4月1日から首都高、圏央道、中央道、第三京浜なども新料金に変更、上限1,300円に

2016年4月1日からこれまでの料金体制から、距離に応じた新料金体制に変更されます。首都高速道路をはじめ首都圏の主要な高速道路の新料金についてご案内します。

首都高速道路が2016年4月1日午前0時から新しい料金体系に

0.1km毎の料金距離に応じて10円単位で加算される料金体系になる

ETC車の基本料金は、普通車の場合、現行の「6km毎の料金距離に応じて加算される料金体系」から、「0.1km毎の料金距離に応じて10円単位で加算される料金体系」に変更されます。

上限1,300円と下限300円が設定される

激変緩和措置として上限及び下限料金を設定しており、普通車の場合、上限料金は1,300円、下限料金は300円となります。現金車は、普通車の場合、一部の区間を除いて1,300円を支払うことになります。また、車種区分は現行の「2車種区分」から「5車種区分」になります。

基本料金(ETC車)

ETC車の新たな料金は、下のグラフのとおりです。

出典:http://www.shutoko.jp/fee/fee-info/capitalarea-new/mex-new/

ETC車の車種別の基本料金は下記のとおりです。

軽・二輪、270円~1,070円
普通車、300円~1,300円
中型車、310円~1,380円
大型車、390円~2,040円
特大車、460円~2,600円

基本料金(現金車)

現金でご利用される方は、首都高に入って初めに通行する料金所で以下の車種区分の料金をお支払うと首都高全線をご利用できます。

軽・二輪、1,070円
普通車、1,300円
中型車、1,380円
大型車、2,040円
特大車、2,600円

車種区分が、2車種区分から、5車種区分に移行される

利用される車種に応じて、距離あたりの料金が異なります。距離あたりの料金に関する車種間比率は、普通車を1.0とした場合に、下記のとおりとなります。

出典:http://www.shutoko.jp/fee/fee-info/capitalarea-new/mex-new/

「首都圏の新たな高速道路料金」についてより

首都高の新料金について

首都高の高速道路(圏央道、外環道、中央道など)も4月1日から新料金に

圏央道、中央道、第三京浜などの首都圏の高速道路も4月1日から新料金体制となります。これまで割安だった第三京浜、京葉道路などは値上がりとなる一方で、横横(横浜横須賀道路)や圏央道は値下げとなります。

首都圏の新たな高速道路料金に関する総合サイトより

起終点間の最短距離を基本にした新料金

圏央道や外環道の利用が料金面で不利にならないよう、経由する経路によらず、起終点間の最短距離(当面は料金体系の整理・統一における激変緩和措置を考慮し、最安値とする)を基本に料金が決まりました。

(※)都心部(首都高速)経由の料金の方が高い場合には、都心部経由の料金は引下げはありません。

「首都圏の新たな高速道路料金」についてより

圏央道の新料金

割高となっている西側区間を含めて、現行の高速自動車国道の大都市近郊区間の料金水準に引き下げます。他の道路と連続利用する場合、利用1回あたりの固定額(ターミナルチャージ)は他の道路と合わせて1回分となります。圏央道の料金水準を約2割引(普通区間水準の24.6円/kmとする)

「首都圏の新たな高速道路料金」についてより

中央道の新料金

中央道も均一料金制から対距離制へ移行されます。ただし都心を発着する交通については当面、激変緩和措置として現行料金(620円)を上限料金となります。高井戸〜八王子の区間では、非ETC車はETC車の最大料金(980円)に。他車種の料金は、普通車の料金をもとに車種間比率に応じて設定されます。

「首都圏の新たな高速道路料金」についてより

第三京浜・横浜新道の新料金

第三京浜全線を利用した場合の料金を390円に変更されます。横浜新道は320円に。

「首都圏の新たな高速道路料金」についてより

横横(横浜横須賀道路)の新料金

狩場~朝比奈間を現行の高速自動車国道の大都市近郊区間、朝比奈~馬堀海岸間を普通区間の料金水準としつつ、現行の深夜割引・休日割引の財源を活用して、朝比奈~馬堀海岸間の料金水準を引下げ、全線を利用した場合の料金を950円になります。他区間や他車種の料金は、狩場~朝比奈・朝比奈~馬堀海岸間の料金水準、車種間比率に応じて設定されます。

「首都圏の新たな高速道路料金」についてより

京葉道路、千葉東金道路、新湘南バイパスの新料金

「首都圏の新たな高速道路料金」についてより

京葉道路の新料金

現行の高速自動車国道の大都市近郊区間の料金水準を基本とする。ただし、当面、激変緩和措置として現行の高速自動車国道の普通区間を目安に料金水準を設定することとし、篠崎~船橋の料金を引き上げる。地域内利用の場合は、ETC車を対象に、当面、現行料金に据置かれます。

「首都圏の新たな高速道路料金」についてより

新湘南バイパスの新料金

藤沢~茅ヶ崎JCT間を現行の高速自動車国道の大都市近郊区間、茅ヶ崎JCT~茅ヶ崎海岸間を普通区間の料金水準とし、区間料金制から対距離制へ移行する 。新湘南バイパス内のインターチェンジ間の利用など現行料金よりも高額となる区間(普通車)について、 当面、激変緩和措置として現行料金に据置く(全線利用の場合は410円)となります。

他の道路と連続利用する場合、利用1回あたりの固定額(ターミナルチャージ)は他の道路と合わせて1回分に。新湘南バイパスの利用距離は長距離逓減制(100kmを超える長距離利用の料率引き下げ)の対象外となります。非ETC車は区間料金制を継続し、各区間の料金(全線利用の場合410円)です。

「首都圏の新たな高速道路料金」についてより

お問い合わせ

首都高お客様センター 料金特設ダイヤル  
TEL:0570-033-554(24時間)(平成28年5月9日午前7:00まで開設)
首都高ETCコールセンター
TEL:03-6667-5859(9:00~18:00 年中無休)

首都圏の新たな高速道路料金について