【トヨタ ランドクルーザープラド】もはや本家を超えた?ライトモデルとは言わせない!

「ランドクルーザー」シリーズのうち、ライトデューティ仕様といわれながら最新技術を投入し、モデルチェンジ毎に走破性を高めヨーロッパテイストのデザインで人気となってきた魅力に迫ってみたいと思います。

「ランドクルーザー・プラド(LAND CRUISER PRADO)」

「ランドクルーザー・プラド(LAND CRUISER PRADO)」は、トヨタ自動車が製造する四輪駆動モデルで「ランドクルーザー」シリーズのうち、ライトデューティ仕様として設定されているモデルとなります。

国内外での評価の違い

「ランドクルーザー」の70系の派生モデルとして登場し日本国内では「プラド」と略称で呼ばれています。1thモデルは、「三菱・パジェロ」をライバルとして開発されました。「ランドクルーザー」の70系の足まわりを軽量化し、「ハイラックスサーフ」と共通のパワートレインを搭載し、乗用車化したモデルとして登場しました。70バン系との区別のためにトヨタでは、バンを「70ヘビー系」、ワゴンを「70ライト系」と呼んでいます。日本のクロスカントリーモデルとして初めて4輪コイルリジッドサスペンションを採用したモデルですが、「70ヘビー系」と比べると高価な割りにパワーが不足しており、「70ヘビー系」とほとんど変わらないスタイリングであること、2ドア・ショートモデルのみであったことなどから日本国内での評価はいまいちとなっていました。しかし、海外モデルはガソリンエンジンやターボなしのディーゼルエンジンに簡素な内装や装備を組み合わせたグレードも多く存在し、廉価で軽量な「ランドクルーザー」として評価されました。

国内での人気はいつから?

その後、日本国内でも人気が高まります。1990年4月のマイナーチェンジ以降、セミロングホイールベースの4ドアモデルの追加、大幅なフェイスリフトや電子制御式燃料噴射ポンプによるエンジンでパワーアップ、さらに「プラド」のサブネームを掲げたことで、一気に人気モデルの仲間入りを果たしました。
2thモデル(90系)となると、フレームやサスペンションも「ハイラックス」と共有することとなり、SUVスタイリングをはじめ、ヨーロッパ向けとなり人気モデルとなりました。また3thモデル(120系)では、オフロードの走破性だけでなく、オンロードでの走行安定性や静粛性も重視され、ますます国内外で人気を博しました。そして4thモデル(150系)では、KDSSやマルチテレインセレクトなどを搭載し、ライトデューティという位置付けながら、より悪路走破性を高めた仕様となりました。これによってオフロード本格派として評価を上げることになりました。

1thモデル「70系型・プラド」(1990年-1996年)

1thモデルとなる「70系型」は1989年10月の東京モーターショーで「80系型・ランドクルーザー」と共に、4ドアセミロングの「70ライト系ワゴン」が初披露されました。フロントグリル、フロントフェンダー、エンジンフードを新デザインのものに変更しており、ヘッドランプも丸型2灯から規格型の角型2灯に変わり、乗用モデルの強いテイストへと大きくエクステリアを変えての登場でした。1990年4月に、発表と発売が行われました。この時に「プラド」のサブネームがつけられ市場に出ることになりました。搭載されるガソリンエンジンは「22R-E型」、ディーゼルエンジンが2.8Lの「3L型」、電子制御2.4Lターボの「2L-TE型」が搭載されました。しかし、日本国内仕様は「2L-TE型」のみの設定でした。エンジン出力の向上に伴い、2ドアモデルには、ソフトトップとFRP製トップ、そして4ドアモデルが新設されました。しかし、バルクヘッド以後のボディーはヘビー系との共用となっていました。日本国内仕様には、2ドアショートのメタルトップ5人乗りと4ドアセミロングの8人乗りがあり、パワートレインは、リアデフに電動デフロックが設定されていました。また1991年8月には、ワイドフェンダー仕様の3ナンバーモデルが追加され、1993年5月のMCでは、ガソリンエンジンは「3RZ-FE型」に変更、ディーゼルエンジンはアルミヘッドの3.0Lターボの「1KZ-TE型」が追加されることになりました。日本国内仕様は「1KZ-TE型」のみとなり、同時にダッシュボードのデザイン変更、エクステリアでは、フロントバンパーとサイドターンシグナルランプの形状が変更されました。

2thモデル「90系型」(1996年-2002年)

1996年5月に2thモデルにチェンジしています。このモデルからエンジン、ドライブトレイン、フレームとサスペンションも「ハイラックスサーフ」と共用になりました。搭載エンジンは「3RZ-FE型 直列4気筒 2.7L」、「5VZ-FE型 V型6気筒 3.4L」、ディーゼルエンジンは、「5L型 3.0L」、「1KZ-TE型 直列4気筒 3.0Lディーゼルターボ」(国内仕様のディーゼルは1KZ-TE型)の設定でした。サスペンションとスプリングの形式はフロントにダブルウイッシュボーン/コイルスプリングの独立懸架を採用し、リアは5リンクのリジッドアクスル/コイルスプリングを採用していました。またエクステリアデザインは、3ドアモデルのみ、輸出モデル同様の縦基調ラジエターグリルと丸型ヘッドランプ(1999年横グリル/異型ランプに変更)を採用していました。1999年6月には、マイナーチェンジが施され、バンパー内にフォグランプが装備されることになりました。2000年7月のマイナーチェンジでは、ディーゼルエンジンが「3.0L DOHC 直噴 電子制御コモンレール式(1KD-FTV型)」エンジンへ変更されました。

3thモデル「120系型」(2002年-2009年)

3thモデルになると、販売をヨーロッパメインのマーケットとするため、トヨタヨーロッパのデザインである「ED2(イーディースクウェア)」のデザインが採用され、2002年10月に登場することになりました。ボディタイプがショートボディとロングボディの2タイプとなり、それぞれが3ドアと5ドアのボディーの設定となりました。月間目標台数は、日本国内が2500台に設定され、国内モデルのラインナップからは、MT車が廃止されています。海外輸出仕様のモデルには5MT/6MTの設定を残しています。搭載ユニットは、ガソリンエンジンが国内モデルにV型6気筒の「5VZ-FE型」と4気筒2,700cc「2TR-FE型」エンジンの2タイプを設定、海外モデルは「3RZ-FE型」、V型6気筒 4,000ccの「1GR-FE型」が設定されていました。ディーゼルエンジンは、3,000cc 4気筒 コモンレール式直噴ターボ「1KD-FTV型」、海外モデルには「1KZ-TE型」「5L-E型」なども設定されていました。また駆動方式は、すべてのモデルが2速のトランスファーと、ボッシュ製のトルセンギア仕様、センターデフ式フルタイム4WDシステムを採用しています。そして、すべてのモデルにセンターデフロックが設定され、オプションでリアデフロックが設定されるようになっていました。

3thモデル「120系型」MCと輸出仕様の違い

MCによる変更点は、2004年8月に、2.7Lガソリンエンジンを「3RZ-FE型」から、「2TR-FE型」に変更しています。2005年7月になると、V型6気筒ガソリンエンジンを「3.4L 5VZ-FE型」から、「4.0L 1GR-FE型」へ変更し、5速ATが同時に設定されています。また当時、排出ガス規制が厳しさを増す中で新車で購入し、規制地域を除き乗用登録できた国産ディーゼルモデルの最終モデルでしたが、2007年7月に国内販売を終了しています。しかし、ATモデル限定の設定で、MTモデルはありませんでした。輸出モデルには5MTと6MTの設定がありました。また3thモデルはヨーロッパ仕様の多くは「ランドクルーザー」のモデル名で販売され、併売していた「100系型」は「ランドクルーザー100」、「ランドクルーザー・アマゾン」、「200系型」は「ランドクルーザーV8」などのモデル名で販売されていました。アメリカ仕様、カナダ仕様には、「120系型」の4ドアモデルに「V型8気筒 4.7L(2UZ-FE型)」エンジンを搭載したモデルが、「レクサス GX470」のモデル名で販売されていました。また海外仕様には、「プラド」に伝統的に「STD(スタンダード)」をはじめとするロワーグレードの設定があり、「120系型」では、国内モデルには存在しない「1KZ-TE型(3.0Lディーゼル/135PS)」、「5L-E型(3.0Lディーゼル/95PS)」のエンジン搭載モデルやエアバッグ表記レスモデル、「ABS(アンチロックブレーキシステム)」なしのモデル、サイドステップ未装着、オーバーフェンダー未装着のナローボディー仕様、ビニール内装、フロントベンチシート、荷室向かい合わせシート(ショート7人/ロング10人乗り)などの幅広いバリエーションを展開していました。

4thモデル「150系型」(2009年-)

7年ぶりにモデルチェンジし4thモデルは、2009年9月に登場しました。このモデルから日本国内仕様には3ドアショートモデルが廃止されるとともに、8月に廃止された「ハイラックスサーフ」の役割をも兼ねるモデルとして販売されることになりました。プラットフォーム、搭載エンジンは先代モデルを踏襲しつつも改良を細部で施しています。このモデルでは、直前側方死角もカバーするマルチテレインモニターやワイドビューフロント、サイドモニターを装備し、助手席側フロントフェンダーのサイドアンダーミラーが廃止し、シャープなエクステリアデザインとしました。インテリアはセカンドシートに足元スペースを広めるスライド機構、3列目への乗降性を高めるウォークイン機構を助手席側に備え、サードシートはスイッチ一つで格納、復帰できる電動フロア格納機構を採用しました。これによって足元を50mm低床化して着座姿勢を改善することが図られています。この他に直4 2.7Lモデルが「平成22年度燃費基準+10%」、V6 4.0Lモデルが「平成22年度燃費基準+5%」を達成し、燃費性能が向上しています。また「VSC」「TRC」「7個のSRSエアバッグ」「アクティブヘッドレスト」ミリ波レーダー方式の「プリクラッシュセーフティシステム」を設定し、安全性能の向上が図られています。搭載ユニットは、4.0Lの「1GR-FE型」でレギュラーガソリン仕様となり、最大出力:276PS/5,600rpm、最大トルク:38.8kgm/4,400rpmを発生させ、10/15モード燃費は8.2km/Lとなり性能向上が図られています。

4thモデル「150系型」MCによる変更点

2013年9月にマイナーチェンジが施されています。大型フロントグリルが採用されるとともに、フロントバンパー、リアコンビネーションランプ、リアガーニッシュのデザインが変更され、より力強さを強調したほか、ヘッドランプのデザインを変更しています。また「TZ」「TZ-G」グレードにはロービーム、クリアランスランプにLEDを採用しました。インテリアでは、ファブリックシートの表皮材質と内装カラーが変更され、フロントドアに撥水機能付スーパーUVカットガラスを採用し、大型カラーTFT液晶のマルチインフォメーションディスプレイも装備しています。このディスプレイは、車体の傾斜角モニターやトラクションアシストデバイス、デフロックの作動状況などを標示するようになっています。2014年8月には、「70シリーズ」の誕生30周年を記念した特別仕様「TX Argento Cross」が発売されました。「TX」をベースに、シートやルーフレールをシルバー×ブラックの配色に変更し、ホイールに専用ダークグレーメタリック塗装、インパネに幾何学調の加飾を施してスタイリッシュなデザインとし、スマートキーのデザイン変更やキーボックスや車検証入れを本革仕様としていました。2015年6月には、V6 4.0Lモデル国内仕様が廃止、ディーゼルモデルが復活しています。これに伴い、「TZ-G」はディーゼル車専用グレードに移行しました。また、直4 2.7Lガソリンモデルは6速ATに変更され燃費が向上しています。ディーゼルモデルは「1GD-FTV型 直4 2.8L」エンジンを搭載しました。

気になる中古車情報

SUV人気が沸騰中ですが、そんな中でも本格SUVの中古車は気になるところです。そんな気になる方のためにリンクを貼っておきますので是非確認してみてください。

中古車をお探しの方はこちら

まとめ

ライトデューティ仕様の「ランドクルーザー・プラド」は、ヨーロッパテイストのデザインでシャープさを強調したモデルとして人気のモデルとして確たる地位築いているモデルです。これからも最新技術を投入され走りと洗練されたデザインを両立し国内外でファンを増やしていくでしょう。