【トヨタ ヴォクシー】2016年新型はハイブリッドエアロを設定、燃費と評価が高いミドルサイズミニバンは値引き額も拡大中!

トヨタ ヴォクシーはノア三兄弟の次兄です。北斗三兄弟に例えればトキのポジションで、その実力は長兄・ラオウにもひけをとりません。ヴォクシーの場合、長兄・ノアにひけをとらないどころか、販売台数ではトリプルスコアの大圧勝です。北斗三兄弟なら伝承者ポジションの末弟・エスクァイアには4倍もの大差です。中身は同じクルマ同士で、どうしてこうも大差がついたのでしょうか? 圧倒的なヴォクシーの強さの秘密に迫ります。

トヨタ ヴォクシーとは?

トヨタ ノア三兄弟の次兄、国産ミニバン売上No.1!

トヨタ ヴォクシー HYBRID ZS
外装色はホワイトパールクリスタルシャイン

2001年よりトヨタ自動車が製造・販売している、ミドルサイズミニバンです。現行モデルで3代目です。兄弟車にノア、エスクァイアがあります。駆動方式はFFと4WD、エンジンはガソリンとハイブリッド、2-2-3の7人乗りと2-3-3の8人乗りモデルを用意しています。ハイブリッド車は全車、7人乗りのみとなります。

前身はトヨタオート店、トヨタビスタ店で販売されていたトヨタ ライトエースのワゴンバージョン「ライトエースノア」です。ライトエースノアは駆動方式にFRを採用していました。1998年に発足したばかりのトヨタネッツ店の若々しいイメージに合わせるかのように、1970年から続いたライトエースノアは後進のヴォクシーに道を譲りました。

【エンジン】ハイブリッドとガソリン、燃費が気になる!

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/T8fqgjhLGC4" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

トヨタ ヴォクシー ハイブリッドシステム【技術】

トヨタ ヴォクシーに搭載されるパワートレーンは2種類、2,000ccガソリンエンジンと1,800ccハイブリッドシステムです。ともにレギュラーガソリンを使用し、燃費はガソリンエンジンがおおむね16.0km/L、ハイブリッド車が23.8km/Lです。車両価格の差額は、ハイブリッド車がガソリンエンジン車に対し、およそ50万円高です。

8人乗りが必要なら、ガソリン車を選ばざるを得ませんが、7人乗りを購入するのなら、どちらを選べばいいか迷いますね。2016年3月現在、レギュラーガソリンの価格はおよそ100円/Lです。車両価格差額の50万円で、5,000Lのガソリンが購入できます。燃費が7.8km/L の差があるので、およそ39,000km以上多く走るようならガソリン車よりハイブリッド車の方が、購入費、維持費を含めたトータルコストでお得です。

せっかくミニバンを購入したのだから、とご家族でロングドライブや自動車旅行を楽しまれるようなら、ハイブリッド車にしておいた方がよいですね。もし、ご近所への買い物が中心で長距離運転は年に1、2回の帰省だけというのなら、ガソリン車の方がトータルコストでは、安価になりそうです。

※上記のトータルコストは、車両本体価格と燃料代のみを考慮しています。自動車税はエコカー減税が期限付きのため、将来に渡り購入時と同じ減税額とは限りませんので、考慮していません。

【評価・口コミ】ユーザーの生の声をチェック!

現行型ヴォクシーユーザーさんの生の声を集めてみました。総じて良い評価であるようです。

-トヨタ ヴォクシーの評価・評判 | Goo-net 口コミ情報クルマレビュー

男性的なエクステリア、お子さんや高齢者でも乗降しやすい低床、高級感のあるインテリアにご満足です。一方でハイブリッド搭載モデルですが、加速感にご不満のようです。2トンの車重を考えるとモーターのトルクがもう少し欲しい、というところでしょうか。

-トヨタ ヴォクシーの評価・評判 | Goo-net 口コミ情報クルマレビュー

同じくハイブリッドのヴォクシー煌です。ファミリーカーでカッコいい点が、旦那様のハートをがっちりと握って離さないのでしょうね。燃費にご不満ですが、どんな道路状態で走行しているかで燃費は変わります。都市部なら燃費は伸びるのですが、郊外や高速走行ではガソリンエンジンの出力で走るので、燃費は期待できません。

-トヨタ ヴォクシーの評価・評判 | Goo-net 口コミ情報クルマレビュー

自動車としての走行性能や燃費、ミニバンとしての室内空間の広さと使い勝手の良さにご満足されています。おそらくは「煌」をお選びになったと思うのですが、足回りの硬さがファミリーカーには不向きなようです。

今は買い時?新型車はいつ出る?

トヨタ ヴォクシー ZS 7人乗り 2WD
外装色はブラッキッシュアゲハガラスフレーク

現行型トヨタ ヴォクシーは2014年1月に発売され、2016年1月にマイナーチェンジを行いました。2016年3月現在、出来立てホヤホヤの新型車状態です。トヨタ ヴォクシーのモデルライフはおよそ6~7年と、日本車では長寿の部類なので、次期新型車のことは気にしなくても良さそうです。また次のマイナーチェンジは、2016年年末~2017年初頭と推察できます。こちらもまだ待つ必要はなさそうです。

【値引き交渉】値引き額の相場は?値引き交渉のやり方は?競合車は?

値引き額の相場はいくらぐらい?

値引き額の相場はいくらぐらいなのでしょうか? インターネットで購入者の体験談を集めてみると、車両本体から30万円引きが相場のようです。トヨタ ヴォクシーは日本で一番売れているミニバンです。毎月7,000台程度を売り上げ、2位のホンダ ステップワゴン、日産 セレナに対しダブルスコアで圧勝中です。ミニバン販売首位を守るためにも、値引き額が大きくなっていると思われます。

値引き交渉のやり方、ご紹介します!

【商談に臨む基本スタンス】
闇雲に値引き額を追求すると、セールスさんに嫌われて
「ウチで買ってもらわなくても結構!」
となりかねません。商談はあくまでも、
「他の車種と迷っているので、値引き額で背中を押してもらえませんか?」
というスタンスで臨むのが常套手段です。他には
「旦那様はヴォクシーを気に入っているのだけど、奥様はノアを気に入っている」
といった家庭内不和を解決するきっかけになるよう、セールスさんに値引きをお願いするというスタンスも有効です。

他車と迷っていることや旦那様と奥様で気に入っている車種が違うということを伝えても、ピンと来ないセールスさんはいるものです。もし、そういう方に会ってしまったら、早めにセールスさんをチェンジしましょう。販売店を変えるのも良いですが、筆者ならセールスさんの上司に直接電話して、お断りを入れます。この方法は、実は一か八かの大博打です。ここまで言われて大幅値引きを出さない上司は、そうはいません。この方法でダメなら、他の販売店で商談し直せば良いだけの話です。

【競合車を設定する】
競合方法として同じくミニバンをぶつけたいところですが、目下のところ国内ミニバンに対し無双状態なので、おそらくは相手にされないでしょう。でしたら、別ジャンルで人気のマツダ CX-5のガソリン車や、スバル レヴォーグをぶつけてみてはいかがでしょう。ただしライフスタイルが5人乗れたら十分、ということを匂わせておかないと失敗する作戦です。

順当にミニバンをライバルとしてぶつけるのであれば、2016年3月現在なら、三兄弟の長兄・ノアと末弟・エスクァイアです。次兄・ヴォクシーの派手なエクステリアは苦手だけど値引き次第では購入してもいい、というスタンスで商談に臨んでみましょう。

もし7月まで購入を待てるのなら、日産 次期セレナが一押しのライバルです。次期型では高速道路のみですが、自動運転が解禁される第1号車となる見込みです。モデルの新しさと本当の先進性を武器にする新型セレナを引き合いに出し、大幅値引きを出せるのなら契約する、とやってみたら良いでしょう。

【ホット客であることをアピールする】
セールスさんも毎月、鬼のようなノルマを抱えています。無駄なお話などしたくないのです。そこで、商談者は買う気があることをアピールします。業界でいう「ホット客」です。アピールといっても大したことはしなくて良いのですが、これだけは伝えましょう。

●期限を区切って早急に自動車が必要であること
●具体的な予算を提示して、この金額では狙っているクルマが予算的に厳しいこと

あとは、セールスさんが頑張ってくれます。

【予算設定が一番大事!】
予算を明かすのは、セールスさんに値引き目的ではない、ということを伝えるためです。例えば、280万円の予算で260万円の車両に30万円のオプションを付けたら、予算オーバーだから頭を悩ませている、といった趣旨を伝えれば、大概のセールスさんは上司に無理を言ってでも希望を叶えてくれようとするものです。上記の例なら40万円以上は値引かないと、予算に合いません。ちょっと無理っぽいですよね。このちょっと無理っぽい予算設定が、大幅値引きを引き出すカギです。
いたずらに値引き合戦を仕掛けると、セールスさんは嫌になって商談から降りてしまいます。あくまでも予算に合わないこと、他のクルマは頑張ってくれていること、を伝えればよいのです。

トヨタ ヴォクシーは人気車なのに大盤振る舞い中、と気前の良い販売攻勢を仕掛けています。おそらく上記のような値引き交渉術を駆使しなくても、ご相談に乗ってくれるでしょう。値引き商談に不慣れな方には、練習がてらにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

トヨタ ヴォクシーと競合するライバル車は?

日産 次期セレナ

日産 セレナは2016年7月にフルモデルチェンジ予定です。自動車としてのスペックや性能に大きな違いはありませんが、自動運転技術が高速道路のみですが、解禁される第1号となる見込みです。これはトヨタ ヴォクシーにはない大きなアドバンテージです。この点を強調して魅力を感じていることを伝えて、ヴォクシーから超大幅値引きを獲得しましょう!

ホンダ ステップワゴン

現行型ホンダ ステップワゴンは2015年4月より販売されており、そろそろ1年が経過しようという新型車です。にも関わらず、モデル末期の現行型日産 セレナとほぼ同じ台数しか売れていないのです。筆者的には1,500cc VTECをダウンサイジングターボで武装しているので、低回転はトルクフルで高回転はVTEC特有の高周波音がして楽しいクルマだと思うのですが…

そこで、2016~2017年にかけてハイブリッド車の追加が噂されています。もし、ホンダ ステップワゴンをトヨタ ヴォクシーの競合車に設定するのなら、ハイブリッド車が追加されてからの方が良いでしょう。現在の状況では、競合しようにもライバルになりません。

ただし、ステップワゴンよりも販売台数の少ないノアやエスクァイアに対しては別ですが…

トヨタ ヴォクシー HYBRID ZSのカタログスペック・価格・燃費

メーカー希望小売価格 3,229,200円(消費税込み)
燃料消費率 23.8km/L

車両型式 DAA-ZWR80W
駆動方式 FF
乗車定員 7名
車両重量 2,005kg

【車両寸法】
全長 4,710mm
全幅 1,730mm
全高 1,825mm
ホイールベース 2,850mm
トレッド(前) 1,500mm
トレッド(後) 1,480mm
最低地上高 160mm
最小回転半径 5.5m

【室内寸法】
全長 2,930mm
全幅 1,540mm
全高 1,400mm

【走行メカニズム】
変速機 電気式無段変速機
ステアリング パワーアシスト付ラック&ピニオン式
サスペンション(前) マクファーソン・ストラット式コイルスプリング(スタビライザー付)
サスペンション(後) トーションビーム式コイルスプリング(スタビライザー付)
ブレーキ(前) ベンチレーテッドディスク
ブレーキ(後) ディスク
タイヤサイズ 205/55R16タイヤ&6J鍛造アルミホイール

【エンジン部】
型式 2ZR-FXE
種類 直列4気筒DOHC
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
内径 80.5mm
行程 88.3mm
総排気量 1.797cc
圧縮比 13.0
最高出力 99ps/5,200rpm
最大トルク 14.5kgf・m/4,000rpm
燃料タンク容量 50L

【モーター部】
型式 5JM
種類 交流同期電動機
最高出力 82ps
最大トルク 21.1kgf・m

【システム合計】
システム最高出力 136ps
燃料消費率 23.8 km/L ※JC08モードによる国土交通省審査値

トヨタ ヴォクシー HYBRID ZS 標準装備

タイヤ&ホイール

●205/55R16タイヤ

●6J鍛造アルミホイール

●タイヤパンク応急修理キット
●スタビライザー(フロント・リヤ)

外装

●専用エアロパーツ
 ・フロント大型バンパー(メッキ加飾付)
 ・フロントフェンダー

出典:http://toyota.jp/voxy/grade/grade7/

・リヤ大型バンパー

出典:http://toyota.jp/voxy/grade/grade7/

・リヤスポイラー

出典:http://toyota.jp/voxy/grade/grade7/

・大型サイドマッドガード

出典:http://toyota.jp/voxy/grade/grade1/

●ハイブリッドシンボルマーク(フロント・サイド・リヤ)

●エンジンフードサイレンサー
●エアスパッツ(フロント・リヤ)
●カラードアウトサイドドアハンドル
●電気式バックドアハンドル

エンジン・メカニズム

●ECB(電子制御ブレーキシステム)
●フロントベンチレーテッドディスクブレーキ
●リヤディスクブレーキ
●モードスイッチ
 ・エコドライブモード
 ・EVドライブモード
 ・パワーモード
●足踏み式パーキングブレーキ(作動 / 解除)

出典:http://toyota.jp/voxy/safety/active/

●EBD付ABS+ブレーキアシスト

出典:http://toyota.jp/voxy/safety/active/

●ヒルスタートアシストコントロール

ウインドウ・ミラー

●UVカット機能付ウインドシールドガラス
 ・グリーン合わせ
 ・高遮音性ガラス
●UVカットグリーンガラス(フロントドア)
●UVカット機能付プライバシーガラス(スライドドア・リヤクォーター・バックドア)

出典:http://toyota.jp/voxy/grade/grade7/

●後席用サンシェード

●オート電動格納式リモコンカラードドアミラー
 ・サイドターンランプ
 ・助手席側アスフェリカルミラー
●パワーウインドゥ
 ・フロント・スライドドアガラスワンタッチ式
 ・キーOFF後作動機能
 ・挟み込み防止機能

予防安全

●Toyota Safety Sense C

出典:http://toyota.jp/voxy/safety/tssc/

・プリクラッシュセーフティシステム(レーザーレーダー + 単眼カメラ方式)

出典:http://toyota.jp/voxy/safety/tssc/

・レーンディパーチャーアラート

出典:http://toyota.jp/voxy/safety/tssc/

・オートマチックハイビーム

出典:http://toyota.jp/voxy/safety/tssc/

●先行車発進告知機能

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/PV2W8CFax24" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

●ドライブスタートコントロール

●S-VSC

出典:http://toyota.jp/voxy/safety/active/

●車両接近通報装置

衝突安全

●SRSエアバッグ(運転席・助手席)
●SRSニーエアバッグ(運転席)

出典:http://toyota.jp/voxy/safety/passive/

●全席ELR付3点式シートベルト
 ・前席プリテンショナー
 ・フォースリミッター機構

●アジャスタブルシートベルトアンカー(運転席・助手席)

出典:http://toyota.jp/voxy/safety/passive/

●汎用ISOFIX対応チャイルドシート固定専用バー + トップテザーアンカー(セカンドシート左右席)

●運転席・助手席シートベルト非着用警告灯(点滅式+警告音機能付)
●チャイルドプロテクター(スライドドア)

出典:http://toyota.jp/voxy/safety/passive/

●WILコンセプトシート(運転席・助手席)

視界

●LEDヘッドランプ
 ・オートレベリング(ロービーム)機能付
 ・LEDクリアランスランプ
●オートマチックハイビーム対応コンライト(ライト自動点灯 + 消灯システム)
●フロントフォグランプ
●防眩インナーミラー
●リヤウインドゥデフォッガー(タイマー付)
●ウォッシャー連動間欠フロントワイパー(時間調整式+車速感応式)

出典:http://toyota.jp/voxy/safety/active/

●ウォッシャー連動間欠リヤワイパー(リバース連動機能付)

出典:http://toyota.jp/voxy/safety/active/

●LEDハイマウントストップランプ
●緊急ブレーキシグナル

メーター・モニター

出典:http://toyota.jp/voxy/grade/grade7/

●ハイブリッド専用オプティトロンメーター(メーター照度コントロール付)

出典:http://toyota.jp/voxy/grade/grade7/

●4.2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ

●ハイブリッドシステムインジケーター
●サンバイザー
 ・バニティミラー(運転席・助手席)
 ・チケットホルダー(運転席)
●フューエルリッドオープナー
●電気式ツイントリップメーター
●パーキングブレーキ戻し忘れ警告ブザー
●フューエル残量警告灯
●半ドアウォーニング
●キー忘れ防止ブザー
●ランプ消し忘れ防止ブザー
●デジタル時計

ステアリング

出典:http://toyota.jp/voxy/grade/grade7/

●本革巻き3本スポークステアリングホイール

●ステアリングスイッチ(オーディオ+マルチインフォメーションディスプレイ)
●チルト&テレスコピックステアリング
●電動パワーステアリング(車速感応型)

シフト

出典:http://toyota.jp/voxy/grade/grade7/

●エレクトロシフトマチック

ドアまわり

●インサイドドアハンドル
 ・フロント メタリック
 ・リヤ ブラック
●スライドドアトリム
●ドアスカッフプレート
●アシストグリップ
 ・助手席 1ヵ所
 ・セカンドシート 2ヵ所
 ・サードシート 2ヵ所
●大型アシストグリップ(センターピラー左右)
●チャイルドグリップ(センターピラー左右)

照明・電源

●イルミネーテッドエントリーシステム(パワースイッチ+ルームランプ)
●LEDダウンライト
●フロントパーソナルランプ
●ルームランプ(センター・リヤ)
●アクセサリーソケット(DC12V・120W/センターロアボックス上部)

空調

出典:http://toyota.jp/voxy/grade/grade7/

●フロントオートエアコン
 ・左右独立温度コントロール
 ・S-FLOW(1席集中モード)
 ・湿度センサー付

●プッシュ式フロントヒーターコントロールパネル(ピアノブラック塗装)

出典:http://toyota.jp/voxy/grade/grade7/

●リヤクーラー

●クリーンエアフィルター

シート

出典:http://toyota.jp/voxy/grade/grade7/

●ファブリックシート表皮
 ・エアロ専用
 ・消臭機能付

●2列目キャプテンシート
 ・超ロングスライド
 ・リクライニング
 ・横スライド
 ・両側アームレスト

出典:http://toyota.jp/voxy/interior/equip/

・折りたたみ式サイドテーブル(カップホルダー2個付)

●アームレスト(運転席・助手席)
●運転席シート上下アジャスター
●5:5分割ワンタッチスペースアップサードシート
●全席へッドレスト
●サードシート中央席へッドレスト用収納スペース
●フットレスト(運転席)

収納

出典:http://toyota.jp/voxy/interior/equip/

●助手席大型オープントレイ

●助手席シートバックポケット

出典:http://toyota.jp/voxy/interior/equip/

●センターコンソールトレイ

出典:http://toyota.jp/voxy/interior/equip/

●オーバーヘッドコンソール

出典:http://toyota.jp/voxy/interior/equip/

●助手席アッパーボックス

出典:http://toyota.jp/voxy/interior/equip/

●グローブボックス

出典:http://toyota.jp/voxy/interior/equip/

●センタートレイ

出典:http://toyota.jp/voxy/interior/equip/

●センターマルチトレイ(カップホルダー2個付)

出典:http://toyota.jp/voxy/interior/equip/

●センターロアボックス

●運転席ロアボックス+カードホルダー

出典:http://toyota.jp/voxy/interior/equip/

●フロントドアポケット+ボトルホルダー

出典:http://toyota.jp/voxy/interior/equip/

●スライドドアポケット+ボトルホルダー

出典:http://toyota.jp/voxy/interior/equip/

●買い物フック(運転席シートバック)

ラゲージ

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/RI_Ywl2p_3A" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

ヴォクシー ラゲージ

●スーパーラゲージボックス

出典:http://toyota.jp/voxy/interior/indoor_space/

●6:4分割デッキボード

出典:http://toyota.jp/voxy/interior/equip/

●デッキトリムボトルホルダー

●デッキフック(2個)

操作性

出典:http://toyota.jp/voxy/grade/grade7/

●スマートエントリーシステム
 ・運転席・助手席・バックドア / アンサーバック機能付
 ・プッシュスタートシステム
 ・スマートキー 2個

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/G-OkqQoV9WA" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

●助手席側ワンタッチスイッチ付パワースライドドア
 ・デュアルイージークローザー
 ・挟み込み防止機能付

●ドアキー連動パワードアロック(バックドア連動)

オーディオ

出典:http://toyota.jp/voxy/grade/grade7/

●オーディオレス(カバーレス)
●4スピーカー

●ガラスプリントアンテナ

セキュリティ・その他

●盗難防止システム(イモビライザーシステム)[国土交通省認可品]
●工具
 ・ジャッキ
 ・ジャッキハンドル
 ・ハブナットレンチなど

トヨタ ヴォクシー Vのカタログスペック・価格・燃費

【2WDモデル】 燃料消費率 16.0km/L
●7人乗り
 メーカー希望小売価格 2,725,527円(消費税込み)
●8人乗り
 メーカー希望小売価格 2,695,091円(消費税込み)

【4WDモデル】 燃料消費率 14.8km/L
●7人乗り
 メーカー希望小売価格 2,930,727円(消費税込み)
●8人乗り
 メーカー希望小売価格 2,900,291円(消費税込み)

車両型式 DBA-ZRR80G
駆動方式 FF
乗車定員 7名
車両重量 1,955kg

【車両寸法】
全長 4,695mm
全幅 1,695mm
全高 1,825mm
ホイールベース 2,850mm
トレッド(前) 1,480mm
トレッド(後) 1,475mm
最低地上高 160mm
最小回転半径 5.5m

【室内寸法】
全長 2,930mm
全幅 1,540mm
全高 1,400mm

【走行メカニズム】
変速機 Super CVT-i(自動無段変速機/7速スポーツシーケンシャルシフトマチック付)
ステアリング パワーアシスト付ラック&ピニオン式
サスペンション(前) マクファーソン・ストラット式コイルスプリング(スタビライザー付)
サスペンション(後) トーションビーム式コイルスプリング(スタビライザー付)
ブレーキ(前) ベンチレーテッドディスク
ブレーキ(後) リーディングトレーリング式ドラム
タイヤサイズ 195/65R15タイヤ&6Jアルミホイール

【エンジン】
型式 3ZR-FAE
種類 直列4気筒DOHC
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
内径 80.5mm
行程 97.6mm
総排気量 1.986cc
圧縮比 10.5
最高出力 152ps/6,100rpm
最大トルク 19.7kgf・m/3,800rpm
燃料タンク容量 55L
燃料消費率 16.0 km/L ※JC08モードによる国土交通省審査値

トヨタ ヴォクシー V 装備

標準装備は、先にご紹介した「HYBRID ZS」とほぼ共通です。相違する装備のみご紹介します。

タイヤ&ホイール

●195/65R15タイヤ

出典:http://toyota.jp/voxy/grade/grade4/

●15インチ6Jアルミホイール

エンジン・メカニズム

出典:http://toyota.jp/voxy/grade/grade4/

●アイドリングストップ機能(Stop & Start System)

●リヤドラムブレーキ ※2WD車のみ
●モードスイッチはエコドライブモードのみ

出典:http://toyota.jp/voxy/grade/grade4/

●クルーズコントロール、追加

ウインドウ・ミラー

●フロントウインドウから、高遮音性ガラス省略

予防安全

出典:http://toyota.jp/voxy/safety/active/

●S-VSC + アクティブトルクコントロール4WD協調制御※4WD車のみ

●車両接近通報装置、省略

メーター・モニター

出典:http://toyota.jp/voxy/grade/grade4/

●ハイグレードオプティトロンメーター(メーター照度コントロール付)

●エコドライブインジケーター(ランプ + ゾーン表示機能付)

シフト

●7速スポーツシーケンシャルシフトマチック
●ゲート式シフトレバー

出典:http://toyota.jp/voxy/grade/grade4/

●本革巻きシフトノブ

ドアまわり

●フロントインサイドドアハンドルがメタリックからメッキに変更
●スライドドアトリムがファブリックに変更

照明・電源

●イルミネーテッドエントリーシステムのパワースイッチからエンジンスイッチに変更
●LEDダウンライト、省略

空調

出典:http://toyota.jp/voxy/grade/grade4/

●フロントオートエアコンに蓄冷エバポレーター追加
●「ナノイー」追加

シート

出典:http://toyota.jp/voxy/grade/grade4/

●ファブリックシート表皮がエアロ専用タイプからハイグレードタイプに変更

【8人乗りモデルの2列目シート】
●6:4分割チップアップシート
 ・ロングスライド+リクライニング
 ・格納式センターボックス(カップホルダー 2個 + オープンボックス+フック付)

※画像はZSのものです。

収納

●助手席大型オープントレイがファブリック付に変更

出典:http://toyota.jp/voxy/interior/equip/

●助手席シートバックティッシュポケット、追加

●シートバックポケットが助手席から運転席に変更
●センターコンソールトレイ、省略

ラゲージ

出典:http://toyota.jp/voxy/interior/indoor_space/

●デッキボードから6:4分割、省略

オーディオ

出典:http://toyota.jp/voxy/grade/grade4/

●4スピーカーから6スピーカーに変更

中古車でお得にヴォクシーをGETしたい!

トヨタ ヴォクシーは、ある意味子供服のようなものです。お子様の成長に合わせて、ファミリーカーを大きくしていかないと、ご家族での移動が窮屈になり、お子様もご両親とのお出掛けが億劫になります。とはいえ、お子様の成長は速いもの。お子様の成長に合わせてご家族用のファミリーカーを買い替えていては、家計が破たんしかねません。
そこでご提案です。中古車を乗り継いでみてはいかがでしょう。中古車なら上手に選択すればお買い得車があります。お子様の成長に合わせ車検ごとに買換え、という荒業だってできそうです。
トヨタ ヴォクシーは人気車のため、初代モデルから在庫が豊富です。下に走行距離10万km以下、1年あたりの走行距離1万km以下のどちらかの基準を満たす、T-Value対象車をピックアップしてみました。

R60G型初代モデル(2001年 - 2007年)

出典:http://gazoo.com/U-Car/VehicleInfo/UCarDetailInfo.aspx?id=8022359683

トヨタ ヴォクシー Z
年式 2005(H17)
走行距離 84,000km
本体価格 37.1万円(消費税込み)

初度登録から11年経過しているためか、人気車にしてはお安い初代モデルです。走行距離が8.4万kmではありますが、1年あたり7,600kmしか走っていないので、年式の割りにへたりがすくないと思われます。

R70G/W型2代目モデル(2007年 - 2014年)

出典:http://gazoo.com/U-Car/VehicleInfo/UCarDetailInfo.aspx?id=3231685081

トヨタ ヴォクシー X Lエディション
年式 2008(H20)
走行距離 77,000km
本体価格 88.8万円(消費税込み)

まだまだ人気の2代目モデルですが、うまく選べば相場より安く購入できます。この車両は外装色が赤という不人気色であるため、価格がお安いようです。

R80G/W型3代目モデル(2014年 - )

出典:http://gazoo.com/U-Car/VehicleInfo/UCarDetailInfo.aspx?id=8022229739

トヨタ ヴォクシー X
年式 2015(H27)
走行距離 21,000km
本体価格 216万円(消費税込み)

中古車と言ってもまだ1年前のモデルです。新車価格より30万円ほどしか、お安くありません。この差なら、新車で注文を出しても良いかもしれませんね。

中古車をお探しの方はこちら

【まとめ】ヴォクシー人気はまだまだ続く!?

トヨタ ヴォクシー HYBRID V
外装色はホワイトパールクリスタルシャイン

トヨタ ヴォクシーのまとめ、いかがでしたでしょうか。ヴォクシーは中身はノアと同じなのですが、随所をうまくアレンジし、ヤングファミリー層に喜ばれています。

若いパパさん向けに、フロントマスクをちょっといかつくし、キャバ嬢さんを連想させるような「ブラッキッシュ【アゲハ】ガラスフレーク」といったネーミングを外装色に採用してみたり、ZSの黒とオレンジのインテリアはG-SHOCKやスポーツシューズにも通じるデザインだったり、と男心をくすぐります。
若いママさんには、取り回しがよいコンパクトなほぼ5ナンバーサイズのボディ、使い勝手が良く便利な収納スペースやフックの多さ、シートアレンジの多彩さ、維持費が割安で経済性が高いこと、購入時の値引きの多さが、喜ばれているポイントです。

トヨタ ヴォクシーは2,000ccクラスミドルサイズミニバンのメインユーザー層の嗜好に、ぴったりとはまったと言えます。そのため長兄・ノア、末弟・エスクァイアよりも爆発的にセールスが好調なのだと思われます。

トヨタ ヴォクシーは21世紀のファミリーカーです。長兄ノア、末弟エスクァイアとともに三兄弟で、これからもトヨタに伝わる一子相伝の秘奥義「ファミリー向けミドルサイズミニバンの使い勝手の良さ」を伝えていってほしいですね。