【日産 サファリ】実力ある者は、世界で活躍する!本格クロカンモデル!

「サファリ」はドラマ「西部警察」で活躍したタフな4WDのイメージですが、実際に国連などによって海外でも活躍している実力派です。その魅力に迫ってみたいと思います。

「サファリ (SAFARI)」

「日産・サファリ(SAFARI)」は、日産車体が製造し、日産自動車が販売していたビッグサイズの四輪駆動モデルです。国内での販売は、2007年6月をもって終了されています。しかし、海外向けには「パトロール(PATROL)」の名称で現在も生産と輸出が行われています。

国内外での「サファリ」の活躍

発売開始となったのは、1980年6月で「160型」モデルとなります。「サファリ」のルーツをたどっていくと1951年9月発表の「4W60型」の「パトロール」にたどり着きます。このモデルは、日本のクロスカントリー型四輪駆動モデルの先駆けとなるクルマでした。「サファリ」は、近年、海外での活躍が目立っています。「トヨタ・ランドクルーザー」と並び紛争地域や国際連合で使用されていることが多く、走破性、耐久性が、その理由と言われています。海外向けには現在でも「PATROL(パトロール)」の車名が使用されていますが、3thモデルではグレード名に「SUPER・SAFARI」として「サファリ」の名が使用されていました。国内において1990年代以降はサスペンションに独立懸架式を採用する「SUV」が増え、乗用モデルとプラットフォームを共用する「クロスオーバーSUV」も登場していました。しかし、「サファリ」は生産車のほとんどが輸出され道路整備の遅れている地域や、国連、軍隊などでの使用を想定してフレームには、頑丈なはしご型フレームと「Y61型」モデルまではホイールトラベル(ホイールのストローク量)が大きくとれる前後リンクリジッドアクスル式のサスペンションシステムを採用しています。また海外向けモデルには、シングルキャブのピックアップと仕向け地で荷台の架装を行うためのキャブシャーシも設定されています。一方、日本国内では、専用の大排気量ガソリンエンジンを搭載したシングルキャブとダブルキャブの消防車用キャブシャーシが存在していましたが、より架装性に優れるキャブオーバータイプで、コンパクトなディーゼルエンジンを有する2トントラックベースのものに変更されました。そして、日本国内では、愛好者が自家用とするほか、消防、警察、高速道路会社、JAFなどの団体や、民間企業で業務用として用いられている場合が多いようです。

1thモデル「160型系」(1980年-1987年/1994年/2002年)

「サファリ」の1thモデルは、1980年6月にモデル型式「160型系」としてデビューしています。国内外の仕様があり、日本国内でのボディーバリエーションは、観音開きタイプのバックドアを備えた4ドアロングホイールベースのエクストラバンと2ドアショートホイールベースのレジントップ(モデル名では「ハードトップ」で2人乗り仕様)と、2ドアモデルのハイルーフ仕様(モデル名は「ハイルーフ・ハードトップ」で4人乗り仕様)、そして消防車用シングルキャブおよびダブルキャブシャーシの5タイプが設定されていました。搭載されるエンジンは、「3,246cc 直列6気筒 OHV(SD33型/95PS仕様)」ディーゼルエンジンと「PF40型」ガソリンエンジン(消防車用)でした。このほか、海外向けに「パトロール」の名称で、上下開きのバックドアを持つモデルやピックアップトラックも存在しており、「L28型」ガソリンエンジンと「LD28-T型」ターボディーゼルエンジンの設定がありました。これらはオートマチックトランスミッションも選択可能でした。

特殊車両・海外モデルのMCによる変更点

1981年10月になると、第24回東京モーターショーに「サファリ・イカルス」、「サファリ・災害救援車」、「サファリ・劇中車」の3タイプのモデルが発表されました。「イカルス」モデルは、エクストラバンをベースとしており、Bピラー以降にアクリル製ガルウィングを設定していました。また「災害救援車」は日本赤十字社との協力により救急車として使用できる設定になっていました。そして、「劇中車」はTVドラマ「西部警察」に登場する特装車として出品されていました。1982年8月に、マイナーチェンジを行い、「NISSAN」のマークがフロントグリル中央に移動しています。そして1983年1月には、「日産モトール・イベリカ会社(スペイン)」において「パトロール」モデルを生産開始しています。1983年9月には、ディーゼルモデルの昭和57年排出ガス規制適合、また120PSに出力を上げた「SD33T型」ディーゼルターボエンジン搭載モデルと、エクストラバンに全高を140mmアップしたハイルーフバージョンが追加されました。また1985年10月では、マイナーチェンジを行ってヘッドランプが規格型の角形に変更されました。しかし消防用キャブシャーシは、丸形のままでした。さらにオーバーフェンダー、ワイドタイヤ、電動ウインチ、背面スペアタイヤキャリアを装備する1ナンバー登録モデルの「グランロード」をエクストラバンのハイルーフに追加設定しています。加えて国内向け消防用キャブシャーシ、海外向けキャブシャーシ、そしてピックアップは、2thモデルの「Y60型系」が発表された後に同じフロントマスクに変更されました。しかも、1994年まで継続生産し、併売されています。「モトール・イベリカ(スペイン)」での生産分は、1986年以降には、「260型系」という新型式になっており、2002年まで生産されていました。シャーシに変更はないものの、エンジンは「RD28T型」となっており、フロントグリルも新しいデザインを採用しています。ボディースタイルは、ショートホイールベースのハードトップと、ロングホイールベースの上下開きバックドアのワゴンと観音開きタイプのバックドアのハイルーフバンを設定しています。このモデルは、「Y60型系」の発売以降もヨーロッパで併売されていましたが、「Y60型系」を「パトロールGR」、そして「260型系」を「パトロールR」という名称にして区別されていました。

「西部警察」モデル

シルバーカラーで、消火装備を備え災害時に活躍するだけでなく、ルーフには無線レーダーアンテナや、監視カメラを備え、室内には電子制御システムが満載し犯罪事件において活躍できる仕様となっていたスペシャルモデルです。

新設計フレーム・サスペンションとなった2thモデル

2thモデルは、1987年11月のモデルチェンジで登場し型式は、「Y60型系」となりました。このモデルになって新設計のフレームとサスペンションが採用され、走破性が向上しました。

2thモデル「Y60型系」(1987年-1997年)

「Y60型系」にモデルチェンジした2thモデルは、車体のパーツの多くを「160型系」からの流用パーツとしながらも、新設計のフレームとサスペンションが備えられました。この新設計に合わせて、フェンダー部が拡幅され、全モデル、グレードが1ナンバー登録の普通貨物車(バン)となりました。国内仕様のボディバリエーションは、1thモデルの「160型系」と同じロングホイールベースの4ドアにエクストラとエクストラハイルーフの2タイプに、ショートホイールベースの2ドアにハードトップの計3タイプが設定されていました。海外モデルには、加えてハードトップにはハイルーフを設定していました。またハードトップはFRP製ではなく、メタルトップを採用しています。さらに、上下開きタイプと観音開きタイプのバックドアモデルは、非対称の観音開きタイプに統一された。そして、その他の変更として国内仕様のシングルキャブ、ダブルキャブの消防用シャーシと、海外モデルのピックアップは、耐荷重性に優れるリーフスプリングを引き続き採用する必要から「160型系」の継続生産とはなっていましたが、「Y60型」風のフロントマスク、エンジンとトランスミッションも「Y60型系」と同様のものに変更されることになりました。

パワーユニット

搭載エンジンは、125PS仕様の直列6気筒「TD42型」ディーゼルエンジンを標準モデルとし、消防用に「TD42型」のガソリンエンジン、直列6気筒「TB42E型」エンジンがそれぞれ搭載されました。また「パトロール」には、「RD28T型」ディーゼルエンジン、「RB30S型」ガソリンエンジンが設定されていました。さらに最も大きい変化としてサスペンションシステムは、4輪リーフリジッドから「リンク/コイルスプリング」へと変更されました。これによって、オフロードでの走破性と、オンロードでの操縦安定性と快適性の向上が図られました。

2thモデルのMCによる変更点

1988年2月に、ワイドフェンダー仕様の「グランロード」を追加しています。翌1988年9月には、サファリ(国内向け)初のATモデルが追加されました。そして1991年3月になると、3ナンバーのワゴンを追加し、「エクストラ」はサードシートを追加し、7人乗りとなり、ハードトップはリアシートが大型化され5人乗りとなりました。またリアのデフロックを初設定しています。その後、1991年11月、「エクストラ」に「TB42E型」ガソリンエンジン搭載のワゴンを追加し、同時に本革シートを装備する最高級グレード「キングズロード」も追加しています。1993年8月にはマイナーチェンジが施され、ワゴンのディーゼルモデルは145PSの「TD42T」へ変更され、EGRが増量されています。またフロントグリルのエンブレムのデザイン変更があり、本革仕様の「キングズロード」が2ドアショートモデルにも設定されました。また2ドアショートボディのハードトップはワゴン仕様のみとなりました。翌1994年10月では、フロントグリルのデザイン変更のほかに、「TD42型系」ディーゼルエンジン搭載モデルの電装品電圧を24Vから12Vへ変更しています。また標準フェンダーのワゴンハードトップに、ADに代わる「スピリットタイプ I/II」を設定しています。これは海外モデルの小排気量モデルを国内向けにし、「直列6気筒 OHC (RD28T型)」ディーゼルターボエンジンを搭載したモデルです。仕様としては、2,825ccモデルが125PS/4,400rpm、26.0kgm/2,400rpmとなっていました。また235/80R16タイヤを装備するし、「スピリットタイプ II」のみ新デザインのアルミホイールが装備されていました。そして、ハードトップの「キングズロード」は廃止となっています。1995年になると、「オーテックジャパン」仕様のクラシック儀礼モデル、「アデュー」を登場させています。さらに1995年8月には、ワゴンに運転席SRSエアバッグが標準装備となり安全性の向上が図られました。またオーストラリアではフォードブランドで「マベリック」の名称で販売されていました。

コンセプトは「高速ツアラー」

3thモデルの「Y61型」のコンセプトに挙げられていたのは「オーストラリアのアウトバックや中東砂漠の高速ツアラー」というものでした。このためにエンジンも新開発されました。

3thモデル「Y61型系」(1997年-2007年)

1997年10月に3thモデルの「Y61型」が登場しています。搭載されていたエンジンは、「TB45E」「TD42T」「RD28ETi(2ドア・ハードトップ)」でした。このモデルでは消防車仕様は廃止されています。1999年9月に、マイナーチェンジが施され、内外装のデザイン変更、仕様装備の向上が図られています。そのほかに、2ドアハードトップモデルはエンジンを「ZD30DDTi型」の「直列4気筒 DOHC 直噴ターボ」のディーゼルエンジンへ変更され、シリーズ名も「スーパースピリット」となりました。また「オーテックジャパン」仕様のキャンピングカー、「フィールドベース」も変更されました。そして、2000年3月には、「ZD30DDTi型」搭載モデルのヨーロッパ仕様の「パトロール」を第70回ジュネーブモーターショーに出品しています。その後、2002年8月になると、国内仕様の販売を休止してしまいます。しかし、2002年11月8日のマイナーチェンジで国内仕様の販売を再開し、内外装のデザインの変更、装備の向上に加えて、新開発の「TB48DE型」の直列6気筒 DOHCエンジンに5速マニュアルモード付ATを組み合わせていました。グレードは4ドアワゴングランロードリミテッドのみとなりました。ただし、海外モデルのはディーゼルエンジンやMTも継続設定されていました。さらにこのMCでブレーキローター径の拡大、大型ブレーキキャリパーの採用によりブレーキ性能を向上させています。さらに2004年8月にマイナーチェンジを施し、エクステリアはフロントグリル、バンパー、フェンダー、前後コンビランプの変更を行なっています。またインテリアは、内装色をエクリュ(ベージュ)へ変更し、7インチワイド液晶モニターの標準装備化などを行なっています。そして、日本国内での販売を2007年6月上旬に終了しています。しかし次世代の「Y62型系」が発表された後も「パトロール」として生産と輸出が続けられています。

モータースポーツ参戦

「サファリ」は2003年6月にFIAクロスカントリーラリー・ワールドカップ第4戦のORPIモロッコラリーにスポット参戦し「T1」クラス3位、そして2004年1月には、テレフォニカ・ダカール2004に参戦し、総合22位、「T1(市販車無改造)」クラス優勝を飾っています。また2004年9月、第12回「4x4・24時間atエッソンヌ」「T1」クラスに参戦し総合47位、クラス17位完走となっています。

日産 サファリの中古車情報

現在既に生産が終了していますので、サファリが欲しいという方は中古車で探さないといけません。そんな方向けに下記にリンクを貼っておきますので是非チェックしてみてください。

中古車をお探しの方はこちら

まとめ

「日産・サファリ」は、本格クロスカントリーモデルとして登場し、国内外で災害時などの緊急車両として活躍している実力派4WDモデルです。国内での販売は、終了したものの海外では非常に知名度の高い日産の名車です。