【ダイハツ ストーリア】X4は軽自動車のエンジンを搭載していた?燃費や中古車情報など

ベースモデルのエクステリアは、お買い物専用ミドルカーなのに、スペシャルモデルの中身はモータースポーツ仕様のパーツが装着されていた「ストーリア」の魅力に迫ってみたいと思います。

「ストーリア(Storia)」

「ストーリア(Storia)」は、ダイハツ工業が製造、販売を行なっていた小型クラスの自動車で、1998年2月に発売したモデルです。ボディサイズや排気量など、事実上は「シャレード」の後継モデルになります。また発売後は、生産期間をおいて「トヨタ自動車社」からも「デュエット」の名称として販売され、トヨタのブランド力の違いから「デュエット」の方が本家である「ストーリア」よりも販売台数は多くなりました。また日本国外では「シリオン(Sirion)」のモデル名で販売しヨーロッパ、オーストラリアを中心に世界各国で販売されていました。

グレード設定

「ストーリア」のグレード設定は、ビジネス用の「セレクト」などの1,000ccモデルの最高出力が60PSから64PSの「1000CL」「1000CX」、STDモデルの「1300CX」(1,300ccエンジン/90PS仕様)、1,300ccエンジン搭載110PS仕様の「1300CZ」「ツーリング」が存在し、モータースポーツ専用のモデル「X4」は、エンジンが713ccで120PS仕様でした。特にチューニングベースとして人気となったのは、モータースポーツ用の「X4」を別にすると「ツーリング」や「CZ」が、高回転型NAエンジンを搭載し、スポーティーなホットハッチとして人気が高いモデルです。また、特別仕様モデルとしてファニールックな「ミラノ」、レトロスタイルの落ち着いた雰囲気の「クラシック」を設定されていました。 さらに超限定モデルも存在しており、「ツーリング・リミテッド2WD・4AT」モデルをベースに、「アルファオーディオ社」と「プライベートオーディオルーム」をコンセプトとして共同開発した「Super Sound Edition」をインターネット専用発売で5台だけが販売されました。このモデルは、専用車ボディカラーの「ブラックマイカ」、サイドエアバッグ、「DVS(スタビリティコントロールシステム)」等を標準装備していました。その結果、車両本体価格は200万円となり、「ストーリア」シリーズ中の最高価格モデルでした。

「ストーリア・CX」主要諸元

エンジン:989cc 水冷直列3気筒 DOHC 12バルブ(EJ-DE型)
最大出力:60PS/6,000rpm
最大トルク:9.6kgm/3,600rpm
圧縮比:10.0:1
トランスミッション:4AT
速駆動方式:FF
サスペンション:F マクファーソンストラット/コイル R トーションビーム/コイル
ブレーキ:F ベンチレーテッドディスク R リーディングトレーディングドラム
全長:3,660mm
全幅:1,600mm
全高:1,450mm
ホイールベース:2,370mm
トレッド:F 1,390mm R 1,375mm
車両重量:820kg

「ストーリア」MCによる変更点

「ストーリア」は、1997年10月に開催された東京モーターショーでコンセプトモデル「NCX」として登場しました。翌1998年2月に販売を開始しています。デビュー当初の搭載エンジンは、「EJ-DE型」で1,000ccの60PS仕様のみを搭載していました。そして、モータースポーツ専用モデルとして1998年4月に「X4」が追加されています。2000年5月には、マイナーチェンジが施され、搭載エンジンに1,300ccの「K3-VE2型」が追加されました。また1,000ccのエンジンは「DVVT」化された「EJ-VE型」に換装されています。さらにすべてのグレードでロントサスペンションのコイルスプリングの形状が大幅に見直されました。このスプリングは、カーブドオフセットコイルスプリングと呼ばれるもので、モータースポーツ専用モデルの「X4」も同様の仕様となっています。このほかにテールランプなどのデザイン変更も施されています。2001年12月のマイナーチェンジでは、フェイスリフトが行われ、エクステリアデザインが大幅に変更されました。またレギュラーガソリン仕様の「K3-VE型」エンジン搭載モデルも発売されています。インテリアの変更としてオドメーターとトリップメーターを液晶化されています。そして、2004年6月に「トヨタ社」と共同開発の「ブーン(トヨタではパッソ)」の発売に伴い販売を終了しました。

「ストーリア・ツーリング」主要諸元

エンジン:1,297cc 水冷直列4気筒 DOHC 16バルブ(K3-VE2型)
最大出力:110PS/7,000rpm
最大トルク:12.8kgm/4,400rpm
圧縮比:11.0:1
トランスミッション:5MT
速駆動方式:FF
サスペンション:F マクファーソンストラット/コイル R トーションビーム/コイル
ブレーキ:F ベンチレーテッドディスク R リーディングトレーディングドラム
全長:3,690mm
全幅:1,600mm
全高:1,435mm
ホイールベース:2,370mm
トレッド:F 1,380mm R 1,365mm
車両重量:850kg

ストーリアX4

競技用ベースモデルとして1998年4月に登場したのが「X4(クロスフォー)」です。徹底した軽量化が図られ、モータースポーツ専用のパーツが装着されているというだけでなく、搭載されるインタークーラーターボ搭載のスペシャルエンジンは、「ストーリア」のベースエンジンではありませんでした。

コンセプト

「X4(クロスフォー)」のコンセプトは、1,000cc以下クラスのラリー参戦を目的として開発されました。そのためにエアコンやパワーウインドウなどの快適装備は装備されていません。しかし、エアコンは後にディーラーオプションとして用意されています。搭載ユニットは、ベースモデルの989ccのDOHCエンジンではなく、軽自動車である「ミラ・アバンツァート」や「ミラ・X4」に搭載されていた「660cc 直列4気筒 DOHC ICターボ(JB-JL型)」エンジンを713ccまでストロークアップした「JC-DET型」エンジンが搭載されていました。また駆動方式は、4WD方式のみの設定でした。そして、「JC-DET型」エンジンは無鉛プレミアムガソリン専用で、レギュラーガソリンは使用禁止という徹底したモータースポーツ専用モデルとなっていました。その後、2001年12月に行われた「X4」を含む全グレードのマイナーチェンジによって「X4」もフェイスリフトを行い、加えて前席のみパワーウインドが装備されました。この変更には理由として、実は手動レギュレーターよりもパワーウインドウのほうがコストが低いだけでなく、モータースポーツに重要な軽さがパワーウインドウのほうが軽量であったためという説もあるようです。

軽自動車のエンジンを搭載していた?

軽自動車である「ミラ・アバンツァート」や「ミラ・X4」に搭載されていた「660cc 直列4気筒 DOHC ICターボ(JB-JL型)」エンジンを搭載していたのは耐久性が優れていたからです。実際、排気量アップしても713ccという小排気量ながら工場出荷の際のブースト圧は、1.2kg/cm2±0.2程度でしたが、圧縮比8.0:0で最大出力120PS/7,200rpm、最大トルクは、13.0kgm/4,800rpmという驚異的出力を発揮していました。またタービンのアクチュエーターに備えられた調整ナット(メーカーにより黄色いマーキングで封印)を回すことで、平成10年排ガス規制モデルの「GF-M112S」型で2.55kg/cm2、平成12年排ガス規制モデル「GH-M112S」型で1.6kg/cm2までのブーストアップが可能となっていました。平成10年排ガス規制モデルは天井知らずとも言えるブーストでエンジンや補機類などの耐久性やECUの補正能力を考慮したものではないために、通常はブースト圧を1.3から1.7kg/cm2程度までに「抑えて」使用しなければなりませんでした。さらに713ccという排気量は、登場当時の最小排気量クラスである全日本ラリーのAクラス(排気量1,000cc以下)へエントリーする際、「過給機装備車は排気量に過給係数1.4を掛けて1,000ccに収まること」が条件だったためです。排気量の713ccに過給係数1.4をかけると998.2ccとなり条件を満たすことができるようになっていました。しかし、「ストーリア」のポテンシャルの高さとライバルの不在もあり、2003年には、過給係数が1.7に変更され、Aクラスの排気量区分が「1,400ccまで」に変更されました。Aクラス無敵の存在として「ストーリア・X4」は戦っていました。

スペシャルパーツ

「ストーリア・X4」に搭載していた「JC-DET型」エンジンには、スペシャルパーツが使用されていました。鍛造ピストン、クランクシャフトによってターボによるブースト圧への耐久性の向上が図られています。また大型インタークーラーには、インタークーラー冷却ウォッシャーノズルが装着されていました。エンジンの冷却効率の向上を図り、大容量ラジエーター(標準は、3.0Lなのに対し「X4」は、3.7L)が採用されています。またエンジンヘッドには、インジェクターが取り付け、シーケンシャル燃料噴射制御の専用コンピューターが搭載されており空燃比の向上を図っています。そして、排気系にも手が加えられ、ターボエンジンを搭載していたゆえに大口径のエキゾーストが装着されパワーーアップに伴う排気効率の向上が図られていました。

パワートレイン

パワートレインも専用となっていました。4WDシステムは、ロータリーブレードカップリングによるトルク配分システムを採用していました。またトランスミッションは、クロスレシオトランスミッションを搭載し1速から4速をクロスレシオ化しています。またクラッチは、メタルクラッチに変更されて確実にエンジンパワーを伝えることができるようになっています。さらにLSD(リミテッド・スリップ・デフ)は機械式のものがフロントとリア共に装着されています。そして、サスペンションシステムは、強化されたショックアブソーバー、コイルスプリング、ブッシュが装着されており、固めのセッティングが施されています。

「ストーリア・X4」主要諸元

エンジン:713cc 水冷直列4気筒 DOHC IC ターボ(JC-DET型)
最大出力:120PS/7,200rpm
最大トルク:13.0kgm/4,800rpm
圧縮比:8.0:1
トランスミッション:5MT
速駆動方式:4WD
サスペンション:F マクファーソンストラット/コイル R 3リンク/コイル
ブレーキ:F ベンチレーテッドディスク R リーディングトレーディングドラム
全長:3,660mm
全幅:1,600mm
全高:1,450mm
ホイールベース:2,370mm
トレッド:F 1,390mm R 1,370mm
車両重量:840kg

ストーリアの燃費は?

気になるストーリアの燃費は、ベースモデルが、JC08モード、10・15モードで15.6kmから22.0kmと燃費は良いです。そしてハイオク仕様でモータースポーツ用のターボ搭載「X4」の燃費は、JC08モード、10・15モードで、12kmから17kmでスポーツモデルとしては、経済的な燃費で維持しやすそうです。

「ストーリア・X4」中古車相場

モータースポーツ専用モデルということで中古車で市場に出てくることもあまりないモデルです。現在の中古車相場は、70万円から100万円で取引されているようです。それに対して、ベースモデルの1,000ccモデルや1,300ccモデルになると中古車価格が、低く5万円から探すことが可能なためにベースモデルを「X4」のようにモータースポーツ仕様にチューニングする方も多いようです。

モータースポーツでの活躍

モータースポーツでの活躍として全日本ラリーにおいても、「ブーン・X4」がJN-2クラスに登場しましたが、その後もJN-1クラスに参戦し、ダイハツ工業のモータースポーツ撤退以降もプライベーターにより2014年までJN-1クラスの主力マシンとして活躍しました。10年規制により2015年以降全日本戦での出場は不可となりましたが、地方戦では主力マシンとして活躍中です。

まとめ

「ストーリア」は、お買い物仕様の小型自動車として販売されました。しかしモータースポーツのベースとして良かったために「X4」というモデルを登場させました。このモデルは、モータースポーツ専用パーツだけでなく排気量をダウンさせた搭載ユニットは、軽自動車のエンジンをチューニングしたものという大変、特殊なモデルなために今でも人気があり「ダイハツ社」を代表する名車として知られています。