【トヨタ チェイサー】GT-Rキラーの一角を担ったハイパワーセダン!

一時期コンバーティブルも存在し「マークII・3兄弟」の一角を担い、スポーティ志向の強かったモデルが「チェイサー」でした。今回は、今でもカスタムベースとして人気高い「チェイサー」の魅力に迫ってみたいと思います。

「チェイサー(CHASER)」

「トヨタ・チェイサー(CHASER)」は、トヨタ自動車が1977年から2001年まで生産していたミドルクラスの高級乗用車で、兄弟車に「マークII」「クレスタ」が存在しています。そのためにボディや搭載エンジンは「マークII」「クレスタ」と基本的に共通しています。ラグジュアリーグレード名は2thモデルの「X60系型」から「アバンテ(Avante)」と呼ばれていました。スポーツグレードは、「X70系型」「X80系型」までは「GT」、「90系型」からは「ツアラー(TOURER)」という名称でした。そして、生産終了後の後継車は「クレスタ」と統合して「ヴェロッサ」になりました。

最初は、「マークII」と2兄弟で登場

1thモデルは、1977年6月デビューしました。「マークII」の兄弟モデルとして登場しました。また開発コンセプトに同クラスの人気車種だった「日産・スカイライン」の対抗馬というコンセプトがありました。それゆえに、「マークII」よりも若いユーザーを狙ったモデルとして販売されることになりました。

1thモデル「X30/40系型」(1977年-1980年)

1thモデルは、歴代唯一の2ドアハードトップも存在しています。ライバルを「日産・スカイライン」としていたために「マークII」とは異なって2,600ccモデルやディーゼルエンジン、ワゴン、バンなどの設定はされていませんでした。デビューから1年後の1978年8月マイナーチェンジを施しています。エクステリアのデザイン変更に加えて、ラジオアンテナはリヤウインド貼付式(デフォッガー兼用)に変更しオプションで衝撃吸収バンパーを設定しました。また1978年9月には、2,000cc 4気筒エンジンモデルが「18R-U型」から、「21R-U型」に換装されています。さらに1979年3月では、2,000cc 6気筒のキャブレター仕様が改良され、全グレードで昭和53年排出ガス規制に適合するようになりました。

2thモデルから3兄弟になる

2thモデルは、1980年10月登場しました。2thモデルから「クレスタ」も加わり「マークII・3兄弟」と呼ばれるようになりました。

2thモデル「X60系型」(1980年-1984年)

ボディスタイルは2ドアハードトップは消滅し、4ドアセダンと4ドアハードトップのみとなりました。また2thモデルから最高級グレードとして、ハーダーサスペンション・ミシュランタイヤなどが奢られた「アバンテ(Avante)」を設定しています。これによって先代モデルからスポーティー路線をより一層昇華させて「マークII・クレスタ」との差別化を図っています。1981年10月には、2,000ccモデルにターボチャージャーを搭載し、一部車種のウィンドーをブロンズガラスに変更しています。1982年8月にマイナーチェンジを施し、フロントワイパーがフルコンシールド化(下級グレードはセミコンシールド)しました。またエンジンも高性能なツインカムヘッドを搭載し、「マークII」「クレスタ」と共にツインカム24のバッジがセットされたモデルが設定されました。
1983年2月には、「2000・アバンテ・ツインカム24」に4速ECT(電子制御オートマチック)が追加されています。

コンバーティブルも存在した3thモデル

3th「チェイサー」には、コンバーティブルモデルも存在していました。1987年に、トヨタオート多摩(現:ネッツトヨタ多摩)が「チェイサー」をオープンカーに改造した「チェイサーコンバーチブルTAMA」を発売されています。しかし、価格は450万円(アバンテHTツインカム24がベース)と高価なモデルでした。

3thモデル「X70系型」(1984年-1988年)

1984年8月に3thモデルが登場しています。このモデルから「アバンテ(Avante)」モデルは、ラグジュアリー系グレードの設定となりました。またボディスタイルは、4ドアハードトップのみの設定になりました。エクステリアデザインは兄弟モデルの「マークII」「クレスタ」に比べ全長が短く、若干スポーティーな仕様になっていました。それでも「マークII」「クレスタ」と同様のインテリアの豪華さも兼ね備えたモデルでした。3兄弟モデルは、ハイパフォーマンスモデル志向を強めて1985年10月に、「マークII」「クレスタ」と共に「1G-GTEU型」エンジンを搭載したモデル「GTツインターボ」を登場させています。エンジンのハイパワー化に伴って、ブレーキシステムも強化され、ディスクブレーキ径は大型化されました。またバケットシートが装備されています。しかし、電子制御サスペンションシステムの「TEMS」は搭載していませんでした。その他にチェイサーのみに「GTツインターボS」という5速MTのみの廉価グレードが設定されていましたが、後期型ではなくなりました。1986年8月にマイナーチェンジを施し、「1G-GEU型」エンジンの改良、「LPG」エンジンは「3Y-PU型」に変更しています。またエクステリアもバンパーの大型化、フロントグリルの変更等、装備の充実が図られました。また前期型モデルで好評だったリアコンビネーションランプは小変更のみとなっています。その後、特別仕様モデルを次々と発表していきます。1987年1月には、特別仕様モデル「ロードリー」、1987年5月には、「アバンテロードリー」、1987年8月には「XGエクストラ」、1988年1月に「アバンテスーパーロードリー」、「アバンテロードリー」そして1988年4月に「オートエアコン付XGエクストラ」を発売し多くの特別仕様モデルが登場しました。

エレガントさを強調した4thモデル

「スタイリッシュ・4ドア・ハードトップ」というデザインが採用しエレガントな志向を強めたのが、1988年に登場した4thモデルです。

4thモデル「X80系型」(1988年-1992年)

4thモデルにモデルチェンジしたのは、1988年8月です。兄弟モデルの「マークII」「クレスタ」と共にこのモデルからガソリンエンジンが全てDOHCヘッドのエンジンとなりました。エクステリアデザインは、「マークⅡ」との違いに斜め格子のフロントグリルや横一文字のリアコンビネーションランプを採用し、「スタイリッシュ・4ドア・ハードトップ」というデザインが採用されていました。また先代モデルまではスポーティーさを売りにしていた「チェイサー」でしたが、このモデルから一転してエレガントな上品さをアピールして販売を強化するようになりました。また動力性能はそこそこで価格を抑えながらも、高級感は失いたくないユーザーも多く存在していたために、1,800ccの「4S-FE型」エンジンを搭載した「チェイサー」専用の上級グレード「ラフィーネ」も設定されていました。そしてグレード設定は下位グレードから「XL」「XG」「ラフィーネ」「SXL」「アバンテ」「アバンテG・スーパーチャージャー」「GTツインターボ」の設定がなされていました。教習車仕様には、4気筒エンジン1.8Lガソリン/2000LPG/2400ディーゼルが搭載されていましたが、教習車仕様は、このモデルが最後になっています。1989年になると8月には3,000ccエンジンの「7M-GE型」を搭載した「3.0アバンテG」が追加されています。「3.0アバンテG」には、従来からの「4輪ESC(ABS)」の他に「TRC」も標準で装着されました。この「4輪ESC(ABS)」「TRC」の装着モデルは「2.0アバンテG・スーパーチャージャー」にも設定されていました。1990年4月には、特別仕様モデルの「アバンテ・ロードリー・パールマイカバージョン」が発売されました。1990年8月のマイナーチェンジでヘッドライトに二重レンズを採用し、Cピラーのエンブレムを追加しています。「マークII」「クレスタ」と同様に「2,500cc(1JZ-GE型/1JZ-GTE型)」エンジン搭載モデルが発表してされ、「1G-GZE型/1G-GTE型」エンジンは廃止されました。

5thモデルは、希少車になっている?

3兄弟モデルの「マークII」「クレスタ」と同じく、人気の高い「1JZ型」エンジンを搭載してハイパワーに容易にチューニングできることや居住性がよく質感も高いこともありカスタムベースとされることの多い「チェイサー」は、量販モデルゆえに価格が下がってきていることから綺麗な個体で残っているケースは、少なくなっているようです。2000年頃から既にチューニングカーのベースとして人気が高く、2010年代にはドリフトなどのモータースポーツによるクラッシュによる損傷や廃車や中古車輸出などを背景に日本国内の残存数は少なく希少なモデルになりつつあるようです。また「1JZ型」エンジンを搭載している「チェイサー」は、「日産・スカイラインGT-R」の「RB型」エンジンに対抗すべくチューニングベースとして人気を博し、ゼロヨンや最高速などストリートでは、「GT-Rキラー」として「ツアラーV」は知られています。

5thモデル「X90系型」(1992年-1996年)

5thモデルは、1992年10月に登場しました。ボディが大きくなり全モデルが3ナンバーとなりました。搭載エンジンは、ガソリンモデルが「3.0L(2JZ-GE型)」「2.5L(1JZ-GTE型/1JZ-GE型)」「2.0L(1G-FE型)」「1.8L(4S-FE型)」でした。ディーゼルモデルは「2.4L(2L-TE型)」となっています。またスポーツモデルが「GT」から「ツアラー」に改称され、「SXL」と「XG」は廃止されました。1993年になると10月には、「2.5L(1JZ-GE型)」モデルに4WDモデルが追加されました。マイナーチェンジは、1994年9月に施され、フロントグリル、フロントバンパー下部とバンパーウィンカーの形状、リアコンビネーションランプのデザインが変更されています。安全基準が強化されていく中で、1995年に運転席エアバッグが標準装備となりました。

最終モデル

最後のモデルとなる6thモデルは1996年9月に登場しました。この「X100型」になると「マークII」「クレスタ」に独自のキャラクターが与えられ、「チェイサー」は再びスポーティ志向を強めたモデルになりました。

6thモデル「X100系型」(1996年-2001年)

エクステリアデザインは、3兄弟モデルの中で最もスポーティーな位置づけで、オーバーハングが前後短縮され、丸型4灯ヘッドランプの鋭いフロントマスクになっています。リアテールランプは1thモデルの「X30/40系型」のリアデザインを思わせる三層構造となっています。また6thモデルのボディは衝突安全ボディ「GOA」を採用しています。居住性は、リアシートを「マークII」よりも10mm低いヒップポイントを採用したことで「マークII」よりも良好な居住性と室内空間を得ることができています。またフロントエアコンディショナーにはクラウンに搭載されていたオートスウィング機構が上位グレードに採用されていました。さらにディスチャージヘッドランプが「X100系型(ツアラー・ルラーン)」から初採用されています。加えて、「X100系型」の「チェイサ」ーは3兄弟中、スポーツグレードの「ツアラー」が最も売れたモデルで、ターボ(1JZ-GTE型エンジン)搭載グレード「ツアラーV」の5速マニュアルトランスミッションモデルは売り上げ全体の3割近くを上げておりヒットモデルとなりました。さらに「ツアラーV」は若年層からいまだに強い人気があり、状態のいい車両は中古車市場にて高値で取引されているようです。「X100系型」では「チェイサー」のみに「1,800cc 直列4気筒 ハイメカツインカム(4S-FE型)」エンジンがラインアップされていました。また、特別仕様モデルとしてエクステリアを中心に「TRD(トヨタテクノクラフト・トヨタの特装部門)」のエアロパーツなどを装着した「TRDスポーツ」モデルも存在していました。このモデルではスポーティ志向が強かったとはいえ、ラグジュアリーグレードの「アバンテ」も従来通り設定されていました。また「チェイサー」の次期モデルは開発されず、「JZX110系型」の「マークII」が発売されてからもしばらくは「100系型」の「チェイサー」が販売されていました。

6thモデル「X100系型」MCによる変更点

6thモデルは1998年8月にマイナーチェンジを施されています。エクステリアデザインは、リアテールランプが丸型4灯となり、フロントはバンパーとグリルのデザインを変更しています。フォグランプもマルチリフレクター式となりました。インテリアでは、シートファブリックの柄が変更され、「ツアラー」系のステアリングホイールが4本スポークから3本スポークに変更されました。エンジンにも改良を加え「2.0L(1G-FE型)」モデルは、「BEAMS VVT-i」機構を採用し最大出力が140PSから160PSに引き上げられています。また「2L-TE型」エンジンを搭載した2.4ディーゼルターボモデルは廃止されています。そして、2001年6月に生産、販売を終了し24年の歴史に幕を下しています。また「チェイサー」の後継モデルは「ヴェロッサ」になりました。

「JTCC」仕様モデル

全日本ツーリングカー選手権 (JTCC) にも参戦していました。参戦の際のエンジンは、フロントまわりの重量の軽量化やハンドリングの向上を図るためにラインアップに存在しない「2,000cc 直列4気筒(3S-GE型)」エンジンを搭載していました。フロントミッドシップを可能にするためにボディの骨格やホイールハウスまで改良が施されていました。この「JTCC仕様」の土屋圭市ドライブの1998年型「ADVANチェイサー」25号車は、横浜ゴム新城工場に展示されているようです。

まとめ

「チェイサー」は3兄弟モデルの中でもスポーティ志向が強く、今でもストリートやモータースポーツで人気のあるモデルです。ハイパワーエンジンを搭載したFRモデルとして「TRD」モデルまで生産されるほどの人気だった「チェイサー」でした。それゆえに今でも復活を望むファンは多いようです。