【スズキ 次期スイフト】フルモデルチェンジ後は全車ターボ搭載!? バレーノとの関係は?発売時期は?どうなる次期スイフト?

今、インドの自動車業界が熱いのです! 安価で有名なタタ社はジャガーを買収しました。マヒンドラ&マヒンドラ社はイタリアのピニンファリーナを完全子会社化しました。年間に120万台が販売されるインド市場で、スズキは約40%のシェアを獲得し、スイフトは累計100万台を販売した大人気車です。2016年3月9日に日本でも発表されたバレーノは、インド工場で生産される輸入車で次期スイフトと浅からぬ関係のようです。

2016年3月9日、スズキ自動車がバレーノを日本でも発表

スズキ バレーノとは?

2015年10月よりインドで生産・販売されているスズキ バレーノ。2016年3月9日より日本発売開始!

スズキ バレーノとは、マルチ・スズキ・インディア社(以下マルチ・スズキ社)が製造・生産する5ドアハッチバック車です。搭載エンジンはイグニスにも搭載されている1,200cc 直列4気筒DOHC「K12Cデュアルジェットエンジン」をコアとしたマイルドハイブリッドシステムと、1,000cc 直列3気筒DOHCの「K10Cブースタージェットエンジン」を搭載します。
インド国内では、2015年より展開されている新販売網「NEXA(ネクサ)」で販売されています。マルチ・スズキ社によればNEXAは新ジャンルの自動車を扱うとしていますが、日本から取材に訪れた各メディアの感想では「まるでスズキのレクサス」だそうです。日本国内のスズキ自販店と比較すると、かなりの高級店とのことです。

スズキ・バレーノに関する詳しい情報は、下記のリンクからどうぞ!

マルチ・スズキ社とは?

画像はスズキ自動車の本社。マルチ・スズキ社はスズキ自動車の子会社です。

マルチ・スズキ社とは、1981年にインド政府とスズキ自動車が設立した合弁会社「マルチ・ウドヨグ」が前身となっています。現在では合弁は解消・民営化され、スズキ自動車の完全子会社となっています。インド周辺の南アジアで最大の自動車会社に成長し、インド工場で生産された「アルト」は欧州にも輸出しています。

ちなみに社名の「マルチ」はインドの風の神の名前に由来するとのことで、風のように軽やかに駆け抜ける自動車を製造する、との意味が込められているようです。

次期スイフトとの関係は?

2016年3月9日に日本でも発売されたスズキ バレーノ。スイフトの上級車です。

2016年3月9日、日本でも発表されたスズキ バレーノとスズキ スイフトの関係ですが、バレーノが現行型スイフトの上級車種に当たります。ボディサイズは現行型スイフトと比較すると、全長で+100mm、全幅で+60mm、全高で-30~65mmとなり、全長と全幅が拡大され全高が抑えられています。

バレーノがスイフトの上位車種であることを考えると、次期スイフトはこのサイズ以上には大きくなれません。現在のサイズを維持することになりそうです。
またバレーノの室内の質感が、従来の小型ハッチバック車とは比較にならないほどグレードアップしています。しっとりとした合成皮革の手触りはレクサス車にも迫る勢いです。次期スイフトでも同等の質感のインテリアが採用されるものと考えられます。

2015年ジュネーブショーで公開されたコンセプトカーと次期スイフトの関係

次期スイフトのデザインコンセプトはiM-4?

スズキ イグニス HYBRID MZ
外装色はファーベントレッド ブラック2トーンルーフ

2015年のジュネーブショーで公開されたコンセプトカー「iM-4」ですが、すでに市販されています。iM-4の市販バージョンが、現在大人気のスズキ イグニスです。そもそも、オフロードを感じさせる骨太なデザインからしても、スイフトを思わせるデザインではないですよね。

次期スイフトのデザインコンセプトはiK-2?

同じく2015年ジュネーブショーで公開されたiK-2は、バレーノとして日本でも発売開始!

では、同じく2015年のジュネーブショーで公開された「iK-2」は? というと、こちらはバレーノとして、2016年3月9日より日本でも販売されています。

実は、次期スイフトと思わしきデザインのコンセプトカーは未だに見つかっていないのです。

次期スイフトノーマルモデルにターボエンジン搭載?

スズキ・バレーノに搭載される「K10C ブースタージェットエンジン」

次期スイフトの姿形は、まだ見えてきませんが、漏れ伝わってくる情報によると搭載エンジンは、スイフトスポーツ含め2種類だそうです。
まずはノーマルモデルに搭載されるエンジンですが、スズキ バレーノにも搭載されている直列3気筒DOHCの「K10C ブースタージェットエンジン」となる模様です。このエンジンはいわゆるダウンサイジングターボで、最高出力は112PS/5,500rpm、最大トルクは17.3kgf・m/2,000~3,500rpmを発生します。高回転までは回りませんが、日常生活で機敏に走れるエンジンです。スイフトのキャラクターにはピッタリのエンジンですね。

次期スイフトスポーツもターボエンジン搭載?

現行型スイフトスポーツは、初代譲りのM16A型 1,600cc 直列4気筒DOHC を搭載!

ある筋からの情報によると、次期スイフトスポーツは1,400cc 直列4気筒DOHCターボで武装するらしいです。では、その1,400cc直4ツインカムの正体は、というと現在のスズキ四輪車には搭載されていないエンジンのようです。

【予想1】K型エンジンのストロークを延長して1,400cc化

初代スイフトスポーツ。搭載エンジンはM15A型 1,500cc 直4DOHCでした。

現行型スイフトスポーツに搭載されるエンジンはM型ブロックを採用しており、スズキのエンジンの中では比較的古い部類に入ります。M型での1,400ccエンジン開発はないと思って良さそうです。代わりに候補として挙げられるのが、バレーノやイグニスにも使用されているK型です。
シリンダーブロックは変更せずボアはそのまま、シリンダーヘッドブロックとコンロッドを変更してストロークを延長すれば、+200ccの排気量は稼げそうです。そこにダウンサイジングターボを搭載すれば全域最大トルクで扱いやすく高回転型のエンジンが出来そうです。

ただ実用エンジン的なイメージのK型をスポーツモデルにも搭載するのは、少々寂しい気もします。やはりスポーツモデルには「華」が必要です。そこで、次の予想2です。

【予想2】スズキ・隼の1,300ccエンジンを1,400cc化

スズキ二輪車のフラッグシップ、隼。搭載エンジンは1,300cc です。

スズキ四輪車の中には1,400ccエンジンを搭載している車両はありませんでしたが、二輪車にはありました。それがスズキ 隼が搭載する直列4気筒DOHC「X704」型エンジンです。排気量は1,339cc。1,400ccまであと、61ccです! このエンジンの最高出力は197PS/9,500rpm、最大トルクは15.8kgf・m/7,200rpm です。ホンダ シビックタイプRも真っ青の超高回転型です。

もしこのエンジンをベースにシリンダーヘッドを工夫して61cc稼ぎ、ダウンサイジングターボを装着するとしたら、きっと250PSは超えてしまうでしょう。リッター200PS時代が目の前に来そうです(笑)なんて、二輪用のエンジンを四輪用に変更するのは難しそうです。

実現してくれればうれしい限りですが、現実的ではないですね。

モデルチェンジを待てない方はこちら

大人気のスイフトですので新型にも多くの期待がありますが、現行が安く見つけられればそれはそれでいいと感じる方もいると思いますのでリンクを貼っておきます。是非チェックをしてみてください。

中古車をお探しの方はこちら

【まとめ】次期スイフトは2016年9月に発売!?

新型スイフトは2016年9月販売開始!?
※画像は現行型スイフトです。

デザインはまだわかりませんが、ノーマルグレードに搭載されるエンジンだけでも初代以来、スイフトの持ち味である剛性感の高い機敏な走りが期待できます。では、新型スイフトの発売はいつなのでしょう?

実のところ、何度も予定が変更になっています。現在、イグニスの販売が好調なため生産工場はフル稼働で、状況はかなり逼迫しているようです。そのため、本来なら2月中に発表されるはずだったソリオのストロングハイブリッド車が5月に一度延期され、さらにマイルドハイブリッド車が販売好調のため2016年末にずれこむとの情報もあります。

さらに2016年8月には軽自動車の大物、ワゴンRもフルモデルチェンジ予定です。販売不振の日本の軽自動車業界ですが、ほぼ同時にフルモデルチェンジされるダイハツ ミライースとともに業界の販売をけん引する役目が期待されています。

この8月から12月の空白期間に次期新型スイフトが発表される見込みです。その時期はずばり、9月の予定となっています。

燃費測定方法で不備があったスズキ自動車ですが、結果的に燃費は誤差の範囲内ということで決着がつきました。この騒動が一段落してから発売される次期スイフト。クラスを超えた高い質感の走りに、期待が持てます。新型車の登場が待ち遠しいですね。