【マツダ プレマシー】200万円前半で買える、家族の笑顔が集まるプレマシー

マツダのミニバンと言えばMPVとプレマシー。その中でもスポーティなデザインと快適性を兼ね備えたプレマシーをご紹介します。1999年から発売しているプレマシーは、中古車市場でも多く流通しています。歴代モデルから現行型まで詳しくご紹介します。

マツダ プレマシーの歴代モデル

1999年から発売されて、現在も新車で販売されているロングセラーの車種であるプレマシー。歴代モデルの特徴、中古車価格などをご紹介します。

初代プレマシーCP系(1999年ー2005年)

出典:http://www.car-spec.net/mazda/premacy/

car-spec.net

5ナンバーサイズのコンパクトなボディに、大人数が乗れてファミリーが楽しめる車が初代プレマシー。ファミリアのプラットフォームを使用しミニバンとして登場しました。5名定員と7名定員の2タイプのシートレイアウトを用意。
エンジンは135馬力の1.8Lのみで、組み合わされるミッションも4ATのみ。グレード構成は、ベースモデルと豪華装備が施されたGパッケージとスポーツパッケージの3構成。後にスポーツパッケージをベースに、16インチアルミホイールやホワイトパネルメーター、大型アームレストを備える、限定でモデルの「ブリーザ」が限定1,600台で販売されました。
2000年には早くも一部改良され、スポーツグレードには限定販売のブリーザに採用された装備が標準装備となり、Gパッケージには大型アームレスト、カラープラテクションモールが標準装備されました。
また、このタイミングでベージュの内装と木目調パネル、15インチタイヤ&アルミホイール、フロントフォグランプを装備した上級グレード「Lパッケージ」を追加されました。
2001年のマイナーチェンジでは、2LのSPORT(スポルト)が追加設定され、各グレードの名称から「パッケージ」が取り除かれました。2002年のマイナーチェンジでは、2Lの「SPORT」にディスチャージヘッドランプや本革巻3本スポークステアリング、17インチアルミホイールの追加や、サスペンションのチューニングなどが施され、よりスポーティな仕様となりました。
また、上級グレードの「L」にも2Lエンジンが追加され、1.8Lの2WD車は廃止となりました。そして、「1.8 Gスポーツパッケージ」は「2.0 SPORT」と同一の装備が追加され、プレマシー全体がよりスポーティーにな仕様へと変わっていきました。

初代プレマシーの中古車相場

一番古いモデルで、17年経過している初代のプレマシー。中古車相場もかなり安く10万円台から販売されています。高くても30万円台ととてもお買い得。この価格帯で購入できるので、免許取り立ての方が最初の1台で購入するのもありですね。
友達など大人数でワイワイと遊びたい方などいかがでしょう。初代プレマシーは購入費用も安いので気軽に買えて、使い勝手の良い1台かと思います。

中古車をお探しの方はこちら

2代目プレマシーCR系(2005年ー2010年)

出典:http://www.rs-watanabe.co.jp/16inc-68/

rs-watanabe.co.jp

2代目となるCR系プレマシーでは、3ナンバーサイズとなって全幅は1,745mmとなりました。2代目のコンセプトは、「6+One(シックスプラスワン)」。快適な移動空間を確保し、一部のグレードでは排気量もアップして、快適性と走りの両面から性能アップを図ったモデルです。
6人乗りの3列シートは、大人6人が快適に移動できる室内空間を基本とした上で、室内中央のオープンスペースを「+One」の空間として利用することができます。また、2列目シートには、運転席側の座面下にカラクリ収納ボックス、助手席側には7人目の乗車を可能にする座面が出現するカラクリ7thシート、その背もたれとなるセンターアームレストを採用しています。
そして、背もたれを後ろへ回転することによってセンターウォークスルーとなり、1列目から3列目間の往来ができるようになります。
また、1代目までの後席はヒンジ式のドアでしたが、ミニバンらしく両側スライドドアが採用されました。
グレードは、ベーシックな「20F」。快適装備が充実している「20C」。スポーティな「20S」と2.3Lエンジンを搭載した「23S」の4構成。2007年からは、「20S」の2WD5速AT車をベースに、ガンメタ塗装17インチアルミホイール、フロントフォグランプ、ステアリングシフトスイッチなどスポーティーな装備を加えた新グレード「20Z」を追加しました。
同年9月にマイナーチェンジ。エクステリアではフロントデザインが変更され、ボンネットとバンパーの意匠が変わりました。インテリアでは、インパネデザインやレイアウトが変更されました。そして、ホワイトイルミネーションで視認性を向上させたブラックアウトメーターを装備。

2代目プレマシーの中古車相場

モデルとしてはまだそこまで古いデザインではない2代目ですが、中古車相場は100万以下で購入できるお買い得な車両です。20Cや20Sなどのエントリーモデルでは、30万円~60万円台が今の相場です。両側スライドドアでとても使い勝手もいいため、家族ができた方などで急に車が必要なった方などには最適な1台です。
小さな子供がいると車は汚れるものです。新車で購入するよりかは、子供が大きくなるまでは汚れも気にしない価格帯で購入できるミニバンがおすすめ。2代目プレマシーはまさにそのような方に最適ですね。

中古車をお探しの方はこちら

現行型プレマシーCW系(2010年ー現在)

2010年から発売され、現在も新車で購入できる3代目プレマシー。ボディサイズは2代目同様に3ナンバーサイズとなり、ボディの全幅もほぼ2代目と同じ。「6+One(シックスプラスワン)」のコンセプトもそのまま引き継がれ、多彩なシートアレンジによってフレキシブルな室内空間を実現しています。もちろん、両側スライドドアもそのまま引き継がれています。
3代目プレマシーの特徴は、「コンテンポラリー・スマート・チョイス~時代にあったスマートな選択~」をコンセプトにしたスタイリッシュなデザイン。自然界の水や風などの「流れ」の美しさである、「NAGARE(流れ)」造形を採用している点です。
新車で発売開始してからすでに6年が経過していますが、未だに衰えないこのデザインは、現行型プレマシー最大の魅力でもあります。

「NAGARE」デザイン

現行型プレマシーの最大の特徴でも「NAGARE」デザイン。走行している際の風がボディに当たった際に、その「流れ」を感じることができるデザインです。
フロントにて受けた風がボディサイド、上部へと綺麗に流れていくイメージを彷彿とさせます。ボディサイドからのボディ後方への流れも流線的なデザインとなり、フロントサイドからリアフェンダー、そしてリアコンビネーションランプ、テールゲートまで独自の「NAGARE」デザインが採り入れられています。

座っただけでワクワクするインテリア

※画像は、マツダ-プレマシー-20S-SKYACTIV-CELEBLE-インテリアとなります。

ドライバーズシートに座ると、まず目に入ってくるのがシルバーリングが施されたメーターパネルとオーディオデッキ周りのインパネ。ブラックとシルバーの織りなす独特のスポーティ感が、座るだけで運転するワクワクが伝わってきます。
シートデザインは全部で4種類。ベーシックなブラック。サンドベージュ&ブラック+ステッチ。ブラック+ステッチ。レザーシートのブラック+テラコッタパイピング&ダークグレーステッチの計4種類から選択できます。
シートアレンジも多彩で、「6+One」の室内コンセプトのもと、基本6人乗りとしながら1列目から3列目までウォークスルーで行き来することができます。そして、カラクリ7thシートが2列目の中央に配置することができ、7人乗る時にもきっちりと対応できる仕様となっています。

スカイアクティブエンジン

出典:http://www.mazda.co.jp/cars/premacy/feature/skyactiv/

mazda.co.jp

マツダ車の多くに採用されているSKYACTIV-Gエンジン。高圧縮比を実現しながらも異常燃焼が起きない革新的な技術を投入したエンジンです。圧縮比を高くすればパワーも燃費も向上しますが、異常燃焼も同時に発生するために実現することが困難でした。
この難問に対し、マツダは常識にとらわれない自由な発想でエンジンの基本技術を革新。異常燃焼を起こすことなく圧縮比を高めることを可能にしました。これによって力強い走りを実現しながらも低燃費を達成しました。
プレマシーに搭載されているスカイアクティブエンジンは、最高出力151PS、最大トルク19.4kgf・mを達成しながら、JC08モードでリッター16.2kmを実現。

マルチリンク式サスペンションを備えたシャーシ

プレマシーのシャーシには、フロントマクファーソンストラット式、リアはマルチリンク式のサスペンションを採用。ミニバンはリアに大人数が乗ることになり、街中の走行から高速走行時まで高い剛性を保ち、運転する安心感と同乗者の乗り心地をサポートします。
また、優れた直進安定性やスポーティでなめらかな操縦性など、運転する楽しさもこのシャーシによって実現しています。

無駄な走りを抑制する、インテリジェントドライブマスター

出典:http://www.mazda.co.jp/cars/premacy/feature/driving/

mazda.co.jp

メーターに内蔵されるインテリジェントドライブマスター。コーチング機能とティーチング機能を備えており、ドライビングのアドバイスをしてくれます。
コーチング機能では、前後・左右の動きが穏やかなやさしい運転をするとグリーンランプが点灯。なめらかで的確な運転をするとブルーランプが点灯。そして、急加速や急ブレーキ、急なステアリング操作などでクルマの動きが乱れ、車体の揺れが起きると、左右のゲージがそれぞれ3段階に点灯します。
ティーチング機能では、運転を終了すると今回の運転操作に対するスコアが表示され、文字によるアドバイスもメーター内のマルチインフォメーションディスプレイに表示してくれます。
ドライブごとにスコアも保存され、高スコアを獲得し続けることで運転スキルのレベルを示す「ステージ」が1st→2nd→3rdとアップします。ステージが上がるごとに運転スキルの上達を実感することができるようになっています。

アイドリングストップ機構

ブレーキを踏んで止まるとエンジンがストップする機構を搭載しています。アイドリングストップ機構によって無駄な燃料を消費せずに低燃費を実現しています。2WDのFF車両に標準装備しています。

安心の安全装備

現行型モデルのプレマシーは、販売から6年が経過しながらも数々の安全装備を備えています。乗車人数によってヘッドライトの向きが変わってしまうような時でも、自動で調整するオートレベリング機構。自動で周囲の明るさを判断してヘッドライトを点灯するオートライトシステム。
後続車のライトの反射を自動で調整する自動防眩ルームミラー。万一の衝突時にスライドドアが外れにくくするためのスライドドアフロントラッチ。
4輪を独立してコントロールする横滑り防止機構とトラクションコントロール機構によって、滑りやすい路面でもコントロールしてくれるダイナミックスタビリティコントロールシステム。
この他にも坂道発進の時にブレーキペダルから足を離してもバックしないヒルローンチアシストなど、家族を乗せても安心の安全装備が満載です。

万が一の事故でも安心の装備

マツダ独自の高剛性・安全ボディ 「MAGMA」。万が一の衝突の際でも、前後にクラッシャブルゾーンを設けることで衝撃を吸収。フロア /サイド/ルーフをH型構造で強固に組み合わせたトリプルH構造でキャビンの変形を抑えるのが、高剛性・安全ボディの「MAGMA」。
これがプレマシーに採用されています。
また、水平移動式衝撃吸収ステアリングシステムや後退抑制ブレーキペダルなど、衝突の際にドライバーがステアリングに挟まれない、ブレーキペダルに足を挟まれないようにエンジン側に移動するようになっています。

まとめ

マツダ車の中でもMPVとプレマシーは希少なミニバンです。他社のミニバンにはないスポーティなボディスタイルを備え、最新の安全装備と低燃費エンジンを搭載しているプレマシーは、ミニバンとしては独自の路線を走っています。
車両価格は200万円前半から購入が可能なところもGOOD。購入しやすい価格帯でありながらも快適に使え、家族が嬉しい装備も満載です。
現行型のモデルも発売開始から6年が経過しているため、中古車も出回ってきています。安い車両なら150万も出したら乗り出せるような車もあります。
新車でも中古車でも選べるプレマシー。次の候補にいかがでしょうか?