【日産 ガゼール】優雅にして「スカイライン」よりも過激なモデルだった!

「シルビア」よりも上のグレードとしてデビューし、「スーパーシルエット」や「西部警察」で活躍した「ガゼール」は、「スカイライン」よりも過激だったと言われています。優雅にして過激な「ガゼール」のポテンシャルに迫ってみたいと思います。

「ガゼール(Gazelle)」

「日産・ガゼール(Gazelle)」は、かつて日産自動車で生産されていたクーペ型のスペシャリティモデルの乗用車です。1979年に3thモデルの「シルビア(S110型)」のフルモデルチェンジを行なったのと同時に発売開始された「シルビア」の姉妹モデルになります。モデルグレードとしては、「シルビア」よりも上のグレードに設定されていました。「シルビア」とは販売会社が分けられ、「シルビア」は日産サニー店系列の扱いでしたが、「ガゼール」は日産モーター店系列での扱いとなりました。アメリカ、ヨーロッパ向けなどの輸出仕様の名称は「200SX」というものでした。しかし2thモデルの「S12型」はオーストラリア仕様は、日本国内仕様と同じ「ガゼール」の名称でした。

1thモデル「S110型」(1979年-1983年)

1979年3月に1thモデルの「ガゼール(S110型)」が、「シルビア」の姉妹モデルとしてデビューしています。構造は「シルビア」と共通でしたが、いくつかの仕様違いもありました。例えば、革巻(シルビアはウレタン)のパーキングブレーキレバーグリップの採用が行われていたり、ディーラーオプションで用意されたエンジンフードの「ガゼル」のグラフィックデカールなど、高級感を演出したエクステリアデザインやインテリアを特徴としていました。そのためモデルグレードは、「シルビア」に比べて上位の位置づけがなされていました。また、価格においても「ガゼール」の方が「シルビア」より5000円ほど高く設定されていました。

ゴージャス仕様のエクステリアデザイン

エクステリアデザインの上で「シルビア」との違いは、フロントグリルが「シルビア」はブロックタイプ(マイナーチェンジ後は格子)なのに対して、「ガゼール」は横スリットタイプのものが装着されていました。またリアコンビネーションライトもハードトップモデルは見分けが難しいですが、ハッチバックモデルは、「シルビア」は格子タイプ、「ガゼール」横基調のデザインの違いとなっていました。そして、フェンダーミラーやBピラーのデザインも違い、細かくディテールが施されています。さらに「シルビア」が黒を基調としたエクステリアデザインを採用していたのに対して「ガゼール」はメッキパーツを多用して個性をアピールしたエクステリアデザインとなっていました。グレードは装備と搭載エンジンから、「T-I」「T-II/TE-I」「TE-II/XE-I」「XE-II」の6タイプが設定されていました。

搭載ユニット

「ガゼール」のボンネットに搭載されたエンジンは、「Z18型キャブレター仕様/Z18E型インジェクション仕様 直列4気筒 1,800cc」エンジンと「1,942cc 水冷直列4気筒 SOHC Z20E型(120PS/5,600rpm)」が搭載されました。さらに1,770cc 水冷4気筒 SOHC ターボエンジンの「Z18ET型ターボ(135PS/6,000rpm)」エンジンを搭載する「ターボXE/XE-II」も追加されました。「ターボXE」は黒一色のビニールレザーのインテリアで装備も簡素化された仕様となっていました。1982年4月には、「R30型」スカイラインにも搭載された「1,990cc 直列4気筒 4バルブ・DOHC(FJ20E型)」エンジン搭載する「H/T 2000DOHC RS/RSエクストラ」が登場しています。最大出力150PS/6,000rpmを発生させるエンジンでしたが、「ガゼール」に搭載された「FJ20E型」エンジンは、吸・排気の取り回しの違いから、スカイラインに搭載されたものとは若干特性が異なるエンジンとなっています。

MC毎に最新技術を投入

「ガゼール」は、日本初のドライブコンピュータなど先進機器を多く搭載したモデルでした。ドライブコンピュータは、「ラリーコンピュータ」のようにトリップメーターなどを利用したタイム計測ができるデジタルメーターでした。そして、世界初の「スーパーサウンドシステム」はドルビーNR付きを搭載し、ホームオーディオ同等のシステムが採用されていました。また2ドアHTモデルながらリヤの小さなウィンドウまでもパワーウィンドウ化されていたり、パワーウィンドウも音声認識システムが採用されていたりと、最新技術が注ぎ込まれていました。1979年8月にハッチバックモデルが追加されました。ハッチバックモデルにはオーバーライダー付き大型バンパー、シングルアームのフロントワイパーが装備されていました。1981年5月には、マイナーチェンジが施され、エクステリアでは前後ウレタンバンパー、ランプ、グリル、エンジンフードなどが変更されています。グレード設定が整理され「TE-I」が廃止されました。また2,000ccモデルに当時流行したデジタルメーターを装備した最上級グレードの「XE-II G」を追加モデルとして発表しています。また「シルビア」との差別化を図るために、フェンターミラーがメッキ仕上げとなっています。

「スーパーシルエット」仕様

1975年までオープントップのグループ6(プロトタイプ・スポーツ)でレースが行われていたスポーツカー世界選手権は、1976年からはグループ5(シルエットフォーミュラ)の規格変更があり、日本国内レースにおいても、シルエットフォーミュラの人気が高まってきていたために1979年に富士グランチャンピオン・シリーズの前座レースとして富士スーパーシルエットシリーズが始まりました。1981年、日産ではバイオレットターボに代わって「シルビアターボ」と「ガゼールターボ」の2台の姉妹モデルがエントリーしました。シルバーベースのボディカラーのマシンが、柳田春人氏がドライブする「ガゼールターボ」でした。姉妹モデルの「シルビア」は、白いボディに黄色のラインのマシンで星野一義氏がドライブしています。基本的には全く同じマシンでしたが、各チームの考え方の違いによってボディスタイルは異なっていました。「ガゼールターボ」には大きなリアウイングが装着されていましたが、「シルビアターボ」にはリアウイングが装着されていなかったり、「シルビアターボ」には、フロントのスポイラーに垂直のフィンが装着されていたり随所に違いがみられます。当時のエンジニアによると「エアロパーツの改善は各チームで、試行錯誤を繰り返していた」と語っています。また1981年仕様のスーパーシルエットマシンは、まだパイプフレームシャシーではなく、市販モデルのボディを大きく改造していただけでした。この1981年、「シルビアターボ」はデビューウィンし、その後、「ガゼールターボ」は、2勝をあげています。

「西部警察」仕様

TVドラマ「西部警察」の第1話から登場する「石原裕次郎」さんが演じる小暮課長の専用車が特注の「日産ガゼール」のオープン仕様でした。ベースとなったのは「S110型ガゼール」の「XE-Ⅱ」モデルで3AT仕様でした。ホワイトのボディでボンネットにモデル名の由来となる「ガゼル」デカールが特徴的なモデルになっています。車高が低くく、このモデルは特注で日本に一台しかない貴重な車両です。特殊装備などは搭載されていませんでしたが、当時としては非常に珍しい自動車電話が搭載されていました。ドラマでは、「PART-2」以降、あまり登場しなくなりましたが、エンディングでは白バイ隊のあとを走行しています。「PART-3」では、第25話「長いお別れ」に久々に登場しています。

1thモデル「S110型」主要諸元

エンジン:1,990cc 水冷直列4気筒 DOHC(FJ20E型)
最大出力:150PS/6,000rpm
最大トルク:18.5kgm/4,800rpm
圧縮比:9.1:1
トランスミッション:5MT
速駆動方式:FR
サスペンション:F ストラット/コイル R 4リンクリジット/コイル
ブレーキ:F/R ベンチレーテッドディスク
全長:4,400mm
全幅:1,680mm
全高:1,310mm
ホイールベース:2,400mm
車両重量:1,105kg

2thモデル「S12型」(1983年-1986年)

1983年8月に「シルビア」と同時にフルモデルチェンジし、2thモデルの「ガゼール(S12型)」が登場しました。先代モデルと同様にボディスタイルは、ノッチバックモデルとハッチバックモデルの2タイプが設定されていました。エアロダイナミクスが向上したボディは、空気抵抗値のcd値は、0.34と優れた性能を持ったボディとなりました。ノッチバックモデルはセンターピラー付きのボディになったために、日産による公式な呼び名は「ハードトップ」から「クーペ」に変更されました。それに加えて、ワイパー付フルリトラクタブル・ヘッドライトが採用されました。搭載エンジンは先代モデルの「Z18/Z18T型」エンジンに替わり、「1,809cc 直列4気筒 SOHC(CA18S型/キャブレター)」「1,809cc 直列4気筒 SOHC(CA18E型/CA18ET型)」のNA仕様とターボ仕様に「1,990cc 直列4気筒 DOHC ターボ(FJ20ET型/190PS)」の4タイプでした。また足回りには、日産が世界のモータースポーツでの活躍のために開発したHICAS(ハイキャパシティ・サスペンションシステム)を搭載していました。また世界初のパワーウーハー、日本初のチルトアップ機構付電動ガラスサンルーフおよびキーレスエントリーなどが採用されていたり、世界初電動式マルチアジャスタブルシートも装着されていました。エクステリアデザインは、「シルビア」との違いとしてフロントグリルやテールランプなどの違いです。フロントグリルは、「シルビア」が横長長方形を組み合わせたものに対し、「ガゼール」はハニカム状デザインです。またテールは、クーペ/ハッチバックモデルとも「シルビア」が縦型デザインに対して「ガゼール」は横型のデザインになっています。これは、先代モデルの「S110型」から継続されたデザインです。ボディーカラーでも、シルビア・ガゼールでツートンカラーの設定が異なっています。1986年2月に「シルビア」がマイナーチェンジされ、搭載エンジンを「CA18DET型 DOHC ターボ」エンジンに変更されるのと同時に車種を統合され、「ガゼール」は生産終了となりました。事実上の後継モデルとなったのは「180SX」でした。

DR30型スカイラインよりも過激な特性だった

「S12型ガゼール」に搭載された「FJ20ET型」エンジンは、「スカイライン」に搭載されたものとは異なった特性になっていました。搭載されたモデルは、「S12型ガゼール」の前期モデルにのみターボ仕様が搭載され、インタークーラー付は「DR30型スカイライン」の後期モデルのみに搭載されています。「S12型ガゼール」用はエンジンルームが狭いために搭載する設計上、サージタンクそのものが小型化され、インテークマニホールドも「DR30型」用に比べ短く設計されています。またボディ形状に合わせたためにカムカバーもスカイライン用と異なっています。これは、オイルフィラーキャップ部分がフラット化されているので分かりやすい違いです。これに伴って、「ガゼール」は、大型のボンネットバルジが装着されています。エンジン特性としては、サージタンク容量やインテークマニホールドの設計上、エンジンの体感的な出力特性はかなり過激なものとなりました。

2thモデル「S12型」主要諸元

エンジン:1,990cc 水冷直列4気筒 DOHC ターボ(FJ20ET型)
最大出力:190PS/6,400rpm
最大トルク:23.0kgm/4,800rpm
圧縮比:8.0:1
トランスミッション:5MT
速駆動方式:FR
サスペンション:F ストラット/コイル R セミトレーリングアーム/コイル
ブレーキ:F/R ベンチレーテッドディスク
全長:4,330mm
全幅:1,660mm
全高:1,330mm
ホイールベース:2,425mm
車両重量:1,170kg

まとめ

「日産 ガゼール」は、「シルビア」の姉妹モデルとしてデビューし、最新技術を惜しみなく投入された、とても豪華な仕様でした。また「シルビア」と共にモータースポーツでも活躍したポテンシャルの高いモデルでもありました。今では貴重なクルマとしてコレクターズアイテムになっているようです。