チャイルドシートがリコール対象に!そんな時は慌てずにこのようなことをしていきましょう。

自分のこどもが使っているチャイルドシートがリコール対象になっている! 安全のために買ったものが、一転不具合があるということを知れば誰もが不安になりますよね。そんな時はまずここで紹介することを心がけていきましょう。

チャイルドシートがリコール対象なっていた!まずはどうすればいい?

※イメージ画像

よく車では「○万台がリコールとなった」といったようなニュースを聞きますよね。これは調査をした結果、製造過程での不具合が原因で、このまま使用していると何らかの不都合やケガが起きるかもしれないから、無償(タダ)で修理しますよ。というものです。このリコールがかかったときは、できるだけ速やかに修理をしてもらうことが安全・安心への近道です。では、リコールがわかった際はいったいどうすればいいのでしょうか。その確認方法などを見ていきましょう。

リコール対象商品かどうかの確認をしましょう。

※イメージ画像

リコールが発表されたとき、「○○○」「▲▲▲」といったような、いわゆる「モデル名」が報道されます。しかし、このモデルすべてが対象というわけではなく、その中の■■年●●月~◆◆年○○月の間で製造された「モデル」が対象ということになります。これは、各インターネットのニュースサイトの報道記事でも確認が取れますが、人が書いているものでもあるので間違えている場合も無きにしも非ずです。
最も確実なのは、メーカーのサポートセンターへ電話をして確認することです。ここであれば、オペレーターに型番やモデル名、製造年月日を伝えれば確認してくれて対象かどうかがわかります。電話が苦手という方は、メーカーのホームページにも掲載がありますので、そこで確認することも可能です。

いずれにせよ、自分が使っているものがリコール対象かどうかはきっちりと確認しておく必要がありますね。

※イメージ画像

リコールが発表されたとき、「○○○」「▲▲▲」といったような、いわゆる「モデル名」が報道されます。しかし、このモデルすべてが対象というわけではなく、その中の■■年●●月~◆◆年○○月の間で製造された「モデル」が対象ということになります。これは、各インターネットのニュースサイトの報道記事でも確認が取れますが、人が書いているものでもあるので間違えている場合も無きにしも非ずです。
最も確実なのは、メーカーのサポートセンターへ電話をして確認することです。ここであれば、オペレーターに型番やモデル名、製造年月日を伝えれば確認してくれて対象かどうかがわかります。電話が苦手という方は、メーカーのホームページにも掲載がありますので、そこで確認することも可能です。

いずれにせよ、自分が使っているものがリコール対象かどうかはきっちりと確認しておく必要がありますね。

リコール対象だったものはどうすればいいの?

※イメージ画像

自分の使っているものがリコールの対象だったとしたら、いったいどうすればいいのでしょうか。まずはじめに行うことは、販売店への問い合わせです。販売店では問い合わせがあった際にどのようなルートを通して確認するのか、どのような対応をするのかといったマニュアルが配布されています。しかし、一部の販売店ではこれが行き渡っていない場合があるので、最も確実なことは「リコール用のカスタマーセンター」へ電話で問い合わせを行うことが確実です。ここには「オペレーター」と「スーパーバイザー」という、オペレーターを管理している人がいるので、状況はすべて把握できています。
優先順位としては、1.)コールセンターへ電話。2.)販売店へ電話といった順番であれば、迷うことはないですよ。

リコール対象製品はどうすれば修理してくれるの?

※イメージ画像

リコールの対象になったら、先ほど紹介したとおり、コールセンターへ連絡しましょう。それでもわからなければ販売店へ問い合わせてみてください。いずれにせよ、リコール対象製品は基本的には、宅配業者が引き取りに来てくれます。そして、メーカーに到着後修理を行い、持ち主の所へ戻ってきます。この期間は修理内容や製品によっても異なりますが、2~3週間ほどかかることもあります。これはあまりにも戻りが多すぎると修理も順番ということになり、時間がかかってしまうケースも多々あるということです。
ここで1つ疑問に思うことは「代替品はないの?」ということではないでしょうか。この「代替品」については、宅配業者がリコール対象製品を回収する際に、同じモデル(もしくは類似モデル)の修理済みのものを置いていってくれます。修理が終わって戻ってきたら、代替品は返却することになります。

修理期間中、チャイルドシートなしでは困ってしまいますからね。代替品で不都合が出ると、さらに大きな問題になるので、メーカーもより気をつけてチェックを行ってから、代替品を出しているので安心できますよ。

まとめ

※イメージ画像

いかがでしたか? チャイルドシートのリコールについてまとめてみました。チャイルドシートに限らず、リコールは急にやってくるものです。そして自分の持っているものが、まさに該当していたとき、どうして良いかわからなくなってしまう方がかなりいらっしゃる。というのが現実です。そんなときには、ここを参考にして、慌てず対応してくださいね。