産自動車(以下、日産)が1990年から2000年までの10年間にわたり、製造・販売していた乗用車のことです。製造に関しては、初代は座間工場、2代目は村山工場が担当していました。

耽美的なスタイリングを重視した4ドアハードトップクーペとして、1990年6月に登場しました。その柔和なエクステリアデザインやスタイリングが、特に女性を中心として支持を集めたのです。その優雅なスタイリングを手に入れると引き換えに、車高が低いということが後席の居住性をかなり犠牲にしてしまい、その後のユーザー価値観の変化について行くことが出来す、徐々に販売成績が低下し、2000年8月に製造・販売が終了となり、10年にわたるその歴史に幕を下ろ州ことになったのです。

ちなみに、プレセアの名前の由来は、スペイン語で「宝石」や「かけがえのない大切なもの」を意味しています。これは社内の女性デザイナーがつけた名前で、グレード名は車名にちなんだ「Ct.(カラット)」を使用していました。ボディカラーも全て宝石の名前をつけていたことから、女性をターゲットに作られた車ということがわかりますね。

初代:あのローレルの派生車種の後継として生まれました。

1990年6月に登場したプレセア。ローレルスピリットの後継車種として、サニーの基本コンポーネンツを流用して開発されました。エンジンは、1.5L・1.8L・2.0Lの3種類を搭載していて、フロントグリルのないフロントマスクや、ライトを点灯すると”マリンブルー”に発光するメーターパネルなどを搭載しています。テレビコマーシャルには、桐島かれんを起用した”見返り美人”のCMや、トパーズゴールドのテーマカラーといった、「和」を感じさせるモデルとして知られていました。

発売当初は、国内専用車の位置づけとされていましたが、登場から2年目には、香港・タイ・マレーシア・シンガポールの4カ国1地域で販売が開始されました。なお、国内仕様からの変更扱いなので、メーター目盛りが200km/h仕様とされました。

登場から1年後の、1991年5月には、スポーツグレード「ブラックスター」が追加され、同年12月には、エクセーヌのシート表皮や運転席パワーシートなどを採用した、ラグジュアリーグレード「ポーラスター」が追加設定されます。
翌1992年6月に、初代では最初で最後のマイナーチェンジ行われ、フロントバンパーにコーナリングランプが内蔵され、ボディを大型化するということで、全長が25mm延びています。また、スポーツグレードのCt.Sが追加ラインナップされました。翌年1993年6月には、全車のエアコンを新冷媒としました。そして、日産自動車の創立60周年を記念して、シート&トリムなどが専用装備とされた特別仕様車「1500Ct.II セレクションV60thアニバーサリー」が発売されました。

2代目:広い車が流行りという時代について行けず、終売となります。

登場から4年半、1995年1月に初のフルモデルチェンジが行われます。それと同時に、生産が村山工場へと移管されます。エンジンは、全てツインカムの3機種となります。スタイリングは初代ほどの支持を集めることができず、伸び悩む原因となります。ボディデザインが全体的に丸みを帯びていることと、特徴的な「リアコンビネーションランプ」に楕円形のフロントライト、それに異形グリル、というスタイリングが、世間の評価を分けることとなります。

1997年8月2代目登場から2年半でマイナーチェンジを行います。そしてそこから3年後の、2000年8月。日産リバイバルプランの一環として、抜本的な車種構成の見直しが行われます。この見直し対象に入り、製造・販売が終了されるのと同時に、プレセアはブルーバードシルフィに統合されることとなります。ここで10年のプレセアの歴史に幕が下ろされることになるのです。

現在プレセアは手に入るのか?

2016年3月9日現在、大手中古車情報サイトGooとカーセンサーによると、Gooでは3件、カーセンサーでは2件の登録にとどまっています。終売から16年の月日が流れていることもあり、あまり中古車市場にも出回ることはないようです。そしてGooでは、平均価格が支払総額で26万円前後、カーセンサーでは、同じく26万円前後となっています。なお、カーセンサーのプレセア2件はGooのものと同じなので、実質、全国で3台しか販売されていないということになります。

まとめ

いかがでしたか? 日産 プレセアについてご紹介しました。自動車はその時代の流れに乗っていかないとあっという間になくなってしまう車も多いのが実情です。そして、プレセアも例外ではありませんでした。現在ではわずか3台しか販売されていないということもあり、非常に貴重ですね。