【トヨタ 86の気になる燃費事情】向上術から走行性能まで徹底追求!

現代スポーツカーの筆頭とも言えるトヨタ 86。その絶大な支持は今さら説明するまでもありません。今回はそんな86の”走り”に焦点を合わせ、その走行性能や燃費性能を解説します!

トヨタ 86のおさらい

現代スポーツカーの代名詞!

トヨタ 86の走りや燃費に関する詳しいお話の前に、一度86のおさらいをします。
トヨタ 86は2012年より生産・販売する4人乗り2ドアクーペのFRスポーツカーです。なお、スバルのBRZとは姉妹車の関係にあります。安価でカスタムも豊富で扱いやすいスポーツカーです。そのため、若者にとっては比較的安い車両価格に加え自分でクルマを作っていくという楽しさも味わえる最初の1台として、またお父さん世代にはかつてのトヨタ AE86を彷彿させる”遊べる”クルマとして、幅広い層から愛されています。

現行のラインナップと価格

2016年現在の86のラインナップは通常グレードの「G」、上位グレードの「GT」、そして最上位グレードの「GT Limited」の3車種となっています。なお、3車種全てにAT車とMT車の2モデルが用意されています。価格は以下の通りです。

「G」:2,488,909円(6MT)、2,560,582円(6AT)
「GT」:2,905,200円(6MT)、2,987,673円(6AT)
「GT Limited」:3,090,763円(6MT)、3,173,237円(6AT)

スペック

寸法
全長:4,240mm
全幅:1,775mm
全高:1,320mm
ホイールベース:2,570mm
車両重量:1,210~1,250kg

エンジン
駆動方式:FR
エンジン:FA20型 水平対向4気筒 直噴 DOHC
排気量:1,998cc
最高出力:200ps@7,000rpm
最大トルク:205N/m@6,200~6,400rpm
圧縮比:12.5:1
燃料タンク容量:50L

86の”走り”!

クルマと一体化したかのようなドライブフィーリング

86の魅力は何と言ってもその運転の楽しさです! 車体はFRの恩恵を活かした機敏で軽快な走り。ステアリング操作もドライバーの入力に非常に素直に反応してくれるのでダイレクトな旋回感覚を味わえます。エンジンのパワーはやや控えめながら高回転まで存分に回しきることができ、アクセルを吹かすことに喜びを感じられます。その操縦性はまさにドライバーとクルマの”一心一体”なのです。

気持ちのいいスピード感

86の設計は低重心を1つのキーワードに、念入りに重心の位置決めや、慣性の働き方、車両重量の軽量化とその配分を設計されたため、それらが低いドライビングポジション確保にも繋がりました。そのおかげで、ドライビング中のスピード感は最高の一言! スポーツカーの醍醐味をしっかり楽しめるようになっています。

優れた空力パッケージで安心の走り

86のボディは優れたエアロダイナミクスを実現させるため開発陣がさまざまな工夫を施し構成されました。その結果、ダウンフォースももちろんのことながら優れた設計がなされていますが、注目すべきは新たな空力パッケージへの挑戦として開発された”エアロハンドリング”。エアロハンドリングは空気の流れを利用して上下左右からクルマを挟み込むというこれまでになかったアイデアです。そのために、気流に渦を発生させ車体を左右から押さえつけるエアロスタビライジングフィンの設置や、ルーフ中央を窪ませたパゴダルーフをはじめとしたボディの最適化などがなされました。この新しいエアロダイナミクスのおかげで、高い直進安定性を実現し、高速コーナーでその効果は絶大です。

直感的なステアリングワーク

スポーツカーにとってダイレクトなステア感覚というのは非常に大切になってきます。なぜならスポーツ走行において、ドライバーがクルマを思いのままに操るということは非常に重要なファクターで、それを起因させるのがステア操作にもなり得ます。86はステアリングギア比を13:1に設定し、ドライバーの入力にダイレクトに反応する非常にスポーティなステアリングワークを実現させています。

コーナーを限界で攻める楽しさ!

前述した通り、86には低重心設計や優れたエアロダイナミクスという高い走行性能を引き出すためのエンジニアリングがされています。これに加え、ボディはコンパクトで低慣性で軽量な車体を意図して開発されました。さらにシャシーは高い剛性を誇ります。そのため、86はコーナーを攻めるにはもってこいのクルマとなっています。FRの低重心・低慣性な車体は瞬時の荷重移動を実現し、それに高剛性のシャシーの動きが連動する形となり、限界付近のコーナーリングでのクルマの動きも非常に安定していて、なおかつその先のクルマの挙動を先読みできるかのような扱いやすさとなっています。この楽しさは病みつきになりますよ!

気になる86の燃費事情!燃費はいい?悪い?

走りはイイ!燃費もイイ!?

86の走行性能のよさ、そして乗り手に与えるドライブすることの喜びは充分わかっていただけたかと思います。でも、86はそんな攻めた走りをするだけのクルマじゃないですし、最近のスポーツカーにとって街乗りは非常に重要なポイントです。そこでやっぱり気になるのは、その燃費です。86の燃費性能は実際どのくらいのものなんでしょうか?

実際の燃費計が指し示す数値は?

公式のカタログで発表されている86の燃費はベースモデルの「G」の6速MTモデルが13.0km/L、6速ATモデルが12.8km/L、「GT」と「GT Limited」がそれぞれ12.4km/Lになっています。この数値はスポーツカーとしてなかなか頑張った数値となっていますし、一般のクルマと比べても全然許容範囲ではないかなと思います。
そして実燃費の方ですが、これは普通の乗り方を心がけていればカタログで発表されている燃費の87%以上にはなると見られています。スポーツ走行と街乗りの両方をこなしても10.8km/hを下回ることはあまりないと思えます。

高速道路ではさらにGood!

普段使いとして高速道路に乗ることも多いと思いますが、86の燃費が最もいいのもこの高速走行時です。高速巡回のみですとその燃費は17.2km/Lにも達するほど! 

エコモードも搭載!

出典:http://toyota.jp/86/interior/equip/

ということで、86はスポーツカーとしてその走行性能はスポーツ走行の面ではもちろん燃費走行の面でも優れモノということがわかりました。そして、スポーツカーとして低燃費を実現できる秘密はその走行モードにありました。86には走行モードセレクトの1つとしてエコモードがあります。このエコモードではエンジンが2,000回転に到達するとタコメーター下部に▲(画像上の4)のマークが点灯し、エコ走行のためにショートシフトを促すわけです。シフト操作はもちろんドライバーの意志次第なのですが、このエコフレンドリーな仕様は現代スポーツカーである86ならではの気配りです。

性能と低燃費の両立を果たした水平対向エンジン!

出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Toyota_86

86の走りの源である水平対向の4気筒直噴エンジン。このエンジンには「D-4S」と呼ばれるシステムを採用し、エンジン内で行われる「直接噴射」と「ポート噴射」をツインインジェクターで管理しています。さまざまな回転レンジでその力を存分に発揮できるようになっていますし、エンジン回転をあんなに高回転まで持っていっても高い省燃費性能を維持できる、まさに万能なエンジンとなっています。

レギュラー厳禁!ハイオク一択!

86の指定ガソリンはハイオクとなっています。が、これほどの走行性能と燃費性能を実現しているのでハイオク指定にも頷けちゃいます! レギュラーの使用は一見するとより安価で済むように思いますが、結局燃費を悪化させるだけでハイオクのほうが1kmあたりに掛かるコストは安くつくし、性能劣化や故障にも直結してきますので絶対に使用しないように。

86の燃費を向上させる工夫!

スポーツカー実燃費ランキング2015

出典:http://www.iid.co.jp/news/press/2015/091701.html

86の燃費向上を試みるその前に、少しこのランキングを見てみましょう。こちらは2015年8月時点でのスポーツカー実燃費ランキングとそのカタログ燃費達成率です。軽スポーツカー強し! トップを占めるのはほとんどが660ccの軽スポーツカーとなっています。86はというと、12位にランクインしていますね! 2.0Lエンジン搭載車の中では姉妹車であるスバル BRZと1・2位を独占していますので、その燃費のよさについて疑いの余地はありません。でも、もうちょっとよくならないかなあと思っている方もいると思うので燃費向上に役立つちょっとした工夫を紹介していきます。

ヒール&トゥは控えましょう

ヒール&トゥは大変便利なシフト操作です。スムースにシフトダウンできますし、荷重移動も安定するので次の動作に移りやすいです。特に雨天時のサーキット走行では目からウロコが出るほど効果絶大です。山道などシフトダウンを多用する必要がある道にも便利ですし、86ほどエンジンレスポンスに優れたクルマだとヒール&トゥそのものが楽しいほどです。ですが、これも燃費向上のためならぜひ控えましょう! ヒール&トゥの際のブリッピングで多少なりともガソリンを消費します。量としては小量ですが、塵も積もれば山となります。

急発進もダメ!スロー発進もダメ!?

ガソリンを1番多く使う場面、それは発進の時です。エンジンは静止している車体を動かしてドライバーが目指す速度域まで持っていくわけですから、この時に1番エネルギーを使うわけです。なので、この時にアクセルをむやみに踏むのもガソリンの消費を早めるだけで燃費に決してよくありません。ということで急発進は燃費に悪いのです。じゃあ、ゆっくり丁寧に発進すればいいのか? 実はそうでもありません。ゆっくり発進することは、その分意図する速度に到達するまでの時間も長くなります。それはその間アクセルを踏み続けて加速し続けることを意味し、それもまたガソリンの消費を早める結果となります。実は1番燃費にいい発進の仕方は、静止状態から2/5程度のアクセル開度で加速することです。速すぎることも、遅すぎることもない適度な加速が1番燃費にいいんです!

ショートシフトを心掛ける!

先ほどのエコモードの話とも繋がりますが、ショートシフトすることでかなりの燃費向上効果が期待できますので、発進の際にはぜひ活用しましょう!

タイヤを低燃費タイヤに交換する

ドライビングだけじゃなく周辺装備の変更も燃費を向上させるのに役立ちます! そういう面から見て、タイヤというのは駆動を路面に伝える最重要の役割を担っているわけですから、このタイヤ選びは非常に重要になります。最近では燃費向上を促進させるために転がり抵抗を従来のタイヤよりも改善させた「低燃費タイヤ」というのが存在します。その効果もなかなか期待ができるもので、最大で10%ほど燃費の向上を実現させます。
ということで、86におすすめの低燃費タイヤを以下にまとめてみました。

「YOKOHAMA BluEarth AE-01F 205/55R16 91V」:8,881円~
「MICHELIN ENERGY SAVER+ 205/55R16 91V」:8,350円~
「ダンロップ エナセーブ EC203 205/55R16 91V」:7,990円~
(トヨタ 86標準グレード「G」に装着できるタイヤです。)

その他オイル添加物や燃費グッズの効果は?

燃費を向上させるグッズとしていろいろなアイテムが出回ってますよね。果たしてそれらは効果が見込めるんでしょうか?
ガソリンやエンジンオイルに添加物を混ぜて燃費向上を図るというグッズがあります。その効果はモノによっては20%もの燃費向上を実現し、おまけにエンジンオイルのライフを伸ばす効果もあるのだとか。一方で添加物がエンジンに付着して凝固したなどのトラブルも起こり得るそうです。使用の際は完全自己責任となります。
その他にも燃料ポンプに取り付けるタイプのアイテムや、エアコンの使用を減らすことを目的としたもの、バッテリーの電気系ノイズを遮断するものなど、さまざまな面から燃費向上を図っているものがありますが、どれも期待できるほどではないようです。
ということで、燃費向上系のグッズは”気持ち”向上する程度でしょうか。いずれも86には使用しないほうがよさそうではありますね。

まとめ

以上、86の走行・燃費事情でしたがいかがでしたでしょうか?
繰り返しになりますが、スポーツカーとして86の燃費レベルは上々だと思います。しかもスポーツ走行をメインにしても意外と燃費が悪化しないのが86のスゴイところ。車両価格も安価で燃費もいいって、これほどお手軽でお財布に優しい本格スポーツカーはそうそうありません。スポーツカーとして走行性能も燃費性能も両立させた86、皆に愛される理由がたくさん詰まってます!