【日産 セフィーロ】初代は「ドリ車」として人気だった日産のバブル期の象徴モデル

バブル期の日産の象徴モデルとして、ストリートではドリフト仕様としてチューニングベースとして人気になった「セフィーロ」の魅力に迫ってみたいと思います。

「セフィーロ(CEFIRO)」

「日産・セフィーロ(CEFIRO)」は、日産自動車が生産、発売していたセダンタイプの自動車です。日本国内での販売期間は1988年から2003年でした。1thモデルは、「スカイライン」や「ローレル」とシャシー共通していっために駆動方式はFR方式(後輪駆動)でした。しかし、2thモデルからは、FF方式(前輪駆動)となり、2thモデルにはステーションワゴンの設定も追加されていました。

1thモデル「A31型」(1988年-1994年)

1thモデルは、1988年9月に登場しています。エクステリアデザインとして印象的なのは、当時「S13型・シルビア」のオプションパッケージでしか採用がなかったプロジェクターヘッドランプを採用したフロントマスクです。ボディシルエットは、曲面を活かした流麗なデザインにプレスドアを採用した4ドアセダンというボディスタイルでした。シャシーは、1989年5月にモデルチェンジした「スカイライン」や1989年1月にモデルチェンジした「ローレル」と共有していたため姉妹モデルとなっています。サスペンションシステムは、マルチリンク式のリアサスペンションで動力性能は高いものとなっていました。また、駆動方式はFRで5MTの設定も設けられていました。搭載ユニットは、2.0Lの「RB20型」系エンジンで3タイプを設定していました。EGI仕様のSOHCの「E」、EGI仕様でDOHCの「DE」、EGI仕様でDOHCターボ搭載の「DET」です。さらに「RB20DET型」は205PSを発生していたために、当時のストリートではチューニングベースとして人気のモデルでもありました。販売の仕方は、特異なもので810通りもある、エンジン、サスペンション、トランスミッション、内装生地、内装色、外装色などを組み合わせて注文できるセミオーダーメード方式「セフィーロ・コーディネーション」でした。グレードとしては、「RB20E型」搭載モデルには「タウンライド」、「RB20DE型」搭載モデルは「ツーリング」、そして「RB20DET型」搭載モデルは「クルージング」、さらにセンサー付き電子制御サスペンション「DUET-SS」装着モデルには「コンフォート」、4輪操舵システム「HICAS-II」装着モデルに「スポーツ」の名称がつけられていました。またCMや広告写真には、「HICAS-II」装着の「RB20DE型」搭載モデルの「スポーツツーリング」が多く使用されていました。

MCによる変更点

「セフィーロ」は、1990年9月に最初のマイナーチェンジが施され中期型モデルになりました。このマイナーチェンジで前期型モデルに設定されていたセミオーダーメード方式の「セフィーロ・コーディネーション」が廃止されました。またヘッドランプをフォグランプ内蔵異型角型2灯式ハロゲンタイプにしたモデルが追加されました。さらに、サスペンションシステムに改良がくわえられ、「R32型・スカイラインGT-R」「GTS-4」に搭載の4WDアテーサE-TSシステムを採用し、「RB20DET型」と組み合わせた、国内向け「セフィーロ」に4WDモデルとして「アテーサ・クルージング(後期型モデルではSE-4)」の追加が行われています。そして、1992年6月に再度のマイナーチェンジが施され後期型モデルとなりました。このマイナーチェンジでは、主にパワートレインの見直しが行われ、2,500ccの「RB25DE型」搭載モデルの追加があり、すべてのモデルが5速ATのみとなりました。またエクステリアデザインの変更としてバンパーの大型化が行われ3ナンバー化されました。

特別仕様モデル

「セフィーロ」には、特別仕様モデルも存在しており、第一弾となったのは、「オーテックバージョン」です。ベースモデルの「RB20DET型」ターボエンジンを搭載したグレードの「クルージング」で、日産の特装車専門の子会社「オーテックジャパン社」で、チューニングされたモデルが存在していました。このモデルは、エアロパーツ、エンジンチューン、コノリーレザー製本革シート、オリジナル品の本革巻ステアリング、ブリヂストン・ポテンザ(タイヤ)、PIAA製アルミホイールなど、カスタマイズが施されていました。この「オーテックバージョン」は、前期型モデルの途中から追加設定され、1990年9月にマイナーチェンジされた中期型モデル以降も引続き設定されていたスペシャルモデルでした。

国内外での当時の評判?

「A31型」の特徴として、姉妹車の「スカイライン」や「ローレル」と共用するパーツが多く、手軽にチューニングできる「RB型」エンジン、サスペンションシステムにFR駆動で4ドアのボディスタイルで実用性に優れることからチューニングカーのベースとして人気となりました。程度のよいMTモデルは希少であったため、ATモデルをベースにMTに載せ替えるチューニングも流行りました。特に「鬼キャン」と呼ばれるフロントのキャンバー角を極端に傾けたローダウンが目立ちました。海外での評判は、丈夫な「RB型」エンジンにデザインモダンテイストで販売は好調でした。そのために「ローレル」に代わり、東南アジア、オセアニアでは「セフィーロ」、ラテンアメリカでは「ローレル・アルティマ」のネーミングで売られました。国内仕様との違いは、フロントのロゴマークとスピードメーターが220km/h対応になっていることでした。また、「ローレル・アルティマ」には専用の「RB24S型」のエンジンが搭載されていました。

世界戦略車だった2thモデル

2thモデルの「A32型」は当時の日産の世界戦略モデルとして、アメリカへは「マキシマ」や「インフィニティ・I30」、ヨーロッパやロシアへは1995年から「マキシマQX」として販売されていました。また、台湾の裕隆汽車公司では、2th「セフィーロ」の現地生産が行われていました。そして、台湾の「セフィーロ」は、日本における「セドリック」と同等の高級車で、最上級グレードの名称は当時の「セドリック」と同じく「ブロアムVIP」でした。エクステリアデザインは前期モデルは日本仕様と同じですが、後期モデルは大型バンパーや専用リヤガーニッシュ、大型フロントグリルが採用されていました。

2thモデル「A32型」(1994年-1998年)

1994年8月に登場した2thモデルは、「マキシマ」との統合によってFR駆動からFF駆動に変更されました。搭載エンジンは、V型6気筒の「VQ型」エンジンを横置き搭載していました。排気量は、2,000ccの「VQ20DE型」、「2,500ccのVQ25DE型」、「3,000ccの「VQ30DE型」が設定されていました。グレードは、ラグジュアリー志向の「エクシモ」「イニシア」は、ディッシュタイプのアルミホイールや足踏み式パーキングブレーキ、クロームグリルなどを装備していました。また、スポーティー志向の「Sツーリング」は、スポーク形状のアルミホイール、リヤスポイラー、エアロパーツ、レバー式サイドブレーキ、カラードグリルなどの装備が施されていました。このモデルでは安全面を図り、運転席SRSエアバッグを全車に、ABS装置を上級グレードに標準装備していました。またインテリアは広くモダンな雰囲気に仕上げられていました。サスペンションシステムは、しなやかな乗り心地のリヤマルチリンクビームサスペンションを採用してました。

MCに伴う変更点

1997年2月にマイナーチェンジし、ABSとフロント両席エアバッグが標準装備となりました。またファインビジョンメーターやマルチリフレクター式ヘッドライト、マルチリフレクター式リヤコンビネーションレンズを採用しています。また、ドアトリムとパワーウインドーの形状を変更し、木目調パネルの変更など高級感の向上が図られました。そして、このMCでは、上級グレードにSRSサイドエアバッグを標準装備するなど安全面の向上も図られました。さらに、「Sツーリング」のアルミホイールが15インチから16インチにサイズアップされています。そして新グレードの「25SツーリングJ」と「20エクシモG」が追加されています。1997年6月には、国内市場専用の「セフィーロ・ワゴン(WA32型)」を登場させています。そして1998年12月になると、セダンは「A33型」にフルモデルチェンジされることになります。しかしワゴンは「WA32型」が継続生産されていました。その後、2000年9月に「ステージア」「プリメーラワゴン」「アベニール」に統合される形でワゴンも生産終了しました。

特別仕様モデル

追加モデルとして発表された「デュアルセレクション」、「デュアルセレクションII」は、ブラウン内装や助手席側エアバッグなどを標準装備したモデルで特別仕様なみにゴージャスな仕様でした。また1996年には、「オーテックジャパン」モデルの「エアロセレクション」を発売しています。このモデルは、「Sツーリング」、「25・Sツーリング」をベースに専用の前後エアロバンパー、サイドパネル、リヤスポイラー、専用アルミホイールなどを装備していました。また1998年5月には、「セフィーロ」誕生10周年記念モデル「10th ANNIVERSARY」を発売しています。本革、ウッドのコンビステアリングや専用デザインのアルミホイールなど通常のモデルにはオプション設定すらない装備が装着されていました。

国内では、最終モデルとなった3thモデル

3thモデルは、2003年2月に国内モデルは販売終了しましたが、海外では販売が好調だったために「タンチョン・モーター・マレーシアSDN.BHD」では引き続き生産されていました。しかもカタールやサウジアラビアなどでは、「マキシマ」の名称で生産されていたのです。さらに、台湾においては日本での生産が終了した後もエクステリアデザインを若干変更し「A34型」のニューモデルとして発売されていたのです。

3thモデル「A33型」(1998年-2003年)

1998年12月に3thモデルとなり、「A33型」にモデルチェンジしています。しかしワゴンは「WA32型」が継続生産されています。エクステリアデザイン、そしてインテリアデザインは、「イルカ」をモチーフとしてデザインが行われています。そして、ユニバーサルデザインを多く取り入れている点は、このモデルの特徴です。さらに搭載するエンジンは、「2.5L V型6気筒 DOHC 直噴(VQ25DD型)」と同仕様の「VQ20DE型」リーンバーンエンジンの2タイプです。そしてグレード設定は、「エクシモ」シリーズと「Sツーリング」シリーズでした。また2000年1月に、「オーテックジャパン社」による特別仕様モデルの「AUTECH(オーテック)」を発売しています。2001年1月にマイナーチェンジが施されました。海外モデルの前後バンパーに変更され全長4,920mmに延長されました。またサイドマーカーが装備され、「エクシモ」シリーズのホイールを16インチにサイズアップし、グリルデザインが変更されました。そして、2002年8月に2,500ccシリーズは廃止され、2,000ccモデルのみとなりました。しかし、この時期に「エクシモ・NAVIエディション」を追加しています。その後、2003年2月になると、「ローレル」との統合により、国内市場向けモデルは販売終了しました。しかし、「タンチョン・モーター・マレーシアSDN.BHD」では引き続き生産され、カタールやサウジアラビアなどでは、「マキシマ」の名称で生産されました。また、台湾においては日本での生産が終了した後もフロントマスクを大幅に変更したものが「A34型」のニューモデルとして発売されていました。

各モデルの燃費は?

各モデルの燃費をまとめてみました。JC08モード、10・15モードで「A31型」の1thモデルは、「RB型」NAエンジンモデルのレギュラー仕様で9.0km/Lから11.5km/L、ハイオク仕様が、8.3km/Lから9.6km/Lでターボ搭載モデルで7.0km/Lから10.6km/Lです。また2thモデルになると全モデルがハイオク仕様で7.5km/Lから13.2km/Lが平均燃費となっています。3thモデルになると平均燃費は、8.0km/Lから12.6km/Lとなっています。

現在の中古車価格は?

現在において「セフィーロ」の各モデルの中古車相場は、どれくらいなのか調べてみました。是非、購入をお考えの方は参考にしてみてください。「A31型」モデルは、新車価格196万円から322万円だったのが、現在では53万円から135万円の中古車相場で取引されているようです。2thモデルの「A32型」は、新車価格は195万円から324万円だったのが、現在は35万円が中古車相場のようです。今が最低価格といえる状況です。3thモデルの「A33型」は、新車価格208万円から320万円でしたが、中古車相場において平均50万円程度のようです。1thモデルは、やはりベースが「スカイライン」で「RB型」搭載、FR駆動ということで人気があるようです。

まとめ

「日産 セフィーロ」の登場は、バブル期に登場した「スカイラインGT-R」「フェアレディZ」「レパード」「シーマ」などと同様に、当時の日産を象徴するモデルでした。モダンテイストなエクステリアデザインをモデルチェンジごとに高級感を向上させて上品に仕上げていったモデルです。1thモデルは、ストリートでチューニングベースとして人気となったために希少なモデルとなりましたが、それゆえにも名車といえる車です。